teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:69/3548 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

本当の教養を身につけよう

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 2月18日(土)22時51分15秒
  通報 返信・引用 編集済
  人間が登りつく最高の行為

https://youtu.be/m5_q1i5ntTY?t=2015

権力者が堕ちる最低の行為

https://www.youtube.com/watch?v=BK5eVCB7KXI

月2回の出勤で年収一千万円

http://www.asahi.com/articles/ASK2K5G0PK2KULFA018.html?ref=yahoo

こういうことはかつて第一勧銀だったころ融資先に天下りまったく出勤せず年収一千万円の事例を知っている=受け入れなかったら融資を回収するぞという暗黙の脅し 人間としての境界線を越えた人間たちは必ず死後地獄へ落ちる。

国会どよめいて終わり

http://www.asahi.com/articles/ASK275G1MK27UTIL03R.html

アシール地方と聖書の世界 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/610.html

アシール地方と聖書の世界 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/611.html

アシール地方と聖書の世界 その3

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/612.html

アシール地方と聖書の世界 その4

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/613.html

アシール地方と聖書の世界 その5

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/614.html

聖書の間違い

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/610.html

モアブはルツの住んだ国

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/133.html

クリスチャンが知られることを嫌うモーゼの墓(NEBIMUSA)はここです...

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/203.html

 聖職者が触れたがらない理由として.....主はモーゼに言われた。「これがあなたの子孫に与えると私がアブラハム,イサク,ヤコブに誓った土地である。わたしはあなたがそれを自分の目で見るようにした。あなたはしかし,そこに渡って行くことはできない」主の僕モーゼは主の命令によってモアブの地で死んだ。主は,モーゼをべト・ペオルの近くのモアブの地にある谷に葬られたが,今日に至るまで,だれも彼が葬られた場所を知らない。(申命記第34章1~6節)

神による万物統一の思想と同じように,世界国家が,次第にその最終的形態をととのえてゆくに従って,例外なく採用する体制から類推によって人間が抱くようになるものである。本来”王の中の王”であった人間支配者は,かつて彼の同輩であった従属君主を排除して,厳密な意味での『Monarch』(ただひとりで支配する君主)となる。政治的にユダヤを圧倒したアカイメネス朝君主が,ユダヤ教のイスラエルの神の概念,すなわち,ヤーウエ観の影響を及ぼしている。このヤーウエ観は,ダニエルの黙示的部分の書かれた大体の年代と考えられる紀元前166~164年の頃には,すでに完成されていた。

「わたしが見ていると,もろもろのみ座が設けられて,日の老いたる者が座しておられた。その衣は雪のように白く,頭の毛は混じり物のない羊の毛のようであった。そのみ座は火の炎であり,その車輪は燃える火であった。彼の前から,ひと筋の火の流れが出てきた。彼に仕えるものは千々、彼の前にはべる者は万々,審判を行なう者はその席に着き,数々の書き物が開かれた。(ダニエル書第7章9~10節)

 このようにして,かつて地方神であったいくつかの神が,新たに立てられた地上の専制君主の表章を身につけ,ついでそれらの表章が意味するところの,独占的排他的な支配権を目ざして競争する。そして最後に,競争者のうちの一人がほかの競争相手を滅ぼして,”唯一まことの神”として崇拝される資格を確立する。それがキリスト教なのです。

 勝利を得たキリスト教のパンテオンにおいて,マリアの,神の偉大なる母への変貌という形で,キュベレやイシス(ISIS)の姿が再現しているし,また戦うキリストのうちにミトラなどの面影が認められる..............なぜキリスト教は,ユダヤ教の,神は愛であるという洞察を承認し,宣言した後に,それと相容れない,ユダヤ教のねたむ神の概念(注:参照)をふたたび取り入れるようになったのか。それ以来絶えずキリスト教に大きな精神的損害を与えてきたこの逆行は,キリスト教がカイサル崇拝との生死にかかわる争いにおいて勝利を得るために支払った代価であった。教会の勝利によって平和が回復されたのちも,互いに相容れないヤーウエとキリストとの結びつきは解消するどころか,かえって一層強化された。勝利の瞬間に,キリスト教殉教者の非妥協的態度が,異教や異端を迫害するキリスト教会の不寛容に移行したのである。(注:特に13世紀のスペインで顕著であった)

 (注)「あなたはわたしのほかに,なにものをも神としてはならない」(出エジプト記第20章3節)と命ずるねたむ神の意味。

隠された神の山

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/935.html

エチオピアエノク書

http://web.archive.org/web/20050904102735/www.interq.or.jp/emerald/nshzw/newpage133.htm

レーニン神話の解体

http://fujiwara-shoten.co.jp/main/ki/archives/2006/06/post_1393.php

ブッシュとブレアはイラクで何をしたか

http://web.archive.org/web/20071017033745/www.vialls.com/torture/criminals1.html

滅びの予感と永遠性

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%96%C5%82%D1%82%CC%97%5C%8A%B4%82%C6%89i%89%93%90%AB&inside=1&x=0&y=0

滅びの予感と永遠性 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/684.html

滅びの予感と永遠性 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/685.html

OUT OF EDENは終了しました

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1.html

神の超越性は個人の内面にあり」

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/369.html

もし神の世界が完全なものであるならば,その外に悪魔がいるはずはないし,また一方,もし悪魔が存在するならば,悪魔がそれをそこなうためにやってくる完全さは,そもそも悪魔が存在することそれ自体によって,すでに不完全なものであったに相違ない。この論理的矛盾は,論理的には解消することは出来ないが,詩人と預言者の象徴において直感的に超越することが出来る。

 Faust depicted in an etching by Rembrandt van Rijn (circa 1650).

 われわれの突き止めようとしている要因は,単一なものではなくて複合的なもの,つまりなにかある実在者ではなくて関係である。われわれはこの関係を,二つの非人間的な人格の遭遇と考えてもよいし,二つの超人間的な人格の遭遇と考えてもよい。
 二つの超人間的人格の遭遇は,人間の想像力の構想したもっとも偉大な劇のうちのいくつかの筋になっている。ヤーウエ(エホバ)と蛇との遭遇が,創世記の中で述べられている人間堕落の物語の筋であり,シリア社会に属する人々の魂がしだいに啓発されてゆくにつれて変貌した同じ対立者の第二の遭遇が贖罪の物語を述べる新約聖書の筋であり,主(神)とサタンの遭遇がヨブ記の筋であり,主とメフィストフェレスの遭遇がゲーテの「ファウスト」の筋であり,神々と悪魔たちの遭遇がスカンジナビアの「Voluspa」の筋であり,アルテミスとアフロディテの遭遇がエウリピデス(ギリシャ三大悲劇詩人の一人)の「ヒッポリュトス」の筋である。

 この神話に姿を現す人物は,無数の異なった舞台の上で,無限の異なった名前のもとに,ふり当てられた役を演じてきた~~ダナエと黄金の雨,エウロペと牡牛,......(マタイ福音書17章にはキリストの変貌によって象徴的に示されているように現世的なものから霊的なものへの変化というニュアンスを伴う)。

 神々が美しい人間の娘にうつつを抜かし,被害者の名前をずらっと詩の中に並べ立てることができるほど大勢の娘をものにした,あのノー天気なヘレニック社会の神話の世界においてすら,そういうできごとは大事件であり,ヨブ記において「神の子たちがきて,主の前に立ち,サタンもその中にいた」<ヨブ記1・6>は明らかに,異例のできごとと考えられている。またゲーテの「ファウスト」の冒頭に置かれている”天上の序幕”における,主とメフィストフェレスの遭遇はヨブ記の冒頭からヒントを得たものであるが,同様である。この二つの劇のどちらにおいても,天上の遭遇が地上にもたらす結果は,途方もなく大きなものである。

 ヨブとファウストの個人的試練は,無限に多様な人類の試練を,直接的な創作のことばで表現したものである.....ヤーウエと蛇の遭遇の後に起こるアダムとイブの追放は,人間の堕落にほかならず,新約聖書におけるキリストの受難は人間の救済にほかならない。ファウストは知識において完全であり,ヨブは善行と幸運において完全であり,アダムとイブは罪のなさと安楽さにおいて完全であり,グレートヒュン,ダナエその他の処女たちは純潔と美しさにおいて完全である。天文学者の宇宙では,完全な球体である太陽は,みずからの軌道の上を完全無欠の姿で運行する。陰がこのように完全なときには,それはいつでも陽に移行できる状態にある。しかしその移行を引き起こすものはなにか。定義上その本性にしたがって完全な状態の変化は,外部からくる衝動あるいは動機があってはじめて生じる。

 もしそれが精神的至福ないしはニルバーナ(涅槃)の状態だとすれば,もう一人の役者を登場させなければならない。これが創世記の蛇,ヨブ記のサタン,「ファウスト」のメフィストフェレス,スカンジナビア神話のローキ,処女神話の処女を愛する神の役割である。(Study of Historyサマヴェル版より要約・解説>

ヨブへの答え その1・オリーブの木

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/118.html

ヨブへの答え その2・全能者よ,私に答えよ!

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/119.html

ヨブへの答え その3知恵の女神ソフィア

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/120.html

ヨブへの答え その4・神の非道

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/121.html

ヨブへの答え その5・教会の原理と精霊の原理

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/122.html

神の存在証明と不存在証明

http://megalodon.jp/2009-0127-2212-16/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/95.html

ACT OF GODと西洋の没落

http://megalodon.jp/2009-0318-0312-37/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/318.html

創造性のむくい

http://megalodon.jp/2009-0318-0310-28/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/313.html

以下の記事を熟読すること~ハーグ陸戦条約について

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1027.html

<削除及び発行禁止対象とされたプレスコード>

1. SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
2. 極東国際軍事裁判批判
3. GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判
4. 検閲制度への言及
5. アメリカ合衆国への批判
6. ロシア(ソ連邦)への批判
7. 英国への批判
8. 朝鮮人への批判
9. 中国への批判
10. その他の連合国への批判
11. 連合国一般への批判(国を特定しなくとも)
12. 満州における日本人取り扱いについての批判
13. 連合国の戦前の政策に対する批判
14. 第三次世界大戦への言及
15. 冷戦に関する言及
16. 戦争擁護の宣伝
17. 神国日本の宣伝
18. 軍国主義の宣伝
19. ナショナリズムの宣伝
20. 大東亜共栄圏の宣伝
21. その他の宣伝
22. 戦争犯罪人の正当化および擁護
23. 占領軍兵士と日本女性との交渉
24. 闇市の状況
25. 占領軍軍隊に対する批判
26. 飢餓の誇張
27. 暴力と不穏の行動の煽動
28. 虚偽の報道
29. GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
30. 解禁されていない報道の公表
ここで56ページと57ページに書かれていることを紹介します。知っている人は殆どいないと思います。管理人もそうでした。「日本国憲法成立の欺瞞性」について

一方で,検閲と焚書が,厳重に秘匿されていたことが,いまなお護憲や憲法九条の擁護を言い立てる人々を,育み続けてきた根本原因ではないでしょうか。日本国憲法は,戦勝国は敗戦国の法体系を変えてはいけないとする、ハーグ陸戦条約に明白に違反している非合法なものです。

日本の国会が自主的に議決したように見せかけていますが,完全な言論統制化で行われたことは,プレスコードの③が,メディアに対し「GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判」を厳禁していることからも、笑えるほどに明白な事実です。

法的に無効なものなのに,護憲を叫ぶ人が絶えないのは,検閲などの言論統制が,日本人の多くに,それと気づかれていないほど,じつに巧妙に行われたという証左です。この事実に気づかないか,認めようとしない人々は,史実にうとく,国際法や近代刑法の原則に無知な無教養な人であるとの誹りをまぬがれません。

ハーグ陸戦条約

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-894.html

『この条約付属書の第43条には、次の記述があります。

「占領者は、占領地の現行法律を尊重して、その国(占領地)の公共の秩序と生活を回復確保しなければならい。」

その国の憲法を勝手に書き換えて良いなどとは、どこにも書いてありません。
つまり、日本国憲法は、国際法(ハーグ陸戦条約)に対する明らかな違反行為の上に書かれた憲法ということができます。
そんなものをありがたがっている国民というものは、いったい・・・?』

注:理論武装した共産党はそのことを知らないはずはないでしょう。だから「国際ユダヤ同盟仲間 安倍と志位」という記事を書いたのです。

もっと早く日本独自の憲法を作ればよかったのです。遠からずそうするべきです。別に他の国でもやっているようにある筋がそうさせないだけの話です。それは田布施システムを壊してからでしょう。次の世代の政治家を待ちましょう。山本太郎クラスの漫画的人間は別にして。

国体でもない政体としての天皇家は憲法改正でなくした方がいいだろう。

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-category-144.html

IS兵士を捕らえてみればイスラエルの大佐だった

http://www.mag2.com/p/money/6712

例えばハマスの記事は以下の二番目「灯りを消してくれ」にあります

http://megalodon.jp/2009-0127-2250-01/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

被害演出には二つのタイプがある

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/2a9a3c6f3808fe93b8f83f1600f97fee

ソフトバンクビジョンファンド

http://toyokeizai.net/articles/-/140519

















2014/04/25 に公開

杉原千畝(ちうね)の物語は映像や舞台など数多くのコンテンツが存在します。しかし、まだまだ日本人でも杉原千畝を知らない方がたくさんいます。今回は、杉原千畝に命を授けられたユダヤ人の記憶を通して、杉原千畝という日本人をクローズアップします。サバイバー(脱出者)の方々の杉原への感謝の言葉を聞くと、同じ日本人として感動し勇気が出ます。ソリー・ガノール氏を始めとし、多くのサバイバーのインタビュで構成されています。ソリー・ガノール氏が11歳のころにユダヤ教に伝わるハヌカの祭りで杉原千畝と出会い、家族ぐるみで親交を深めるうち、杉原氏の心にユダヤ人を慈しむ気持ちが育っていきました。ソリー・ガノール氏は奇跡のビザ発給へのキーパーソンといっても過言ではありません。杉原がリトアニアのカウナスに領事代理として赴任したのは、ポーランドにドイツが侵攻する3日前でした。ナチとソビエトの狭間で逃げ場がなくなったユダヤ人は、杉原にビザを求めて領事館に押し寄せました。ビザの発給に関しては、日本政府は消極的でしたが杉原は一刻を争う目の前のユダヤ人を助けるために大量のビザを発給します。サバイバーはエピソードを通して口々に杉原の親切に感謝しています。

英語版「Chiune Sugihara Rememberd by Jewish Survivors 」
https://youtu.be/XTrDeXjd0h4

「 杉原千畝 四男 伸生 父の思い出を語る」
https://youtu.be/70C6W_tjes8

「戦後70周年 奇跡の将軍・樋口季一郎」
https://youtu.be/4caq5e_toz8

「戦後70周年に向けて 正しい歴史に学ぶ すばらしい国 日本」ダイジェスト版
https://youtu.be/-usWnzcFUhw
もご覧ください。

上のビデオをゆっくりと見るとビザの発給はなにも杉原さんだけでなくモスクワの日本大使館でも行われていたとのことだが条件付だったであろう。日本政府の命令に背いて......というのがなんなのか 要するにモスクワなどで発給されたビザは難民ビザであり杉原千畝の条件なしビザの意味の違いであり下のお二人はNHKの捏造と決めつけているが.....。



杉原千畝

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%8E%9F%E5%8D%83%E7%95%9D

ユダヤ人迫害の惨状を熟知する千畝は、「発給対象としてはパスポート以外であっても形式に拘泥せず、彼らが提示するもののうち、領事が最適当と認めたもの」を代替案とし、さらに「ソ連横断の日数を二〇日、日本滞在三〇日、計五〇日」を算出し、「何が何でも第三国行きのビーザも間に合う」だろう[46]と情状酌量を求める請訓電報を打つが、本省からは、行先国の入国許可手続を完了し、旅費及び本邦滞在費等の携帯金を有する者にのみに査証を発給せよとの発給条件厳守の指示が繰り返し回電されてきた。

杉原夫人が、難民たちの内にいた憔悴する子供の姿に目をとめたとき、「町のかどで、飢えて、息も絶えようとする幼な子の命のために、主にむかって両手をあげよ」[脚注 21]という「旧約の預言者エレミアの『哀歌』が突然心に浮かん」[47]だ。そして、「領事の権限でビザを出すことにする。いいだろう?」という千畝の問いかけに、「あとで、私たちはどうなるか分かりませんけど、そうして上げて下さい」[48]と同意。そこで杉原は、苦悩の末、本省の訓命に反し、「人道上、どうしても拒否できない」[49]という理由で、受給要件を満たしていない者に対しても独断で通過査証を発給した。

日本では神戸などの市当局が困っているのでこれ以上ビザを発給しないように本省が求めてきたが、「外務省から罷免されるのは避けられないと予期していましたが、自分の人道的感情と人間への愛から、1940年8月31日[脚注 22]に列車がカウナスを出発するまでビザを書き続けました」とし、避難民たちの写真を同封したこの報告書[脚注 23]のなかで、杉原はビザ発給の理由を説明している。

杉原の独断によるビザ発給に対する本省の非難は、以下のようなものであった。

「最近貴館査證ノ本邦經由米加行『リスアニア』人中携帶金僅少ノ爲又行先國手續未濟ノ爲本邦上陸ヲ許可スルヲ得ス之カ處置ニ困リ居ル事例アルニ附避難民ト看傲サレ得ベキ者ニ對シテハ行先國ノ入國手續ヲ完了シ居リ且旅費及本邦滯在費等ノ相當ノ携帶金ヲ有スルニアラサレハ通過査證ヲ與ヘサル樣御取計アリタシ」
【現代語訳=最近カウナスの領事館から日本を経由してアメリカ・カナダに行こうとするリトアニア人のなかには、必要なお金を持っていなかったり行先国の手続きが済んでいなかったりなどの理由で、わが国への上陸を許可できずその処置に困ることがあります。避難民と見なしうる者に関しては、行先国の入国手続きを完了し、旅費・滞在費等に相当する携帯金を持っている者でなければビザを与えないよう取りはからって下さい】

??1940年8月16日付の本省から杉原の独断によるビザ発給を非難する電信

杉原千畝だけじゃなかった...........

日本はナチスドイツの属国ではありません ヒトラーのお先棒を担いで弱い者いじめすることが正しいことですか ~最後までご覧ください





失われた十氏族とユダをまた一つに戻すと予言している。現在「イスラエル共和国」を名乗っているのは、南ユダ王国のユダたち。失われた氏族の帰還を願って、失われた氏族=イスラエルを名乗るエフライムは、10支族族の一つであるヨセフの子でマナセと兄弟である

ツロと日本

http://p.booklog.jp/book/15603/page/179128

イスラエル10支族の帰還について

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3118

ディアスポラの歴史

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/0000isuraeru2.htm

神武天皇はサマリアの王

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/000nihonnsi1.htm

エズラ第四書』第13章.....「彼らは異教徒の群れから離れ、人類がいまだかって住んだことのない土地へ行き、自国では守ることの出来なかった規則をせめて守るようにとの計画を、お互いに持ち合って、さらに遠い国へ進んだ」....日本が、人類の住んだことが無い土地ではないだろうが、オリエントや欧州から見れば、それに近い感覚の島だろう』

聖書ものがたり・エゼキエル書

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/142.html

平安とはシャロームのこと

日本史のイメージ図~http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/000nihonsi00.htm

ディアスポラで拙稿を検索すると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83f%83B%83A%83X%83%7C%83%89&inside=1&x=0&y=0

ディアスポラの力

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3586

一の宮体制

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1027

上記記事の最後に鬼塚英昭氏のビデオ紹介がありますが鬼塚は北朝鮮のスパイだった疑いがありますのでそれを含んだ上でご覧ください。氏はブラックプロパガンダの原爆投下を肯定し大室寅之祐を明治天皇としていますがいずれもミスリードです。

ヒムヤル王国からエルサレムまで

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/932.html



ゴーストライポンさんの関連記事

http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12248520987.html



Evelyn & Jacob Rothschild

https://www.youtube.com/results?search_query=Evelyun+Rothachild

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2%E5%AE%A3%E8%A8%80%E3%81%AE%E5%87%BA%E9%B1%88%E7%9B%AE&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=&afs=&at=&aa=&ts=12237

Money Masters

https://www.youtube.com/results?search_query=Money+Masters

Money as debt

https://www.youtube.com/results?search_query=money+as+debt+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E

拙稿を紹介してくれているブログ

http://blog.ap.teacup.com/jiritu/6892.html

トランプ大統領ピザゲイト調査か

http://blog.ap.teacup.com/jiritu/6891.html?ap_protect=ofnpgk90t2n

井口博士の記事にすごいのがあった~チンギスハーンの正体

http://quasimoto2.exblog.jp/23676772/

元朝秘史

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%85%83%E6%9C%9D%E7%A7%98%E5%8F%B2&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=&afs=&at=&aa=&ts=15441

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E6%9C%9D%E7%A7%98%E5%8F%B2

読まれるのでしたら岩村忍先生のがいいでしょう

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%9D%91%E5%BF%8D

小澤重男の元朝秘史は読みずらいこと限りがない。所詮モンゴル語学者



 
 
》記事一覧表示

新着順:69/3548 《前のページ | 次のページ》
/3548