teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:58/3560 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

現代版魔女の鉄槌 その11

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 3月13日(月)23時30分22秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://ameblo.jp/antibizwog/entry-11282089883.html その11

■皇家の銀行口座

今の日本で何かがはっきりと姿を現したのは、2009年6月ではなかったかと、私は考えています。

その6月、イタリア Italia(英:Italy)とスイス Swiss Confederation, Switzerland(独:Schweiz、仏:Suisse、伊:Svizzera)との国境で、1345億ドルもの米国債が詰め込まれた鞄(かばん)を所持する日本人2人が、イタリア当局に拘束されました。当時の日本円に換算すると、およそ13兆円もの米国債です。その余りの巨額さにも関わらず、日本では殆んどニュースになりませんでした。

2人の日本人が所持していた米国債の中には、額面10億ドルのケネディ国債 Kennedy Bond が1枚含まれていました。

ケネディ国債というのは、ケネディ大統領 John Fitzgerald Kennedy(1917-1963)の時に銀を裏付けにして発行した特別国債です。ケネディ大統領の在任期間は、1961年から63年の僅か3年足らずですから、この債券が発行されたのは彼此(かれこれ)半世紀も昔のことです。今50代のベテラン金融市場関係者でも、現物を見たことがないと驚くような代物です。

金融市場で流通していないようなものを、2人の日本人は、何処から何処に運ぼうとしたのでしょうか。好奇心をそそられて続報を待っていた人は、世界には当時沢山いたと思います。しかし、事件の消息はその後ぷっつりと途絶え、現在に至るまで何一つ聞こえてきません。

実は、イタリア当局に拘束された2人のうちの1人は、自民党政権時代の財務事務次官、武藤敏郎(1943-、財務事務次官任期:2000~2003、日銀副総裁任期:2003~2008)の義弟、山内恒夫(-)という人物です。もちろん、彼は単なる運び屋を任されただけであり、この米国債の所有者ではありませんでした。

〔※補足:武藤敏郎(1943-)の妻・直子(-)は、橋口 収(1921-2005)・元主計局長とその妻・廣子(1925-2008)の娘。橋口夫妻には他に長男がいたが、2006年に亡くなったとされる。武藤敏郎の妻・直子の妹の夫が山内恒夫(-)いう関係のようだが、山内恒夫の妻については一切不明。山内恒夫(-)であるとする情報源はハル・ターナー Harold Charles “Hal” Turner(1962-)の『Turner Radio Network』だが、2009年6月24日ターナーはFBIによって逮捕され、同サイトは閉鎖された〕

13兆円もの米国債を保有しているような日本人がいるとすれば、日本には1人しかいません。今で言えば、平成天皇(継宮明仁 1933-)です。ニュースで続報が流れなかったことが、それを物語るように感じます。

≪≪天皇家の銀行口座は、戦前からスイスのバーゼル Basel(仏:Bâle)に本部がある“バーゼル・クラブ The Basel Club”こと国際決済銀行 Bank for International Settlements(BIS)に設けられているとされています。

BISと言えば、BIS規制の問題で私達にも馴染みのある名前です。この規制は、世界の銀行の自己資本規制を行う取り決めである為、日本ではBISが、あたかも公的な国際機関であるかのように理解されています。確かに、BISは各国中央銀行間の通貨決済を主たる業務の1つに捉えており、第1次世界大戦の敗戦国ドイツの国際賠償金支払いを統括する機関として設立された銀行です。

とは言え、BISは歴とした民間金融機関です。特筆すべき点と言えば、ドイツが延々と続けてきた賠償金の支払いを管理した銀行ですから、民間金融機関とは言え、BISはそれを可能にする能力や背景を持っているという点でしょう。

元々BISは、各国の国家元首の個人口座が開かれている銀行でした。彼らがBISを選んだ理由は、戦争で国家が潰れても「あなたの家族の資産は守りますよ」ということです。

第2次世界大戦が始まった時、BISにアドルフ・ヒトラー Adolf Hitler(1889-1945)の個人口座があったことは有名な話です。もちろん、昭和天皇(迪宮裕仁 1901-1989)もここに個人口座を持っていたとされています。この口座に大量の個人資産を預けた上で、第2次世界大戦に臨んでいるのですから、国家元首というのは何とも凄い存在です。

それはともかく、13兆円もの米国債が何故、スイスから持ち出されようとしたのか。今は、それがテーマです。

■自民党の選挙資金に天皇家の金が使われていたのか?

2009年6月と言えば、民主党が政権を獲った8月31日の衆議院選挙の直前です。衆議院の解散は7月31日に行われています。当時、「イタリアで日本人2人が拘束」というニュースが流れたと同時に、それまで「空中戦はやらない」と言明してきた自民党の幹事長が、突然に宗旨替えを行って、空中戦を始めました。その態度の急変は、大きなヒントです。

彼が言う空中戦は、マスメディアでの露出をがんがん増やして、選挙に向けた運動をすることです。自民党という政党は、従来からマスメディアの使い方に長けた政党ではありません。メディアを使うよりも、選挙区に直接お金をばら撒いて票田を刈り取り、選挙戦に勝ってきたのです。資金を豊富に持っていれば、実弾を使ったほうが票読みは確実で、それが政権党としての強みでした。

一方、野党時代の民主党は、マスメディアの使い方に一日の長がありました。彼らは、1990年代の終わり頃から〔※郵政民営化研究会など、小泉純一郎らと連動(共にGATT日本ラウンド終結の年に生れた松下政経塾と清和会)。仏ルノー傘下となった日産が日本企業の企業倫理に与えた影響なども連動〕、バラエティ番組やクイズ番組に出演を始め、盛んにメディア露出を増やすことで好感度アップ作戦を行っていたのです。

もちろん、民主党がその作戦を取らざるを得なかったのは、選挙資金が十分ではなかったという事情がありました。その為、国会議員が率先してバラエティ番組に出演し、顔を売らざるを得なかったのです。

当時、真っ先に私の脳裏に閃(ひらめ)いたのは、自民党の選挙資金がイタリアで止められたんだ、ということです。自民党の選挙資金に天皇家の金が使われていたのだ、とも思いました。もちろん、私には、天皇家がそれを知っていたかどうか確かめる術はありませんが。

〔※補足:2009年の出来事を一部抜粋:

2009年1月1日、ウガンダ・オーストリア・トルコ・日本・メキシコが国際連合安全保障理事会の非常任理事国となる。フランスに代わりチェコが欧州連合議長国となる。ユーロ圏は16カ国に拡大。1月3日【日本】、北九州市八幡西区で永田寿康・元民主党衆議院議員が飛び降り自殺(詳細はサイト「地 獄 へ の 階 段」を参照)。1月5日【日本】、株券電子化完了。1月12日、米国への入国手続きに電子渡航認証システム(ESTA)が必須となる。

1月14日【日本】、東京地検特別捜査部が、西松建設元副社長ら4人を、東南アジアの現地法人などから税関を通さず組織的に裏金を日本国内に持ち込んだ外為法(外国為替及び外国貿易法)違反容疑で逮捕。

1月15日、ジンバブエ中央銀行が100兆ジンバブエ・ドル紙幣の発行を発表。フランス・パリの国際連合教育科学文化機関(UNESCO)本部において世界天文年2009記念式典挙行。 1月16日【日本】、国立感染症研究所が、流行中のAソ連型インフルエンザウイルスに治療薬であるタミフル(オセルタミビル)が効かない薬剤耐性ウイルスが97%を占めることを発表。

1月17日、イスラエルがガザ地区での紛争の停戦を一方的に宣言。1月20日、バラク・オバマが、第44代アメリカ合衆国大統領に就任。1月22日、バラク・オバマ米大統領、キューバのグァンタナモ米軍基地のテロ容疑者収容所に加え、中央情報局(CIA)の全秘密収容所も閉鎖するよう命令。1月23日【日本】、世界最初の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」など人工衛星計8基搭載したH-IIAロケット15号機、種子島宇宙センターから打ち上げ成功。

1月26日、インドネシアで金環食観測。その他、東南アジア、インドでも日食観測。世界的な金融危機により経済が破綻の瀬戸際にあるアイスランドにおいてゲイル・ホルデ政権が退陣。1月28日、世界経済フォーラム(ダボス会議)開催。IMF(国際通貨基金)が2009年の世界全体の経済成長率が0.5%と、第2次世界大戦後最悪となる見通しを発表。

2月1日、モスクワでソ連崩壊後初となるロシア正教モスクワ総主教就任式挙行。キリル1世が新総主教就任。2月2日、ジンバブエにて、1兆ジンバブエ・ドルを1ジンバブエドルとするデノミネーションを実施すると発表。2月13~14日、イタリア・ローマでG7財務相・中央銀行総裁会議が開催(中川昭一財務相による朦朧会見)。この会合で、日本はIMF(国際通貨基金)に1000億ドル(約9兆円)を融資することを締結させられたが、日本のマスコミはこの件を殆んど扱わず、朦朧会見ばかりを取り上げた。朦朧会見で隣の席にいた篠原尚之財務官は2009年11月、IMF副専務理事に就任し、日本の消費税増税を求めている。

2月17日【日本】、中川昭一財務相が辞任し、経済財政担当相の与謝野 馨が、財務相と金融担当相を兼任。2月22日【日本】、映画『おくりびと』がロサンゼルスで第81回アカデミー賞最優秀外国語映画賞に選ばれる。

3月3日【日本】、東京地方検察庁特別捜査部、準大手ゼネコンの西松建設による政界トンネル政治献金疑惑で、民主党小沢一郎代表の第一公設秘書、西松建設前社長らを、政治資金規正法違反容疑で逮捕。

3月3日、ドイツ・ケルンの公文書館が崩壊。1000年以上前の史料を含む6万5千点余りの資料に被害。3月10日【日本】、鹿児島市の桜島が爆発的噴火。日経平均株価の終値(7054円98銭)がバブル崩壊後の最安値を更新。3月15日【日本】、神奈川県横浜市の旧住友家俣野別邸が火災で全焼。3月22日【日本】、神奈川県大磯町の旧吉田 茂邸が火災で全焼。3月25日、APECの首脳会議が横浜で開催されることが決定。

4月1~2日、英国ロンドンで第2回20カ国・地域首脳会合(G20)が開催。4月5日、北朝鮮が日本東方の太平洋上に向けて、ミサイル発射実験を実施。バラク・オバマ米大統領がプラハにおける演説で「アメリカ合衆国は、核兵器のない世界の平和と安全を追求する」と表明(⇒MOX燃料)。4月6日、イタリア中部のアブルッツォ州・ラクイラ近辺でマグニチュード(M)6.3の地震が発生(ラクイラ地震)。

4月10日【日本】、今上天皇・皇后夫妻が金婚式を迎え、宮中で祝賀行事等挙行。東京都千代田区の大手町合同庁舎1、2号館跡地に、国際カンファレンスセンター等を備えた複合施設A棟(日本経済新聞社等が移転)・B棟(全国農業協同組合中央会等が移転)・C棟(財団法人日本経済団体連合会(日本経団連)等が移転)が竣工。

4月22日【日本】、財務省貿易統計速報で、2008年度貿易収支が7253億円の赤字となり、第2次石油危機直後の1980年度以来28年ぶりに赤字になったことが判明。輸出額も71兆1435億円と前年度比16.4%減少し、過去最大の減少幅を記録。IMF(国際通貨基金)が、日本の実質経済成長率(実質GDP)をマイナス6.2%とする今年の経済見通しを発表。

4月24日、WHO(世界保健機関)が、米国・メキシコで豚を起源とする新型インフルエンザ感染症を確認され、人間同士によるインフルエンザ感染事例が報告されたと発表。

5月1日【日本】、舛添要一厚生労働大臣が、カナダへの研修旅行から帰国した神奈川県横浜市の男子高校生に新型インフルエンザの疑いありと緊急記者会見で発表するも、国立感染症研究所により通常の季節性インフルエンザであることが判明。5月9日【日本】、厚生労働省が、前日にカナダからデトロイト国際空港発成田国際空港着の旅客機で帰国した大阪府立高校の教員と高校生の3人について新型インフルエンザウイルス感染を確認、3人を成田市内の病院に隔離、周囲2m以内にいた乗客についても10日間の検査隔離を行う措置。後に7日間に短縮。

5月11日【日本】、小沢一郎民主党代表が代表職を辞職する意思を表明。5月16日【日本】、民主党代表選挙で、鳩山由紀夫が岡田克也を退け、5年ぶりに民主党代表に復帰。5月21日【日本】、裁判員制度施行(小泉政権時代に成立)。5月25日、北朝鮮が2006年に続き二度目となる核実験を実施。5月31日【日本】、横浜市みなとみらいのパシフィコ横浜で、天皇・皇后臨席の下、麻生太郎総理、米ロなどの駐日外交官、中田 宏横浜市市長など関係者が出席し、横浜港開港150周年式典挙行。

6月1日、米自動車最大手であるGMが連邦破産法11条適用申請、負債総額16兆4000億円。エールフランス447便墜落事故。6月1日【日本】、改正薬事法施行。旧・薬種商資格の廃止に伴い、登録販売者の資格施行。6月3日、イタリア・キアッソで13兆円米国債不法所持事件が起こる。6月4~7日、欧州連合加盟27カ国で欧州議会議員選挙実施。中道右派の欧州人民党グループが、第1会派を維持し勝利。中道左派の欧州社会党グループは議席占有率を後退させた。

6月11日、WHO(世界保健機関)が、新型インフルエンザの警戒水準を現行の「フェーズ5」から最高の「6」へ引き上げ、1968年の香港かぜ流行以来41年ぶりとなるパンデミック(世界的大流行)を宣言。6月12日、イタリア・レッチェでG8財務相会合。7月8~10日、イタリア・ラクイラでG8主要国首脳会議が開催。6月14日【日本】、大阪地方検察庁が、郵便不正事件で、厚生労働省の女性キャリア官僚を虚偽公文書作成等の容疑で逮捕。

6月25日、マイケル・ジャクソンが自宅で心肺停止状態となり逝去。7月22日、日本各地、中華人民共和国、インド、太平洋の島で皆既日食を観測(21世紀で最も継続時間の長い日食)。7月23日、東南アジア諸国連合地域フォーラム(ASEAN地域フォーラム)閣僚会議が、タイ王国のプーケットで開催され、朝鮮半島の非核化、ミャンマーの民主化(―麻薬利権・天然ガス、小泉進次郎、安倍夫妻)などについて議論。7月28日【日本】、中田 宏横浜市市長が(スキャンダル問題他の追及を受けて)辞任。

8月3日【日本】、裁判員制度による初の裁判員裁判が始まる。8月4~5日、ビル・クリントン元米大統領が北朝鮮を非公式に訪朝し、拘束された記者2人の解放を求めて平壌で金正日総書記と会談(大統領経験者の訪朝はジミー・カーター以来2回目)。8月10日、メキシコのグアダラハラで北米3カ国首脳会談(メキシコ・米国・カナダ)を開催し、麻薬犯罪対策や新型インフルエンザ対策での協力関係を強化。

8月11日【日本】、駿河湾を震源とする大きな地震(M6.5)が発生し、東海地震の前兆かと騒がれた。8月18日【日本】、日産が本社をグローバル本社ビル(横浜市西区)内に移転。8月22日、 ギリシャ・アテネで山火事が発生し、同国政府が非常事態宣言を発令。8月30日【日本】、民主党が第45回衆議院議員総選挙で絶対安定多数を上回る308議席を獲得し第1党に躍進し、自由民主党は1955年の結党以来初めて衆議院第一党を失う。

9月4~5日、英国ロンドンでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催。与謝野 馨財務金融担当相は体調不良を理由に欠席、竹下 亘財務副大臣が代わりに出席(2人とも小沢一郎と繋がりを持つ人物。与謝野 馨はジョン万次郎財団副理事、竹下 亘は義弟)

9月9日【日本】、第45回衆議院議員総選挙の結果を受け民主・社民・国民新党は党首会談を行い、3党による連立政権を組むことで合意。総務省は地上波テレビ・ラジオ放送局195社のうち107社(前年比43社増)において2008年度の収支で純損失を計上。記録が残っている1975年度以降の業界全体の計でも初めて赤字に転落したと纏めた。

9月16日【日本】、民主党代表の鳩山由紀夫が第93代内閣総理大臣に任命され、鳩山由紀夫内閣が成立。9月17日、バラク・オバマ米大統領が、東欧地域へのミサイル防衛システム配備計画を中止する方針をホワイトハウスで声明発表。

9月21日、ブータンでマグニチュード(M)6.3の地震。9月21~23日、鳩山由紀夫総理の初外遊において、胡錦濤国家主席(中国)、ゴードン・ブラウン首相(英)、バラク・オバマ大統領(米)、メドベージェフ大統領(露)、李 明博大統領(韓国)、ケビン・ラッド首相(オーストラリア)との首脳会談が多国間で行われた。9月24~25日、米国ペンシルベニア州・ピッツバーグで第3回20カ国・地域首脳会合(G20)が開催。

9月28日【日本】、第24代自由民主党総裁選挙が実施され、谷垣禎一元財務相(―麻生法律総合事務所)が自由民主党総裁に決定。9月29日【日本】、厚生労働省は子宮頸癌の原因、ヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチンを承認。

9月30日、南太平洋・サモア近海でマグニチュード(M)8.3の巨大地震が発生。津波の被害も発生。インドネシア・スマトラ島沖でマグニチュード(M)7.6の大地震が発生。10月4日、トルコ・イスタンブルにおいて財務大臣・中央銀行総裁会議(G7)が開催。10月8日、南太平洋・バヌアツ諸島でマグニチュード(M)7.8の大地震が発生。10月9日、バラク・オバマ米大統領がノーベル平和賞を受賞(「核なき世界」「国際協調」「対話路線」を評価)。

10月10日、中国・北京市で日中韓首脳会談が開催。10月15日、イラクのヌーリ・マリキ首相とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン首相は、トルコ経由で欧州に向けての天然ガスエネルギーや水資源などに関する40件以上の合意文書に調印。10月22日、マイクロソフトのOS「Windows 7」が発売開始。10月28日、アメリカ航空宇宙局(NASA)、スペースシャトルの後継機である初のロケット試験機「アレスI」打ち上げに成功。

11月1日【日本】、太陽光発電の余剰電力を従来価格の2倍の48円/KWh(キロワット時)で電力会社が10年間全て買い取る制度が開始。11月5日【日本】、国内初のプルサーマルによる発電を開始。11月11~17日、政府の行政刷新会議が平成22年度予算の無駄を削る「事業仕分け」の前半を(日本国民を諦めさせる為の茶番として)開始。

11月12日【日本】、天皇陛下即位20周年祝賀式典を内閣府主催国家行事として挙行。11月13日、バラク・オバマ米大統領が初来日。11月14~15日、シンガポールでアジア太平洋経済協力会議(APEC)開催。

11月17日、クライメートゲート事件が起こる。英イーストアングリア大学(UEA)気候研究所(CRU)のサーバーから電子メール1073通と文書3485点をインターネット上に流出し、CO2温暖化説の根拠とされたIPCCの気温データ捏造が発覚。COP15や京都議定書との関連からか、クライメートゲート事件に関する報道が世界中を駆け巡り論争が捲き起こる中で、日本のマスコミだけは殆んどこの事件を報じなかった。

11月19日、欧州連合(EU)の初代欧州理事会常任議長(EU大統領)にヘルマン・ファンロンパイベルギー首相を選出。11月20日【日本】、外務省の日米密約調査おいて核兵器の持ち込み密約の根拠を成す文書である「討議記録」の存在を裏付ける日本側文書を発見。12月1日、欧州連合(EU)の新基本条約であるリスボン条約が発効。

12月7~18日、第15回気候変動枠組条約締約国会議(COP15)が開催。鳩山由紀夫総理は演説の中で「2020年迄に1990年比25%減」という、排出権取引(目的)を念頭に置いた日本のCO2排出量削減目標を示した。

12月16日、太陽系外惑星、スーパーアース「GJ1214b」が発見される。2009年はガリレオ・ガリレイによる天体望遠鏡を用いた初めての天体観測から400年目に当り、国際連合・ユネスコ・国際天文学連合によって定められた世界天文年(International Year of Astronomy)でもある〕

■世界中に流された米国債を所持した日本人のニュース

ところで、13兆円の米国債を所持した日本人2人が拘束されたというニュースは、イタリア発で世界中に流れました。ところが、不思議なことに、日本だけでなく海外メディアも、その後この件について、1つも続報を流しませんでした。当時、どこか1社くらい続報を流すメディアがあっていいはずだと色々探してみましたが、まるで示し合わせたように誰も何も言わないのです。

経験的に言えば、不可解な国際的ニュースが世界に発信された時は、その大半が世界に向けたメッセージです。例を挙げれば切りがありませんが、07年11月に流れた「郵貯がイランへの国際送金業務を取り止めた」というニュースもその1つです。

当時、日本からイランへの送金は年間5000万円程度という小額決済でした。この程度の国際送金が停止されたとしても、本来ニュース価値は殆んどありません。にも関わらず、このニュースをわざわざ大手の新聞を使って記事にさせたのは、「民営化された郵貯銀行が、確かに日本政府の命令通りに動きますよ」ということをアメリカに示す合図だったと言えます。

こうしたニュースは、単にシグナルであるというのではなく、はっきりと世界に向けたメッセージである場合が殆んどです。09年6月のそれは、「ヨーロッパの銀行家達は、今後、民主党政権が誕生することを選択する」という内容だったに違いありません。

少なくとも私はそのように受け取り、予想通り現に8月31日、自民党の歴史的な大敗という結果が生れました。恐らく民主党政権誕生の流れは、この不可解な国際ニュースが配信された時点で、決していたということです。

〔資料〕≪広瀬 隆 著『赤い楯』 第4章 最後の隠れ家:5「スイス銀行の金庫」、他 より抜粋(16~20)≫|MelancholiaⅠ ※Switzerland―天皇財閥
http://arsmagna.jimdo.com/melancholiaⅠ-roentgenium-資料保管庫-目次/

〔資料〕天皇陛下御在位60年記念硬貨:大量偽造事件(1990年) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%99%9B%E4%B8%8B%E5%BE%A1%E5%9C%A8%E4%BD%8D%E5%85%AD%E5%8D%81%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E7%A1%AC%E8%B2%A8

〔資料〕被害額約108億円!という1990年日本で起きた10万円金貨大量偽造事件をご存知ですか?1~2 - wagonR35 2009年5月23、26日
http://crowdwagon.com/blog/wagonr35/?p=5139

http://crowdwagon.com/blog/wagonr35/?p=5331

〔資料〕加治将一 著『陰謀の天皇金貨(ヒロヒト・コイン)―史上最大・100億円偽造事件 20年目の告白』(祥伝社 2011年刊行)
http://www.amazon.co.jp/%E9%99%B0%E8%AC%80%E3%81%AE%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%87%91%E8%B2%A8-%E3%83%92%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%EF%BC%89-%E5%8A%A0%E6%B2%BB%E5%B0%86%E4%B8%80/dp/4396613946

〔資料〕鬼塚英昭 著『天皇のロザリオ―日本キリスト教国化の策謀』より抜粋 1~4 - 日本人が知らない 恐るべき真実 ※Switzerland―天皇財閥
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060825

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060826

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060827

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060828

〔資料〕高利貸しロートシルト その3:『赤い楯』第10章 スイス銀行の秘密 - LEGACY OF ASHES 2012年2月1日 ※Switzerland―天皇財閥
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/403.html

〔資料〕キアッソ米国債事件(2009年6月3日) - Wikipedia ※その直後12日にイタリアでG8財務相会合が開催された
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%BD%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%82%B5%E4%BA%8B%E4%BB%B6

〔資料〕13兆円米国債密輸事件!! - 金貸しは、国家を相手に金を貸す 2009年6月29日 ※FRBが1934年発行した超高額ドル紙幣?
http://www.financial-j.net/blog/2009/06/000959.html

〔資料〕邦人が運んだ13兆円の正体は?ドル・米債はいつ暴落する? 1~2 - 金貸しは、国家を相手に金を貸す 2009年6月30、7月2日
http://www.financial-j.com/blog/2009/06/000960.html

http://www.financial-j.com/blog/2009/07/000961.html

〔資料〕武藤敏郎(1943-) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%97%A4%E6%95%8F%E9%83%8E

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A1%E5%8B%99%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%AC%A1%E5%AE%98

http://moralkai.xrea.jp/materials/hashiguchi/hashiguchi-okusama.pdf

〔資料〕中川昭一氏の幻影~ポンテキアッソの霹靂~ By 脇田栄一 - BLOGOS 2011年4月28日
http://blogos.com/article/15759/

〔資料〕ストロス・カーンIMF専務理事スキャンダルと故・中川昭一財務相による1000億ドルの対IMF融資とポンテキアッソ偽造米国債の関連性。 - スロウ忍ブログ 2011年5月23日
http://surouninja.seesaa.net/article/203392646.html

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-category-16.html

〔資料〕中川昭一(1953-2009) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%98%AD%E4%B8%80

〔資料〕日本は先進国一長く「借金に呪われる」、スイス研究 - AFPBB News 2010年5月20日
http://www.afpbb.com/article/economy/2728194/5776609

〔資料〕Harold Charles “Hal” Turner(1962-) - Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Hal_Turner

〔資料〕ハル・ターナーとFBI - 日本の構造と世界の最適化 2009年8月13日
http://ameblo.jp/hatanron/entry-10320000978.html

〔資料〕例のイタリアン・ジョブ(高額米国債詐欺???) - ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 2009年6月17日
http://amesei.exblog.jp/9871516

〔資料〕米国債の保証書 - 既に地獄の扉は開いている 2009年6月22日
http://mkt5126.seesaa.net/article/121902317.html

〔資料〕≪宋 鴻兵 著『通貨戦争―影の支配者たちは世界統一通貨をめざす』 より抜粋(20)≫|MelancholiaⅠ ※郵政民営化「運用委託」
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-11028633661.html

〔資料〕≪広瀬 隆 著『赤い楯』 第4章 最後の隠れ家:5「スイス銀行の金庫」、他 より抜粋(21~22)≫|MelancholiaⅠ ※日本を“狙い撃ち”した「BIS規制」の嘘、他
http://arsmagna.jimdo.com/melancholiaⅠ-roentgenium-資料保管庫-目次/

〔資料〕≪斎藤貴男 著『消費税のカラクリ』 第3章 消費者が知らない消費税の仕組み、他 より抜粋(4~5、9~11)≫|MelancholiaⅠ ※松下政経塾の正体、MRA、郵政民営化研究会、郵政選挙と広告代理店(BBDOとFleishman-HillardはロックフェラーのOmnicom Group Inc.傘下企業)、他
http://arsmagna.jimdo.com/melancholiaⅠ-roentgenium-資料保管庫-目次/

※岡田克也(―三菱グループ)について
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-10867756026.html

〔資料)3.11 東日本大震災 1周年~地震兵器・人工地震テロ説を徹底検証!決定的な証拠を求む~ - News U.S. 2012年3月11日 ※人工地震に関する各紙記事、他
http://www.news-us.jp/article/257037754.html

〔資料〕人工地震大き過ぎちゃってごめんなさい - LEGACY OF ASHES 2012年4月7日
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/451.html

〔資料〕≪「対日年次改革要望書」とTPP:日本語翻訳 PDFファイル(1996年~2011年)≫ ※東北大震災、福島原発事故、TPP、余りにも出来過ぎた一連の流れ
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-11066706411.html

〔資料〕ビッグ・リンカー達の宴2―最新日本政財界地図 By 園田義明(PDF、全61頁) ※重要(Big Linker:大連結者)
http://homepage3.nifty.com/m-miyazaki/PDF-F/biglinnker2.pdf

■鳩山首相の父、鳩山一郎もまた、ヨーロッパ人脈の政治家であった

思うに、ヨーロッパの銀行家達の路線は、元々アメリカ的な競争原理主義ではありません。

例えば、ギリシャの財政危機が注目された時、ギリシャの公務員の人数の多さ、手厚い待遇や年金などの問題がクローズアップされました。これをギリシャの特殊事情と受け止めた人もいると思いますが、ヨーロッパの国々は押し並(な)べて公務員の数が多く、給与や待遇も手厚いのです。

アメリカがばりばりのタカ派資本主義だとすれば、ヨーロッパの国々はハト派資本主義といったイメージです。そして、ヨーロッパのこうした考え方の元を辿ると、実はメディチ家 Medici Family やロスチャイルド家 Rothschild Family、ハプスブルク家 Habsburg Family などの思想に行き着きます。

一方、政権交代で誕生した鳩山由紀夫(1947-)首相の民主党路線は、こうしたヨーロッパの考え方と非常によく似ていました。

彼は、就任直後の国連演説でCO2の25%削減を宣言しましたが、高い削減目標を掲げるよう日本に働き掛けていた一番の勢力はEU諸国であり、鳩山政権が彼らの意を汲んでいたことははっきりしています。米軍普天間基地の問題でアメリカと距離を置こうとした点などについても、ヨーロッパという後ろ盾を得ていたという前提で考えれば、極自然な態度だったのです。

元々日本は明治維新の時からヨーロッパ寄りの国だったと、私は考えています。何故なら、幕府軍はフランスのロスチャイルド家から、薩長軍はイギリスのロスチャイルド家から資金提供を受けて、西南の役(えき)を戦っているからです。

ロスチャイルド家はもちろん、ヨーロッパ銀行家の中心的な存在であり、幕府軍が勝っても、薩長軍が勝っても、何れにしろ新しい日本はロスチャイルド家の資金を活用することが決っていました。日本の近代化と共に、莫大な金利収入と債券の値上がり益がロスチャイルドの懐(ふところ)に入ったということです。

鳩山首相の父、鳩山一郎(1883-1959、総理大臣任期:1954~1956)は、そういったヨーロッパの人脈に繋がる人でした。民主党が韓国民潭の選挙協力を得て選挙を戦ったことが一部で批判されていますが、民主党の本質はそこにはありません。菅政権誕生によって、すっかり変質してしまいましたが、民主党の本質は元々ヨーロッパ的な思想へと、日本の舵を切ることだったと考えられます。鳩山首相は、それを指して「友愛」と言ったのです。

興味深いのは、その後、日米関係が抉(こじ)れてからのマスコミ及びインターネットでの反応です。

先ず、マスコミは民主党政権誕生を祝い、鳩山政権を誉めそやしていましたが、米軍普天間基地問題を契機に、手のひらを返したように民主党批判を行うようになりました。その批判の仕方も
、正面から「こうあるべきだ」と論陣を張るのではありません。タレントやコメンテーターに「民主党は、本当にだらしないわねえ」と呆れさせ、馬鹿にさせる手法が目立ちました。

〔※実際は、政権交代前から鳩山・菅・野田という正・反・合、小沢事件をそのスケープゴートに使う青写真は描かれていたと考えられる。自民党執行部と民主党の現在の執行部を構成している面々はかつての小泉政権の時と立場を逆転し、同じことをやっている。つまり小泉劇場第二幕を野田政権が引き継ぐということ〕

ネットの世界でも、ネット右翼と称される人達によって、民主党攻撃が繰り広げられました。彼らが多用するキーワードは「売国奴」「ミンス党」です。日本を韓国や中国に売り渡すとんでもない奴ら、という話が次から次へと生み出され、今尚それが続いています。

しかし、こうした世論を誰が生み出そうとしているのか、私達は常にその点に注意しなければなりません。小泉政権でも、安倍政権でも、福田政権でも、そして麻生政権でも、同じ手法の政権攻撃が行われました。論理的に政策を批判するのではなく、失言やスキャンダルをネタに、その人間性の低さを国民感情に、徹底的に訴える手法です。

こうした攻撃の見事な徹底性という点で、何か特定の意図が働いていると考えざるを得ないのです。

〔資料〕南北朝秘史 その1~2 - LEGACY OF ASHES 2011年10月8日 ※大室寅乃祐(明治天皇)の出自と近代皇室
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/290.html

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/291.html

〔資料〕国家神道の基礎知識 第零版 By 大黒 学 2007年5月13日(PDF、全22頁) ※儒家神道、吉川神道、垂加神道、平田神道
http://tutorial.jp/thought/koshi/koshiki.pdf

〔資料〕村上重良 著『国家神道』:書評 - 松岡正剛の千夜千冊・遊蕩篇 2007年6月30日
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1190.html

〔資料〕萬晩報:園田義明のコラム ※薩長因縁の昭和平成史、他。重要
http://www.yorozubp.com/sonoda.htm

〔資料〕鬼塚英昭 著『天皇のロザリオ―日本キリスト教国化の策謀』より抜粋 1~4 - 日本人が知らない 恐るべき真実 ※Switzerland―天皇財閥
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060825

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060826

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060827

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060828

〔資料〕高利貸しロートシルト その3:『赤い楯』第10章 スイス銀行の秘密 - LEGACY OF ASHES 2012年2月1日 ※Switzerland―天皇財閥
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/403.html

〔資料〕≪広瀬 隆 著『地球のゆくえ』 第3章 細川政権誕生の謎、他 より抜粋(5)≫|MelancholiaⅠ ※藤原不比等と『日本書紀』
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-11086519906.html

〔資料〕書き換えられた歴史・藤原氏の正体 1~3 - 日刊闇株新聞 2011年5月16~18日
http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-152.html

http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-153.html

http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-154.html

〔資料〕謎だらけの日本の誕生 1~3 - 日刊闇株新聞 2011年6月13~15日
http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-174.html

http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-176.html

http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-178.html

〔資料〕≪鬼塚英昭 著『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』 より要約(17)≫|MelancholiaⅠ ※天皇法人説、及び国家法人説
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-10977991572.html

〔資料〕≪鬼塚英昭 著『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』 より要約(19)≫|MelancholiaⅠ ※大化の改新と明治維新
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-10978824023.html

〔資料〕日本人が知らないニッポン―隠されてきた歴史から読み解く世界の成り立ち - THINKER
http://thinker-japan.com/thinkwar.html

〔資料〕源氏と平氏の政権交代 1~3 - ルーツ調査研究会 2011年3月7~10日
http://roots-origin.jugem.jp/?eid=3

http://roots-origin.jugem.jp/?eid=4

http://roots-origin.jugem.jp/?eid=5

〔資料〕≪広瀬 隆 著『二酸化炭素温暖化説の崩壊』 より抜粋(1~10)≫|MelancholiaⅠ
http://arsmagna2.jimdo.com/melancholiaⅠ-roentgenium-資料保管庫-目次/

〔資料〕≪鬼塚英昭 著『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』 より要約(5)≫|MelancholiaⅠ ※鳩山威一郎―中曾根康弘
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-10955972222.html

〔資料〕オウム事件の背後に潜むもの―日本の闇を探る1~14、ヤクザと自民党政治の研究1~8、電通の研究1~6、他 - 日本人が知らない 恐るべき真実
http://rothschild.ehoh.net/truth/part3/find.html

〔資料〕≪中田安彦 著『ヨーロッパ超富豪 権力者図鑑―世界を支配する欧州の覇者たち』 より抜粋(4)≫|MelancholiaⅠ ※【日本の談合マスコミの歴史(1926~1935)】
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-10916151432.html

〔資料〕≪関岡英之 著『国家の存亡―「平成の開国」が日本を滅ぼす』 より抜粋(7)≫|MelancholiaⅠ ※【日経・CSISバーチャル・シンクタンクの顔触れ(新自由主義者達の饗宴)】 【CSIS-HGPI】細川佳代子 【三極委員会】
http://ameblo.jp/antibizwog/entry-11076818385.html

管理人注;文中に鬼塚英昭の明治天皇の出自は間違いと判明しましたので流してください、



 
 
》記事一覧表示

新着順:58/3560 《前のページ | 次のページ》
/3560