teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:68/3606 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

二万分の一になりたいですか

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 5月 3日(水)21時52分17秒
  通報 返信・引用 編集済
 

協和病院でビデオを検索すると最初にこれが出てくる。学会で発表されていないものは信用しないと絶対性を振りかざして医師はいいます。しかし電解還元水は厚生省認可である。自分の担当医師に協和病院で検索するように柔らかくお伝えください きっといや~な顔をしますよ こういう治療が広まらないのは儲からないからです。

超薬アスピリン

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/382.html

『いま、日本のアスピリンの1錠あたりの保険薬価は6円40銭である。これは1万数千品目の医療保険適用医薬品のなかでの、最低価格であるらしい。こんなに安くて効き目のある薬はないという。
 それだけに薬品メーカーにとっては、それこそアタマが痛い。売っても売っても、それほど利益が上がらないからだ。それより新薬を開発発売すれば、数十倍あるいは数百倍の売上や利益になる。アスピリンは今日の薬品メーカーにはそれほど効き目があるものではなくなっている』

電解還元水の内容をまとめた記事

http://ameblo.jp/chihointokyo/entry-11475665654.html

2013/02/24 に公開

1991年に日本テレビのニュース番組で放送以来この20年間で、神戸の協和病院では数百名の糖尿病患者が電解水治療を受けています。水素水では治らないことは最近の厳格な臨床試験で明らかです。 電解水素水と水素水は違います。どのように違うのかについては、ブログ「電解水素水の研究ノート」を参照してください。

http://ehw.blog129.fc2.com/blog-entry-77.html



神戸の協和病院院長である河村宗典医学博士の関連記事~足を切断されてもいいのですか?

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhOA8WZglZ5gsAUR.JBtF7?p=%E6%B2%B3%E6%9D%91%E5%AE%97%E5%85%B8&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E6%B2%B3%E6%9D%91%E5%AE%97%E5%85%B8&at=&aa=&ai=u76tXJkDTPaVlVPLm8pnFA&ts=14422

いいものには必ず医師会の圧力で薬事法違反が出てきます~個人的には体内の活性酸素を減少させる効果だと思います

http://www.naruhodo-genki.com/kawamura.html

糖尿病で足の切断は年間二万件

https://nikkan-spa.jp/966633

河村先生インタビュー

http://www.naruhodo-genki.com/kawamura_interview.html

内容紹介

「電解還元水(水素水)」は、老化の原因とされる「活性酸素」を消すため、若い女性を中心に「健康・美容に効果的」と、人気を集めています。その水による治療の先駆者が、あらゆる病気に悩む方に贈る「水素水ライフ」とは?糖尿病が治ったり、アトピーの克服から、がん治療まで。30年蓄積されてきた治療成果を紹介。

内容(「BOOK」データベースより)

「電解水素水」があなたの体を変える!飲むだけで病気が改善。糖尿病、胃がん、潰瘍性大腸炎、C型肝炎、アトピー性皮膚炎などの症例が語る!

著者について

河村 宗典(かわむら・むねのり) 1964年神戸大学医学部卒業。医学博士。早くから「電解還元水」の効果に着目し、'85年から糖尿病やアトピーなどの医療現場に取り入れる。特定医療法人誠仁会協和病院名誉院長

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

河村/宗典
1938年山口県生まれ。64年神戸大学医学部卒業。65年から77年まで神戸大学医学部第二外科教室に在籍。78年に医学博士号取得。77年から81年まで特定医療法人誠仁会大久保病院の副院長をつとめる。81年から2014年まで特定医療法人誠仁会協和病院院長をつとめる。1985年より電解還元水(電解水素水)を臨床に取り入れる。2014年協和病院名誉院長として現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

トップカスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
太田某氏へのカウンターパンチ投稿者 baldo 投稿日 2016/6/25

この方の電解水関連は共著も既読であり、いずれも医師ならではの臨床例を用いた説得力ある内容。
しかしなんだろ、「電解水素水は効果が無い」とか新聞記事にもなっていたり、水素ガス溶解水素水派と電解水素水派の足の引っ張り合いみたいなのはどうにかならんだろうか?
こちらの電解水素水臨床例だけではエビデンスにならないとでもいうのだろうか??
電解水の治療効果は大きいようなのに他に追随する医療機関の情報をなかなか目にしないのも不思議な現象。
全くどうなってるのか素人には分かりません

何はともあれ厚労省認可という点でいかがわしさは回避できていると思うが、問題は医療機並みの高性能電解水装置を個人購入・維持するのはとてもコストがかかるということ。とはいえ病院治療費に比べたら格安なのかもしれないので転ばぬ先の杖として飲用するのは価値がありそう。
個人的には安価なアルカリイオン水装置(酸化還元数値が高価品ほどではない)やもっと安い水素水スティック・マグスティックで予防治療効果の有無をテストしてもらえればなあと思います。

本当のことを話そうじゃないか

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1128.html

二価三価鉄塩の生体水

『一般にミネラル・ウオーターとかアルカリイオン水とよばれスーパーで売られている水に「PH測定用フェノールフタレイン溶液」を一滴たらすと,イオン水かどうかすぐにわかる。水道水には反応せず本当のイオン水は朱色に反応する。しかし48時間以上経過したものには反応しない。浄水した水を飲まされていることになる。

 人間の赤ちゃんの身体には小さじ一杯ぶんの生体水を生み出す原液がもともと備わっている。これを身体が10のマイナス12乗に希釈し生体水を作り続ける。しかしこのバランスが崩れた時ガンやエイズウイルスが増殖する。下にあげた統計は正常な生体水の中ではがん細胞は増殖しないという貴重な資料である。

 山下昭治博士は昭和2年神奈川県に生まれた。東京大學農学部をへて名古屋大学講師,農学博士である。この山下博士が生体水の原液パイ・メモリーウオーターの発見に成功した暁に何が起こったのか,知る人は少ない。ガンが治っては困る集団が圧力をかけたのである。丸山ワクチンしかり,世の中の悪の構造は今も昔も変ることはない。

 随分にせもの,いんちきが出回った。博士はついに人間不信にまで陥ってしまった。10のマイナス12乗の12は例えば一年は12ヶ月,干支は12支,1リットル中の分子量は1.2x10の12乗。偶然ではない真理がここにある。ついでにいえば12使徒もあてはまるかもしれない。この生体水はイオン化抑制効果があり身体を正常に機能させる働きを持つ。

 造形社発行の山下博士による「生命科学の原点と未来」でこう書いてある。「生命体の全ての情報伝達の源は二価三価鉄塩とよばれる金属であります。身体のなかではこれが脂質の上にのっかっております。そして脂が体の中を移動するためには特有な化合物が必要ですが,この役割はホルモンが荷っています。ホルモンは移動しやすいための物質というふうにとらえられます」

 一番下の統計は同じく造形社発行の山下博士による「生命成立の原理」からの資料です。だいぶ前ですが「野菜スープ」でガンが治ると謳った人が「薬事法違反」で逮捕されてしまいました。実際にガン細胞が消えた人もいたにもかかわらずです。ガンが治るという一言がひっかかったそうですが,これも医師会という圧力団体のせいです。医師会の都合のいいように法律を作ったのですから。これが世の中の小さな悪でしょうか。もっと大きな悪は誰も見えないし,聴こえないものです。』

Πウオーターは水素水とよく似ていますが微生物を培養する際は一般の水道水では駄目です。コメのとぎ汁から作る乳酸菌も温度を24度くらいにして微生物の食事である糖蜜をあげクラスターの低い水でないとダメなのです。

癌が治っては困る社会の中で

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/339.html

今出ているπウオーターは殆どが偽物です。なにせ山下先生の造った原液はもうないのです。

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhPBFE1glZxUcAEXiJBtF7?p=%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E6%98%AD%E6%B2%BB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E6%98%AD%E6%B2%BB%E3%82%81&at=&aa=&ai=l5KFhIMeTDuMebGG6boCZA&ts=11320

関連記事:なぜK氏は教授になれなかったのか

2006/6/20
「なぜK氏は教授になれなかったのか」
 僕の親しかった小林達治先生は長い間,京都大学で応用生物を研究していた「光合成菌」の世界的権威者でもあった。1977年国連で氏は「有機理論」を発表した。その理論は「微生物が沢山いて,根圏が健康な状態だと根毛も活発に活動する。そして根毛の細胞膜がくびれるようになって酵素の手助けを借り,たんぱく質などの有機物を無機質と一緒に植物体内に取り込むとした理論」で,それまでは養分を「無機」で吸収するとした「リービッヒ理論」を覆す画期的な発見であった。

 有機栽培の場合の終着点は根毛に「VA菌」がつきお互いに養分を吸収しあうことにあります。この画期的発見を助教授時代に発表したK氏に対し,教授会の反感を買った。日本のシステムは助手から講師や助教授をへて教授から「めんこい奴」と思われない限り教授になれない仕組みにあります。

 大學で講義を受けた方は分かると思います。あの無気力で精気のない教授たちの姿をみて絶望した学生は数知れず。昔のように学びたい教授のいる大学を目指すのが一番賢い方法でしょう。西田幾多郎の哲学を学ぶため,京都大学の門を叩いた学生がいたように。

EM誕生の秘密が、比嘉照夫教授と山下昭治教授という2人の農学者の出会いにあったことは確なことです。

http://web.archive.org/web/20130816021735/http://em-pai.co.jp/about_em/about_em.htm

管理人注:くだらない話で申し訳ないのですがタイにいた時光合成菌などの大量培養をしていた時当時の小林達治先生に工場まで来ていただきいろいろご助言を受けました。その晩バンコック市内の日本料理店で食事中に...じつは私の論文の一部を比嘉照夫氏に盗まれたという話が出てきて驚いたことがありいまでもはっきりと覚えております。比嘉先生とは何回もタイでお会いしましたがとてもスケールの大きなお方でした。

マー君から山下先生の本の紹介~生命成立の原理

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/659.html

生体水に近い水はクラスターが最小で微生物は培養できますが水道水のようなクラスターでは駄目です。またこのクラスターの小さい水は頭が急速によくなりますのでお子様には小さいうちから与えましょう。活性酸素を消してくれますので病気になりやすい方には宝物ですよ。

小林達治先生の理論

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=B-IQN3H2gmwJ&p=%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%81%94%E6%B2%BB+%E6%9C%89%E6%A9%9F&u=www.goldkousan.co.jp%2Fpdf%2F150802_report.pdf#search=%27%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%81%94%E6%B2%BB+%E6%9C%89%E6%A9%9F%27

今なぜ有機栽培なのか!

ドイツの化学者 リービッヒ(1803 年 5 月 12 日~1873 年 4月 4 日)の鉱物説

高等植物は、有機質肥料も無機の肥料成分として吸収し、茎、葉を繁茂させ、太陽

エネルギーを利用して光合成を行い生長すると発表し、無機肥料の使用で農産物の

生産が増収・拡大されました。

京都大学農芸化学植物栄養学教室助教授元農学博士小林達治

先生の研究・実証発表(米国での学会発表)

植物は有機物根圏域に共存する微生物の分泌する物質をも吸収利用し、ことに植物

の生殖生長期には、無機成分に無い効果を出す事を実験・証明し、植物の根はその

表層の膜を通過できる程度の低分子量を持つ核酸、アミノ酸、低級脂肪酸等を良く

吸収し、植物の体内代謝へ取り込んで行く土壌に施用された有機物は、多種多様な

微生物を増殖させ、代謝産物(成分)は日光の当らない夜の時間帯にも生長に利用

されている事が実証されました。また、核酸のウラシル・シトシンとアミノ酸のプ

ロリンが、実をつける花を多く開花させ、さらに連作障害は有害有益微生物のアン

バランスで発生する事も実証されました。故小林達治先生は当社の元取締役・相談

役でした。

?安心・安全への食物連鎖は生態系連鎖確立への問題点

その 1、無機肥料多施用と土壌微生物

無機の化学肥料を土壌に過剰施用すると、土壌微生物の働きを通して、土壌の化学

性、物理性、その他にかなりの影響を与えます。

アンモニア態窒素肥料を例にあげて説明しましょう。硫安や塩安、尿素態窒素など

アンモニア態窒素肥料を土壌に施用すると、水田土壌、畑土壌とも、大体土壌粒子

は負に荷電しているため、アンモニウムイオンはその粒子に結合して、水田のよう

に水がよく動く所においても流亡しません。そこへ水稲が伸長してくると、そのア

ンモニアは根に吸収され、水稲の代謝系に取り込まれて、生長に効果を発揮するの

です。

ところが畑土壌の場合には好気性条件であるので、硝化菌がかなり生存しています。

アンモニアを悪・硝酸に酸化する亜硝酸生成菌と亜硝酸を硝酸に酸化する硝酸生成

菌とにわけられます。これら一連の硝化菌により生成された硝酸イオンは負に荷電

しているため土壌粒子と結合せず、雨水の流れと共に流亡しています。昔はそのよ

うな窒素肥料の経済的施用法という意味から、硝酸態窒素肥料の効果について論ず

る場合が多いようでした。しかし、硝酸態窒素肥料は、最近ではもっと人間を含む

動植物の生理・生化学的な面において問題視されるようになってきました。

その 2、無機窒素肥料過剰施用の有害性

第二次世界大戦後、窒素固定化学工場は飛躍的にのび、化学肥料は安価となり、硫

安・塩安・尿素など、その生産も莫大となり、農家は競って化学窒素肥料を農作物

に施用することになりました。その結果、収量は増大し、戦後の食糧不足は解決さ

れたのでした。しかし「過ぎたるは及ばざるが如し」という諺でいわれるように、

化学窒素肥料の施用量に応じて増収した施肥技術も、実は思わぬ伏兵にみまわれ、

これから述べるような大きな公害問題を起こしてしまったのです。

その 3、化学窒素肥料過剰施用による公害問題

牧草を増産するために無機の化学窒素肥料を大量に牧草地帯に施用いたしました。

前述したようにアンモニア性窒素肥料である硫安・塩安・尿素のいずれで畑土壌に

施用しても土壌中に生存する亜硝酸生成菌、硝酸化成菌により、好気的な条件にお

いては、次のような反応でアンモニアは酸化されます。

NH3→NO2→NO3。牧草や野菜類ホーレン草など畑作物は、その硝酸態窒素をよく

吸収し、体内に蓄積し、光合成により生産されてきた有機酸と代謝反応をおこし、

植物体の生長に大切なアミノ酸・核酸などを合成し、さらにそれが高分子化して植

物体を構成してゆくのです。硝酸態窒素を吸収した牧草ホーレン草は見掛け上、よ

く生長していました。しかし、その牧草ホーレン草に大量蓄積した硝酸態窒素は

(10,000ppm 以上蓄積する)そのまま牛に喰べられた時、牛の胃腸内ルーメンバ

クテリア等の酵素による還元をうけて(NO3→NO2)亜硝酸ができ、それが胃腸を

通して吸収されると、ひどい場合には牛が「ポックリ」と死ぬ事故が発生しました。

また硝酸を多量に吸収したホーレン草などを摂取した離乳期にある乳幼児が貧血

を起こす事態も表れました。

この原因は亜硝酸イオンが血液中の血色素の鉄イオンと反応して、呼吸代謝にとっ

て重要な酸素運搬能力を減退させ、酸素欠乏により体温が低下し、ウイルスが増殖、

免疫力が低下し、人の細胞 50 兆~70 兆の細胞に一体となっているミトコンドリア

から活性酸素を発生させ、体温を上げウイルスを阻止しますが、しかし活性酸素は

鉄もサビらせるエネルギーを持っており、人の遺伝子情報身体をもサビらせる作用

もあり、病気の要因の 75%~85%が影響されると言われております。極端な場合

には牛が呼吸困難となり死亡し、また軽い場合には貧血症状に陥ることが判明した

のです。ところがどうでしょう。無機の化学窒素肥料を過剰施用した公害問題は、

植物に対しても同じようなことが起こっています。

その 4、缶くさい缶詰ホーレン草

大量の無機の化学窒素肥料で栽培されたホーレン草、又トマトの果実から生産され

たトマトジュースの中には、硝酸・亜硝酸が数 10~数 100ppm 以上も含まれてお

り、そのジュースを連日飲んだ人が頭痛・めまい・貧血症などに陥る被害もでたの

です。

缶詰製品を食べた場合、缶くさいことがよくあります。これは、缶をメッキしてい

る鍚がわずか溶けているために缶くさく感ずるのですが、硝酸・亜硝酸を含む食料

品を缶詰にした場合、それらは鉱酸ですから金属をよく溶かすのです。無機の化学

肥料をそれ程多量施用しなかった昔の頃は、それら農作物中の硝酸・亜硝酸はそれ

程植物体内に蓄積したおらず、したがって缶詰を長期保存しても、それ程缶くさい

ものはありませんでした。

そこで缶詰会社では、缶の内表層を種々のプラスチック製フィルム等で被覆しまし

たが、完全に覆いますと、内容物が溶存酸素により長期保存中に酸化反応を起こし

て褐変現象を引き起こし、せっかくのおいしそうな内容物が茶褐色になってしまい、

一見腐ったように見え、困り果てた末、現在の缶詰は被覆フィルムに小さな穴をあ

けて適当に缶の錫を少しずつ溶出して、錫を酸化させて内容物の酸化防止を行って

いるものもあるのです。

このような、缶詰会社を苦労させた犯人は無機の化学肥料の過剰施用による害作用

であることはいうまでもありません。

そのような作用以外に硝酸・亜硝酸を含む農作物を食べた場合、味が非常にまずく

なるという、よくない作用もあるのです。

またハウス栽培では、亜硝酸生成菌により、二酸化窒素が揮散してハウス内に充満

し、茎葉部の水滴などに溶けて亜硝酸となり、障害をうけて緑葉が黄化したり枯れ

たこともあります。

そして、そのような NOX の充満したハウス内で、農作業を長年にわたり行ってき

た人が健康障害を訴えることもありました。

その 5、亜硝酸窒素も人体に有害

農作物中に含まれる硝酸態窒素は人体に無害であるといわれた時期もありました。

しかし、市場で購入して家庭の台所で放置しておく間に、植物体細胞はまだ生きて

いますし、その細胞内の硝酸還元酵素作用により、亜硝酸にかえられるのです。ま

た硝酸を数 100ppm 以上含むキャベツを市場から購入し、試食させ、唾液中の亜硝

酸を調べた所、数 10ppm 程度の発生を認めた報告もあります。人体においても口

腔内バクテリアや腸内細菌が多数共存しており、多分それらの硝酸還元作用と考え

られますが、食料品中に硝酸を含んでいるものを食べた場合に、人体内で有害な亜

硝酸に変化するのです。

その 6、亜硝酸は体内で「発ガン」物質に変化する可能性あり

亜硝酸は以上のように血色素と結合して酸素の運搬能力に障害を与えますが、それ

以外に、もっと害作用のある可能性が出てきました。亜硝酸イオンが血液にのって

胃袋にいきますと、魚肉、牛肉、その他の蛋白質中にある 2 級アミン

が胃中の酵素ならびに酸性条件により遊離してきます。

その 2 級アミンは胃中の酸性側では亜硝酸と化学反応をおこして、ニトロソアミン

に変化する。このニトロソアミンは発ガン性が非常に強いのです。わずか数 ppm

のニトロソアミンを含む飲水を与えてマウスを飼うと、数か月後には、ほとんど

100%近く発ガンすることを認めました。

良質の有機質肥料で栽培していた昔のタバコは肺ガンと無関係であったかもしれ

ません。しかし最近、過剰の無機化学窒素肥料を施用したタバコの煙の中にニトロ

ソアミンをはっきり認めた報告を、イギリス人は発表しております。しかし完熟堆

肥で栽培したタバコからはニトロソアミンを検出しませんでした。

勿論、体内へ入った硝酸・亜硝酸は PCB のように体内の脂肪中に入りこんで、な

かなか体外へ排出されないということはなく、尿として割合容易に排出されますし、

また、ニトロソアミンと拮抗する発ガン抑制物質の存在も推定されますので、硝

酸・亜硝酸を含む農作物を摂取したから、明日にでも「ガン」が発生するというも

のではありません。しかし、多種類の食糧品中に少しずつでもそれらが蓄積してい

たら、やはり毎日食べるものですから危険であるということはいえるでしょう。

ひどいのは一夜漬の漬物です。硝酸をたくさん含んでいるソ菜を一日、一夜漬しま

すと微生物の作用により漬物になるのですが、その還元酵素の作用により、もし最

初 3,000ppm 位硝酸を含んでいたとすると、2,000ppm 位亜硝酸ができてしまいま

す。漬物は発ガン性のある染料で染色されていた頃(今は発売禁止になっている)漬

物とガンとの関係が、一時さわがれましたが、それ以外にも亜硝酸による害作用は

現在でもあるのです。

勿論、完熟堆肥の施用や核酸有機栽培の自然農法で栽培した農作物中にはそのよう

な有害物質は含まれませんので心配する必要はありません。

貧血は「血が足りない」と思われがちですが、貧血とは「血液中に含まれる赤血球

が、正常値の下限(380 万/mm3)以下または血色素(ヘモグロビン)の量が不足

(11g/d?以下)」している状態のことです。つまり、赤血球の数が不足しているだ

けでなく、血の内容と質の問題なのです。とくに女性に多いのが血色素が極端に低

い「鉄欠乏性貧血」。ほかに、ビタミン B12 不足で赤血球の数が減る「悪性貧血」、

骨髄が破壊されて赤血球も白血球も減ってくる「再生不良性貧血」、赤血球の寿命

が短い「容血性貧血」などがあります。また、血液のガンといわれる白血病は、死

につながる怖い病気ですが、貧血によって発見されることがありますから「貧血か

な」と思ったら病院できちんと血液検査をしてもらう必要があります。

女性と子供達の血液は慢性的な鉄分不足

毎月の月経で血液と共に鉄分を失っている女性と子供達は、ことに鉄分をバランス

良く吸収しなければなりません。まして長時間日あたりの悪いオフィスで過ごした

りダイエットなどの偏った食生活が一層貧血を招きます。又、子供達は学校行事等

で校庭に整列した時など 20 分も立っていられないほど貧血で倒れてしまう現象か

ら鉄分の豊かなレバーや緑黄野菜の食品をしっかり取らなければなりません。植物

も動物もここに共通した健康を維持するための核酸、アミノ酸、有機酸を含めてバ

ランスの取れた総合ミネラルが必要であることを御理解することが出来るでしょ

う。

利権に群がる癌マフィア

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1159.html

獲物に仕掛けがばれるとまずい

http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-388.html

赤十字は世界最大の......

http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-411.html

よく読まれている怖い記事

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhZOVzDQpZfjIATJqJBtF7?p=http%3A%2F%2Fangel.ap.teacup.com%2Fgamenotatsujin%2F794.html&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=http%3A%2F%2Fangel.ap.teacup.com%2Fgamenotatsujin%2F794.html&at=&aa=&ai=YAPlLKt8QcCw.Lgv6S8gIA&ts=34662





文鮮明に賛辞を捧げる人たち

http://www.chojin.com/person/jp.htm





久石 譲  歌・森麻季

作詞:小山薫堂

ちいさな光が 歩んだ道を照らす
希望のつぼみが 遠くを見つめていた
迷い悩むほどに 人は強さを掴むから 夢をみる
凛として旅立つ 一朶の雲を目指し

あなたと歩んだ あの日の道を探す
ひとりの祈りが 心をつないでゆく
空に 手を広げ ふりそそぐ光あつめて
友に 届けと放てば 夢叶う
はてなき想いを 明日の風に乗せて

わたしは信じる 新たな時がめぐる
凛として旅立つ 一朶の雲を目指し

森麻希さんの母~母子家庭の凄味 必見

https://youtu.be/asCOcbvBRAU?t=1901



FUCKYOUSHIMA

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1077.html

東芝消滅

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20170413/biz/00m/010/021000c?inb=ys

元東芝会長西室泰三はくさい

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPifigMAtZZCwABduJBtF7?p=%E5%85%83%E6%9D%B1%E8%8A%9D%E8%A5%BF%E5%AE%A4%E6%B3%B0%E4%B8%89&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E5%85%83%E6%9D%B1%E8%8A%9D&at=s&aa=&ai=chPyev5rRLqQmTa4cOM2.A&ts=10661

最近読まれている記事

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2Riyrt78AtZ5WYAq3WJBtF7?p=http%3A%2F%2Fangel.ap.teacup.com%2Fgamenotatsujin%2F1034.html&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=http%3A%2F%2Fangel.ap.teacup.com%2Fgamenotatsujin%2F1034.html&at=&aa=&ai=a4P0UfDuQW6.r0ulcXg.4A&ts=4728

洪門(ほんめん)

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1034.html

上のYAHOO検索で出てきた様々な記事

女の子のガールズチャンネルでもイルミナティが

http://girlschannel.net/topics/595728/3/






 
 
》記事一覧表示

新着順:68/3606 《前のページ | 次のページ》
/3606