teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:54/3594 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

超薬アスピリン

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 5月 7日(日)12時46分13秒
  通報 返信・引用 編集済
  お知らせ 以下のURLで掲示板に入りますと見れるまで時間がかかりますのでブログの右目次掲示板をクリックしてお入りください

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs

たとえばここの超薬アスピリンをクリックするとすぐ見れます

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3906

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%92%B4%96%F2%83A%83X%83s%83%8A%83%93&inside=1&x=0&y=0

アスピリンの効果

産経新聞 3月21日(金)8時0分配信
「アスピリン」に新たな期待 がん予防の臨床報告相次ぐ

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2618

超薬アスピリン

2000年9月、厚生省はアスピリンが抗血小板薬であることをやっと認めた。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/382.html

『いま、日本のアスピリンの1錠あたりの保険薬価は6円40銭である。これは1万数千品目の医療保険適用医薬品のなかでの、最低価格であるらしい。こんなに安くて効き目のある薬はないという。
 それだけに薬品メーカーにとっては、それこそアタマが痛い。売っても売っても、それほど利益が上がらないからだ。それより新薬を開発発売すれば、数十倍あるいは数百倍の売上や利益になる。アスピリンは今日の薬品メーカーにはそれほど効き目があるものではなくなっている』

血液が固まる仕組み

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RiVdFEoQ5ZzhgA7.OJBtF7?p=%E6%8A%97%E8%A1%80%E5%B0%8F%E6%9D%BF%E8%96%AC&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E6%8A%97%E8%A1%80%E5%B0%8F%E6%9D%BF%E8%96%AC&at=&aa=&ai=Nqcho.upQlW2kDus38lurA&ts=4754

管理人注:ドラッグストアでバイエルアスピリン30錠は確か千円くらい

抗血小板薬の種類

http://plaza.umin.ac.jp/~ikeda/antiplatelet.htm

バイアスピリンはアスピリンのジェネリック薬品です

https://health.goo.ne.jp/medicine/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%8C%A0100mg

保険薬価
錠剤100mg 1錠 5.60円  .....病院で処方どころか置いてないですよ。

血糖値を下げるにはアスピリンで充分

http://www.dm-net.co.jp/qa1000_2/2006/05/q541.php

 血糖値を下げる薬の種類を教えてください。

A.  血糖降下薬の作用を強める薬として、アスピリンがよく知られています。アスピリンは解熱・沈痛、炎症を鎮める作用などがあり、頭痛や関節症の痛みなどに対してよく処方されます。このほか、狭心症や高血圧などの治療に処方されることがあるβ遮断薬や一部の抗うつ薬・抗生物質も、血糖降下薬の作用を強めることがあります。
 血糖値を基準値レベルにコントロールできているのであれでは、これらの薬の服用で低血糖が引き起こされる可能性もあります。とくにβ遮断薬は、低血糖の自覚症状を現れにくくしたり、低血糖状態を長引かせることがあります

β遮断薬は不適? 怖いのは低血糖状態が続くこと

http://yakuzaic.com/archives/4606

糖尿病の医療費は年間1兆2千億

http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/2015/003641.php

低血糖の怖さ

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhYkPk5g5ZenkA9LCJBtF7?p=%E4%BD%8E%E8%A1%80%E7%B3%96%E3%81%AE%E7%97%87%E7%8A%B6&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E4%BD%8E%E8%A1%80%E7%B3%96%E3%81%AE&at=s&aa=&ai=UznWeSxIT2CPHKTM2FkzJA&ts=8086

低血糖になるとどんな症状がでますか~大変怖いですよ

http://www.dm-net.co.jp/qa1000_2/2006/05/q568_1.php

ヘモグロビンHBA1Cは6%台まで下げること 標準体重の値や高血圧なども嘘八百

血圧は130を超えると高血圧とどこの病院でも診断され薬を処方されます。一生飲み続けるよう指導され腎不全になり人工透析となり病院は儲かるようになっています。年間医療費40兆円の意味を考えよう

血圧は1960年代の医学部では......90+年齢と教えているはずです。

足の切断を医師に宣告されたら~活性酸素を消すことで体の治癒力を高める。ですから水が病気を治すのではないのです。

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3904

Ⅱ型糖尿病なんて病気じゃない

http://www.crosstides.com/03/0005.html

ヘモグロビンの数値は1~2か月の平均値ですから空腹時の血糖値を下げるサプリとしてアカポリアプラスはおすすめ。飲酒はやめること。ただし赤ワインはいいです。ポリフェノールは万能

超薬重曹~癌の正体 本物とは安く簡単で誰にでも理解できること

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/345.html

大豆を食べてはいけない~ここに書かれているメーカーを例え訴えても日本の場合因果関係を自ら立証しなければ門前払いとなる。米国と180度違うところ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/876.html

日本薬剤師協会会長.......薬は毒だから飲むな

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38866

癌関連ビデオ

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%8B

透析患者は病院のドル箱

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49662

人工透析をしたい人にとって、日本は『幸せな国』といえるかもしれません。透析には月40万円ほど費用がかかりますが、患者負担は1万~2万円で済む。国が1人あたり年間500万円近く負担してくれるわけです。

腎臓病の患者のなかでも透析をやっている人の割合は極めて高く、95%もいます。アメリカや韓国では40%、ヨーロッパでは50%です」

こう語るのは、透析や腎移植に詳しい大塚台クリニック院長の高橋公太医師。透析は、糖尿病が悪化するなどして腎臓が機能しなくなる腎不全になった人に行う医療行為。腎臓は血液の老廃物を除去したり、電解質を維持したりする作用があるが、それを人工的に行うのが透析だ。

高橋氏の言うとおり、日本は透析大国で、現在約32万人もの透析患者がおり、年間5000人のペースで増加中だ。患者数の伸びは高齢化のスピードとほぼ一致しており、2025年まで伸び続けると予測されている。

透析患者1人に対して年間約500万円の医療費を国庫が負担していると考えると、単純計算で約1兆6000億円。透析患者は合併症も起こすことが多いので、その分も含めればざっと2兆円もの医療費が32万人の患者のために使われている計算になる。日本の医療費は全体で40兆円なので、この額は医療費の5%にあたる。

ときわ会常磐病院院長の新村浩明医師が語る。

「日本の医療費全体のなかで透析医療費が占める割合は異常に高い。こうした構造がおかしいことは誰もが気付いていますが、もはや止められなくなっているのです。

医療費をなんとか抑えようとすれば、患者さんの負担を増やすしかありませんが、そもそも腎不全で体が弱り、経済力のない人たちにその負担を強いることは難しい。結局、日本の透析医療は袋小路にはまりこんでしまっているのです」

なぜ、日本の透析医療はこれほど巨大化してしまったのか。その主たる理由は、透析が「儲かるビジネス」になってしまっているからだ。都内の糖尿病専門医が語る。

「病院にしてみれば、一度透析を始めた患者は、定期的な『収入源』になります。少し前までは、透析の保険点数は今よりも高く、患者を1人つかまえればベンツが1台買えると言われたほどです。

私の病院でも透析の患者さんは大切にしますよ。患者は週に3回、各4時間の治療を受ける必要があるので、無料送迎サービスを提供したり、いろいろと気を配っています。逆にいえば、それだけ儲かる『ドル箱』なのです」

腎移植のほうがQOLが高い

人工透析を始めると途中でやめることができない。自分の経済負担は少ないかもしれないが、それは死ぬまで国庫から病院にカネが落ち続けるということだ。

「カネ儲けのために透析を専門に行う病院もあります。そういうところは紹介料を払って、病床数が限られる大学病院から透析患者を『買う』のです。

90歳を超えた高齢者で透析が必要かどうか微妙な患者でも、カネのためにバンバン透析を始めてしまう。高齢者が週3回の治療を受けるのが、どれだけ負担になるのかなんてまったく考えていないんです」(前出の糖尿病専門医)

医療費が膨れあがるにつれて、それに群らがる病院や製薬会社などの「透析利権」も巨大化している。

「製薬会社にとっても透析患者はドル箱です。以前、私が勤めていた病院でもMR(医薬情報担当者)による接待攻勢がすごかった。毎日昼前になると、高級割烹料理店のすき焼き弁当や西京焼き弁当が机の上に並んでいるんです。余った分はお気に入りのナースに配っていました。

透析で使う造血剤のMRとはよくパチンコに行ったり飲みに行ったりして遊びました。温泉に行ったこともあった。家族の面倒も見てもらいましたし、遠い親戚みたいな感じでしたよ。

それだけ接待してもらうだけの価値が、造血剤にはあるんです。いい薬なんですが、すごく高いんですよね。我々医師の診療報酬よりも薬代のほうが高いこともありましたから」(前出の糖尿病専門医)

こうして膨れ上がった透析利権2兆円。少子高齢化で今後ますます財政状況が厳しくなる政府としても、さすがに野放しにはできなくなっている。だが、さまざまな利害が絡む透析医療費を抑制するのは、とても難しい。前出の新村氏が語る。

「現在、国は透析の診療報酬を2年に1度ずつ下げていて、患者数が増えても医療費総額が抑えられるように調整しようと試みています。このことで、透析クリニックの経営も苦しくなってきました。1人当たりの医療費を下げるということは、薄利多売になるということ。透析医療の質も下がってきています」

透析大国の透析の質が下がっていかざるを得ないというのは、何とも皮肉な話である。

袋小路にはまってしまった透析医療問題を解決する道がないわけではない。腎移植をより普及させることができれば、透析患者を減らすことができるのだ。前出の高橋氏が解説する。

「日本では移植のことを知らない人が多く、腎移植の数がなかなか伸びてこなかった。しかし、そもそも腎不全の患者にとって透析よりも腎移植のほうがQOL(生活の質)が高いのです。週3回透析治療を受けるのは、とくに働いている若い人にとっては大きな負担になるでしょう。

また透析をしながらでも長く生きられると信じられていますが、実際はそうでもありません。例えば若くして20代で透析を始めた人はたいてい50~60歳で亡くなる。24時間動いている腎臓の機能を週3回の透析で代替しようとしても無理があるわけです。

また、長期間の透析を続けるとさまざまな合併症も出てきます。腎移植が成功すればそのような身体の負担は小さくなります。さらに経済的な負担を考えても腎移植のほうが小さい」

手術後の患者のための税金や保険の負担は100万~150万円。移植手術の費用を考えても、長期的に見れば透析より移植のほうが国庫にかかる負担は小さくなる。

「利権」が代替医療を妨害する

現在、日本で行われている腎移植の件数は年間で1600例。20年前は500例だったので、かなり増えたともいえるが、アメリカの1万8000例と比べるとまだまだ少ない。前出の新村氏も、移植医療の遅れが現在の透析依存を深刻化させたと述べる。

「腎移植が普及していればこうした状況にならずに済んだと思います。臓器移植法案がスムーズに通り、日本で腎移植がもっと早い段階で普及していれば、透析に頼り切る医療にはならなかった。

日本は移植へのアレルギーがあり、非常に厳密な移植の基準、臓器提供の基準ができあがってしまった。少しずつ緩和されてはいるものの、臓器提供できる病院が限られています。指定されていない病院で脳死患者が出ても、そこからは臓器提供ができないのです」

現在、日本で行われている腎移植の9割は身内がドナーとなっている生体腎移植だ。'97年に脳死移植が認められたものの、なかなか増えていないのが現実である。ちなみにアメリカでは脳死移植が全体の半分以上(年間1万例)もある。

移植の他の代替治療としては、腎臓の再生医療も研究が進んでいる。実現されるまで時間がかかるが、腎不全の患者にとっては大きな希望だ。

「多少陰謀論めいた話になりますが、これだけ透析利権が大きくなると、移植や再生医療の拡大を阻もうとする勢力も出てくる。腎移植の基準が緩和されたり、再生医療の研究が進めば、それだけ透析患者が減っていくのですからね」(前出の糖尿病専門医)

医療従事者ですらも腎不全になってしまえば、透析しかないと信じ込んでいる人もまだまだ多い。

「腎臓が悪くなったからすぐに透析、という考え方は間違っています。ドナーがすぐに見つかるかわかりませんが、その後の人生のことを考えれば移植の可能性はないのか、検討してみる価値はあるはずです」(前出の高橋氏)

医者の勧めるまま透析を始めたら、二度と健常な生活に戻れない。治療法とその後の人生は自分自身で選ぶしかないのだ。

「週刊現代」2016年9月10日号より

ネパールの腎臓村~これは氷山の一角

http://karapaia.com/archives/52197963.html



捨て犬から救助犬へ 夢之丞の物語

http://peace-winds.org/zero/index.html?utm_source=gooddo_gdn2_1&utm_medium=gooddo&utm_campaign=wsupporter_gooddo



殺処分目前に

http://www.cnn.co.jp/fringe/35067936.html?tag=rcol;editorSelect



ピアニストのフジ子ヘミングさんは言います

http://web.archive.org/web/20080102162301/http://angel.ap.
teacup.com/gamenotatsujin/154.html


私の人生にとって一番大切なことは,小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり,野良一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。と

フジ子さんの母は容赦をしなかった。首根っこを掴まえて,嫌がるフジ子をピアノの前に坐らせたのだ。母と娘は友達になんかなる必要は無い。嫌われたっていいのです。真剣勝負で育てられたから,今のフジ子さんはあるのだと想います。



米国で最も投資に見合う大学は~奴隷になりたければどうぞ

http://forbesjapan.com/articles/detail/16149?utm_source=owned&utm_medium=referral&utm_campaign=mailmagazine

ガールズチャンネル

http://girlschannel.net/topics/595728/3/

日本会議と森友学園

https://hbol.jp/138200

世界の裏側ニュースさんより プーチンの警告ビデオ

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12187407695.html



2016/08/12 に公開

【概要】
この非常に率直な対談は、2016年6月にサンクトペテルブルクで開催されていた国際経済フォーラムの期間中に、ロシア政府が様々な報道局の代表者を招待して行われたものです。

【プーチン大統領のスピーチの内容】
次はミサイル防衛システムについてです。

よく聞いてください、ここに座っている私たちは全員が大人で、さらに経験豊富なプロです。
しかしあなた方が私の言葉をそのまま正確に報道することを期待すらしていません。あなたがご自分の報道局に影響を与えようすることすら期待していません。

私は単に、個人レベルであなた方にお伝えしたいだけなのです。

もちろんすでにご存じでしょうが、改めて思い出してください。過去数十年の間は、かつて存在していた地政学的な権力のバランスのおかげで大規模な世界的紛争は避けられてきました。
核兵器を保有している二つの超大国は実質上、先制攻撃目的、そして防衛目的の兵器の製造を停止することに同意しました。

その機能システムはシンプルです。一方が軍事的な潜在力で支配的になった場合、そのような力の行使を可能にしたがる傾向があります。(すでに国際法で禁止されている通り)対ミサイル防衛システムや、かつて存在していたそれに関連するあらゆる同意事項は、国際的な治安保全の観点から考えると絶対的に必要不可欠なものです。

誰かを叱りつけるようなことは私もしたくはありませんが、アメリカ合衆国が1972年に批准された弾道弾迎撃ミサイル制限条約から一方的に手を引いたことで、国際安全保障に甚大なダメージを与えました。世界的な戦略的権力バランスの点で評価すれば、これは最初の打撃となりました。

私は当時(2002年)、そのようなシステムを展開させるつもりはないといいました。その理由はA)非常に高価であるかから、そしてB)それによって(アメリカ側から)どのような反応が返ってくるかわからなかったためです。

「私たちはお金を焼き捨てるようなことはしません」ということです。

ロシアは別の選択肢を選ぶつもりでした。先ほどお話しした通り、地政学的な戦略上のバランスを維持するために先制攻撃目的の兵器を展開させることです。ただそれだけのことです。他の誰かを脅迫するような目的ではありませんでした。

アメリカ側はこう言いました「いいでしょう。私たちの防衛システムはロシアに対抗するためのものではありませんし、ロシアの兵器もアメリカに抵抗するためのものではないでしょう。どうぞご自由に」

この対談は2000年代初頭に交わされたもので、当時のロシアは非常に厳しい状態にありました。経済の崩壊、内戦、コーカサス地方でのテロリストとの闘い、ロシアの軍産複合体の完全な壊滅状態などです。

その時点ではロシアが(将来に)軍事的権力を再構築することなんて、彼らには想像もできなかったに違いありません。おそらくは、ソビエト時代から残ったものも徐々に荒廃するだろうとさえ予想していたのではないかと思います。だからこそ、「あなた方のお好きなようになさってください」と言ったのではないでしょうか。

しかしロシアはアメリカに対し復古的な対策を取ることを告げ、実際にそうしました。そしてロシアは現在、その分野のあらゆる側面で成功を収めていることを断言できます。

全部を説明はしませんが、重要なのはロシアが軍産複合体を近代化させたことです。そしてロシアは、次世代の戦争体制を開発し続けます。ミサイル防衛システムに対抗するシステムについてさえ、ここではお話しするつもりはありません。

私たちがアメリカ側のパートナーの方々に(兵器製造の制限について)何をどうお話お伝えしても、彼らは私たちとの協力を拒否してきました。私たちの申し出を断り、自国のやりたいことを行い続けてきたのです。

この公の場では私からお話しできないこともあります。もし言えば、私が失礼なことを言うことになりますから。

あなた方には私の言うことが信じられないかもしれませんが、私たちはこれ(軍拡競争)を停止するための本物の解決策を申し出てきました。しかしアメリカは私たちがせざるをえなかった提案のすべてを拒否してきたのです。

そして現在、アメリカはルーマニアに自国の対ミサイルシステムを配置させました。彼らの理由はいつも同じです。
「イランの核兵器の脅威から、私たちを防衛する必要があるからです!」

その脅威はどこにあるのでしょう?イランの核の脅威など存在していないのですが。

アメリカはイランと合意さえしていたじゃないですか。しかもこの合意を主導したのはあなた方アメリカであり、私たちも手助けしていました。

しかしアメリカがいなかったらこの同意も存在していませんでしたので、これはオバマ政権の業績だと私は考えています。この同意によって同地域の緊張感が緩和されました。また私もこの同意には賛成しています。ですのでオバマ大統領はご自分の業績リストにこの合意を入れてもよいかと思います。

しかしイランの核の脅威は存在していないにもかかわらず、対ミサイルシステムが配置され続けています。

ということは、アメリカがロシアに嘘をついていると私たちが言ったのは正しいということになります。

(対ミサイルシステムの配置の)アメリカ側の言い分は「イランの核の脅威」に基づいたもので、本当の理由ではありません。

繰り返すようですが、アメリカは私たちに嘘をついたのです。

アメリカはこのシステムを建築し、今ではミサイルが装填されています。

皆さまジャーナリストの方は、このミサイルがカプセルに入れられていることをご存知のはずです。これは水上を拠点にしたトマホーク中距離ロケット発射装置から使用されおり、「対ミサイル」システムが装填され、距離にして最高500kmを貫通することが可能です。

しかしロシアはこのテクノロジーを事前に認識していました。アメリカが最高で1000km、そしてさらに遠くの距離を貫通可能な新しいミサイルの開発に成功するのはどの年になるかさえ、ロシアは把握していますし、そうなった時点でロシアが保有する核の可能性に直接的に脅威となることでしょう。

何年にそれが実現するかについてロシアは把握していますが、私たちがそれを認識していることをアメリカ側も知っているのです!

そしてアメリカ政府がほら話を伝えるのはジャーナリストのあなた方だけで、そのあなたが自国民にそのでたらめを広げているのです。

その一方、あなた方は迫りくる危機を感じていないことが、私には心配なのです。
この世界が、後戻りのできない方向に向かわされていることを、あなたたちはどうして理解していないのでしょう。

それが問題なのです。彼らはその一方で、何事も起きていないようなふりをしています。

どうやったらあなた方にわかってもらえるのか、私はもうわかりません。

そしてアメリカはこれを「武力侵略を防ぐ」目的の防衛システムとして使われている兵器としてではなく、「防衛」システムとして正当化していますが、決して真実ではありえません。

対ミサイル防衛システムは、攻撃的戦力システム全体の一部であり、攻撃的ミサイル発射装置を含めた全体の一部として機能するからです。

まず複合体がブロックをすれば相手方は高精度の兵器を発射し、次は核の可能性のある攻撃をブロック、そしてその返答として自国の核兵器を送り出すことになります。これは一つのシステムの一部として作られているのです。

現在の核を含まない戦争ではこのように機能します。しかし高精度のミサイル防衛システムは除きますがが。
では実際のミサイルの「防衛」問題はここまでにしましょう。

このようなカプセルには先ほどの「対ミサイル」が組み込まれており、海上を拠点にしています。トマホークス亜音速ミサイルシステムを運搬できる軍艦の上にです。

配置するには数時間かかりますが、ではそれがどのような種類の「対ミサイル」システムなのかが問題になります。配置されたミサイルの種類はどうやって知ったらいいのでしょうか?そのプログラムを(非核から核へ)変更するだけで変わるのですが。

本当にそれだけで変更できるのです。

変更にはほとんど時間はかかりませんし、さらにルーマニア政府自身でさえ何が起こっているのか知らないでしょう。アメリカがルーマニア人に発射させると思いますか?

何が起きたのか、誰も知ることはできないでしょう。ルーマニア人だけでなく、ポーランド人も同じです。

彼らの戦略を私が知らないとでも思われますか?(苦笑)

私が見る限り、私たちは非常に危険な状態にあります。

アメリカ側のパートナーの方たちと対談したことがありますが、彼らは核弾頭抜きの弾道ミサイルを開発したいと話していました。

私たちはこう返しました。「それがもたらす必然的帰結が何か、あなた方は本当に理解しているのですか?

潜水艦や領土からミサイル、弾道ミサイルを発射するということですが、そのミサイルに核弾頭がついているかどうか、私たちはどう確認したらよいのでしょうか?!

それにより、一体どのようなシナリオをもたらされるか、想像できないのですか?」

しかし私が知っている限りでは、アメリカはこのような兵器の開発はしていません。今のところは中断しています。それでも他のことは実行しています。

私が理解しているのは、私たち自身を防衛する必要が出てくるということです。そしてアメリカはこの動きを、いつも通りに「ロシアの武力侵攻だ!」と宣伝するということも、私は知っています。

しかしこれは、あなた方の行動に対する私たちの反応にすぎません。(大統領として)私たちの国民の安全を確保しなければならないことは、明らかではないでしょうか?

それだけでなく私が最初に申し上げた通り、戦略的な権力バランスを維持するよう努力する必要もあります。私の回答を終わらせるにあたり、またその点に戻らせてください。

過去70年以上の間、世界的な大規模な紛争を避け、人類に安全を確保してきたのはまさにこの権力のバランスでした。「相互の脅威」に根付いた恩恵であり、この相互間の脅威こそが相互の平和を地球規模に保証していたのです。

どうやったらそれをあのように簡単に台無しにしてしまうのか、私にはまったく理解しようもありません。

私は彼らの行動は非常に危険だと思っています。思っているだけはなく、確信しています。

管理人と読者との間の精神バランスを共有するためにも継続的なご寄附をお願いしています。

振込口座は以下の通りです

スルガ銀行下田支店(691)

(普)3447528

口座名:小野寺益夫

おまけ~千年王国の追及 不眠症の人は眠くなりますよ

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2445



 
 
》記事一覧表示

新着順:54/3594 《前のページ | 次のページ》
/3594