teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:40/3594 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スマートメーターは拒否せよ

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 6月13日(火)17時39分32秒
  通報 返信・引用 編集済
  管理人の敬愛するザウルスさんのところでスマートメーターを拒否しようという素晴らしい記事がありました。拙稿でも記事にしましたが大事なことですので皆様ご注意ください。近所のおじさんおばさんにも周知徹底させてください。

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/aa6dd96533069d08aadc8f03f0c7f6ed

スマートメーターと健康障害~政治家たちはなぜだんまりなのでしょうか?無智だからでしょうね,きっと

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/3b7edc9a052e25569951810a4a92f21c

スマートメーターは超危険です その1

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-10948.html

スマートメーターは超危険です その2

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14392.html

Smart Meter の関連ビデオ

https://www.youtube.com/results?search_query=Smart+Meter



電磁波の何が問題か? 張り巡らされた基地局~こういうのも慢性疲労の原因の一部だろう。

http://dennjiha.org/?page_id=7335

偽装社会~日本が嫌になって海外移住してもどこでも同じステルス原理で動いているので変わらないのです。会社での人間関係が嫌になって転職しても同じなのです。世界を変えようとしても時間の無駄ですがあなたが変わればいいのです。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1236.html

「真のエリート」の必要性とは

国民は永遠に成熟しない。放っておくと、民主主義すなわち主権在民が戦争を起こす。国を潰し、ことによったら地球まで潰してしまう。それを防ぐために必要なものが、実はエリートなんです。真のエリートというものが、民主主義であれ何であれ、国家には絶対必要ということです。この人たちが、暴走の危険を原理的にはらむ民主主義を抑制するのです。

・・・

真のエリートには二つの条件があります。第一に、文学、哲学、歴史、芸術、科学といった、何の役にも立たないような教養をたっぶりと身につけていること。そうした教養を背景として、庶民とは比較にもならないような圧倒的な大局観や総合判断力を持っていること。これが第一条件です。

 第二条件は、「いざ」となれば国家、国民のために喜んで命を捨てる気概があることです。この真のエリートが、いま日本からいなくなってしまいました。

管理人注:これは暗記教育の弊害です。思考型にしないとだめです。人材から人財にしないといけません

さすがタマちゃんポイントはちゃんと抑えているようです

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14382.html

関係ないおまけ



啓蒙主義と魔術 連載

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/231.html

John Todd その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/823.html

その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/824.html

その3

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/825.html

おおまにさんのところにすごい内容の記事があった

加計だけじゃない、国家戦略特区は安倍首相のお友達優遇の【数百億円の利権巣窟だった】

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2038399.html#more

ドローンが夜間警備員の職を奪う~AIが何もかも.....その結末は

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17665180U7A610C1000000/

ホリスティックドクターが(代替医療医師)一年で60人も死亡~病気が治っては困る勢力が圧倒的なのです

https://www.healthnutnews.com/recap-on-my-unintended-series-the-holistic-doctor-deaths/

関連記事~代替医療師のブログ

https://ameblo.jp/holistetique/entry-12260282152.html

ワントンさんの関連記事

http://ameblo.jp/64152966/entry-12283613452.html

車は走る電子レンジ

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=310775

ついに愛子様の.....を立証

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/c590d1f8facaf7af8c564cc56c701949?fm=entry_awp



皇婿でBBSを検索すると

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/search/exec?thread_id=&SEWOR=%E7%9A%87%E5%A9%BF&SERAFL=0&submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

皇室典範第3条

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3916

おまけ~世界の気象災害情報

http://satellite2500.blogspot.jp/

旧約聖書に預言されていた日本の使命

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3117

ツロと日本

 三大預言書といえば、旧約聖書のイザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書である。そしてツロ(ティルス)についてはイザヤ書とエゼキエル書に預言されている。ただしエゼキエル書に預言されたツロは、ツロのみに対する預言であり、日本との関連はないと考える。問題なのは、難解とされるイザヤ書に預言されたツロである。
 なぜイザヤ書が難解とされているのかといえば、聖書学でいうところの「両義預言」となっているからだ。イザヤの時代から見た近未来の有様(ツロの没落)が、はるか遠い未来に起る出来事(日本の終戦時)のひな型となっている。

 つまりツロと日本が入れ子になって預言されているので、すべてが日本には当てはまらないし、逆にツロに当てはまらない個所もある。ただしツロと日本とは奇妙にリンクしている。

 エゼキエル書はツロを「あなたの境は海の中にあり」「海の入り口に住んで、多くの海沿いの国々の民の商人である」(エゼ27章3、4)といっているが、それはそのまま日本に当てはまる。地球儀を眺めるまでもなく、日本は貿易国としてアジア大陸の入り口に位置しているのだ。
 ツロは加工貿易と輸出入品の大きな集散地として栄華を極めた古代フェニキアの都市で、特にティルス紫の長い衣には最高の値が付き、貴族たちはツロの高価な織物を競って求めたという。日本においては絹製品が幕末の開港後から終戦までの間、重要な輸出品だったことを考え併せると、オーバーラップしないだろうか。
 さらにこの都市は軍事面での強さも備えていた。スプラグ・デ・カンプによれば「フェニキア人は特に戦争が好きだったわけではないが、都市の守備にかけては熱狂的なまでの勇敢さと、頑強さを示した。そうした特質と海軍力が相まって、ティルス(ツロ)人は、当時最強のアッシリア軍の攻撃にも最後まで持ちこたえたという。イタリヤ、ドイツが降伏しても、最後までアメリカと戦い続けていた日本とオーバーラップしないだろうか。

 奇妙なんてもんじゃない。紀元前571年と紀元1945年、ツロと日本という地球儀で3分の1も隔てた場所がこれからイザヤの預言により同期してゆくのだ。

 前章では、「マナセの部族が、東の果てに国を作ろうとして向かった先が日本である」事と、「預言は成就する」との二つの命題をたてて話を進めてきた。
 本章ではそれに加えて、「イザヤ書に預言されているツロは、終戦時の日本である」との命題を加えて検証していく。

両義預言

 イザヤ書23章全体がツロ(日本の終戦時)についての預言なので、聖句がイザヤ書何章何節かの注釈は省き、説明を間に挟みながら網羅してゆく。

ツロについての託宣。
タルシシのもろもろの船よ、泣き叫べ、
ツロは荒れすたれて、家なく、
船泊まりする港もないからだ。

*タルシシはスペインの一部であり、ツロからは遠く隔てられているので、タルシシの船とは外国行きの船の意味である。ツロの港がアッシリア軍に破壊され、外国からの船が船泊まりできない状況になったのと同様に、日本の港も外国からの船舶が船泊まりできない状況だった。なにしろ主要な港は空爆され、100万トン以上の船舶が沈没もしくは座礁しており、日本海軍とアメリカ海軍が敷設した6万個以上の機雷が航行の妨げをしていた。主要な港が安全に航行できると公示されたのは終戦から3年後であった。

この事はクプロの地から彼らに告げ知らされる。海べに住む民よ、
シドンの商人よ、もだせ、

*タルシシから東へ向かう船にとってクプロ(キプロス島)は、ツロ到着前の最後の寄港地である。航海中の船員たちはクプロでツロ没落を知る。その知らせは近隣をめぐり、人々はツロの没落を嘆き、泣きわめいたのだった。
 台湾の人たちは日本人と同じように、敗戦を告げる玉音放送の流れるラジオの前で泣いてくれたそうだが、そんな状況をいっている。

あなたがたの使者は海を渡り、
大いなる水の上にあった。
ツロの収入はシホルの穀物、
ナイル川の収穫であった。

*紀元前9世紀から紀元前6世紀にかけて、ツロは20世紀初頭のロンドンに比肩する重要な地位を占めていたといわれ、地中海、エジプトをまたにかけて商売していた。その近隣に対する影響力には絶大なものがあったのだ。日本における戦時中の大東亜共栄圏がそれに当たる。大日本帝国の権力が最大となった時の大東亜共栄圏は、海域も含めればモンゴル帝国と同じほど広かったのだ。

シドンよ、恥じよ、
海はいった、海の城は言う、
「わたしは苦しまず、また産まなかった。
わたしは若い男子を養わず、
また処女を育てなかった」

*ツロは多くの植民地をもっていたが、ツロ自身は元々、ほんの35キロ北にある海港都市シドンの植民地であり、シドンの硬貨にはシドンがツロの母として描かれている。ツロは富にかけてはシドンをしのいでいるものの、依然として「シドンの娘」であり、ツロの住民は相変わらず自らをシドン人と呼んでいた。
 上記の聖句は詩的な表現となっているため、次のように解釈する。


    海は恥じた。ツロの滅び、都市の荒廃。

    海岸線は荒廃した不毛の地の様相を呈した。

    その殺伐とした景観を見て、海は苦悶の叫びをあげた。

    その姿は子どもを失ってひどく取り乱した母親。

    娘を犯され、息子を無残に殺された母親。

    海は言った。

    苦悩のあまり、子どもなど持ったことはないと言い出す母親のように海は言う。

    「わたしは苦しんでツロを生んだ覚えはない。

    わたしには殺されるような息子も、

    守り通した処女を奪われ、犯されるような娘もいない」

 この個所は日本の事情とは多少異なっている。日本は植民地であったことはない。だから「娘」ではなく、周りの植民地に対して、むしろ「母」であった。国際派日本人養成講座のホームページから「身を殺して仁をなした日本というお母さん」という個所を引用させて頂く。

【1973年にタイの首相になったククリット・プラモード氏は、「サイヤム・ラット」紙の主幹だった頃、「12月8日」と題した次のような記事を書いている。

    日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米・英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったがためである。12月8日(真珠湾攻撃の日)は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して、重大な決心をされた日である。
  我々はこの日を忘れてはならない。

 このお母さんとは、現代日本の核家族の母親を想像しては間違いであろう。戦前の日本のような、そして現在のタイのような、子供を7人も8人も生んで一生懸命育てている母親を想像すると、この「お母さん」の比喩がさらによく分かるだろう。】
 いずれにしろ日本もツロも、その没落の日が近隣諸国に大きな衝撃を与えた点では一致する。

この報道がエジプトに達するとき、
彼らはツロについての報道によって、いたく苦しむ。
タルシシに渡れ、
海べに住む民よ、泣き叫べ。

*ツロ没落の悲報が、遠くエジプトまでにおよぶとき、滅亡の知らせを聞いた人々はタルシシに避難するよう勧められる。 この「タルシシに渡れ」との個所は日本と結びつかない。けれど今までに上げたイザヤ書の聖句だけでも、ツロと日本が両義預言となっていることに同意していただけると思う。ツロは1945年の日本とリンクしている。もう十分なのではないのか。

 けれどさらに、たたみかけるように次々とイザヤ書は日本を語ってゆく。

 イザヤ書の両義預言はどこまでも、ツロと日本を同期させてゆくのだ。

日本というお母さん

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RAzESk6kNZbX4AFAh_cQF8?p=%E8%BA%AB%E3%82%92%E6%AE%BA%E3%81%97%E3%81%A6%E4%BB%81%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E8%BA%AB%E3%82%92%E6%AE%BA%E3%81%97%E3%81%A6%E4%BB%81%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93&at=&aa=&ai=AbUOLUaRTY6i0jXYMJ8NpA&ts=2981&mfb=427_56x

学習ノート~『日本は、身を殺して仁をなしたお母さん』

http://blog.goo.ne.jp/dokudami3377/e/5d5aa414ae909370cf542456dc3fb1ee

中村明人タイ国駐留司令官元陸軍中将

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPGZdI7UNZYXYAM8B_cQF8?p=%E3%82%BF%E3%82%A4%E5%9B%BD%E9%A7%90%E7%95%99%E5%8F%B8%E4%BB%A4%E5%AE%98%E3%81%AE%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%85%83%E4%B8%AD%E5%B0%86&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E3%82%BF%E3%82%A4%E5%9B%BD%E9%A7%90%E7%95%99%E5%8F%B8%E4%BB%A4%E5%AE%98%E3%81%AE%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%85%83%E4%B8%AD%E5%B0%86&at=&aa=&ai=nsW.UvoRT6CJRBlHiJ6nzA&ts=2008&mfb=427_56x

タイの元首相ククリッ?・プラモートの日本へ残したことば

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPifsb7kNZgl8AZTh_cQF8?p=%E3%82%AF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E3%82%AF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89&at=&aa=&ai=kH6EWihRTgS.wKtqoHF2gA&ts=1386&mfb=427_56x&mfb=427_56x

田母神俊雄かく語りぬ

https://twitter.com/toshio_tamogami/status/617081317696471040



コボリとアンスマリン~タイで知らない人はいないドラマ「クーカム」。ドラマ放映の時間は町から人が消えたとのこと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%98%8E%E4%BA%BA

辻政信

『辻政信と七人の僧』によると陸軍大佐辻政信は、終戦前日に中村明人中将のもとを訪れ、「無条件降伏となれば、皇軍に対する武装解除は必至であり、まことに断腸の思いであります。しかし、自分は日本がこのまま亡びるとは思いません。ふたたび祖国が立ち上げるときにそなえて、自分をバンコクの地下に潜入、待機させてください」と語った。中村に戦死扱いにしてもらった辻政信と七人の部下は、僧侶になりすましてワット・リアープに潜入した。

メナムの残照

中村明人がモデルとなった作品。西野順治郎による訳書の邦題であり、原題はKhu Kam(クーカムまたはクーガムと読む。仏教の業と輪廻を前提とした「運命のカップル」という意味)。 タイの女姓作家トムヤンティが、軍人であった父から聞かされた話をもとに、彼女の理想の男性像を重ねて書き上げたもので、奇しくも中村明人が亡くなる前年に完成し、1969年に雑誌で発表された。第二次世界大戦中、タイに駐屯した日本軍の青年将校「コボリ」と、抗日運動の指導者である父によってコボリと偽装結婚させられた、タイ人女性「アンスマリン」のストックホルム症候群のような複雑な愛を描いている。コボリの一途な片思いをよそに、アンスマリンは「偽装結婚であるがゆえに性交渉はしない」と非現実的な約束を交わし、それを反故にされてときには自暴自棄になるが、コボリこそ運命の相手なのだと最後に気づく。日本の敗戦後、タイが連合軍に寝返ったことを抜きにすれば、両国の相互依存関係を男女間の事柄に置き換え巧みに表してもいる。

タイ国内ではテレビドラマや映画にもなり、合わせて10回以上もリメイクされるなど高い人気を得ている。

タイで社会現象となったクーカムのビデオ

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E+%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A0



2013/05/11 に公開

タイの有名な小説、4度目の映画化。2013年4月上映
第2次世界大戦中のタイが舞台。大日本帝国海軍大尉、小堀と
タイ人女性アンスマリン(ひでこ)の悲劇のラブストーリー

"Hideko" song by Yusuke Namikawa

〈ストーリー〉

海軍造船所に赴任した小堀大尉は、タイ人女性アンスマリンに出会い、惹かれていく。

彼女には地下でアメリカに協力しているタイ人の恋人がいた。
日本人を敵とみなしていたアンスマリン。

しかしながら、軍人である父に政略結婚をコボリとさせられてしまう。
憎しみと葛藤の中、コボリに心ない態度をとり続ける彼女。

ある日、恋人だったタイ人の男が日本軍に逮捕され、
アンスマリンはコボリに、助けてあげるよう願い出る。
コボリは苦しいながらも、彼女への想いから、釈放させてしまう。

そして皮肉にも、
その釈放された男の情報を得た敵軍が日本軍に攻撃をしかける。
そこにはコボリがいた。

戦火にコボリがいることに激しく動揺し、彼を探すアンスマリン。
本当は誠実なコボリに心を動かされていながら、
素直に好きと言えなかった。

初めて彼を愛していることに気づいたものの
コボリはすでにガレキの下で命を終えようとしていた。

※小堀はタイ人の人気俳優が歴代演じている。



この小堀が中村明人中将である

以下の記事の下に中村明人の写真がある

http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page003.html

仏教の業(カルマ)と輪廻

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RiVc00q0RZUAsApdZ_cQF8?p=%E4%BB%8F%E6%95%99%E3%81%AE%E6%A5%AD%E3%81%A8%E8%BC%AA%E5%BB%BB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E4%BB%8F%E6%95%99%E3%81%AE%E6%A5%AD%E3%81%A8%E8%BC%AA%E5%BB%BB&at=&aa=&ai=YzA39UhXRcWEi7b05lN90A&ts=1685&mfb=427_56x

幸福になれる二つの道

http://www.bukkyouoshie.com/iyashi/koufuku.html

八鏡文字で検索すると6件ヒットします

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%94%AA%8B%BE%95%B6%8E%9A&x=0&y=0&inside=1

サンカとゴシェン その4

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%94%AA%8B%BE%95%B6%8E%9A&x=0&y=0&inside=1

放射線の健康への影響

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPenUd9kRZrl4AK1F_cQF8?p=http%3A%2F%2Fangel.ap.teacup.com%2Fgamenotatsujin%2F354.html&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=http%3A%2F%2Fangel.ap.teacup.com%2Fgamenotatsujin%2F354.html&at=&aa=&ai=.0vgZOI1TTmr1aq_ByOzVA&ts=8904&mfb=427_56x&mfb=427_56x

米国は重症です~拙稿の転載記事

http://hikotama4444.blog111.fc2.com/blog-entry-33.html

アトランティスの暗号

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1209.html

ピラミッド5000年の嘘

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89+5000%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%98%98%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%90%B9%E6%9B%BF%E7%89%88%29

おまけ~イヌワシが小鹿を捕獲して飛ぶ姿

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000526-san-soci.view-000

中国産食材おやつジャーキーで犬猫が大量死亡

http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/131118/ecn13111812000004-n1.html

糖質制限ダイエット

https://yase.tech/5693.html#more-5693

よく読まれている記事

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPgoF70kVZ.DkAinF_cQF8?p=http%3A%2F%2F1tamachan.blog31.fc2.com%2Fblog-entry-14752.html&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=http%3A%2F%2F1tamachan.blog31.fc2.com%2Fblog-entry-14752.html&at=&aa=&ai=69jkSzO9SoSqoCLYXaM.6A&ts=1842&mfb=427_56x

魚の大量死

http://www.wideopencountry.com/texas-town-overloaded-with-dead-fish-in-river/

ひかたまさんより

http://shindenforest.blog.jp/archives/71056874.html



 
 
》記事一覧表示

新着順:40/3594 《前のページ | 次のページ》
/3594