teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/3587 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

へなへなのフリギア帽

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 7月18日(火)22時27分52秒
  通報 返信・引用 編集済
  関連記事:意識の変転状態

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1093.html#comment21193

「聖書ものがたり・Ecclesiastes(コへレトの言葉)+雅

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/139.html

「聖書ものがたり・EXODUS(出エジプト記)」

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/126.html

http://7thsu.blog.fc2.com/blog-entry-40.html#moreより

フリギア帽

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhYkJfx25Ze1YAY.h_cQF8?p=%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%82%A2%E5%B8%BD&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=2&oq=%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%82%A2&at=s&aa=&ai=V2FLgl9NRYGCsfEQv9F6OA&ts=7627&mfb=427_56x

関連記事:フリギア帽と東方の三博士

https://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/25394786.html

関連ありませんが~二つのエチオピア

https://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/31040192.html

Illumination:the Secret Religion - The Mithras Deception/ミトラスの欺瞞

「キリスト教がいくつかの死に至る病でその成長が妨害されていたならば、世界はミトラになっていただろう。」
ジョゼフ・ルナン

人類史上でいくつかの重要な分岐点がある、そこで適切な経路が選ばれたなら人類は終わりのない恐怖にあわないで、さらに遥かに高度なその進化の経路に沿って発見されたであろう。
そのような分岐点でキリスト教対ミトラ教だった。
正しい選択をしたならば、我々は今新しいエデンの園に住んていたかもしれません、しかし人類は常に間違った選択をする。

キリスト教がどのようにミトラ教に打ち勝ったかという物語は恥ずべきものです。
これはキリスト教の本当の性質について現在進行中の欺瞞と広大な隠蔽工作、目にあまる窃盗行為によって達成されました。

犯罪の中心の男はキリスト教の真の創設者だった。聖パウロ。
パウロによる福音

あなたが30~40年間何かを信じたていたと想像してください。
あなたのコミュニティの誰もが、まったく同じ事を考えています。
あなたが信じるすべての事は、あなた個人の独自性とあなたのコミュニティ全体を形作ります。
モラルと生命の意味の存在の理解はそれと密接で表裏一体です。
あなたの信条はあなたの子供に受け継がれた。
彼らの信条を捨てた少数の人々がコミュニティを追い出されて、嫌悪感を持って扱われたことにあなたは気づいていますか。

すると、ある日あなたの人生の中核を形成していることは絶対に間違っていると気がつきます。
あなたは何をしますか?
あなたは「ひどく痛めつけられる」そして真実の新しい人生を得るだろうと思うかもしれませんが、思い違いをしています。
たとえ彼らの信条が間違っていると知っているとしても、殆どの人々は彼らが引き起こした信念体系に閉じ込められて、自由になることは不可能であるとわかる。

世界の何人の人々が彼らの出生と異なる宗教に転向しますか?
イスラム教徒の大半がイスラム教徒としてとどまることはなぜですか?
きっと他の宗教が良いメッセージを伝えれば、その後イスラム教徒のかなりの数は忠誠を切り替えたほうがいいでしょう。
しかし彼らは実際には決してしません。
正統派ユダヤ教徒であることを止めた正統派ユダヤ教徒を見つけることはなぜ事実上不可能なのですか?
プロテスタントキリスト教徒になるために、カトリックキリスト教徒にとってさえ、またはその逆は極端にありそうもない。

現実には、少数の人々は彼らの両親から受け取った教化を拒否するということです。
彼らは根本的に異なった宗教や哲学を採用しません。
彼らは友人、家族やコミュニティによって仲間外れにされているリスクはありません。
彼らの宗教が間違っていることを認識すると、大半はさまざまな方法の対処を採用することによって反応する。
例えば、彼らはまだ真の信者であることをふりをする。
彼らは、彼らが言って行うことが期待されているすべてのことを知っているので、彼らは今いくらかの熱意なしではあるが、言ってやり続ける。
それとも否定や二重思考の状態に入ります。
少数であっても、彼らの信条を熱狂的に再び受け入れる場合、彼らを今悩ませている不信仰をなんとか払拭することを希望して、今までよりも多くの熱心な信者になる。

キリスト教、歴史の中で最も成功した宗教、それはいかなる時でも最も包括的に反証宗教である。
キリスト教のあらゆる方向性から、致命的な攻撃の膨大な資料で書店はうめきます。
それぞれの本はいくつかのおそらく多くの事実に基づく誤りが含まれているかもしれない、しかしそれにもかかわらずそれぞれの場合の一般的な批判は否定出来ません。
キリスト教の擁護者は、攻撃を信用しないようにするため少数の事実誤認において必ず飛びつく、しかし彼らはこれらの文献のすべての本当の点について対処することはありません。キリスト教は歴史の最も目にあまる架空の創造物である。
キリスト教はまさか崩壊していない?
それは明らかに間違ったものであるにもかかわらず、なぜこれほど多くがそれに固執するのですか?
なぜ彼らは、彼らの宗教的信念が不条理でほとんど非常識であることを示す証拠の塊を拒否するのですか?

それは彼らが恐ろしい見通しに直面しているからです。彼らの古い信念を置き換えるために新しい何かを見つけること。
どうやって始めるのでしょうか?
何を探しているのか見当がつかない。
彼らが直面している非常に多くの選択肢があります。
どのようにして彼らはことによるとそれらすべての間で決めたのでしょうか?
目的の物を見つけるためには、地球上のあらゆる宗教を研究しなければなりませんか?
そして、目的の物がそこにはなかったら?
多分、無神論者はずっと正しかったのでしょう。
それでは彼らは代わりに科学を勉強しなければならないかもしれません。
しかしそれはいかにも困難に見える。

そこで彼らは人間の大半がすることをします。最も抵抗の少ない経路をたどる。
彼らはそれらに精通しているもの、知っていることに固執する。
それは本当であるものを発見するよりも、偽である何かを信じるように簡単です。
最初の経路は自己欺瞞、偽善と皮肉を必要とし、第二には成功の保証なしの想像ができる最も困難な仕事が必要です。
おそらくあなたは無意味さの深淵に投げ込まれます。
あなたはもはや信じていない信条を持つ、だからあなたはそこに残ります。
それは人類ほとんどの運命ではありませんか?

事実上、あらゆるキリスト教徒は心の底では彼らの宗教は馬鹿げていることを理解します。
証拠は、キリスト教の信仰を公言する人のほとんどが、彼らの宗教の疑惑のメッセージに関連する方法で振る舞わないということです。
彼らは無欲、親切、愛情のある、思いやり、平和的、穏やか、慈善の、役立つ、貪欲に抵抗する、力と栄光に無関心であると考えられている。
実際には彼らは、利己的、残酷、憎むべき、思いやりのない、悲観的、暴力的、無神経、積極的、役に立たない、貪欲、外で自分自身のため、力、栄光、お金とステータスに取りつかれている。
キリスト教徒は、彼らがすることになっているやり方のようなもので振る舞った場合、世界は認識できないでしょう。
どこにも、想像できる最も卑劣で完全なキリスト教原理主義アメリカで、より明らかなキリスト教の卑劣さはありません。
ジョージWブッシュは種の典型である。アメリカのキリスト教の怪物のような性質を完全にカプセル化し再び狂信者が生まれる。
主戦論者。大企業とウォールストリートのチャンピオン。サポーターと特権の主要な受益者。極めて限られた知性の男。うそつき。偽善者。詐欺。旧世界秩序のリーダー。

誰がこの世界にそんなに損害を負わせた異様な宗教を作りましたか?
それは確かにイェシュア・ベン・ヨセフ(イエス・キリスト)、教えを実践していたユダヤ人ではありませんでした。

聖パウロとして歴史によく知られているタルソのサウロ、踏み出す。
この男は、キリスト教の醜態の立案者だった。
まだパウロさえ彼の証明する創造がいかに異様であるかわからなかった。
彼は神の仕事をしているのだと実際に考えました。

パウロについて鍵となる事実を歴史は知らない。彼はミトラスの聖職者で、ミトラ教の謎のカルトの最も高いグレードを達成しました。しかしユダヤ人として生まれユダヤ人の物事に関心を保ち、十字架にはりつけにされ死者から蘇った流浪のユダヤ人説教師についての、カリスマ的な不思議で奇跡的な物語を聞いた時、彼は興味をそそられもっと調べることを決定した。
彼はユダヤ人との接触からもっと発見した、これらの物語の全てを聞いて、とても単純な理由で彼はびっくりした - 彼らはあまりにもミトラスのことを言っていた。
最初、パウロは神への冒涜として感知したので激怒した。
彼はこれらの「キリスト教徒」に対して反対意見を述べ、それらに対して脅威を発し、そしてキリスト教徒の「迫害者」であるという評判を得ました。

しかし有名なダマスカスへの道、彼は人生を変えるひらめきを持っていた。
彼の心は驚くばかりの跳躍をしました。このいわゆる神人イエス・キリストがミトラスの化身であるならばどうですか?
おそらくミトラスは自分自身を犠牲にすることによって人類を救うため、人間の形で地上に降りていた。
このような行為はすでにミトラの教えの中心的存在であった。
それが現実に起こることためにミトラ教の論理的集大成ではなかった?

パウロは彼の心の近くに何かをする神聖な使命を与えられたと確信していた。彼は今、司祭だった宗教と彼の誕生の宗教を団結するため、ミトラ教と救世主的なユダヤ教を組み合わせること。
それは完全に理にかなっていた。
彼はこれ以上崇高で感激させることを何も想像できなかった。

パウロは従来のミトラ教を捨てて、新しい任務に人生を捧げた。ミトラ教を宣言することはユダヤ人の救世主イエス・キリストという人だと理解した。
それはキリストの信者、そしてミトラの信者にも同様に受け入れられなかったので、ミトラスとキリストを同一視することが決してできないということを彼は知っていたが、それは彼の宗教の真のメッセージです。

めったに、誰もパウロのようにそれほど欺かれなかった。
彼は、他の全ての上に作った宗教がどうなったか恥じるだろう。
それはミトラ教が表したすべてを裏切る。
キリスト教は儀式、象徴性とミトラ教の語彙を盗んだが全体のポイントの逃した。

ミトラ教を取り戻すために、決してデミウルゴスのアブラハムの宗教に背を向けないで、キリスト教以前の異教の世界の賢さに戻ることは、古代の間違いが逆にされる時です。

ミトラス

ミトラス神殿

イングランド北部、ハドリアヌスの長城近くCarrawburghのミトラス神殿~画像は元記事参照

では、ミトラスは誰でしたか?
ミトラスの崇拝はおよそ4000年前のペルシャ(現代のイラン)で始まった。彼はそこでミスラとして知られていて、バビロニア(現代のイラク)の教義(それはバビロニア人の有名なオカルト知識を吸収した)を吹きこまれた。
その宗教は東方へインドと中国に広がった。
インドでは、神はミトラとして知られていて、宇宙の秩序と契約(誓いと友情)を統轄することに対して責任がある太陽神(天光の領主と真実の守護者)だった。

ペルシャでは、ミスラは(「愛」、「太陽」と「友人」を意味する)保護神で、しばしば太陽と同義語で使われる「ミスラ」で光の神であった。
ペルシャのミトラ教は一部の学者によって仏教に影響を与えたとさえ考えられます。
多くの学者は(また当然)ミトラ教をテンプル騎士団、フリーメイソン、薔薇十字団に関係つけます。

ツァラトゥストラ(ゾロアスター)が一神教のゾロアスター教を導入する前に、ミスラは多神教ペルシアの主要な神々の1人だった。
(数世紀後、イスラム教はゾロアスター教に置き換えられました。)
ミスラの働きの多くは、ゾロアスター教の至高の存在アフラ・マズダー(「知恵ある神」)によって吸収され、真のミトラ教は事実上ペルシャから消えた。
ミスラは依然としてペルシャで大いに尊敬されているが、西洋の観点から大天使ミカエルとイエス・キリストの一種のハイブリッドのようなものとして思しい。
真のミトラ教は、地元の領主が彼らの古い神への信心を維持したタルソの港周辺の地域、帝国の西部周辺に追い出された。

その地域はマケドニアとアレキサンダー大王のギリシャ軍によって征服され、そのローマ軍のポンペイウス付きになった。
西暦前の一世紀によって、それは異なる宗教的で哲学的考え(業者が到着してアイデアを交換していた繁盛している知的な中心でその後引き取って母国に帰った。)のるつぼでした。
マーク・アントニーはタルソに拠点を持っていたし、それは彼が初めてクレオパトラに会ったのがここであった。

ユダヤ人の家族の子供、パウロ(サウロ)が生まれたのはこの世界主義の環境だった。
彼が育ったように、彼は地域の支配的な宗教(ミトラスの謎の崇拝)にさらされていた。
インド・ペルシアの神がギリシャとマケドニアの下で繁栄を続けていたのは、彼が容易にアポロ、ヘリオスとペルセウスなどのギリシャの神々と同一視することができたからだった。
ローマの兵士は急速にミトラスの呪縛下に落ちた、そして500年間(紀元前100年から西暦400年まで)彼らの主神だった。

(イルミナティはミトラ教がローマ人に容認される助けとなり、そして彼らの計画はローマ帝国の国教をグノーシス派ミトラ教にすることでした。彼らは聖パウロがいなければ成功したかもしれません。)

宗教のみならず、高度な天文学、哲学と科学がミトラ教を中心に展開し、それはまた錬金術、占星術、魔法とオカルトと今呼ばれるものを受け入れた。
ミトラへの神聖な植物は魔法との関係で有名なマンドレイクでした。マギはゾロアスター教と関係する前はミトラの信者だった(イルミナティはしばしばマギになりすました)。

ソーマ/ハオマ汁はミトラの儀式で使用されるインド?ペルシャの薬だった。
それは、エクスタシーを誘発するための神と人間によって飲まれる、「伝説的な」植物の酔わせるジュース、「神」だった。
強力な刺激、それは精神的な薬用資質と関連していた。それはまた、幻覚、トランス、ビジョンと「内的」情景を引き起こす可能性があります。
それは内側の火とそれをとった人に不滅を与えると言われた。

しかしハオマ汁は伝説ではありません。
これは特定の植物で、その黄色いジュースはまだ最も特別な儀式で今日までイルミナティによって使われる。
そのユニークな精神的資質を理解していないだろう人が、商業的に利用するそれを悪用しようとするため、この植物の正確な現代のアイデンティティが明らかにされることはありません。

タウロクトニー(ミトラスによって実行された牛の殺害)はミトラ教の中心的存在で、その意義にもともと星のがあった。
星座ペルセウス(ミトラスのアイデンティティ)は牡牛座よりも上方に位置し、牡牛座の時代は牡羊座の時代に置き換えるためそれを「殺した」、したがってそのサイクルで前方の宇宙全体を動かす。
この意味で、ミトラスはコスモクラトール(宇宙の支配者)だった。
雄牛の血は天の川、魂は星のような道筋を経由し、地球から天に昇ったり天から地上に降りた。
「下にあるものは 上にあるものの如し。」

これはタウロクトニーの「外側」の意味でした。星自体で地図を作った救済への経路。
「内側」の精神的な意義は、精神的な変革、また神の火花を開放することへの関心がなかった人類の野蛮な性質の中で、雄牛は世界の物事のぬかるみに巻き込まれた人間の自我を表現した。
デミウルゴスの支配を象徴する雄牛を殺すこと、その血を流すことでミトラスはサタンの地獄の帝国から人類を救いました。

ミトラスは私たちの救世主である覆いを引き受けて、私たちを取り返し解放していた。
私たちの利己的で野蛮な欲求の暗い立案者を克服することで、彼のヒロイズムと勇気を通して自我と自己を交換し、私達が星に救出を探すことができるようになる。
彼は私たちに真の神への道を見つける方法の内側と外側の地図を提供していた。
彼は私たちの道を照らす、太陽/神の御子です。
ユングの用語で雄牛は私たちの影の自己を表しており、これを克服するだけで、真の神との合体の中に入ることができる私たちのハイアーセルフへ自我の向こうに移動することができます。

しかしミトラ教の最も難解な教えはミトラス自身が雄牛(それは彼の性質を下げることを表す)であったこと、そして雄牛を殺すことによって彼は人類の救済のための犠牲になっていた。
ミトラス、彼は復活する前ハイアーセルフと結びつくため、殺された雄牛の形で、墓の中に3日間横たわっていた。
3日間はピタゴラス学派の整数論に由来しました。

1,「モナド」は団結を表す。
2,「ダイアド」は多様性を表す。
3,「トライアド」は団結+多様性に等しいので調和を表す。
また、2は初の女性数であり3は最初の男性数なので、3日間の経過だけでなく調和する団結と多様性、また男性と女性の精神の側面である。
3日間の終わりまでに、ロウアーセルフはハイヤーセルフと共に結合する準備ができていた、そしてハイヤーセルフは今、原始的ロウアーセルフへの付属物から解放され、イルミナティによりアブラクサスと呼ばれる真の神との結合に入ることができた。
ミトラスとアブラクサスの両方は数霊術で365の数を同一視した、すなわち年の日数。

ギリシャ神話において、処女と神の息子(ゼウス)ペルセウスはゴルゴン3姉妹の1人でその容姿は人間を石に変えたことでとても恐ろしかったメデューサを殺さなければならなかった。
彼は、ミラーシールドに映った彼女を反射だけ見ることによって、首を跳ねるため十分に接近することに成功した。

メデューサはミトラの儀式で雄牛と同一視された。
また、人間の自我と人間性の野蛮で低くなる残忍な側面を克服することが必要です。
ミトラスは雄牛を殺すときに見ていないのと同様に、またペルセウスはメデューサを見ない。
そのためには、言い寄る事変があります。
自我が心と魂を石に向けると言うことができる。
代わりに、その自我はこのデミウルゴスの支配下にそれをもたらし、問題に精神を向ける。

ミトラスとペルセウス、それぞれ処女と神の息子、ともに束縛から人類を自由にするためデミウルゴスの野蛮な生き物(雄牛とゴルゴン)と戦い神の火花の解放をする

ミトラ教は入会の7つの位階(コラックス、ニンフ、マイルズ、レオ、ペルセースとペイター)があった、そしてこれらはイルミナティ(さらに3つ謎の位階を持つ)の7つの普通の位階と同じです。
ミトラ教と直接的に関係していたイルミナティのメンバーはまた、「潜伏」を意味する、クリフィーと呼ばれる秘密の8位階を持っていた。

ミトラの位階を通じて進行は、天国への途中で惑星の球体を通して魂の上昇に対応した。そして出生時に行われたこの世界に天から人間の魂の下降を逆にした。
天国は神秘的な他の次元てあると見なされなかった。
しかし、それはこの世界と天国の間に立っていた全ての門番を乗り越えるための正しい合言葉と、そこに進むのにふさわしい「星図」を持っていた場合、魂が肉体的に達する可能性がある空間への行き先だった。

ミトラスは彼のロウアーセルフの奴隷であることの自由を示す、自由の象徴、赤いフリギアの帽子をかぶっていた。
古代ローマでは、奴隷が自由の身になった解放の儀式で、また自由の帽子と呼ばれるフリギア帽をかぶりました。
赤いフリギア帽は、旧世界秩序による奴隷化から逃れようとしている人々全てのための完全な革命的シンボルです。
フランス革命では、フリギア帽はむしろ王の対象と同等の市民であることが望ましい全ての男性と女性の象徴だった。
ルイ16世は最終的に自由の帽子を被ることを強要された。
数年前、アメリカ革命では多くのアメリカの愛国者は「自由か死か」というモットーを冠した赤い自由の帽子をかぶっていた。
自由の帽子は頻繁に「自由の棒」の上に固定された。

キリスト教では、へなへなのフリギア帽は硬くなってまっすぐに置かれました。
それは「ミトラ(司教冠)」と呼ばれ司教が着用しました。

聖書は逆転の書です。聖書の神(ヤハウェ)は実際にはサタン、同時にヤハウェの敵は真の神である。
ヨハネの黙示録では「獣」の数は666であると述べています。
キリスト教徒がどんな言及もすることはありませんが、666は太陽の数秘術サインであるということで、それゆえに「獣」は真の神の崇拝者の印を冠した人です。
ヨハネの黙示録は、キリスト教徒が光の勢力に敵対して立つ暗黒の王子の崇拝者、であることの証拠を考慮すべきである。

ミトラスの入会者は手を鳥の腸で縛ってもらい、そして「解放者」(下界の間違った信条の束縛から入会者を解放していた)として知られている男によってその縛られたものは後に切られた。
それぞれの入会者は、世俗的な力と栄光に誘惑されないことを示すため拒否した冠を提供された。

12月25日はミトラスの信者がディエス・ナタリス・ソリス・インヴィクティ(無敵の太陽の誕生日)を祝った一日でした。
イエス・キリストが12月25日に生まれなかったことは誰もが知っている。
カトリック教会は公然と事実を認めて、4世紀CEまでキリストの誕生にこの日付を採用しなかった。
福音書がキリストの誕生日のカレンダーについて述べることは気にしないで、このとおり初期の教会はそれを祝う理由がなかった。

古いユリウス暦で、12月25日は冬至点(現代のグレゴリオ暦でそれは12月21または22日にあたる)で、日が長くなり始める、そして太陽の力がその日以降増加するので太陽の一年の「誕生」(降誕)と考えられていました。

ミトラスは聖職者(謎のカルトで最上級に達した人々))の確立したクラスがあり、それはミトラスの宗教的な儀式を行った人達だった。

ミトラスは人類の友になる、つまりヤハウェ/アッラーのような専制君主として支配しない。

彼の信者は、ミトラスが人が必要とする全ての物理的・精神的な糧の源であることを彼らが認めたことを示すため、象徴的に彼の体(パン)を食べて彼の血(ワイン)を飲んだ。
この儀式でミトラスに起因している言葉は以下の通りです。
「私の体を食べず私の血を飲まない者は、私と一つそして彼と私であるようになる、同じ事は救いを知ってはならない。」
(これはあなたが彼と一緒に一つの物質であるように、神との直接的な合一を求める必要性を記述した比喩です。)

それぞれのミトラ階級は、メンバーが自分自身と他のミトラ礼拝者の階級を識別するため使用する、それに関連付けられている合言葉があった。
儀式の間、メンバーは特定の位階に対応する独特なマスクとマントを身に着けていた。

ミスラの雄牛殺害が一度完成したならば彼が天に戻ることを許可された贖いの労働だった。

スコットランドの有名なロスリン礼拝堂は、ロンドンにセント・ポール大聖堂があったように元ミトラス神殿の上に建てられた。ヴァチカンもミトラ神殿に建っていた。
洞窟は死と暗闇の下界、ミトラ信者が脱出しようとした問題の象徴であったため、ミトラ神殿は「宇宙の洞窟」に似せて設計された。

サー・トマス・モア、ユートピアで「ミトラ」として上天に言及した。

映画ツァイトガイストで参照されたキリストの陰謀の著者アチャリヤ・Sは、ミトラとミトラスを同一視すべきではないという人々を暴くミトラに関する優れた記事を提供した。
彼らは確かに同じではないが、彼らは進化の概念の一部です。

http://www.truthbeknown.com/mithra.htm

この著者の本は非常に陰湿なイエス神話の理解を深めたい方にお勧めされている。
別の価値ある本は、ティモシー・フレークとピーター・ギャンディーによる「イエスの秘儀」(オリジナルのイエスは異教の神だった?)です。

ミトラ教 - 真のキリスト教?

キリスト教とミトラ教の間には馬鹿馬鹿しいほど近い類似点を以下に要約する。
ミトラスは
1)12月25日生まれ。
2)処女から生まれた。
3)洞窟で生まれ、羊飼いと彼に贈り物を与えた賢者が世話をした。
4)神の御子で神と人類の間の仲介。
5) 永遠の血を流す「王」と救世主と考えられている。
6) 人類を救うために犠牲になったと言われている。
7) 独身。
8) ミトラスは彼の12人の仲間と最後の晩餐でパンとワインをとった。
9) 日曜日(太陽の日)はヤハウェの安息日の土曜日ではない、彼の神聖な日。
10) 彼の信者は洗礼を受けた。
11) 彼らはワインを犠牲の血に繋がると見なした。
12) 彼らは自分自身を「兄弟」と呼んだ。
13) 垂直の十字架、等距離の武器(ギリシャ十字)は太陽の古代のシンボル。(テンプル騎士団は彼らの中心的なエンブレムとしてギリシャ十字を使った。)
14) ミトラスの信者はこの十字(ホットクロスバンズのプロトタイプ)がマークされたパンの塊を食べた。
15) ミトラ教の最高公式階級は「パテル」(父)だった。カトリック司祭は父と呼ばれている。
16) 「父の父」(パテル・パトラム)があり、彼ら数人の中から父親に選ばれた。
彼はミトラスのこの世の代表、ミトラスの「教区牧師」(同じように法王がキリストの教区牧師と呼ばれている)。最高階級と関連した別の称号はパテル・サクロラム(秘儀の父)だった。彼は赤い帽子と赤いローブを着てオフィスの指輪をして、羊飼いの杖を運んだ。
17) ミトラスの母は「神の母」という称号を与えられた。
18) コミュニティーと同胞団が悪の勢力を破る手段として促された論理的なシステムをミトラスは意味した。
19) ミトラスは偉大な巡業する教師だと考えられていた。
20) ミトラスは12人の仲間(黄道十二宮と同等視される)がいた。
21) ミトラスは死者を蘇らせ、悪霊を追い出し、盲目を見えるように足が不自由な人を歩けるように、病気を治療したり、その他など奇跡を起こした。
22) ミトラスが死んで、墓に埋められ、3日後に再び蘇った。そして天に昇った。
23) 彼の主要な祭典は彼の復活を祝うために、春分に毎年祝われた。キリストの復活を祝う復活祭が同時に行われる。
24) ミトラスは「良き羊飼い」と呼ばれた。
25) ミトラスは次のように呼ばれていた。
「道であり、真理と光、救い主、救済者、救世主」
26) 彼はライオンと子羊両方で識別された。
27) 彼は鍵を天の王国へ運んだ。
28) 彼は光と真実の神、人と真の神の間を仲介した神。
29) 彼のシンボルの一つは太陽面で「世の光」として知られている。
30) 全てを見通す目は、ミトラスから何も隠すことが出来なかったことを示すためミトラ礼拝者によって選ばれた象徴だった。
31) ペルシャのゾロアスター教とその関連のためミトラ教も、天国と地獄、黙示録、裁きの日、死者の復活と再臨(ミトラスが悪魔を滅ぼすでしょう)はのようなゾロアスター教の考えを組み込むことが出来た。

キリスト教神話の中で最も独特な要素は全て、オシリス、タンムーズ、ディオニュソス、アドニス、アッティス、クリシュナとミトラスのような種類を取り揃えた古代神と半神を取り巻く物語で見つけることができる。
一つのことを除きキリスト教について新しい、または想像力に富んだものは何もない。
文字通りの真実へ神についての神話を作ることを考えたものは以前には誰もいなかった。
誰も、生きている、呼吸する人間が、実際の神の子として地球上に奇跡的に生まれたことを真剣に提案する勇気はなかった。
ギリシア人は座って本当のディオニュソスと飲み物を共有するとは思っていなかった。
ローマ人は公会広場でミトラスにぶつかるとは思っていなかった。
ローマ皇帝が神であると宣言した時、誰も深刻に受け止めなかった。
彼らは明らかに神ではなく非常にたくましい人々でした。
実際に彼らはいつも非常識で暗殺の必要性があると見なされていた。

それは驚くべき、そして悲惨な革新だった伝統的な異教の宗教と救世主的なユダヤ教のパウロ的併合でした。
パウロはイエスに会ったことがないし、世界を変えるための使命を開始する前にイエスの使徒を見ても気にしなかった。
キリスト教の彼の急進的、奇妙で神秘的なバージョンではイエスが何か述べたとの共通点は事実上何もなかった。
十中八九、パウロは人間イエスや彼の仲間やイエスが言って教えてくれたことに次いで何も知らなかった。
パウロはいくらかの目撃者に会わなかったので何もその時書き留められなかった、だから彼はゴシップや旅行者の酔って誇張された物語、うわさを通じてすべての情報を得ていた。
しかし彼は他に何も必要としなかった、それで彼はもちろん真実を必要としなかった。
彼が行なっていたすべてはミトラスの一部を演じる救世主的なユダヤ人、ミトラ教の説教だった。
簡単。イエスを知っていた大部分の人々はパウロがどんな惑星の上にいるのか全くわからなかった。
イエスが述べたと彼が主張したことは、彼が実際に言ったことに全く似ていなかった。

パウロの書簡はおよそ西暦50年に書かれ同時に福音はおよそ西暦70~100年に書かれた、新約聖書で最も古い部分です。
パウロの有名な手紙は初期の教会によってほとんど、あるいはまったく受け入れられなかった。
使徒は彼らの著作の中でパウロに言及することは決して無い。
彼らは、イエスのメッセージを歪めようとする奇妙な異教徒として彼を見なしたことに疑いの余地はない。
パウロのいわゆる熱狂的ユダヤ教は完全に偽物です。
これはモーセの律法とユダヤ教のすべての習慣の終了が知らされることを待ちきれなかった男だった。
どう見ても彼はユダヤ人ではなかったので、誰もパウロより非ユダヤ人にアピールするのにより良く適していなかった。

ローマの占領に対するユダヤ人の反乱に続き、紀元70年にエルサレムをタイタスが破壊した時、エルサレムに拠点を置く他の派閥は効果的に一掃されたので、キリスト教のパウロバージョンの大部分は成功した。
パウロのキリスト教はパレスチナの外の多くの場所を拠点にしていたので、それゆえローマ人によりもたらされる破壊を生き残った。

キリスト教がローマ帝国の国教になるとすぐに、キリスト教徒は、頻繁にその地点に教会を構築する、ミトラスの神殿を破壊することに着手し始めた。
キリスト教とミトラ教は併合して世界中に一掃することを望んだパウロはぞっとされたであろう。
彼の新興宗教は破滅的に間違ったものになった。

結論

キリスト教はミトラ教の粗悪なバージョンにほかならない。パウロのユダヤ教徒ミトラ教の異様な混合。
ユダヤ教とアクエンアテンのアテニズムに共通点がないのと同様に、ユダヤ教とミトラ教は共通点がないのでそれのどれも何の意味を成さない。
アテニズム(太陽面に象徴される)とミトラ教、しかしながら大いに共通があった。

キリスト教、ユダヤ教とイスラム教のない世界を想像してみてください。
世界が瞬時に良い場所になることを疑えるのはどんな正気の人ですか?
これらのアブラハムの宗教はサタニズムの主な媒介だった(そしてそうである)。
彼らは光の異教の宗教のこじつけだ。彼らは宗教の核心に暗闇をなんとかもたらすことができたデミウルゴスの方法。

宗教を利用するデミウルゴスの目的はなんですか?
不和、混乱、暴力、憎しみを広げるため、真実を知らないで、彼らを堕落させるため、間違った預言者の束縛に彼らを配置するため、彼らの魂が救いを達成することはないと保証する。
デミウルゴスは傑出した仕事をなしていない?
あらゆるゴールは実現された。
人間は地獄に落ちない。
彼らは既にそこにいる。
デミウルゴスの帝国は地獄だ。

全ての最大の嘘は地獄には出口がないことだ。
実際には、魂の唯一の目的は出口を見つけること、もしくは永遠に地獄に残ること。
それは信仰ではなく知識の問題。
人生の意味はグノーシス - 私たちが存在の本質を理解し、私たちの選択(サタンと残るため、またはデミウルゴスの宇宙の「境界」の向こう、光の領域で真の神との結合を成し遂げる)をする超越的な、神の知識 - を達成すること。

キリスト教はミトラ教を排除するため、競争する宗教の重要な側面の多くをただ同化させた。完璧な悪魔の戦略。
同様に悪魔の宣伝活動家は、彼らが実際には何かの反対として一般的な想像力でイルミナティを描くことがなんとかできた。
しかし真実はゆっくりだが確実に出現する。
ある日、世界はイルミネーションの光に浸り、この世界でそれだけ悪事を働いているイスラム教とユダヤ教、キリスト教の悪魔のアブラハム宗教から永遠の自由になる。

会社員でいっぱいの建物に罪のない乗客でいっぱいの飛行機を衝突させることによってどんな人のタイプが「神」を美化しますか?
神や悪魔?
答えはより明白ではなかった。
真の神は精神病の暴力の「ギフト」を受け取ることは決してないだろう。彼は大量殺人の殉教者をつくることはないだろうし、罪のない人の血を浴びた殺人者を楽園に歓迎すること決してはない。
そのような人々は自分自身を呪った。
しかし、本当に驚くべきなのはこれらの人々は神の仕事をしていると信じていることである。
どのようにして彼らの心はこんなにねじれてしまったのか?
それはサタンのプロパガンダがいかに強力で有害であるかということだ。

キリストは決して新しい宗教を作っているとは言わなかった。
彼はいつでもデミウルゴス・ヤハウェに忠実な注意深いユダヤ人、そして「神」がユダヤ人であるならば、それから彼はあまりにもユダヤ人であるとおそらく誰もが考えていた。

もし神が地球に来たならば、どんな地上の宗教とも、どんな部族とも、国家や世界の特定の部分と彼自身を識別していないだろう、しかしむしろ、いわば確かな筋から神の普遍的な宗教を発表しなかったと人は思ったかもしれない。非常に明瞭ですべての耳にふさわしく、明白な、人類のために鼓舞する永遠のメッセージ。
それは起こったことがない、それ自体がイエス・キリストは「神」でなかったという証拠です。

真の神が地球に化身されたことがない、そして確かに決してないだろうということをイルミネーションは教える。
これはデミウルゴスの領域、そして「神々の化身」の大半と人間の歴史の「神」の預言者はデミウルゴスのサービスでアルコンであった。
言い換えると、偽り、混乱、無知、狂信、過激主義、分派主義、妄想、嘘、偽善と暴力に永遠のとりこで私たちを保持するサタンの福音を人類へ彼らは届けてきた。
世界の主流宗教の研究を行った整合性と知性の誰も、それら一つ一つにおけるサタンの印に無自覚かもしれない。

それは真の神が私たちを捨て、彼のメッセージを私たちに伝える試みをしていないと言うことではありません。
一つには、微妙な方法ではあるが私たちを助け導くため「Phosters」を届けました。
そしてなにより彼は、我々はすべて、私たちの魂を介して彼と直接交わりに参加する能力を持つことを確実に、そしてそれは我々が神の心を知ることができる、ユニークな知識(グノーシス)を介して行われる。
絶対的真理は「神聖な」本の中にはありませんが、食事や衣類などの制限、規制、規律、習慣、戒めや宗教禁止でシナゴーグやモスク、教会、寺院とは関係ない、預言者たちによって届けられていない。
絶対的真理は我々の範囲内、そして我々の課題は、神についての直接的な知識のロックを解除する鍵を見つけることです。
誰もが鍵を持っているが多くの人はそれを決して使わない。
なぜ人々がそれを見つけることが出来ないかという主要な理由は、彼らがデミウルゴスの間違った宗教に洗脳されて、「信仰」によって反対方向に導かれたということです。
忠実な羊はグノーシスを達成することは決してありません。

大昔からずっと効果的な方法であるサタンの「神聖な」メッセージを誰も否定できない。
サタンが神として10億の人間に崇拝させる原因となったことより、何もこれまで以上に注目に値しない。
それは人類を要約しませんか?
その最も神聖な考えは、彼らが何であるべきかという完全な逆転でした。
彼らは神の反対(アンチゴッド)に実際以上の美化を向けられた。。

それは人類の悲劇を要約しませんか?

ソース:http://armageddonconspiracy.co.uk/The-Mithras-Deception(1753794).htm
※MitraとMithraをミトラ、Mithrasをミトラスと訳しました。
画像はソース先から拝借いたしました。
このサイトはミトラ教についてわかりやすく解説していたので参考にしました。
http://homepage2.nifty.com/Mithra/index.html

関連記事:背教者ユリアヌス

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7YWOTQFUG9ZuS8A7kp_cQF8?p=%E8%83%8C%E6%95%99%E8%80%85%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%82%B9&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E8%83%8C%E6%95%99%E8%80%85&at=s&aa=&ai=jNq2Aw8MTp64JJtZitkFZA&ts=5810&mfb=427_56x

拙稿で検索すると5件ヒットします。ネトウヨやネトサポはいくら読んでも理解できませんよ。程度が低いからね,君たちは。

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%94w%8B%B3%8E%D2%83%86%83%8A%83A%83k%83X&inside=1&x=0&y=0

ミトラなどMで始まる解説~記事の後半な~んだけど

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1063.html

バチカン株式会社

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/768.html



殺せと神が命じる時

http://www.j-world.com/usr/sakura/other_religions/divine_murder.html

統一原理に対する批判~(『原理講論』542頁)

http://ww4.et.tiki.ne.jp/~theos-agape7/pb/cult/cult3.html

宗教殺人の本質

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/655.html

おまけ~あれから6年 房総半島に注意 7月28日の旧暦は6月6日

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/252.html

追記:長野県に地震? そういえば17日テレビの電波障害が度々起こったと思ったら翌日アリューシャンで大地震発生 深さ10キロというのも怪しい

http://golden-tamatama.com/blog-entry-north-nagano-july19-august2.html

なるほど

https://www.pinterest.jp/riina2768/%CF%86%D0%B4%E3%83%8A%E3%83%
AB%E3%83%9B%E3%83%89/?utm_campaign=rdboardsf&e_t=45fad3b3e4b04ea5a5e1e3cf2e942dca&utm_content=
704039422936547593&utm_source=31&utm_term=9&utm_medium=2004


レナウン

http://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGXLZO16490110W7A510C1TJ1000&scode=3606&ba=1

レナウンの記事は本年4月25日に書いた

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3899

レナウンの親会社は

http://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&ng=DGXLZO11853980Y7A110C1TI5000&scode=3606&ba=1

米国の一億人が糖尿病か予備軍

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000022-jij_afp-int

中国でも糖尿病が蔓延

http://www.afpbb.com/articles/-/3133698?utm_source=yahoo&utm_medium=news&cx_from=yahoo&cx_position=r1&cx_rs
s=afp&cx_id=3136206


糖尿病は世界中で増大しつつある公衆衛生上の問題の一つだ。世界保健機関(WHO)が2016年に発表した報告書によると、世界の成人の糖尿病患者数は、1980年には1億800万人だったのに対し、2014年には約4億2200万人に達したという

世界では10人に一人が肥満~米国では10人に9人がコニシキ歩きの肥満

http://www.jiji.com/jc/article?k=20170613035790a&g=afp



http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:24/3587 《前のページ | 次のページ》
/3587