teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/3594 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ヤ・ウマト(ヤァウマトゥ)

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 9月17日(日)23時34分15秒
  通報 返信・引用 編集済
  世界文明の起源は日本か?

https://ameblo.jp/ici05876/entry-11785386688.html

日の丸はコンパスと定規

http://sekainoura.net/fm-sugata3.html

女媧と伏羲

http://cova-nekosuki.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-5e4f.html

画像~https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%A5%B3%E5%AA%A7%E3%81%A8%E4%BC%8F%E7%BE%B2

蛇の誘惑~http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/997.html







不思議なシンボル

http://www.h3.dion.ne.jp/~pbwzwdq/jw/jw_kaiyaku/

ものみの塔と三角な関係~JWはおのおの10+23=33 WはWatch Tower=これが世界を震撼させている23の正体

失われた10支族と第4エズラ書の関連です

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3951

天皇制には昭和とか平成とかいった「元号」があることは誰でも知っているが、「皇紀」が存在していることを知る人は多くない。今年(1997年)は皇紀2657年である。皇紀は紀元前660年から始まっているのであるが、これはちょうど北イスラエル王国が滅ぼされた直後の時期に当たっており、まだアッシリア帝国の治世下でイスラエル10支族が捕囚されている時期に相当している。よってこの時期、アッシリアに捕囚されていた北朝の残党たちが、新しい王朝を再結成したのではないかと推測する者もいる。この時に皇紀がスタートしたというわけだ。

管理人注:日本では神武天皇即位の年として2.11が建国記念日になっている。2.11とは2x11=22 11+22=33でありユダヤ人の名前はカバラ転換すると11+22になるようになっている。

紀元法の記事~http://kyoukai.xyz/kouki2677/

西暦に660を足せば皇紀になります。

八咫烏と神武東征

https://www.pinterest.se/pin/544513411182954765/

旧約聖書の列王記にも烏のことが書かれている

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/135.html

●また、天皇の公式名「スメラ・ミコト」は、古代ヘブライ語アラム方言で「サマリアの大王」を意味し、初代神武天皇の正式名「カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト」は、「サマリアの大王・神のヘブライ民族の高尚な創設者」という意味になっているという。「サマリア」とは北イスラエル王国の首都である。

サマリアで拙稿を検索すると11件出てきます。

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83T%83%7D%83%8A%83A&x=0&y=0&inside=1

スメラミコトとサマリアの陛下

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/845.html

『豪華な家と贅をつくしたサマリアはアモスによって否定される。「わたしは冬の家と夏の家を打ち壊す。象牙の家は滅び,大邸宅も消えうせると主は言われる。(アモス書第3章15節)。このような記述は最初列王記Ⅰ第22章39節で書かれている。つまり「イスラエルの王の歴代誌」に書かれているという旨。』

管理人注:聖書ものがたり・列王記Ⅰ・Ⅱ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/135.html

更に、天皇の古称「ミカド(帝)」はヘブライ語に訳すと「ガド族出身の者」という意味に当たり、ガド族の始祖ガドの長男の名前は「ニェポン(ニッポン/英語ではジェッポン)」であったという。

あと、「東方の日出づる国」は古代よりヘブライの民にとって「天国」を意味しているが、約束の大地カナンは「カヌ・ナー」の転訛としてヘブライ語で読むとき、「葦の原」を意味し、「東方の日出づる国」はヘブライ語で「ミズホラ」と呼ぶので、日本の古名「豊葦原(トヨアシハラ)ミズホの国」の意味が判明すると指摘する研究家もいる。

更に、大和朝廷の「ヤマト」はヘブライ語アラム方言では、「ヤ・ウマト」と分解され「神の民」という意味になるという。

●まあ、あまりこういった事柄を持ち出すと、単なる言葉のゴロ合わせのような印象を深めがちだが、直接証拠にならずとも「傍証」として注目に値するであろう。

ただし、日本とヘブライの関係を考える場合、「共通点」とともに「相違点」も数多く存在していることも事実なので、「日ユ同祖論」に関する結論はあまり急がないほうが賢明なようだ。

日本と古代ヘブライ人の間に何かしらの深い関係があったとしても、日本人全体がヘブライの末裔とは限らず、日本の支配階級の者たちだけがヘブライの末裔なのかもしれないし、日本に辿り着いたヘブライの末裔たちは反対勢力によって滅ぼされたのかもしれない……。いろいろな可能性が考えられる。

アッシリア王国に滅ぼされたサマリアの古代ヘブライ人たちは、 シルクロードを東へ東へ突き進んでいったと推測されている

以上は以下の『日本に渡来したイスラエル族』から

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1040

実は「日本」という国名も「イエスキリスト」を表しています

http://sekainoura.net/fm-sugata3.html

マナの壺とガド族

http://sekainoura.net/fm-sugata5.html

12支族の中で、イスラエルの三種の神器の一つ「マナの壺」を継承したのは「ガド族」でした。

彼らは、日本列島に渡来し、マナの壺を王権のシンボルとして掲げたのです。

その証拠ともなるものが「前方後円墳」です。

これは、古代日本の天皇家の古墳ですが、その形状はとてもユニークです。

前方後円墳の中でも代表的な「大仙陵古墳」を見てみましょう。

普通、こうした前方後円墳の写真を見る場合、後円部を上にし、前方部を下にする傾向があります。

大仙陵古墳

ですが今回は、この写真を通常とは逆にして見てみましょう。

このシルエット・・・何か見えてきませんか?

そうです、これは正しく「壺」です。

しかも、取っ手がついた壺です。

底が丸みを帯びて幅広の口です。

これは古代イスラエルの三種の神器の一つ「マナの壺」がモデルとなっているのです。

当時はマナの壺を王権のシンボルとして考えていました。

これは京都にある籠神社にあった「真名乃壺」と名前も同じです。

マナの壺=真名乃壺

しかも、両者は陶器ではなく黄金製です。

こうしたことからもわかるように、
マナの壺を継承したガド族の首長が日本の天皇となったのです。

その証拠とも言えるのがミカドという言葉にあります。

天皇を意味する「帝(みかど)」はガドに尊称の意味で「御」をつけたものです。

つまり「御ガド」⇒「ミカド」となったのです。

さらに、族長ガドの長男の名前は「ゼッフォン」でした。

これが訛って「ニッポン(日本)」となったのです。

他にも、ガド族と日本の関係を示すものが紋章です。
日本の各家系に代々と伝わる家紋です。

このガド族は、ある時、なぜか歴史上から消えてしまいます。

それまで住んでいたパレスチナ地方並びに中東全域から忽然と姿を消したのです。

姿を消したのはガド族だけではありません。

イスラエル12支族のうち10支族がどこかへ消えたのです』

アメリカの占領軍は仁徳陵で何を探していたんだろう その1

https://blogs.yahoo.co.jp/leg1723/27169518.html

『アメリカの占領軍は仁徳天皇陵で何を探していたのだろうか。ヘブライ王国には我が国と同じように三種の神器が有ったと言う。それはモーゼの十戒が書かれた‘石板’、‘アロンの杖’、そして‘マナの壷’と言われている。ヘブライ語でマナとはパンの事を言い、パンを入れるための壷を「マナの壷」言う。
私は占領後僅か一ヶ月と言う不安定な国情にも拘らず、危険を承知で探していたものは「マナの壷」であったと想像している。そして占領軍は仁徳天皇陵の後、古市古墳群に移動し、仁徳陵の次に大きい応神天皇陵に向かったということから、マナの壷は見つからなかったのではないかと考えている。
何故マナの壷と断定したか?上の写真を見ていただきたい。上の写真は昨日の仁徳陵の写真を逆さまにして周りをカットしたものだ。私には壷に見える。「マナの壷」に見えてくる。くびれた所の凸部は取っ手に見える。こういう形の壷を小脇に抱えてたたずむ、美しい女性の絵を見た記憶が有る。
有名な前方後円墳と言う名は誰がつけたのであろうか。何故このような形の墓を作ったのだろうか。日本の考古学者の権威・森浩一先生は「どちらが前か後ろかは断定できないのではないか」とおっしゃっていられる。そして何度も書いているが大和朝廷がイスラエルの失われた支族の末裔であったなら、ヘブライ王国の三種の神器の一つ・マナの壷を墓の形に採用したと考えてもなんら可笑しくはないといえる。
しかし「飛行機から見なければマナの壷に見えないではないか」と言うクレームが付きそうだが、それはナスカの地上絵や、エジプトのクフの三つのピラミッドがオリオン星の三つの星の配置と相似している話と同じような背景が有るのではないだろうか。この話は別の機会にしたいが、現代人には理解出来ない不思議の世界が有るような気がする。
前方後円墳以前は円墳であったとされる。それが大和朝廷の時代から急に前方後円墳になったのは、天下を取ったイスラエルの末裔が、その証を永遠に残すべく形にしたのではないかと思わずにはいられない。
時期が同時であったかは定かでないが占領軍の別の部隊・GHQが伊勢神宮にもその探索の目を向けていた。その目的とはなんであったのか?』

その2

https://blogs.yahoo.co.jp/leg1723/27111171.html

レビ族のアロン

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30202424.html

アロンの杖とマナの壺

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/517.html

INRIとクロスペンダント

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/520.html

続・INRIとクロスペンダント

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/521.html

日本に渡来したイスラエル族 その1

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1035

日本に渡来したイスラエル族 その2

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1036

日本に渡来したイスラエル族 その3

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1037

日本に渡来したイスラエル族 その4

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1038

日本に渡来したイスラエル族 その5

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1039

日本に渡来したイスラエル族 完~これは上に紹介したもの

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1040

イスラエル族渡来を完全に否定した皇国史観とは今もまだ

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%9A%87%E5%9B%BD%E5%8F%B2%E8%A6%B3&aq=-1&oq=&ai=NY70h6E6S0SZKOgXaydSSA&ts=2940&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

南北朝正閏論

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%9C%9D%E6%AD%A3%E9%96%8F%E8%AB%96

南朝=百済 北朝=新羅

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/966.html

★天皇が朝鮮人から始った証拠は様々あるが、天皇の宮廷を朝廷と言うが、これは【 朝鮮の宮廷 】という意味で、平城京とは平壌のことで、羅城とは新羅城のことであり、奈良とは朝鮮語の【 都 】という意味である。

★新羅はシラギと発音するが、これはボルネオ語のシラヒースから来るもので、シラヒースの意味は「 日が出る処 」であり、それで倭国を「 日の出る処 」という意味で、日本という国号にしたのであろう。日本とは新羅の別号であったのだ! 以下の記事参照

http://xuzu0911.exblog.jp/15459751/

両陛下渡来人ゆかりの神社へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011149351000.html



コンス~http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1981776.html

南北朝時代

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%9C%9D%E6%99%82%E4%BB%A3_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)

皇国史観

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%9B%BD%E5%8F%B2%E8%A6%B3

「現在の皇室は北朝の流れであり、北朝の天皇の祭祀も行っている」と恐ろしいことが書かれているのは当然か......。当然明治天皇がすり替わったお話はなし(笑)


ついでなので

https://blogs.yahoo.co.jp/leg1723/26933271.htmlというなかで

既に述べたヘブライ王国とは旧約聖書に出てくるダビデ王、ソロモン王の作った王国を言います。このヘブライ王国は紀元前1000年頃を最盛期にして、その後北イスラエル王国と南ユダ王国に分裂し、紀元前700年頃、北イスラエル王国がアッシリア帝国に滅ぼされ王国の十支族が流浪の民となったとされています。そのうちの幾つかの支族が古代倭国にたどり着き、倭国を侵略し大和朝廷になったと言う話が基になります。
この説明でこの会が何故イスラエルと日本の古代について勉強しているか一寸解ったと思います。
講演会や会議の始めに賛美歌を歌い、神に感謝「アーメン」などはやはり私には場違いでしたが貴重な経験でした。

管理人注:なまじ聖書の世界に入るということは迷い道に入るということを知っておいてください。以下の記事をお読みの上勉強するかどうかをお決めください。イスラエルにはどこを掘ってもダビデ,ソロモンやソロモン神殿などの遺跡は見つからないのです。本当はどうも第一神殿はアシール地方のアール・シャリームの地中深くに眠っているようです。

アシール地方と聖書の世界 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/610.html

カマール・サリビーによれば......

http://www.ican.zaq.ne.jp/rekishi/episode11.html

ここでいう「聖書」は、ユダヤ教の聖典の「旧約聖書」のこと。この旧約聖書の舞台である、アブラハムが神から約束された地、モーゼがユダヤ民族に与えると約束された「蜜と乳のしたたる地」、ダビデ王・ソロモン王の活躍した古代イスラエル王国の地は、現在のパレスチナ地方ではなく、アラビア半島のアシール地方にあるというのが、この説の根幹である。
 カマール・サリービーによれば、イラクの「ウル」を出発したユダヤ民族最初の預言者アブラハムはアシール地方に到着し、この地を神から永遠に子孫に与えると約束された。その後一部はエジプトに移住したが、モーゼに率いられてアシュール地方に戻ってきた。そして、このアシュール地方で古代イスラエル王国が建国され、「ソロモン王の神殿」もアシュール地方のエルサレムつまり、現在のアール・シャリームにあったという。古代イスラエル王国の遺跡とソロモン王の神殿は、今もアシール地方の地下に眠っているはずであるという。

アシール地方と聖書の世界 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/611.html



イエメンに居住するユダヤ人は、古来よりのユダヤ教の教えを伝統的に保持していると言われ、ヘブライ語聖書を朗読する際にも、伝統的なヘブライ語の発音方式を用いているという。ウィキペディアによれば、マジック・カーペット作戦後イスラエルに移住したイエメン系ユダヤ人は、彼らの伝統的な発音方式を守り続けているという。

どのくらいの伝統があるかというと、一般的には紀元6世紀から11世紀頃のバビロニアのユダヤ人のヘブライ語から派生したと言われているが、彼らがこの地にディアスポラを築いたのはもっと以前の話になる。

アシール地方と聖書の世界 その3

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/612.html

アシール地方と聖書の世界 その4

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/613.html

アシール地方と聖書の世界 その5

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/614.html

管理人注:アシール地方がイスラム教の発祥の地メッカに隣接していたことは興味深い

ここまで読まれた方はいないと思いますが以下の記事を読めば納得できるでしょう

隠された神の山~シナイ山

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/935.html

おまけ~日ユ同祖論は成り立たない

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/yuda.html

夫余系騎馬民族とヘブライ人「スサノオ」の部族と天皇家の秘密

http://shinsengumi3.seesaa.net/article/150671405.html

「辰」の意味が「ふるう」であるなら、辰王こそが「初代フル=沸流」だった可能性を指摘したが、真相は更に奥深い。
辰王の故郷である高句麗の初代の王「朱蒙」は、スキタイ族の一派である夫余族(扶余族)の出身である。
その夫余族の始祖の名前を「解夫婁」といい、古代朝鮮語で「ヘブル」と読む。
日本では「ヘブライ」と言うが、これは中国の漢字で「希伯来」と表記したものが、日本語に翻訳された時に「ヘブライ」と誤訳された名残らしい。
しかも、イスラエル人には「フル」という名前は普通に存在するらしく、『旧約聖書』でもユダ族の「フル」という人物が、アロンと共にモーゼに仕えている。

「解夫婁――ヘブル」「布流――沸流――フル」

夫余系騎馬民族は、ヘブル人だった可能性が高いのだ。
シュメールのウル(牛の意)から出発したアブラハム族(ヘブル人)は、「牡牛族」と呼べる民族である。
そして、アブラハムの子孫を「ヘブル人」というが、アブラハム、イサク、ヤコブ(イスラエル)は、王朝系譜が繋がらない別々の部族で、ヘブル人とイスラエル人は異なる民族だという水上説を紹介した。
では、夫余族はヘブル人であって、イスラエル民族ではなかったのだろうか。

ヘブル人はイスラエル民族と共にいた。
また、イスラエル民族の兄弟であるエドム人も、イスラエル民族と共に生活していた。
ヘブル人やエドム人は、イスラエル人に溶け込んでいた可能性は十分考えられる。
「出エジプト記」に於いては、イスラエル民族を指して「ヘブル人」と呼んでいる。
ヘブル人とは、アブラハムの子孫の総称だと言っても良いのではないだろうか。

ヘブルは「移動する民」の意で、要は遊牧民である。
木村鷹太郎氏は、「ダビデ」の語音は「旅人→ダビト」だとしている。
という事で、ここでは「ヘブル人=イスラエル人」と仮定して、話を進めていきたい。
ユダ族のダビデは、イスラエル民族の王である。
ダビデ王・ソロモン王を産み出した「ユダ族」は、イスラエル12支族の王家であった。

『旧約聖書』は、ユダ族とヒッタイト人との深い繋がりを強調している。
ヒッタイト人は、世界最古の製鉄民族にして騎馬民族。
アリオンは、スサノオを生んだ出雲族は、鉄鉱民にして、王位継承の証を保持していたと伝えている。
日本の天皇は「万世一系」だと言われているが、聖書で神は「ソロモンの家系を永遠に保つ」と約束している。
ちなみに、紀元前5世紀~紀元10世紀にかけて、現在のエチオピア辺りの地域で繁栄したアクスム王国の王は、「王の王」と呼ばれ、ソロモン王とシバ女王の後継を名乗っていた。

ユダヤ人を含むイスラエル民族が、世界各地に離散している以上、可能性は無きにしも非ずだが、話を戻そう。
つまり、 「夫余族=出雲族」は、ユダ族だった可能性がある。
勿論、ユダ族に限定する必要はなく、ユダ族とベニヤミン族で構成される「イスラエル2支族」のユダヤ人だと言えるだろう。
ユダヤ人は、龍をサタンと見なしていた。
八岐大蛇を退治したスサノオは、正に「ユダヤ人=イスラエル2支族」の王の後裔だったのではないだろうか。
だが、出雲族である辰王の「辰」には「龍」の意味がある。
また、高天原から追放されたスサノオは、堕天使ルシファー(龍)でもある。

大本から分かれて「皇道赤心会」を結成した泉田瑞顕氏は、著書「出口王仁三郎の大警告」の中で、次のように述べている。

「昔の中国北東地域に存在したと言われる扶余族が、勢力を拡大して高句麗を建国し、その一派が朝鮮半島を南下して百済を建国した。
その後さらに南進して狗邪韓国(加羅国)をつくり、その部族集団が天孫族と称して日本へ侵入して来た」

泉田説によれば、扶余族こそ「失われたイスラエル10支族」だという。
飛鳥昭雄氏など、多くの学者が「余夫系騎馬民族=イスラエル10支族」だと主張している。
古代イスラエル王国は南北に分裂し、10支族の北イスラエル王朝は「サマリア」を首都とした。
そして、黄金の子牛像を崇拝した「イスラエル10支族」から、牛頭天王「スサノオ」が生まれたとは考えられないか。
では、出雲族がイスラエル10支族だと仮定して、スサノオは何族だったのだろうか。

通説では、ガド族が「帝=天皇」になったと言われている。
尊称の御を付けて「御ガド」、又はヘブル語で「出身」を意味するミを付けて「ミ・ガド」になったのだという。
本来、ミカドはミガドと呼ばれ、現在でも、宮中への参内を「ミガドマイリ」、正月の朝賀を「ミガドオガミ」という。
また、ガド族の紋章と天皇家の「五七の桐紋」が似ている事も指摘されている。
古来、天皇は「スメラミコト」と呼ばれていた。
スメラミコトはヘブル語の「サマリアの王」だという説もある。
また、「スメラ」は古代バビロニア語の「シュメール(SUMER)」と同じ発音で、「ミコト」は「天降る者」の古代バビロニア語「ミグト(MIGUT)」が変化したものだとも考えられている。
確かに、ヘブル人はシュメールから天降った(出発した)民族である。

また、ミコトは本来、「ミガド」と呼ばれていたという説がある。
そうすると、スメラミコトは「スメラミガド」となり、「シュメール出身のガド族」という意味にもとれる。
何故、古代バビロニア語なのか。
朱蒙が建国したとされる高句麗の原住民「倭人=カリエン人」が、古代バビロニア人の末裔だからに他ならない。

『旧約聖書』では、ヤコブ(イスラエル)が12人の息子を集め、各支族の未来を予言しているが、「ガド族」についてはこのように述べている。

「ガドには侵略者が迫る。しかし彼はかえって敵のかかとに迫るであろう」
(「創世記」第49章)

また、モーゼは次のように予言している。

「ガドを大きくする者は、ほむべきかな。
ガドは獅子のように伏し、腕や頭の頂きをかき裂くであろう。
彼は初穂の地を自分のために選んだ。
そこには将軍の分も取り置かれていた。
彼は民のかしらたちと共にきて、イスラエルと共に主の正義と審判とを行なった」

この予言は、出雲族の日向国侵攻に通じるものがある。
アリオンによると、先に日本列島に到着し、既に強大な国を建設しつつあった日向族は、出雲族との協力を拒み、出雲族が保持する皇位継承の証「十種神宝」の引き渡しを要求してきた。
そこで、出雲族の族長であったフツは、息子スサノオ、スサノオの第5子であるトシ(後のニギハヤヒ)らを伴って、九州に住む日向族の制覇に乗り出した。

これは、高天原に攻め入った「スサノオ」であり、邪馬台国を侵攻した狗那国王「卑弥弓呼」や、日向政権を倒した「崇神天皇」とも符合する。
ただ、この時の出雲族の族長がフツとなっているので、ここでは「卑弥弓呼=崇神天皇=フツ」という事になるが、スサノオとアマテラスの誓約がストーリーの核心部なので、出雲族の主役は「スサノオ」と見るべきだろう。

『卑弥弓呼=崇神天皇=スサノオ』

また、皇室の「三種の神器」のルーツがインドである話をしたが、元はやはり「ユダヤの三種の神器」だと思われる。
ユダヤの三種の神器は、2支族のユダ族の王に継承されるもので、また、日向族の象徴は「三」である。
出雲族が保持していた「十種神宝」は、2支族とは無縁のもので、10支族を象徴して「十種神宝」となっていたのかも知れない。
そして、ガド族の祖「ガド」の息子に「ツェフォン」がいるが、日ユ同祖論者の小谷部全一郎氏によると、ツェフォンはヘブル語の発音では「ニッポン」に近いという。

ここで1つの仮説が成立する。

「出雲族=イスラエル10支族」
「日向族=イスラエル2支族=ユダヤ人」
「ガド族の王=初代天皇=神武天皇=スサノオ」







明治政府が神代文字を封印した理由

https://ameblo.jp/ici05876/entry-11785386688.html

おまけ~日本では選挙を控え猛烈なPKOが入っていますがFRBは資産縮小を決定

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H0B_Y7A910C1FF8000/?n_cid=NMAIL005

100円ミートボールで拙稿を検索すると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%82P%82O%82O%89%7E%83%7E%81%5B%83g%83%7B%81%5B%83%8B&inside=1&x=0&y=0

食品添加物目次~いきなり安部司著・食品の裏側で話題になったミートボール

http://blog.goo.ne.jp/galaxy-karakuri/c/b0fae428c3b9b9a5c8f0d08421f4ce0c

100円ミートボール関連記事

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/606.html

子供のお弁当に100円ミートボール

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1394

国民医療費と加工食品の急増

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B2%BB+%E6%8E%A8%E7%A7%BB





自民党のネット工作員

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-18277.html

ツイッターGeorge~https://twitter.com/GeorgeBowWow

今井 雅人認証済みアカウント @imai_masato ? 19 時間19 時間前

今、森友学園の8億円値引きに関して、検察が調査していますが、これまでの財務省の答弁を覆す事実が出てきてしまっている。更には、10月下旬に出る会計検査院の森友学園の調査でも、政府にとってかなりマズイ結果になっている。それが出る前に選挙を済ませておきたいというのが理由らしい。

『加計学園』大原 謙一郎と安倍晋三の関係

http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/401.html

おまけ~二年前のGoogleDoodleは起きるか?

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1009.html

怖い関連記事~アメリカを襲うハリケーンについて

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52014675.html

ハリケーンマリア

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52014773.html

藤原の効果とは・・・・2つの熱帯低気圧が接近した場合、それらが干渉して通常とは異なる進路をとる現象のことである。1921年に当時の中央気象台所長だった藤原咲平が、このような相互作用の存在を提唱したためこの名がある・・・・彼等は藤原の効果を利用してハリケーン・ホゼとハリケーン・マリアを接近、衝突させる可能性があります。

ハリケーン・ホゼとハリケーン・マリアには深い繋がりがあります。ホゼ(Jose)はJosephであり、マリア(Maria)はMaryです。JosephとMaryはJesus(イエスキリスト)の両親であり、預言書にはキリストは光と闇の最後の戦いに再降臨すると記されています。

池上彰は日本のデビッド・アイクか

http://lite-ra.com/2015/06/post-1227.html

ここのところ読まれている記事~OUT OF EDENの過去記事より リンクは長いですよ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/39.html

夢への旅路~松井秀喜

「9年ごとのジンクス」

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1171.html

リーマンショックから9年

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGN20H1X_Q7A920C1000000/?n_cid=NMAIL005

電磁パルス攻撃はやってくる

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO21369800R20C17A9TJN000/?n_cid=NMAIL005

その2~https://pikacore.com/useful/emp-defense/



パンツの中は誰も同じなのに~日本は12歳の国

https://www.youtube.com/watch?v=Z2vfbGfolNs



 
 
》記事一覧表示

新着順:9/3594 《前のページ | 次のページ》
/3594