teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3085/3523 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

地震によるマインドコントロール&ホロコースト

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 7月22日(日)23時06分37秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://satehate.exblog.jp/7692912

「米政府は第二次大戦の末期から地震・津波兵器の開発を進めてきた。
ニュージーランドの沖合いで実施された津波爆弾『プロジェクト・シール』の実施では30メートルを超える津波の発生に成功。日本を降伏させるために、この津波爆弾を使うか、原爆を投下するか検討されたが、精度が高く、効果が大きい原子爆弾が使用された。」

Project Sealで検索すると9件出てきます。

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=Project+Seal&x=0&y=0&inside=1

実際、ニュージーランドで研究開発にあたっていたコンプトン博士が米軍の極秘作戦において中心的な役割を担っていた。同博士は、その後もビキニ環礁での核実験を視察し、津波兵器と核兵器の比較検討を継続して行ったという記録が残されている...............

読売新聞 1991年5月4日付

「ロシア軍のイワン・エヌレエフ陸軍少将は、強烈な電磁波により人工的に大規模地震を発生させる兵器が存在する事を明らかにした。震源地と地震発生地が遠隔地であるように設定する事が出来る。」

 阪神・淡路大震災では、通常の大規模地震では観測されない様な強烈な電磁波が複数観測された。米軍も既にこの兵器を入手していると考えられ、東京に人工的に大地震を起こし、東京の金融市場を崩壊させ、東京発の世界金融恐慌を引き起こし、「新しい金融システム」を作り出す事が、米国軍部にはいつでも可能である。

下記の写真はお門違いで誰が事前に関連株を仕込んだかを真っ先に解明しなければならないのです。その証拠はブログで何回も記事にしております。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:3085/3523 《前のページ | 次のページ》
/3523