teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3167/3606 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大地震・噴火前兆現象

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 7月23日(月)10時21分23秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://search.yahoo.co.jp/search?p=http%3A%2F%2Fvivaweb2.bosai.go.jp%2Fviva%2Fv_rsam.html&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

地震計振幅

http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_rsam.html

富士山が22日から最大幅の振幅

http://hamusoku.com/archives/7284699.html

24日は旧暦で6月6日+24=6=666 その筋が好む数字だ

Haarpは22日から再び変化の兆し

http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

今年もセミが鳴かない

http://blog.with2.net/site/?id=1237693

東海地震が懸念される駿河湾で、海底面を大きく持ち上げ、津波を巨大化させかねないひずみがたまっている場所があることが22日までに、名古屋大などのチームによる調査で分かった。最寄りの海岸である静岡市の清水港まで約10キロと近く、短時間での津波到着も予想され、避難指示が間に合わなくなる恐れも。同じ仕組みのひずみは日本周辺のほかの地域でもたまっている可能性があり、研究者は「観測網の整備が急務」と指摘。(情報提供:共同通信社)

荒野の声 NO.117より

富士山大噴火
 久しぶりにシスコからメールが届いた。内容は信じがたいもので果たしてこのままお伝えすべきかどうか悩んだが、読者の吟味にお任せすることにした。それは富士山の噴火に関するもので、その点ではこれまでもいくつかの情報が流れていた。ある研究者は失敗に終わったと言っている。
 シスコの情報はこれまでも半々ぐらいの確率で当たっている。311に関しては1年前に、私に伝えられていた。この情報はジム・ストーンという人のものらしい。彼はフリージャーナリストだが非常に詳細なNWOレポートの故にアメリカでは命をねらわれ、今は外国に隠れ住みながら情報を発信しているという。文章は短いのだが、シスコは車の事故から回復中で、今は歩行器の助けで動いている。手も不自由でこれだけの文章を打つのも大変なのだ。

親愛なる小石牧師。日本のために祈っています。あなたが私とシャーリー・アンを連れて行ってくださった富士山についてです。三回の蒸気噴出が起こります。最初のものは数日前に起こりました。二回目はすぐに起こります。三回目は間もなく起こるでしょう。その後で富士山は噴火します。東京で700万人が死ぬでしょう。100万人が避難します。日本のために祈ります。
私はアメリカのためにも祈っています。アメリカは1時間で焼き尽くされます。神への大きな罪の故に神の正義の裁きがアメリカにやってきます。
神の祝福を祈ります。

ジム・ストーンのブログを見てください。
http://www.jimstonefreelance.com/fukushima1.html  シスコ
 700万人が死ぬ、という事態を信じるのは難しいが、311を見ている我々にとって、何が起こっても不思議ではないとも思う。それにしてもどうしてそれほど日本を狙うのか。
 前に富士山でアメリカの企業が何かの工事をしていて、それが富士山の噴火をもたらすと警告した地質学者が排除されたという話を聞いた人物のことを覚えておられるだろうか。彼は奇妙な話をしている。それを神からの啓示と受け止めていいのかどうか、本人も確信は無いのだが・・・、
「日本が住めなくなって、中近東に移住する人々が現われる」というものである。
 日本人の中に、本当にイスラエル10部族が居た場合、彼らはイスラエルに移住する可能性はある。「豊(とよ)葦原(あしはら)の瑞穂(みずほ)の国」と歌われた、この美しい豊かな土地を捨てるというのはよほどの事情と覚悟が無ければなるまい。
 今、日本の関心は100%海に向かっているが、山から来るということもあるだろう。この話は馬鹿げて聞こえると思うが、もし何かが起こった場合に備えて、避難先や避難ルートを考えて置くのも必要かもしれない。どこか集団で避難するコミュニテイを作るべきなのだろうか。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3167/3606 《前のページ | 次のページ》
/3606