teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3144/3607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

プロジェクト・シール自動翻訳

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 7月29日(日)23時59分8秒
  通報 返信・引用 編集済
  PROJECT "SEAL"
プロジェクト「SEAL」

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?url=http%3A%2F%2Fwww.bibliotecapleyades.net%2Fciencia%2Fesp_ciencia_tsunami37.htm&eid=CR-EJ&both=T


INTRODUCTION
導入

1.1 ORIGIN OF PROJECT
1.1プロジェクトの起源
Project "Seal", or the investigation of the potentialities of inundation by means of artificially produce tidal* waves arose from a suggestion made by Commander E.A. Gibson to Lieutenant General Sir Edward Puttick, Chief of General Staff (N.Z.) on the 13th January 1944.
「アザラシ」を計画してください、さもなければ、人工的に生産物tidal*波による洪水の潜在性の調査は司令官E.A.によってなされる提案から生じました。エドワード・パティック卿中将(参謀幕僚(N.Z.)のチーフ)へのギブソン1944年1月13日に。



* The word tidal is not strictly correct. However, since the objective was the production of effects similar to those produced by naturally occurring tidal waves, the adjective has been used for the want of a better word.
* 潮の語は、そうです 厳しく修正しないでください。しかし、目的が自然に生じる津波によって生産されるそれらに類似した影響の生産であった時から、形容詞がより良い語の不足のために使われました。



The former had noted, whilst engaged upon surveys in the Pacific Area during the period 1936 to 1942, that blasting operations upon submerged coral formations occasionally were attended by unexpectedly large waves. General Puttick instructed Colonel C.W. Salmon, the N.Z. Chiefs of Staff Representative in the South Pacific area (Enzedsopac) to place the proposal before Admiral W.F. Halsey, Commander of the South Pacific Area (Comsopac).
期間1936~1942の間に太平洋Areaで調査と同時に約束がある間、水中の珊瑚構造の爆破活動が予想外に大きな波によって時折出席される点に、前者は注意しました。パティック将軍は、C.W大佐に教えました。サケ、N.Z.W.F提督の前に提案を置く南太平洋地域(Enzedsopac)の参謀長代表。ハルゼー、南太平洋域(Comsopac)の司令官。



Arrangements were made for Wing Commander Gibson, Professor J.M. Snodgrass, University of California, Division of War Research, who was then in the area investigating certain problems relating to submarine warfare, and Professor T.D.J. Leech, who was acting Director of Scientific Developments, Nov/ Zealand, to examine the idea at Noumea in February 1944.
準備は、ギブソン空軍中佐(J.M教授)のためになされました。 スノッドグラス、カリフォルニア大学、戦争の分割 研究(その人はそれから、海底の戦争に関して特定の問題を調査している地域にいました)とT.D.J.教授はまつわりつきます。そして、その人は、1944年2月にヌメアで考えを検討するために、科学的な情勢(11月/ジーランド)の舞台の責任者でした。


2.1 NEW CALEDONIAN EXPERIMENTS
2.1新しいカレドニアの実験
It was decided to test the suggestion by ad hoc trials under the guidance of a team comprising Captain W.L. Erdman, U.S.N., Colonel Salmon, Wing Commander Gibson, Professors Snodgrass and Leech. Exploratory work was undertaken for the purpose of determining:
W.Lキャプテンから成っているチームの案内に従って特別裁判によって提案を検証することは、決定されました。 アードマン、USN、大佐サーモン、ギブソン空軍中佐、 スノッドグラス教授とヒル。調査作業は、以下を決定する目的で引き受けられました:
(a) The influence of certain variations in charge size and shape;
(a) 管理サイズと形における特定の変化の影響;
(b) The directional effects of a series of surface charges arranged to conform with certain geometrical patterns.
(b) 一連の表面の告訴の方向影響は、特定の幾何学的なパターンにかなうよう手配しました。
(c) Some idea of the mechanism of the action.
(c) 行動のメカニズムについての若干の考え。

2.2 The results were incorporated in a report dated 31st March 1944 which was approved by Admiral Halsey and transmitted by him to the New Zealand Chiefs of Staff with a request that New Zealand undertake further investigations, as shown by the following extract:
2.2以下の抜粋で示すように、結果は、ハルゼー提督に承認された1944年3月31日付けのレポートに取り入れられて、ニュージーランドが更なる調査を行うという要請で、彼によってニュージーランド参謀長に送られました:

    "The results of these experiments, in my opinion, show that inundation in amphibious warfare has definite and far reaching possibilities as an offensive weapon. It would be very desirable to have further developments carried out to establish a practicable method and procedure which could be used in offensive warfare. I would be grateful if this development could be continued to completion by New Zealand officers. All practicable assistance of facilities and personnel in this Command will be at your disposal."
    「陸海空共同の戦争の洪水には攻撃用武器として確かではるかに手を伸ばしている可能性があることを、これらの実験の成績は、私の考えでは、示します。 非常に、更なる開発を攻撃的な戦争において使われることができた実行可能な方法と手順を確立するために行っておくことは、望ましいです。この発展がニュージーランド役員によって完成に続けられることができるならば、私は感謝するでしょう。施設のすべての実行可能な援助とこの司令部の人員は、あなたの自由でいます。」

2.3 Admiral Halsey's request was examined by the New Zealand Chiefs of Staff Committee, and proposals for implementation were submitted to and approved by the War Cabinet on the 5th May. They provided for the establishment of an Array Research Unit under the command of Professor Leech, who would be directly responsible to the Minister of the Armed Forces and War Co-ordination, Sir William Perry.
2.3提督 ハルゼーの要請は、ニュージーランド参謀長委員会によって調べられました、そして、実施の提案は、受けられて、5月5日に戦争内閣によって認めました。ヒル教授(その人は直接軍と戦争調整担当大臣に対する責任があります)の指揮下に、彼らはウィリアム・ペリー卿を配列研究単位の設立に提供しました。


3.1 THE 24TH ARMY TROOPS COMPANY, K.Z.E.
3.1第24の軍は、会社(K.Z.E)を中隊に編成します。
The establishment of the Research Unit, known as the 24th Army Troops Company, N.Z.E., provided for the following Sections:
研究単位の設立、以下のセクションに対して用意されて、第24の軍部隊会社(N.Z.E.)として知られています:

    Headquarters Section (N.Z. Army)  - 64
    本部 セクション(N.Z.軍)-64
    Research Section (D.3.I.R.)  - 27
    研究部(D.3.I.R。)  - 27
    Works Section (R.N.Z.A.F.)  - 39
    作品部(R.N.Z.A.F.)  - 39
    Photographic Section (R.N.Z,A.P. & D.3.I.R.)  - 4
    写真セクション(R.N.Z,A.P.とD.3.I.R。)  - 4
    Explosives Section (U. S.N.)  - 10
    爆薬部(U. S.N。)-10
    Total - 144
    合計-144

This unit was only partially manned.
この単位は、部分的に有人であるだけでした。

The Headquarters Section was responsible for personnel, security and messing matters. The Research Section was under the direct control of the Commanding Officer. The Works Section was responsible for all constructive work. The Explosives Section was made up of specialist officers and petty officers of the U.S.N. Apart from the Headquarters Section, the others were responsible for meeting the technical requirements of the Research Section.
本部Sectionは、人員、保安と取り散らかしている問題に対して責任がありました。研究部は、部隊指揮官の直接の制御中でした。Works Sectionは、すべての建設的仕事に対して責任がありました。 爆薬部は、USNの専門役員と下士官から成り立ちました。本部Sectionは別として、他はResearch Sectionの技術的な必要条件を満たす役割を果たしました。


4.1 EXPERIMENTAL RESEARCH STATION
4.1実験的な研究ステーション
The original suggestion for utilizing the fortress site on the Whangaparaoa Peninsula in the Hauraki Gulf, New Zealand was adopted. It was reasonably close to Auckland and the existing Array buildings had recently been reduced to a "care and maintenance" basis. From the viewpoint of security it was favorably situated. Close to the area, there were several sites suitably located for the larger experiments proposed. To cater for the small scale work, designed to determine the principles involved, an earthen dam was constructed in one of the valleys, which provided an experimental pool approximately 1,200 ft. long, 200 ft. wide and with depths varying in steps to 24 ft.
Hauraki湾のWhangaparaoa半島で要塞地域を利用することへの最初の提案、ニュージーランドは選ばれました。それはオークランドにかなり近かったです、そして、既存のArrayビルディングは最近「世話とメンテナンス」の基礎になりました。保安の視点から、それは有利にありました。地域の近くに、提案されるより大規模な実験のために十分に位置するいくつかの場所が、ありました。小規模作業(関係する主義を決定するようになっている)の要求を満たすために、広く、そして、深さが24フィートに対するステップにおいて異なって、谷(それは長さおよそ1,200フィートの実験的なプールを提供しました)の1つで、陶製のダムは、200フィート建設されました。


4.2 In addition to provision for basic development at Whangaparaoa, plans were laid for an operational test in New Zealand at Taronui Bay, North Auckland, between the Bay of Islands and Whangaroa, This was later abandoned.
4.2Whangaparaoaの基本的な発展に対する準備に加えて、計画がTaronui湾(北オークランド)のニュージーランドで操作上のテストのために横たえていたこと間の 諸島とWhangaroa湾、Thisは後で捨てられました。


4.3 The instrumentation associated with the Research Station called for considerable ad hoc development. Remotely recording wave mechanisms, radio controlled firing and maneuvering devices had to be developed. These and many other details were brought to the prototype stage and operated satisfactorily.
4.3Research駅と関連した器楽編成法は、かなりの特別発展を必要としました。 離れて波メカニズムを記録して、ラジオに制御された発砲と操作している装置は、開発されなければなりませんでした。 これらと多くの他の詳細は、プロトタイプ・ステージに持ってこられて、満足に操作されました。


4.4 It was originally intended that Leech would be assisted by a senior group comprising Professor Snodgrass and two eminent Australian hydraulic engineers, Messrs. T.A. Lang and P. de L. Venables. After protracted negotiations these gentlemen were not able to join the team, and the technical direction of the whole project remained throughout the responsibility of Leech.
4.4スノッドグラス教授と2人の著名なオーストラリアの水圧エンジニア(T.A.諸氏)から成っている上位のグループによって、Leechが援助されることが当初意図されました。ラングとP.デL.ヴェナブルズ。 長引いた交渉の後、これらの紳士はチームに加わることができませんでした、そして、全部のプロジェクトの技術的な方向はLeechの責任を通して残りました。


5.1 SCOPE OF WORE AT WHANGAPARAOA
5.1範囲OFは、WHANGAPARAOAですり減りました
Contemporaneously with the setting up of the Experimental Station, Dr. E. Marsden, Secretary, D.S.I.R. and Brigadier R.S. Park were able to discuss the question with U.K. scientists interested in cognate problems. These included Sir Geoffrey Taylor, Adviser to the Admiralty, Professor E.D. Ellis, together with Professor Chapman and Dr. W.G. Penny of the Imperial College of Science and Technology. These scientists had been interested in the study of the effects of firing submerged charges; and with the exception of Sir Geoffrey Taylor, all were pessimistic.
実験的な駅、E.マースディン博士、秘書を元気づけることで同時に、D.S.I.R.。 そして、R.S.准将。問題を同族の問題に興味があるU.K.科学者と協議することが、公園はできました。これらは、ジェフリー・テイラー卿、海軍本部の顧問、E.D教授を含みました。エリス(チャップマン教授とw.g.博士と)。帝国理科大学とテクノロジーのペニー。これらの科学者は、水中の弾薬を発射する影響の研究に興味を持っていました;そして、ジェフリー・テイラー卿を除いては、すべては悲観的でした。


Somewhat later, Dr. Marsden discussed the problem with Dr. Vannevar Bush in Washington, and his views were more encouraging. Generally the points of view adopted were based upon theoretical analyses developed for single charges located at considerable depths. Subsequent experimental work demonstrated that the assumptions made in the development of the analyses were invalid for charges fired close to the surface.
いくぶん後で、マースディン博士は、問題を博士と協議しました。 ワシントンと彼の意見のバヌバー・ブッシュは、より励みになりました。通常、かなりの深さに位置する一つの告訴のために展開される理論的な分析に、採用される見解は、基づきました。分析法の開発でなされる仮定が表面の近くに発射される弾薬のために無効なことを、以降の実験の働きは証明しました。


5.2 The New Zealand approach to the problem was essentially experimental. While efforts were made to produce a satisfactory theory to explain the mechanism of wave generation with explosive charges close to the water surface, the mathematical difficulties proved intractable. However, the contributions by Sir Geoffrey Taylor and Dr. Penny were invaluable in the examination of a number of factors.
5.2問題へのニュージーランド・アプローチは、基本的に実験的でした。努力が水面の近くに爆発弾薬で波生成のメカニズムを説明するために満足な理論を生じさせられる間、数学的な困難は扱いにくいとわかりました。しかし、ジェフリー・テイラー卿とペニー博士による貢献は、いくつかの要因の検査において非常に貴重でした。


5.3 Detailed studies of the behavior of single charges were made. The results demonstrated that single charges were inefficient in regard to wave production. However, a most significant factor was revealed, which accounted for the earlier observations (para 1.1) of occasional abnormally large waves. There is a small critical depth for the position of the centre of gravity of the charge below the water surface, at which the exchange of energy from the explosive to the wave train is a maximum. Small deviations from this critical depth, which is a function of the weight of the charge and the nature of the explosives are accompanied by markedly rapid decreases in the resultant wave energy. This fact called for the precise location of charges in the later experiments. This shallow critical depth was unsuspected by the U.K. authorities, who had been thinking in terms of a critical depth of much greater magnitude. For a submerged charge, it had been shown by Penny that, when fired at this greater critical depth, the gas bubble attained its maximum size on breaking the surface and was able to produce the greatest wave amplitudes. These amplitudes were found to be less than those produced when the charges were located at the shallow critical depth discovered in the N,Z, experiments.
5.3一つの告訴の作用の詳細な研究は、なされました。結果は、一つの告訴が波生産に関して能率が悪いことを証明しました。しかし、とても有意な要因は明らかにされました。そして、それは時折の異常に大きな波の初期の観察(パラグラフ1.1)の原因でした。水面(爆薬から波列へのエネルギーの交換は最大限です)の下に、小臨界深さが、料金の重心の位置のためにあります。この臨界深さからの小さな逸脱、料金の重さの機能と爆薬の自然です結果として生じる波エネルギーの著しく急速な減少によって同行します。この事実は、告訴の正確な位置を後の実験で求めました。 この浅い臨界深さはU.K.当局によって疑われていませんでした。そして、その人は非常により大きな大きさの臨界深さに関して考えていました。水中の料金のために、ペニーによって、このより大きな臨界深さで燃焼されるとき、ガス泡が表面を壊すことにその最大サイズを達成して、最も大きな波振幅を生じることができたことを示されました。告訴がN,Z(実験)で発見される浅い臨界深さに位置したとき、これらの振幅が生産されるそれらより少ないとわかりました。


5.4 The use of multiple charges suitably located to conform with geometrical patterns was found to give superior results,
5.4幾何学的なパターンにかなうために十分に位置する複数の料金の運用が、優れた結果を与えるとわかりました、
not only as regards wave amplitudes, but in certain cases pronounced directional effects were produced. In all these cases the resultant wave amplitudes were sensitive to charge spacing, and charge location. The shape of the charge was also important.
波振幅に関してはだけでない、以外特定のケースでは、はっきりした方向結果はもたらされました。すべてのこれらのケースでは、結果として生じる波振幅は管理間隔に敏感で、場所を満たします。料金の形も、重要でした。


6.1 SOME DIFFICULTIES
6.1若干の困難
Shortly after the "SEAL" Unit commenced operations on the 6th June 1944, there was a change in the Command of the South Pacific Area. This, combined with the many suggestions by senior officers, resulted in changes of policy, without having due regard to the technical difficulties involved.
「海軍特殊部隊」部隊が1944年6月6日に活動を始めた直後に、南太平洋域の司令部の変化がありました。関係する技術的な困難にそれ相当の関係があることなく、これ(上官によって多くの提案と結合される)は方針の変化に終わりました。

It did not appear to be realized that time is required to plan and implement experimental programmer. As a result much effort was wasted,
実験的なプログラマーを計画して、インプリメントすることを、時間が要求されることは、理解されるように見えませんでした。その結果、多くの努力は無駄になりました、

6.2 It was also unfortunate that authorities were originally pessimistic. Subsequent events clearly demonstrated that, because of the absence of personal contact, they had based their decision upon the effects of charges placed at the greater critical depth, and were at the time unfamiliar with the existence of the second and more pertinent critical depth near the surface. These factors, combined with the growing ascendency of the Allied Nations in the Pacific theatre, reduced the operational priority of the project and caused the hew Zealand Government to close it down in January 1945, before the full experimental program was completed and the fundamental scientific problems were solved.
6.2当局が当初悲観的だったことは、不運でもありました。以降のイベントは、明らかに、個人的接触の欠如のため、彼らがより大きな臨界深さで置かれる告訴の影響に決定の基礎をおいたことを証明して、表面の近くで第2とより関係する臨界深さの存在を、その時によく知らなかったです。これらの要因(太平洋の劇場で連合Nationsの発達する優勢と結合される)は、プロジェクトの操作上のプライオリティーを減らしました、そして、引き起こします切ります1945年1月にそれを廃業する完全な実験的なプログラムが完了した、そして、基本的な科学的な問題が解決された前にジーランド政府。


7.1 SITUATION WHEN EXPERIMENTAL WORK CEASED:
7.1実験の働きが終わったとき、状況:
The experimental station at Whangaparaoa was closed down on the 8th, January, 1945. At this time some 3,700 experiments had been carried out with charges ranging from 0.06 lb, to 600 lb. in weight. T.N.T. was used generally, although C.E., nitro-starch and gelignite were employed in some cases.
Whangaparaoaの実験的な駅は、1945年1月8日に廃業されました。この時に、重さの600ポンドまで、約3,700件の実験は、0.06lbから変動している告訴で行われました。T.N.T.が一般に使われました、しかし、英国国教会、ニトロ澱粉とゼリグナイトは場合によっては使用されました。



The evidence resulted in the following conclusions:
証拠は、以下の結論に終わりました:
(a) Offensive inundation is possible under certain favorable conditions.
(a) 攻撃的な洪水は、特定の良好な状況の下で可能です。
(b) Compared with recorded facts relating to tidal waves, amplitudes of the same order of magnitude can be produced, but their wave lengths are shorter,
(b) 津波に関する記録された事実と比較して、同じ規模の振幅は生み出されることができます、しかし、彼らの波長はより短いです、
(c) The efficiency of conversion from explosive energy ^ to wave energy increases materially as the charge weight is increased,
(c) 管理重量が増やされて、爆発性エネルギー^から波エネルギーへの転換の効率は物質的に増加します、
(d) Explosives used close to the water surface produce superior results as compared with charges at greater depths. The location of the charge is critical. Prom practical considerations of maneuvering this feature is advantageous.
(d) 水面の近くに使われる爆薬は、より大きな深さで告訴と比較して優れた結果を生みます。料金の位置は、重要です。この特徴を動かすことでプロム実際的な問題有利です。
(e) The use of single charges is not promising, but multiple charges suitably spaced and located with
(e) 一つの料金の運用は、十分に間隔をあけられて、位置される有望でなくて、複数の告訴です
regard to geometrical considerations produce superior results.
幾何学的な考慮点への関心は、優れた結果をもたらします。
(f) In 1944, the detonation of large masses of explosive presented a major unsolved problem. However, subsequent developments have shown that this need not be regarded as a serious problem.
(f) 1944年に、爆薬の大きな質量の起爆は、大きな未解決の問題を示しました。しかし、以降の情勢は、この必要が深刻な問題と考えられていないことを示しました。
(g) With charges of T.N.T. of the order of 2,000 tons divided into, say, ten equal amounts and suitably disposed, wave amplitudes of the order of 30 to 40 ft. are within the bounds of possibility at distances approximating 5 miles off-shore, given favorable and commonly found sea-bottoms.
(g) 分かれられる2,000トンのオーダーのT.N.T.の告訴で、言ってください。10は総計に等しいです、そして、十分に配列されて、5マイルに沖合で近くなっている距離の可能性の範囲内に、30~40フィートのオーダーの波振幅はあります。そして、好ましくて一般に見つかる海底を与えられます。
(h) The use of models similar to those used in Hydraulics Laboratories is imperative to determine the suitability of any given site and the best method of attack.
(h) 中で使われるそれらに類似したモデルの使用 水力学研究所どんな所定のサイトでもと攻撃で最高の方法の適合性を決定するために避けられないです。

8.1 SUBSEQUENT EVENTS
8.1以降のイベント
In 1946 Dr. Karl Compton, Chairman of the Atomic Energy Evaluation Board, visited New Zealand and discussed the Seal project with Leech, who had been invited to represent New Zealand and Australia in a technical capacity at the second Bikini atom bomb trial. The latter was unable to accept the invitation because of the critical conditions at the Auckland University College. However, he supplied data relative to the location of the charge at the critical depth nearer the water surface together with forecasts of wave amplitudes at predetermined points at which wave recorders were to be established. The records wore, it was reported subsequently, in agreement with the forecasts within the limits of experimental error.
1946人のカール・コンプトン博士(原子力の議長)で 評価委員会はニュージーランドを訪問して、SealプロジェクトをLeechと討論しました。そして、その人は2回目のビキニ原爆裁判でニュージーランドとオーストラリアから技術的な能力の代表に選ばれようと誘われました。後者は、オークランド大学カレッジで重態のため、招待を受け入れることができませんでした。しかし、彼は水面により近い臨界深さで、波レコーダーが確立されることになっていた予め定められた点で、波振幅の予想と共に、料金の位置と比較して、データを供給しました。記録はすり減ったと、実験誤差の範囲内の予想と一致して、その後報告されました。

8.2 In February 1947, Leech was invited by the Assistant Secretary, U. ^. Navy, to work with Dean M.P. O'Brien, Profess-or-in-charge of the Department of Engineering, University of California, upon the analysis of records obtained at Bikini. Again, the continuing critical conditions at the Auckland University College forced the Council to withhold its permission. During 1948, the University of California published a number of papers relating to certain phases of the project. Since 1948, several requests for the final report have been made by Dr. E. Marsden, N.Z. Scientific Liaison Officer, London, and the U.S. Embassy in New Zealand.
8.21947年2月に、ヒルは次官補(U. ^)によって招かれました。海軍(ディーンM.P.とともに働くために)オブライエン、公言してください、あるいは、エンジニアリング部を担当して、カリフォルニア大学(ビキニで得られる記録の分析の)。また、オークランド大学カレッジの継続的な重態は、会議にその許可を差し控えることを強いました。1948年の間に、カリフォルニア大学はプロジェクトの特定の段階に関して、いくつかの新聞を発行しました。1948年以降、最終報告のいくつかの要求は、E.マースディン博士(N.Z.)によってなされました。科学的な連絡将校、ロンドンとニュージーランドの米国大使館。


9.1 CURRENT WORK
9.1現在の仕事

During 1950 circumstances changed sufficiently to permit an effort being made to complete the report. At the same time a small group of post-graduate engineering students of Auckland University College became available and three of these have taken up small projects designed to fill gaps in the work done earlier.
1950年の間に、状況は、レポートを完成させられている努力を許すために、十分に変わりました。同時に、オークランド大学カレッジの大学院生のエンジニアリングの学生の小さなグループは利用できるようになりました、そして、これらの3つは以前にされる仕事の隙間を埋めるようになっている小規模のプロジェクトを始めました。



The projects are:
プロジェクトは以下の通りです:
(a) Studies upon certain anomalous effects when waves approach shoaling bottoms. (R.A. Marshall, B.Sc.)
(a) 波が浅くなっている底に接近するとき、特定の異常な影響に勉強します。(R.A.マーシャル、B.Sc.)
(b) The review of and the development of methods designed to dissipate wave energy. (N.B. Carter.)
(b) 方法のチェックとそれの発展は、波エネルギーを消すために設計しました。(N.B.カーター。)
(c) A study in the augmentation of wave amplitudes by the application of surface impacts in series. (K.D.T. Shores).
(c) 表面のアプリケーションでの波振幅の拡大の研究は、直列に衝撃を与えます。(K.D.T。 岸)。

At the end of the year theses will be submitted covering the work done under these headings.
年の末に、命題は、これらの見出しの下でされる仕事をカバーして提出されます。



10.1 SCOPE OF THE REPORT
10.1レポートの範囲
The accompanying report will summarize the principal facts which have emerged from the analysis of a considerable number of observations. The approach to the several issues has been primarily empirical. Dr. Penny's treatment for deep charges does furnish some significant results and for convenience it has been included a3 on appendix.
添付のレポートは、かなりの数の観察の分析から明らかになった主要な事実をまとめます。いくつかの問題へのアプローチは、主に経験的でした。深い告訴のためのペニー博士の処置は若干の重要な結果を提供します、そして、便宜のため、それは虫垂の付属のa3でした。




SECTION I
第I節

THE GENERATION OF WAVE SYSTEMS
生成OF 波系


1.0 INTRODUCTION;
1.0導入;
1.1 Three methods of generating wave systems have been examined:
1.1波系を生み出す3つの方法は、調べられました:
(a) Waves produced by an impulse at the surface, which may take the form of mechanical impact by a solid or the expansion of a gas near the water surface.
(a) 表面(水面の近くで固体またはガスの拡大によって機械の影響の形をとるかもしれません)で衝撃によってもたらされる波。
(b) Waves produced by the expansion of the gas bubble resulting from the explosion of a submerged charge.
(b) ガスの拡大によってもたらされる波は、水中の料金の爆発から生じて泡立ちます。
(c) Waves produced by the action of a relatively slow displacement under the water surface.
(c) 水面の下で比較的遅い置換の働きによってもたらされる波。


1.2 The first method is discussed in detail in this report. The impact of a solid body, or of the gas liberated by an explosion, with the water surface creates a cavity surrounded by an elevated fringe of water from which the wave system develops. Early work in New Caledonia with 600 lb. depth charges fired at depths varying from 150 to 600 ft. produced disappointing results, and these observations led to the detailed examination of this method.
1.2最初 方法は、このレポートで詳述します。波システムが発達する水の高いへりに囲まれている空洞を、固体の、または、爆発によって解放されるガスの影響は、水面でつくります。150から結果を失望させて生み出される600フィートの間を変化している深さに、600ポンドの爆雷によるニューカレドニアの初期の職場は発砲しました、そして、これらの観察はこの方法の詳細な検査につながりました。

1.31 The second method has been considered theoretically by Penny (l) (Appendix II), and Kirkwood (2). Restricted experimental work (3, 4, 5, 6, 7) has been carried out in the United Kingdom and United States of America. Further experimental work upon this method of wave generation is discussed in this report and many hitherto obscure points have been in part clarified. The critical discussion of the New Zealand work in (7) was based upon rough exploratory experiments, and is therefore no longer applicable.
1.31第2 方法は、ペニー(l)(付録II)とカークウッド(2)によって理論的に考慮されました。制限された実験の働き(3、4、5、6、7)は、イギリスとアメリカ合衆国で実行されました。波生成のこの方法のさらに実験の働きはこのレポートで論じられます、そして、多くの今まではっきりしない点はある程度はっきりしました。(7)のニュージーランド作業に関する批評の議論は、荒っぽい調査実験に基づいて、したがって、もはや適用できません。

1.32 "./hen a charge is fired at a considerable depth a gas bubble is formed which expands beyond an equilibrium condition (3, 3), and given sufficient depth it will contract again beyond a second equilibrium condition. For great depths it will expand again and the cycle will be repeated successively until the bubble breaks through the water surface. Just prior to breaking the surface (venting) a dome is formed and the water thus elevated brings about the initial development of the surface wave system. After venting a cavity is formed which upon collapse gives rise to the second phase of the wave system. At considerable distances from the source of the two phases, a wave group is formed. Theoretically (1) where the depth of the charge is just equal to the radius of the bubble produced, the wave amplitudes reach their maximum values. Experimentally the ratio of charge depth to maximum bubble radius accompanied by maximum wave amplitudes is approximately O.65 (5). The charge depth for this condition has been termed the critical depth; but, because of the existence of another critical charge position nearer the surface, this will be known in what follows as the lower critical depth, as distinct from the second or upper critical depth. This second depth has not been mentioned in available references. The transfer of explosive energy to wave energy in the case of charges fired at the lower critical depth is less than in the case where similar charges are fired at the upper critical depth.
1.32。/料金がそうである雌鶏はガス泡がそうであるかなりの深さに発砲しましたつくります、平衡状態(3、3)を越えて、そして、それが第2の平衡状態を越えて再び縮小する十分な深さがあれば、拡大します。 大きな深さのために、それは再び拡大します、そして、泡が水面を突破するまで、サイクルは連続して繰り返されます。ちょうど表面(出している)を壊す前に、ドームはつくられます、そして、このように上がる水は表面波システムの最初の開発をもたらします。空洞を出すことが作られたあと、崩壊のどちらが与えるかは波系の第二段階まで上がります。2つの段階のもとからのかなりの距離で、波グループはつくられます。理論的には、料金の深さがちょうど生み出される泡の半径と等しい所で、波振幅は彼らの最大値に達します(1)。実験的に、最大波振幅が付随する最大泡半径の管理深さと比は、ほぼO.65(5)です。この状態のための管理深さは、臨界深さと呼ばれました;しかし、表面により近いもう一つの重要な管理立場の存在のため、第2または上の臨界深さとは別であるように、これは低い臨界深さとしてあとに続くことで知られています。この第2の深さは、利用できる引用において言及されませんでした。 低い臨界深さで発射される弾薬の場合波エネルギーへの爆発性エネルギーの移動は、少しもその場合は、類似した弾薬が上の臨界深さで発射されるところでありません。


1.4 The third method has been examined in Japan (9,10), where it was believed that tsunami 8tidal waves created by seismic disturbances) have their origin in submerged rock displacements, such as slips. At the Earthquake Research Institute, Tokyo Imperial University, during 1933 small scale experiments were carried out in which waves were generated by the movement of a piston at the bottom of a Shallow tank. These waves possessed characteristics similar to those often experienced during or oust after earthquakes.
1.4第3の方法は、日本(9,10)で調べられました、そこで、津波8tidalが地震の障害によってつくられて手を振ると思われていました)、水中の岩置換(例えばスリップ)に彼らの起源があることを持ってください。1933の小規模の間の地震研究所(東京帝国大学)で、どの波がShallowタンクの底でピストンの動きによって発生するかについて、実験は行われました。それらへの類似物がしばしば経験した特徴を、これらの波は備えていました、あるいは、地震の後追い出してください。


1.5 In the following discussion a number of basic ideas are ^resented with the view of rationalizing the analysis of the experimental results. During the early stages of the investigation attempts were made to extend the analytical studies of Cauchy and Foisson (ll), to explain the exploratory observations without success. The theoretical treatments of Penny (1), Kirkwood (2) and Taylor (3) likewise fail to explain the behavior resulting from charges located at the upper critical depth. Because of these limitations, and the necessity of obtaining data, which at the time could be rapidly used for operational planning, an empirical analysis of the problem was undertaken.
1.5以下の議論において、いくつかの基本的な考えは、実験の結果の分析を合理化することの見方による^resentedです。調査の初期の間に、成功なしで調査観察を説明するために、試みはコーシーとFoisson(ll)の分析的研究を延長させられました。 ペニー(1)、カークウッド(2)とテイラー(3)の理論的な治療は、上の臨界深さに位置する告訴から生じているふるまいを説明することが同様にできません。これらの限界とデータ(それが、運営上の計画のためにその時に速く使われることができました)を得る必要性のため、問題の経験的な分析は、行われました。


1.52 Scaling laws have been attempted (l, 2, 5, 7) upon the assumption that the efficiency of energy transfer from explosive to wave energy was constant. The evidence available shows this to be incorrect. Accordingly a different approach has been made wherein approximations based upon experimental observations have been adopted.
1.52スケーリング則 爆薬から波エネルギーへのエネルギー移動の効率が一定だったという仮定と同時に、試みられてください(l、2、5、7)。利用できる証拠は、これが誤っていることを示します。したがって、異なるアプローチは、実験的な観察に基づく近いものが採用されたその点でにされました。


1.61, In order to gain some appreciation of the mechanism of wave generation by surface impact two series of experiments were carried out (13). The first series was conducted in a glass sided channel into which masses of rectangular form were dropped from varying heights. The second comprised observations of wave characteristics when masses were dropped into a pool. Prom these several important features productive of waves were noted.
1.61(表面の影響によって波生成のメカニズムのいくらかの認識を得る実験の2つの連続が実行された(13)という命令で)。長方形の形の量が高所を変えることから下ろされたガラス面の経路で、最初のシリーズは実行されました。多数がプールへ下ろされたとき、第2は波特徴の観察から成りました。プロムはこれらです。そして、波で生産的ないくつかの重要な特徴は有名でした。

1.62 Early thoughts upon possible methods of offensive inundation placed emphasis upon means for transporting and maneuvering large quantities of explosive. In this way the association of charges with rafts developed, and much of the experimental work involved charges supported by rafts. Further, the use of multiple charges located according to definite geometrical patterns originated in the qualitative study of ripples produced by gangs of electric sparks in a tank.
1.62攻撃的な洪水の考えられる方法の初期の考えは、大量の爆薬を輸送して、動かすために、強調を手段に置きました。このように、いかだによる告訴の関係は発展しました、そして、実験の働きの多くはいかだで支えられる告訴を含みました。さらに、タンクで電気スパークのギャングによってもたらされる波紋の質的な研究から、確かな幾何学的なパターンによって位置する複数の料金の運用は、始まりました。




2.0 ENERGY CONSIDERATIONS
2.0エネルギー 考慮点

2.1 The energy per unit length of a single trochoidal wave of oscillation in deep water is given" by (12):
2.1(12)によって深い水の振動の一つのトロコイド型波の単位長さにつきエネルギーは、与えられます」:

where,
そこで、

    w is the specific weight of the water
    wは、水の特定の重さです

    H is the wave height from trough to crest
    Hは、前立てをつける谷からの波高さです

    is the wave length
    波長です

A summary of the available experimental results shows the greatest useful values of
利用できる実験の結果の概要が、最も大きな役に立つ価格を示します  vary from 0.048 to 0.054. Hence for the wave systems considered in this investigation the following relationship of sinusoidal waves will give results accurate to within 1? percent.
0.048から0.054の間を変化してください。それゆえに、この調査において考慮される波システムについては、正弦波波の以下の関係は、1?パーセントの中でに正確な結果を与えます。





There is little doubt that this tsunami weapon was further developed and refined over the ensuing decades, though all documents related to current developments of the project are almost certainly still classified.
プロジェクトの現在の進展に関連したすべての文書がほぼ間違いなくまだ分類されるけれども、この津波武器が引き続いて起こる数十年の間さらに開発されて、洗練されていたことはほぼ疑いがありません。



Though it may seem far-fetched to imagine military involvement, these documents and reports raise serious questions about the recent tsunami in Japan and the December 26, 2004 tsunami in Indonesia.
軍の関係を想像することが不自然なようかもしれないけれども、これらの文書とレポートは日本の最近の津波とインドネシアの2004年12月26日の津波についての重大な質問を起こします。

The many layers of intense secrecy both in the government and military result in very few people being aware of the gruesome capabilities for death and destruction that have been developed over the years.
死の恐ろしい資格に気づいている極めて少ない人々の政府と軍の結果の激しい秘密と長年にわたって展開された破壊の多くの層。



Were it not for the below article in New Zealand's leading newspaper, the public would never have known that a tsunami bomb had been created many decades ago. No one denies that highly destructive weapons are being developed in secret by the militaries of the world. What the public doesn't know is what these weapons are, and what they are being used for.
下記のためのそれでないのが、ニュージーランドの主要な新聞の記事でした、市民は、津波爆弾が何十年も前に作製されたということを決して知りませんでした。とても破壊的な武器が世界の軍隊によって秘密に開発されていることを、誰も否定しません。市民が知らないものは、これらの武器が何であるかということで、そして、彼らが何のために使われているかということです。



All of this is generally classified for reasons of "national security."
これの全ては、通常、「国家の安全」上の理由で分類されます。

Sadly, the rubric of "national security" has all too often been used for secret political and economic gains which clearly do not benefit the public. Operation Northwoods, uncovered by ABC News in the year 2000, showed that the top Pentagon generals were willing to foment terrorism and sacrifice innocent civilians in order to provoke a war with Cuba in the early 1960s.
悲しいことに、明らかに市民のためにならない秘密の政治的および経済的な増加のために、「国家の安全」の朱書が、あまりにしばしば使われました。最高のペンタゴン将軍がテロリズムを蒸して、1960年代初期にキューバとの戦いを引き起こすために罪のない一般人を生贄として捧げる気があることを、Northwoods作戦(2000年にABC Newsによって見つけられる)は、示しました。



Credible researchers into the government's HAARP program are convinced that this technology which manipulates our ionosphere is being used for military means and can even play a role in natural disasters like earthquakes. Because of this, we have to ask the hard questions.
我々の電離層を操作するこのテクノロジーが軍の手段のために使われていて、地震のような天災で一役担うことさえできることを、政府のHAARPプログラムへの信用できる研究者は、確信しています。このため、我々は難しい問題を尋ねなければなりません。

It is unprecedented in recorded history for two major tidal waves to occur less than seven years apart.
2つの大きな津波が7年未満間隔で起こることは、記録された歴史で前例がありません。



See brief descriptions of the 10 most destructive tsunamis in recorded history.
記録された歴史で10の最も破壊的な津波のダイジェストを見てください。



For some intriguing theories on what might have caused the Japanese earthquake (including one which predicted the date), see "Six Primary Theories Circulating The Internet as to The Cause of The Japan Earthquake".
日本の地震(日付を予測したものを含む)を引き起こしたかもしれないことに関する若干の興味をそそる理論のために、「原因に関してインターネットを回している6主要な理論の」を見てください 日本地震".


Few people are aware of the secret societies composed of some of the world's wealthiest and most powerful people. Many researchers, including myself, suspect that factions of the power elite want to keep us in fear and even to promote a 2012 Armageddon scenario for their own benefit.
世界の最も裕福で最も強力な人々の何人かから成る秘密結社を、ほとんど人々は知りません。パワーエリートの派閥が恐れで、そして、彼ら自身の利点のために2012のハルマゲドン・シナリオさえ進めるために我々を保つことを望むと、多くの研究者(私自身を含む)は、思います。



In order to avoid further unnecessary wars and destruction, let us all educate ourselves on these important matters and work towards greater transparency and cooperation between all good people who share our world.
さらに不必要な戦争と破壊を避けるために、我々みんなにこれらの重要事項に関して独学して、我々の世界を共有するすべての善人の間でよりすばらしい透かしと協力を目指して努力させてください。



 
 
》記事一覧表示

新着順:3144/3607 《前のページ | 次のページ》
/3607