teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3147/3611 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

プロジェクト・シール自動翻訳 その2

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 7月30日(月)00時02分27秒
  通報 返信・引用
       Tsunami Bomb
    津波爆弾

    New Zealand's Devastating War Secret
    ニュージーランドの破壊的な戦争秘密
    by
    そばに Eugene Bingham
    ユージン・ビンガム
    September 25, 1999
    1999年9月25日

    from NZHerald Website
    NZHeraldウェブサイトから



    Top-secret wartime experiments were conducted off the coast of Auckland to perfect a tidal wave bomb, declassified files reveal.
    最高機密の戦時実験は、津波爆弾を仕上げるために、オークランド沖で行われたと、機密扱いを解かれたファイルは明らかにします。

    An Auckland University professor seconded to the Army set off a series of underwater explosions triggering mini-tidal waves at Whangaparaoa in 1944 and 1945.
    軍に配置転換になるオークランド大学教授は、1944と1945年にWhangaparaoaでミニ津波を誘発している一連の水中の爆発を上げました。

    Professor Thomas Leech's work was considered so significant that United States defence chiefs said that if the project had been completed before the end of the war it could have played a role as effective as that of the atom bomb.
    原爆のそれとして効果的であるようにプロジェクトが戦争の終わりの前に完了したならばそれが役割を果たすことができたと米国の国防相が言ったように重要であると、トーマスLeech教授の仕事は思われました。

    Details of the tsunami bomb, known as Project Seal, are contained in 53-year-old documents released by the Ministry of Foreign Affairs and Trade.
    津波爆弾(Project Sealとして知られている)の詳細は、外務省とTradeによって公表される53年を経た文書に含まれます。

    Papers stamped "top secret" show the US and British military were eager for Seal to be developed in the post-war years too. They even considered sending Professor Leech to Bikini Atoll to view the US nuclear tests and see if they had any application to his work.
    書類は「最高機密の」ショー米国に印を押しました、そして、英国軍隊は戦後の年にも開発されるSealを熱望していました。 米国核実験を見て、彼の仕事への応用をしたかどうか見るためにビキニAtollへのLeech教授を行かせることさえ、彼らは考えました。

    He did not make the visit, although a member of the US board of assessors of atomic tests, Dr Karl Compton, was sent to New Zealand.
    彼は訪問をしませんでした、しかし、核実験(カール・コンプトン博士)の査定者の米国委員会のメンバーはニュージーランドに行かせられました。

        "Dr Compton is impressed with Professor Leech's deductions on the Seal project and is prepared to recommend to the Joint Chiefs of Staff that all technical data from the test relevant to the Seal project should be made available to the New Zealand Government for further study by Professor Leech," said a July 1946 letter from Washington to Wellington.
        「コンプトン博士はSealプロジェクトに関してLeech教授の推論に感動して、統合参謀本部にSealプロジェクトに関連するテストからのすべての技術的なデータがLeech教授によって更なる研究のためにニュージーランド政府に対して利用可能にされなければならないよう勧める準備ができています」、1946年7月がワシントンからウエリントンまでレタリングすると言いました。

    Professor Leech, who died in his native Australia in 1973, was the university's dean of engineering from 1940 to 1950.
    Leech教授(その人は1973年に彼の出生地のオーストラリアで死にました)は、1940から1950へのエンジニアリングの大学の学部長でした。

    News of his being awarded a CBE in 1947 for research on a weapon led to speculation in newspapers around the world about what was being developed. Though high-ranking New Zealand and US officers spoke out in support of the research, no details of it were released because the work was on-going.
    彼が武器の研究のために1947年にCBEを与えられることのニュースは、開発されていたことについて、世界中の新聞で、推測につながりました。高級ニュージーランドと米国の役員が研究を支持して意見を述べたけれども、仕事が進行中だったので、それの詳細は公表されませんでした。

    A former colleague of Professor Leech, Neil Kirton, told the Weekend Herald that the experiments involved laying a pattern of explosives underwater to create a tsunami.
    実験が津波を引き起こすために水中の爆薬のパターンを置いて含んだWeekendヘラルドを、Leech教授(ニール・カートン)の元同僚は、言いました。

    Small-scale explosions were carried out in the Pacific and off Whangaparaoa, which at the time was controlled by the Army. It is unclear what happened to Project Seal once the final report was forwarded to Wellington Defence Headquarters late in the 1940s.
    小規模の爆発は太平洋で、そして、Whangaparaoaから実行されました。そして、それは軍によってその時に支配されました。一旦最終報告が1940年代後半にウエリントンDefence本部に送り届けられるならば、何がProject Sealに起こったかは、不明です。

    The bomb was never tested on a full scale, and Mr Kirton doubts that Aucklanders would have noticed the trials.
    爆弾は完全なスケールで決してテストされませんでした、そして、カートン氏はAucklandersが裁判に注意したことを疑います。

        "Whether it could ever be resurrected... Under some circumstances I think it could be devastating."
        「それがこれまでに復活することができたかどうかにかかわらず、... ある条件下では、私は、それが破壊的でありえたと思います。」



Return to Tsunamis and Earthquakes
津波と地震への復帰

Return to Weather War
戻ってください 天気戦争

 
 
》記事一覧表示

新着順:3147/3611 《前のページ | 次のページ》
/3611