teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2892/3523 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ツイートテレビで紹介の拙稿

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月20日(木)13時18分7秒
  通報 返信・引用 編集済
  サンカのルーツは創世記のヘテ人

http://tweettvjp.blog.fc2.com/

上記ツイートテレビの主催者は「めざまし政治」の管理人服部順次さんと「和順庭」の管理人熊木和枝さんのお二人でやっておられますがクリックするとPCの動きが極めて遅くなりますのご注意ください。上記の左にそのURLはあります。

赤く塗りつぶされた文章は左カーソルを押したまま右にスライドすると文章が出てきます。

日本の中のユダヤ人

http://www.youtube.com/watch?v=LnpVyD72C-U&feature=player_embedded

サンカについて拙稿を参考に話されておりますが大変嬉しいことです。大いに広めて欲しい。

サンカの続き...........詳しく書かれています。

http://tweettvjp.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

ペルシャ(イラン)から航海術を駆使して渡来した平家
(ユダヤ10支族)は「八つ」と呼ばれ、
近年はヤの音で始る名前を持つ。
なお矢の屑をヤクザと呼ぶ。
平家は原始ユダヤ教のゾロアスター教徒で火を崇める
(民族色赤)好戦的で善悪をハッキリさせる。
貿易の拠点は神戸:
暴力団山口組と創価学会の活動拠点は同じ神戸で
麻薬取引など密売貿易の拠点でもある。→

管理人注:「八つ」に関しては拙稿・サンカとゴシェン その4参照

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/303.html


『名古屋地方のサンカは『八』と呼ばれていたという(八鏡文字?)。恐らくはハッティ(管理人注:紀元前2500年-紀元前2000年頃にアナトリア半島に居住していた民族で、ヒッタイトの先住民。「原ハッティ」「ハッティ人」などと呼ばれる。)のことであろう。だいたい出てきましたね結論が........サンカ(山窩)=ヒッタイトの先住民=創世記ヘテ人が祖先。

ハッティの神話

八鏡文字(カタカムナ)とサンカ(山窩)文字と古代ヒッタイトでの文字が一致すれば謎はとけるであろう。

八咫鏡(やたのかがみ)の裏面にはヘブライ語(へブル語)が

ヒッタイトという名称がよく知られるが、これは、英語読みで原音はハッティ。現在の小アジア・シリア地方の古代帝国で、紀元前1500年前後の数世紀に繁栄していた。鉄を生産し、武器や戦車に用いた。エジプトの記録ではヘタ、創世記にはヘテ人と記された民族で、インド・ヨーロッパ語族に属する。(管理人注:ヨシュア記一章四節、士師記一章二十六節、列王紀上十章二十九節、列王紀下七章六節その他聖書の各所に記されてある)』

一方、源氏は唐を滅亡させた中国の元と同じ渡来系騎馬民族で馬、牛など4つ足を主に扱う技術に優れていた。
民族色は白。
その日本を当時、唐から侵略して天皇システムを構築したのが
戦後で言えばGHQマッカーサーに相当する
郭ムソウ(藤原鎌足)で好きなように天皇を選定・捏造した。

唐人 藤原鎌足は頭がよく、他民族国家の日本を支配するのに夷
(異民族の意味でえびすなどの船で渡来してきた福七神も同じ)と夷を
戦わせ合うことでバランスをとってきた。
この手法は明治政府以降の水平社運動にも生かされ、
金で雇われたエタのエセ右翼を使いエタ同士を殺し合わせた。

北条政子は祇とよばれる太平洋沿岸より黒潮で渡来した平一族で非情なサンカ。
新羅、高句麗から渡来した源氏と結託し
天皇らを隠岐や佐渡へ一生閉じ込め藤原一族を斬首し
鎌倉幕府を樹立。

後に夫の頼朝や源氏の主だった者も殺し、
源氏を使い捨て。

公家となり創価学会の会長も務めるが即病死。




----------------------------

「サンカ(山窩)のルーツは創世記のヘテ人 その1」

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/304.html

エデン(Garden of Eden)から一つの川が流れ出ていた。園を潤し,そこで分かれて,四つの川となっていた。第一の川の名はピションでハビラ地方全域を巡っていた。第二の川の名はギボンでクシュ地方全域を巡っていた。第三の川の名はチグリスでアシュルの東の方を流れており,第四の河はユーフラテスであった。<創世記・Genesis2:10~14>


 その日,主はアブラハムと契約を結んで言われた。「あなたの子孫にこの土地を与える。エジプトの川から大河ユーフラテスに至るまで,カイン人,ケナズ人,カドモニ人,へテ人,ぺリジ人,レファイム人,アモリ人,カナン人,ギルガン人,エブス人の土地を与える」<創世記・Genesis15:18>

サンカ(山窩)とゴシェン その1

サンカ(山窩)とゴシェン その2

サンカ(山窩)とゴシェン その3

サンカ(山窩)とゴシェン その4

サンカ(山窩)のルーツは創世記36章1~43に登場するヘテ人であったに関して今回は長い連載になります。サンカ(山窩)とゴシェン その1~4を読まれた前提で話を進めてゆきます。後日古代文字など学術的な解説をいれる前にその聖書的な意味から説明しましょう。イスラエル(ユダ族)とヘブライ人の子孫である(モーゼは架空の人物ですからモーゼの子孫=ユダヤ人は間違いです)ユダヤ人とは全く別の人種であり驚くべきことにイスラエルのユダ族がユダヤ人を虐待していることは事実です。上の「その4」を詳しく読まれますとサンカの祖先は古代ヒッタイトの祖先であることがはっきりと浮かび上がってきます。

BLOOD UPON THE LINTEL.出入り口の上の横木は羊の血で塗られる。「これが主の過越(すぎこし)である。その夜,わたしはエジプトの国を巡り,人であれ,家畜であれ,エジプトの国のすべての初子を撃つ。また,エジプトのすべての神々に裁きを行なう。わたしは主である。あなたたちのいる家に塗った血は,あなたたちの徴(しるし)となる。血を見たならば,わたしはあなたたちを過ぎ越す。わたしがエジプトの国を撃つとき,滅ぼす者の災いはあなたたちに及ばない。(出エジプト記第12章11~13章)

中略

八咫鏡(やたのかがみ)の裏面にはヘブライ語が

「神聖不可侵」の八咫鏡- その鏡は,天皇陛下でも見ることはできない

当時,文部大臣であった森 有礼(もり ありのり)氏が,伊勢神宮の「八咫鏡(やたのかがみ)」(つまり,皇居にあるレプリカではなく,本物)の裏面に,ヘブライ文字(ヘブル文字)で,

ヘブライ語「エヘイェ・アシェル・エヘイェ」我は有りて在る者なり)

 “'Ehyeh 'Asher 'Ehyeh”
 「エフエ ・アシェル・エフエ」

と刻まれているのを,自分の目で見たというのである。(脚注10へ)

この,森 有礼(もり ありのり)氏が伊勢神宮の「八咫鏡(やたのかがみ)」(本物)の裏面に見たというヘブライ語の文字は,実は,聖書の二番目の書「出(しゅつ)エジプト記」の3章14節に出てくる非常に有名な言葉である。

森 大臣が生きていた明治時代に訳された聖書翻訳は,そのヘブライ語を次のように訳している。

「神モーセにいひ給ひけるは 我(われ)は有(あ)りて在(あ)る者なり(“I AM THAT I AM”欽定訳聖書。脚注11へ) 又(また)いひ給ひけるは 汝かくイスラエルの子孫(ひとびと)にいふべし 我有(われ あ)り(“I AM”欽定訳聖書)といふ者 我を汝らに遣はし給ふと
神またモーセにいひ給ひけるは 汝かくイスラエルの子孫(ひとびと)にいふべし 汝らの先祖等(たち)の神アブラハムの神イサクの神ヤコブの神エホバ われを汝らにつかはし給ふと 是(これ)は永遠(とこしなへ)にわが名となり 世々にわが誌(しるし)となるべし」
-出エジプト記3:14,15。[文語訳聖書]

これは,モーセが神(創造者)に対して,

「我(われ)イスラエルの子孫(ひとびと)の所にゆきて 汝らの先祖等(たち)の神 我(われ)を汝らに遣はし給ふと言はんに 彼等(かれら)もし其(その)名(な)は何(なに)と我(われ)に言はば 何(なに)とかれらに言ふべきや」
-出エジプト記3:13。[文語訳聖書]

と尋ねた際,神が自らお答えになったものである。
(M・トケイヤー著「ユダヤと日本 謎の古代史」産能大学出版部,昭和50年(1975年)。126ページ。).............

この,神自らがモーセに話し,聖書に記されている言葉が,日本の伊勢神宮にある「八咫鏡(やたのかがみ)」(本物)の裏面に,しかも,「ヘブライ文字で」記されているというのである!



天皇家が避ける伊勢神宮

神道で神社の頂点に君臨するのは天照大神を祀る伊勢神宮ですが、表裏一体となって同じくらい力を持っているのが京都の下鴨神社です。  その証拠に、天皇の即位の儀礼や最も重要な「大嘗祭」を主催し、そのすべてを取り仕切っているのは、宮内庁でも伊勢神宮でもなく、京都の下鴨神社なのです。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2892/3523 《前のページ | 次のページ》
/3523