teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2911/3558 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

遠くを見つめてのHPより 続き

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年 9月23日(日)19時44分9秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://denik-bise.blogspot.jp/2009/03/blog-post_30.html

日本の踏み絵--【イエズス会】を語れ(踏め)ない

★ ★ ★ ★ ★

★ 民主党 風間直樹氏 2007,10,31 災害対策特別委員会 抜粋

三年前の中越地震の際には、私は直接地震を経験いたしました。そのときに私が持ちました率直な疑問が一つございまして、当時被災された多くの方が異口同音におっしゃいますが、普通の地震とはちょっと違う。--地下から突き上げられるような強い衝動--一般に地震といいますと横揺れをイメージするわけでございますが、正に震源地では地下からの強い突き上げを経験したわけでございます。

特に、実は新潟県内でここ数年間、
経産省が補助金を出している財団法人が、
CO2、二酸化炭素の地下への貯留実験というものを行っております。
同時に、新潟県内に幅広く展開をしている帝国石油、
この会社が地中への水の注入を2000年ごろから行っております。

この二つの行為が、もしかしたら中越地震あるいは
中越沖地震を招いた原因になっている可能性があるのではないか

今日私がこの質問をしましたもう一つの意図は、
泉大臣が冒頭にもおっしゃいましたように、
正に刈羽原発を抱えている地域だということがあるわけなんです。

今回の中越沖地震で正に刈羽原発が直撃を受けたわけでございますが、
もしも今後この経産省が補助金を支給する財団が
CO2の地中処理を更に進めて、
そして仮にもう一度新潟県内で大規模な地震が起きた場合、

私は、刈羽原発の安全性もそうですし、

原発の存在自体が
恐らく非常に難しくなるだろうというふうに考えております。

私、今回、この問題を調べておりまして
一つ大変驚いた事実が出てきたんですが

--この財団法人の地中貯留実験、
その財団法人の役員名簿を付させていただきましたが、
この理事の中に東電の勝俣社長のお名前がございます。

つまり、地震の一つの原因になっていると今回私が指摘をした、
その可能性があると指摘をしたこの地中貯留の実施主体、
財団法人の理事に東電の社長が名前を入れていらっしゃる。

これは、今御紹介しました新潟県の姿勢も考え合わせますと、
非常に憂慮すべき事実ではないかと私は感じます。

---想起:渡部悌治氏 『ユダヤは日本に何をしたか』抜粋

ロータリー・クラブもフリーメーソンと同線上にある外郭団体であり、
第3国諜報機関の入り口でもある。

政・財・経の情報が書記の手にまとめられて、
上部を経て本部に報告される。
ガバナー(governor:頭取、理事、長官)の多くはフリーメーソンとみてよい。

敵国はこの組織によって
容易に日本の実情を知悉(ちしつ=ある物事について、
細かい点まで知りつく)していた。

今はそうではないが、
かつては電力関係事業は地方公共団体の運営であった。

それが、東京電力とか東北電力という民間の企業体に
いつの間にか経営が移った。

各電力会社の社長に就任した者たちは、

ロータリークラブのガバナーたちであったように記憶する。

彼らはいずれもフリーメーソンであったと思われる。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2911/3558 《前のページ | 次のページ》
/3558