teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2794/3550 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ロスチャイルドと神代文字

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年 9月26日(水)22時14分28秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.asyura2.com/0601/idletalk20/msg/720.html

神代文字とは、漢字の渡来および仮名の成立に先だって、上古の日本にかつて行われたと称せられる文字で、「神字」と書いて、「かんな」とも呼ぶ。
古史古伝の多くに、神代文字が登場する。『上記』は豊国文字、『秀真伝』や『三笠紀』は秀真文字で書かれており、全文でなくとも神代文字が使われている古史古伝は多い。『九鬼文書』には春日文字など、『竹内文書』には百種以上、『宮下文書』には阿祖山文字、『物部文書』には物部文字、『東日流外三郡誌』には津保化砂書文字などが出てくる。
また、対馬の卜部・阿比留(あびる)家において発見され、平田篤胤によって「日文(ひふみ)」として紹介された阿比留(あひる)文字・阿比留草文字がある。

アヒル文字の関連URL

http://www.google.co.jp/cse?cx=018248536928281187046:w2iqrbr8zey&sa=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&ie=UTF-8&q=%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%AB%E6%96%87%E5%AD%97#gsc.tab=0&gsc.q=%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%AB%E6%96%87%E5%AD%97&gsc.page=1

ロスチャイルド財閥が日本の神代文宇に暴常な關心を示してゐる!?

 一九九〇年十一月初め ― 私は虎ノ門の瀟洒(しようしや)な喫茶店で一人の女性と會つた。
彼女の名を今此處で明かすことは出來ない。ただ、限りなく私の探究心をかきたてる謎の人
物である、とだけいつておかう。何故なら、私は彼女の口からある不思議な事實を告げられ、
其れまで二十年間私の調べてきた事が、私白身も知らない重大な意味をもつてゐる事に氣づい
たからだ。
 彼女は今から五十年以上前に、滿州(現支那・東北三省)各地を旅行して數奇な體驗をした。
そして、戰後は東京のホテルオークラや上海、ニューヨーク、巴里の高級ホテルを轉々として
一人で暮らし乍ら、各國政府の要人やグローバル・カンパニーのトップたちと幅廣い交友關係
をもつて今日に至つてゐる。
 小柄できやしやな身體つきだが老いを見せない美貌、大きな瞳のうちに激しい氣性を祕めて
ゐる事を感じさせ、きりつとした口もとに竝々ならぬ意志の強さがうかがへる其の女性は、か
う語り出した。
「私は死ぬ前に此れまでに經驗したいろんな出來事を誰かにお話しして、一册の本にまとめ
度いと思つてゐます。あなたは私が此れからお話しする事に興味があるかしら・・・・・・」
 彼女と私が虎ノ門で會ふことに成つたのは、 一人の共通の友人を介してである。彼女は私
が伊勢神宮に傳はる"神代文字" ― 詳細は本文に後述するが、漢字傳來以前の日本にあつた
古代文字の總稱 ― に詳しい事を友人から聞いて接觸してきたやうである。彼女は、かう續
けた。
「あなたは以前英吉利のエドモンドに會つた事があります? 實は彼は私の遠い親戚なんで
すのよ。其の彼がつい最近、私にアヒルクサ文字(後述する神代文字の一種)の資料を送つて
ほしいと云ふのです。彼の顧問をしてゐるブライアンは、ノーベル賞級のりつぱな物理學者
ですけれども此のアヒルクサ文字に非常に興味をもつてゐて、エドモンドにもつと詳しい情
報を手に入れたはうが好いと進言したさうです」
「ほおつ。其れで具體的に何が必要なのですか」
私には英吉利・ロスチャイルド家の當主エドモンドが、なせ日本の神代文字に興味を示すの
か解せなかつた。然し、ロスチャイルド家の人間が神代文字の資料を集めてゐる事は、別のル
ートの情報からも明らかだつた。聞くところによれば、私が彼女と會ふ何年か前、東京・原宿
にあるコンピュータ・ソフトのメーカーがアヒルクサ文字のソフトを凡そ二千本つくつたと云
ふ。
 私白身は其のソフトの實物を見た事はない。が、其れらは歐米に輸出されて、一つ殘らず
賣れてしまつたと云ふのだ。
 日本ではぼとんど誰も買ふはずのない其のやうなソフトをメーカーが製作した事自體とて
も信じられない事だが、其れをまた歐米の研究者がただちに贖入したと云ふのも奇妙な話で
ある。
 私は思つた ― おそらく其のソフトは今、亞米利加を中心に卷き起こつてゐる猛烈な古代
文字解讀ブームの最中に、此のブームを演出してゐる國際ユダヤ(注1)のプロデューサーが日
本の古代文字 ― 神代文字に注目して發注したものに違ひない、と。
 其れにしても、彼らは一體なにゆゑに、此の時期に日本の古代文字に熱い視線を投げかけ
始めたのか。ともかく、更に彼女から次のやうなロスチャイルド家の意嚮を聞かされ、私は
内心とまどひを覺えた。


四國・劍山には"世界の王のしるし"が眠つてゐる!?

 「ブライアンの云ふところによれば、日本のアヒルクサ文字は宇宙エネルギーのさまざま
な波動状態を視覺化したものらしいの。其のアヒルクサ文字が大地に刻まれたところには、
宇宙エ
ネルギーにかかはる何かの祕密が隱されてゐるらしいのよ。あなたはもう四國の劍山の話は
ご存じ?」
「ええ、戰前に言靈學(注2)の大家として知られた高根正教と云ふ人が、『"ソロモンの祕寶"
は此處にある』と云つて陸軍の大物を動かして發掘調査させたあの場所のことですね」
「其のとほりよ。今、ロスチャイルド家は四國の劍山に大變興味をもつてゐて、毎年五月に
關係者を劍山の祭事に出嚮させてゐるのよ。ソニーの盛田さんのところでも此の時期、劍山
に社員を派遣してゐるらしいわ」
 私は彼女の口から劍山へ嚮かふ國内・海外の重要人物の名を次々に聞かされるに及んで、
ことの眞相はきはめて重大である事に氣つかざるをえなかつた。
 彼女は日本の神代文字のことを殆ど知らなかつた。其のため、神代文字の智識を身につけ
る事がどれほど豫想もしない結論を私たちに齎すか見當もつかず、無邪氣にロスチャイルド
家の意嚮と其の周邊事情を私に話して呉れたのだ。
 けれども、私は彼らが此のやうに熱心に日本の神代文字を學ばうとしてゐる背景には、彼
らが此れまで探し求めても得られなかつた何かを手にする鍵が其處に祕められてゐる事を既
に察知した形跡かあると思つた。
 其の何かとは、云ふまでもなく"ソロモンの寶"のことである。ユダヤの傳説によれば、其
の昔ソロモン王はユダヤの神ヤハウェから、世界の王のしるしと成る品々を授かつたと云は
れる。其れは"賢者の石"とか"イスラエルの石""テラピム"と呼ばれ、『聖書』の「出エジプ
卜記」(注3)の時代にヘブライ人がもつてゐた"三種の神器"に匹敵するものだとも云はれる。
 其の"ソロモンの寶"は三干年前にエルサレムの神殿からどこかへ持ち去られ、行方不明と
成つてゐる。そしてユダヤの傳説は、「此のときから神の榮光がイスラエルより去つた」と
傳へてゐる。
 が、"ソロモンの寶"を再び手に入れた曉には、イスラエルの王が世界の王として此の地球
上に君臨する事が豫言されてゐると云ふのだ。


"隱蔽された地球史"が今、明らかにされる!

 私は"ソロモンの寶"を再發見する鍵が日本の古代文字=神代文字にある事を知つて、神代
文字の情報をすべて彼女に話していいものかためらつた。
 此れまで日本の皇室や伊勢神宮と云つた由緒ある神社が、日本固有の文字を否定する學者
たちに同調するかたちで隱してきた神代文字の祕密を、やすやすと外國人に知らせても好い
ものだらうか…・。
 私は彼女の無邪氣な申し出の背後にある大きな意圖を感じ取ると、資料をそろへるには時
間がかかる事を告け、再會の約束をして別れた。
 然し其の後、彼女から何囘もすてきな"誘惑"を受け乍ら、すべてをなりゆきにまかせるだ
けの時間のゆとりがなかつた。私は印度やネパール、パキスタンへの相次ぐ調査で多忙だつ
たのだ。
 其の結果、私は"ソロモンの寶"、いや實際には後述する"太古日本のカラ族の祕寶"がどこ
にあるかを探し當てた。
 此處でお斷はりしておかうと思ふが、本書は決して夢物語の寶探しを記したものではない。
本書を手にとられ、此處まで讀まれた方のおそらく大多數が、ロスチャイルドの登場はとも
かく、「宇宙エネルギーのさまざまの波動状態を視覺化した文字」「ソロモンの寶」「世界
の王のしるし」などと云ふ言葉に眉をひそめられた事だらう。
 然し其れらは單に、ある驚異の事實が傳承され變形されて表はれた言葉なのである。私の"
旅"は其の變形を正し、"眞實"を再構築するためのものであつた。そして發見しえた"太古
カラ族の祕寶"は慥かにすばらしいものだが、其れより驚くべきものは"隱蔽された地球史"の
存在である。私たちは今、"太古日本の失はれた眞實の歴史"を知らなければならない。
 時がきたら明らかにし度い、早く彼女に會つて話し度いものだと云ふ思ひに驅られ乍らも
果たせなかつた事 ― 其れが本書には書かれてゐる。どうか最後までじつくり讀んでいただ
き度い。

一九九四年七月吉日                              高橋良典

(注1)
租國をもたずシオニズムにコミットメントする一群の總稱。亞米利加を中心に數百萬人が
ゐるとみられ、巷の猶太陰謀説にとりあげられる事が多いが、まとまつた組織體としての
活動があるとはみられてゐない。

(注2)
祕教で云ふアートマ、神道に於る奇魂(くしみたま)が"言靈"であり、言葉は靈の意志を運
ぶ媒體エネルギーであるとする考へ方。

(注3)
十戒で有名なモーゼの物語を扱つたものが「出エジプト記」であり、聖書研究者による年代
では、紀元前十三世紀の事とされる。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2794/3550 《前のページ | 次のページ》
/3550