teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2738/3568 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『ゴールドマン・サックスが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくる』

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年10月 5日(金)13時53分16秒
  通報 返信・引用 編集済
  『ゴールドマン・サックスが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくる』 鈴木 啓功
2010-12-25 | 国際金融
ゴールドマン・サックスが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくる
鈴木 啓功
成甲書房

題名に『大謀略』という言葉が見えているように、陰謀説を扱った本である。
著者はそのことを隠そうとはせず、むしろこのような世界に知られた常識を知らないことが日本人のおめでたいところなんだという言外のニュアンスがある。
国際情勢の分析としては十分役に立つものである。

※2001.9.11の『同時多発テロ』は米国政府による『ビル爆破事件』と呼ぶべきだ。

ニューヨーク貿易センタービルの崩壊について言うならば、あれは旅客機の衝突によるものではない。『ビル内の要所に仕掛けられた爆発物』が原因なのだ。
現場で救急にあたった消防士多数もビル内で爆発音を聞いている。
米国の複数の専門家が証言するところでは、航空機が衝突したくらいで高層ビルはあのように崩壊することはない。また当日、ニューヨーク貿易センタービルの敷地内では航空機が衝突していないビルまでも崩壊している。

犯人グループとされたアルカイダのメンバーの大半はサウジアラビア人であるのに、米国のブッシュ大統領はアフガニスタンを攻撃した。
米国軍はアフガニスタンは占領したが、そこにいるとされたビンラディンは発見できなかった。

次にはイラクを攻撃した。米国のブッシュ大統領は大量破壊兵器の存在を口実にイラクを攻撃した。イラク占領後、どこを探しても大量破壊兵器は存在しなかった。

現代世界における本当の問題は何か。それは2001.9.11に米国で発生した同時多発テロを合図に、世界経済は『戦争経済』に突入したということだ。

※同時多発テロによって『戦争経済』に突入している。
※サブプライム問題以降『恐慌経済』が始まっている。
※2000年代、『戦争経済』と『恐慌経済』が同時に仕掛けられている。

2000年代10年間のこの著者の記述に、私は特に異論はない。

問題は、
※2010年代、『戦争経済』と『恐慌経済』が『大爆発』を起こすだろう、ということだ。

さて、ここからが陰謀説なのだが、
1773年、マイアー・アムシェル・ロスチャイルド(ロスチャイルド家の始祖)は会議を開いた。
ここで、彼は『フランス革命』を仕組んだのである。
陰謀論の世界では、フランス革命を裏から演出したのは『秘密結社フリーメーソン』だという説がある。そして、さらにその背後には『秘密結社イルミナティ』が存在したとも。これらの見方は間違いではない。
だが実はもっと奥が隠されている。つまり秘密結社イルミナティの背後には『ロスチャイルド家』が存在したのだ。
1776年、マイアー・アムシェル・ロスチャイルドの指示の下、アダム・ヴァイスハウプトは『秘密結社イルミナティ』を結成した。資金はロスチャイルトが出していた。

この欧州ロスチャイルド家は『アシュケナージ』(ドイツ系ユダヤ人)と見られている。

米国の投資銀行ゴールドマン・サックスの背後には『欧州ロスチャイルド家』が存在する。そして、さらには以後には『ユダヤ人世界』が存在する。
ゴールドマン・サックスは『ユダヤ系ドイツ人移民マーカス・ゴールドマン』によって設立された。

※1815年、ロスチャイルド家は『イングランド銀行』を支配下においた。
※1913年、ロスチャイルド家は『連邦準備銀行FRB』を設立した。
※欧州中央銀行ECBは『欧州ロスチャイルド家』の所有物に過ぎない。

※近未来には『世界大恐慌』が発生する。
※近未来には『世界大戦争』が勃発する。

一神教であるユダヤ教のなかには『殺しの遺伝子』が存在する。
欧州ロスチャイルド家をはじめとするユダヤ国際金融資本家及びヨーロッパ貴族はそのような殺しの遺伝子を持った集団の末裔である。

※中国とインドで『バブル経済』と『バブル崩壊』が発生する。
※その時、ゴールドマン・サックス(ロスチャイルド家)が両国資産を買収する。
※2050年、中国とインドはロスチャイルド家が支配している。

小泉純一郎は米国(ゴールドマン・サックス)の回し者であった。
その彼を日本のマスコミは持て囃した。

日本はどう対応すればいいか。


注:ひきこもれ................そして考えよ!!

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2738/3568 《前のページ | 次のページ》
/3568