teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2723/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1・2・3...ヒフミはエジプト語

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年10月10日(水)17時52分37秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.geocities.jp/atelier_efraym/cain6.htm

ここまで書くと必然的に分かるのだが、一・二・三…(ヒ・フ・ミ…)は天地創造の記述に一致している。最初は「光あれ」のヒ。二番目は天と地を分けたので、分の別の読みであるフ。三番目は、天の下の水を一ヶ所に集めたのでミ。また、三日目には木が実を生じている。四日目は昼と夜を分けたので夜のヨ。五日目は生き物を創り片手で祝福したので、片手の指の数でイツ。六日目は、男と女を創って結ばれたのでム。また、古語の産(ムス)につながる。七日目は作業が為されたのでナとなる。八日目以降は、神(ヤ)を此処(ココ=地球)で拝す(手を合わせる=トウ)となる。要するに、数詞が夜などの名前になっているのである。

 また、万葉集ではヤスミシシという表現がよく使われる。「八隅知之 吾大王 高照 日乃皇子…」などのように、王(おおきみ)にかかる言葉であるが、一般には統治する国の隅々という意味に解釈されている。しかし、先のようにヤスミは太陽神の住む御座なのであるから、これは太陽神に対する賛辞となる。だからこそ、続いて「高照らす日の皇子」として、太陽神の代理の皇子が登場するのである。

 以上のように、一・二・三…(ヒ・フ・ミ…)は、ヒエログリフの解釈により、意味が明らかになる。なお、ここで古代エジプト語と言っているのは、エジプト時代のイスラエルの言葉という意味である。だから、原エジプト語も含んでいるかもしれないし、イスラエル独自の言葉だったものも当然含んでいるのである。

注:日本語っていうのは結構奥深いのです。卒業式で歌うでしょ。「今こそ別れめ......」これは掛詞と言ってこそ.....め。つまり別れようの意味なんですが別れ目じゃあないのです。若い先生は知らない。でもセンター試験には出るみたいです(笑)。

ヒフミ1.2.3ですがカバラでは1~9と11と22しかない。ユダヤ人の名前をカバラ転換すると11+22=33とすべてなるのです。


ヒフミ神示データより

http://hifumi.uresi.org/

掛詞を検索すると............

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%8E%9B%E8%A9%9E&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

言葉遊びも結構あるんだなあ!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%91%89%E9%81%8A%E3%81%B3

でもアナグラムというのは頭を使います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

フランスではCONTRE PETRIといってインテリは大好きです。

アナグラムはハリー・ポッターにも出てきます。

http://ag5.net/~kmykm/oldlog/riddle.html

トム・マールヴォロ・リドル・・・後にヴォルデモート卿として世界中の魔法使いを震撼させる闇の魔法使いの本名です。こちらの名前がなぜヴォルデモートへ変化したのかということは、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(J.Kローリング作 松岡佑子訳 静山社)のP461で明らかにされます。これはもうご存知と思いますが、アナグラムというもので、文字を分解して並べ替えて、新しい意味を作り出すというものです。この効果により、ハンサムで聡明な少年は、闇の魔法使いへと変貌を遂げた感じがでているように思えます。既存のものから新しいものへ自ら作り変えていった、リドルの様子があらわされているように感じませんか?
 さて、この言葉の魔法ですが、日本語は表記がアルファベットではないため、原文をそのまま載せて、その言葉の意味が載せられています。なので、ローリングさん自身が作られたアナグラムを読み取って訳文をみて理解している方が多いと思います(わたしもその一人です)ですが、世界各国語に翻訳されたトム・マールヴォロ・リドルは、そのアナグラムを翻訳して、読み手の母国語でアナグラムを感じることができるようになっているものがあります。ここではそんなアナグラムの訳語を集めてみました。


関連URL..........

http://bok.sblo.jp/article/4718633.html

Lord Voldemort

http://en.wikipedia.org/wiki/Lord_Voldemort

こういうのを使いこなせると英国やフランスのインテリとあっというまに親しくなれます。
例えばコントル・ペトリであるフランス語があります。それをアナグラムすると..........シラク大統領のあれはフニャチンだった....とか。インテリはこういうのが大好きです。でも日本人でこれが出来るのはごく少数です。

ハリー・ポッターの作者は好きではありませんが赤印した松岡佑子さんは一度テレビで拝見したことがあり大変感動した思い出があります。夫の経営する小さな小さな出版社はいつも赤字で松岡さんが翻訳や同時通訳で稼いだお金を毎月夫に渡すと夫は「いつもすまないね」とそのお金を出版社の運営に当てていたそうです。そして生活費は一度ももらったことがないと松岡さんは言います。
でも夫の死後松岡さんにハリー・ポッターの翻訳と出版のチャンスが巡ってきます。その出版社とは静山社。涙が止まりませんね。


でも国税はなんてひどいことをするんでしょうね。35億円も払えと.....

http://logsoku.com/thread/book3.2ch.net/juvenile/1153881678/

松岡佑子さんをWikiで調べると......

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E4%BD%91%E5%AD%90

誤訳も指摘されていたそうですがいいじゃあないですか

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E8.AA.9E.E7.89.88.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E5.95.8F.E9.A1.8C.E7.82.B9

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2723/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577