teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1274/3705 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

URL記入がよくわかりません。すみません

 投稿者:千葉人  投稿日:2014年 4月29日(火)09時44分7秒
  通報 編集済
  これは指向性エネルギー兵器の被害者を拷問するのに使われている兵器のスクリーンかもしれない。人々は、ここに挙げられている症状のすべてに苦しめられている。他の人には聞こえない声を聞かされることも含まれる。それは俗に「ヴォイス・トゥー・スカル(頭蓋骨音声)」と言われている。

人々は、寝ようとしているときに、電気ショックや、神経系統全体の極度な振動を与えられる。それは疲労と睡眠剥奪につながる。腕と足が意思に反して動かされる。心臓と肺が攻撃され、望んでいない性的な刺激を与えられ、電気的に強姦される。自分のものではない感情を強要されうる。たとえこれが本物のメニューではなかったとしても、被害者が苦しめられている事柄を示すリストとして、よくできている。
これらの兵器は米国議会に対してデモンストレートされている。議会は当然その目的や能力を知っているわけである。愛国者法も承認した。つまり市民への放射線照射を承認する法律の目的や効果を完全に理解している。指向性エネルギー兵器は、軍事戦略の面では「光速のエンゲージメント」における自然な次の段階を表している。「察知して殺す」サイクルの中の一番遅い部分、つまり人間を殺したり人間に障害を与えたりするのに充分なエネルギーを、標的に対して実際にデリバリーしている。
指向性エネルギー兵器があれば、犯罪者たちは標的に対して光速でエネルギーを当てることができる。それによって「察知して殺す」チェーンの中の、他の部分の「エンゲージメント」速度にマッチするようになる。 [5] 大学、学生、企業、科学者など、指向性エネルギー兵器について発案・開発・製造・使用する人なら、誰でもその目的に関する知識を持っている。


指向性エネルギー兵器 (“DEWS”) は、放射波や顕微鏡スケールの微粒子ビームを用いて標的を破壊/敗北させる装備と定義づけられている。電磁的なエネルギー、音響波、および液体/微粒子のシステムにもとづくシステムを含む場合がある。レーザー、帯電微粒子ビーム(CPB)、ラジオ周波数(RF)、ハイパワーマイクロ波(HPM)システム、ハイパワーミリメーター波、眩しい可視光線、パルスエネルギーシステムなどのプロジェクトは、それぞれ、標的に向けて光速なみの速度でとどくエネルギーを投射する。RF/HPMのソースが「レーダーのような」アンテナパターンになっているあいだにレーザーが直線で攻撃する。したがって、エリア兵器と考えることができる。

電磁的DEWシステムは電磁的スペクトラムをまたがっている。エネルギーシステムは、周波数および/または波長の長さで区分けされている。ここにはガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、テラヘルツ放射線、マイクロ波、ラジオ波が含まれる。一般的に、高エネルギーレーザー(HEL)のDEWは可視光線から赤外線のあいだの周波数帯にある。いっぽう、高パワーマイクロ波(HPM)兵器は低周波マイクロ波帯域のあいだにある(800MHzから3GHzの間)。


これらの兵器はイラク戦争で使われた。今ではアメリカ人に対して使われている。これはテストではない。

“電磁スペクトラムの全体をコントロールする者が世界を支配するだろう” ? V. I. ヴェルナドスキー (1863-1945)

ヴェルナドスキーは物理学者、生物学者、地質学者で、ソビエトの原爆プロジェクトの設計者だった。「物理幾何学」に関する基礎的なリサーチプログラムを立ち上げた。そこには生命プロセスと電磁放射線の相互作用についてのことも含まれていた。ヴェルナドスキーは「生物圏」という言葉を考案し、「地球の生物の完全性は、地球の気候および地球物理的な条件との強力な相互作用の中で、包括的なプロセスを形成している」という事実を強調した。

生物圏に関する入手可能な科学知識というのはすべて、戦争で敵を潰すために活用される。これには気象改変、電離層など大気のレイヤーの操作、大規模な生物戦闘、自然災害の引き金を引くこと、およびグローバルな電磁的戦闘の開発が含まれる。個々の量子レベルに至る、微量の「チューニングされた」電磁波の吸収は、生物学的な出来事のゆくすえに決定的な影響を与えうる。これは「生体システムにおける電磁放射線の情報的役割」の名で知られている。すでにレーダー偵察衛星でパルスモードで使われている小型原子炉やMHD機器は、軍事軌道システムのエネルギー源である。軌道する巨大な位相アレイEPシステム、またはHAARPのように非常に大きく効果的なアパーチャがついている地上拠点の位相アレイ施設は、都市全体を攻撃することが可能である。それはコラテラルダメージなしに、核兵器に匹敵するほどの命の損失を生み出す。
http://sirio26.ucoz.de/nonlinear1.htm



同じサイトの別のページ
http://www.skizit.biz/2014/03/13/is-gangstalking-and-torture-made-possible-by-wireless-sensor-networks/ より抜粋


標的にされている方へ:自宅で拷問されていますか?寝ている時に振動やショックを与えられていますか? 体の部位の正確な位置を把握されていますか?さまざまな周波数を使って、あなたの腕や足が勝手に動くようにされていますか?電気的に強姦されていますか?全身が振動させられていますか?これらの事が、違う時間や場所でも起きていますか?

家にインストールされているワイヤレスセンター網から、あなたの画像が「ハンドラー」たちに提供されている恐れもある。32個のノードがついたシステムのラジオ周波数だけで画像を作れてしまう。また、ワイヤレスカメラ網を形成している実際のカメラを使って、もっと高画質の画像が作れる。それらで撮影された画像がまとめられ、ホログラム、3D画像を作る。

ワイヤレスセンサーネットワークとは、温度、音、圧力などの物理的/環境的条件を監視し、ネットワークを介してそのデータを中心拠点に送信するべく、間隔を空けて配置されている自立型のセンサーである。現代的なネットワークにおいては、双方向になればなるほど、センサーの活動の制御やシステムのプログラミングを遠方からやりやすくなる。

ワイヤレスセンサーネットワークは、戦闘地の監視などといった軍事的な目的から刺激されて開発された。今日では産業プロセスの監視と制御、機械の状態の監視など、多くの業務用・消費者用の目的で使われている。

ワイヤレスセンサーネットワークは数百個から数千個に及ぶ「ノード」で構成されている。各ノードは一つ(時として幾つか)のセンサーに接続されている。センサーネットワークのノードに は、幾つかのパーツがある。内部アンテナのついた、または外部アンテナと接続されたラジオ・トランシーバー。センサーとインターフェイスする電気回路、マ イクロコントローラー。 バッテリーまたはエネルギー収穫用の埋め込み型の動力源。

センサーノードの大きさは靴箱ぐらいからホコリ程度のものまでさまざまである。ただ、真正に顕微鏡レベルの大きさで機能する「モート」はまだ作られていない。同様に価格も、個々のセンサーノードの複雑さしだいで、数ドルから数百ドルまで、ばらつきがある。

センサーノードの大きさや価格上の制限は、エネルギー、メモリー、計算速度、通信帯域などといったリソースに影響する。WSNの形態は単純なスターネット ワークから上級のマルチ・ホップワイヤレスメッシュネットワークまで様々である。ネットワークのホップ同士の伝播技術はルーティングまたはフラッディングである。

ワイヤレスセンサー網はスマート・グリッドの一部でもありうる。家の中の、視聴覚ラジオ周波数でコントロールされるノード(複数形)をコントロールする小さなカードをインストールするだけで、家の全室の監視が可能になる。そのカードはスマートメーターの中にインストール可能である。

医療用や防衛用に開発されたとされている新技術が、標的にされた人々に対して敵対的に使われている。ハーバード大学の「医療用ワイヤレスセンサー、コード・ブルー」というプログラムは、家の中にいる人を標的にすることにもおそろしく簡単に応用できるように見受けられる。彼らが米軍からも報酬を受け取っているということが分かる箇所を赤字で強調しておいた。

(続きは未翻訳)



 
 
》記事一覧表示

新着順:1274/3705 《前のページ | 次のページ》
/3705