teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:97/3702 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

全権委任法再び

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年11月19日(日)22時35分50秒
  通報 編集済
 

よりもっと大切なことがある



動物たちは繊細なのです

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1061.html



今まで子供を産み、乳を提供することを強いられて生きてきた乳牛たちは、その能力を失うと、いらないものとして扱われてきた。
牧場は、経済的な理由から、生殖機能、牛乳を作る機能を失った彼らを、殺してきた。
2013年に、ケルン近郊で約25体の乳牛がその末路をたどろうとしていたところ、Ankeさんたちは、それらの牛を引き取り育て始めた。
解放された彼らはどんなに幸せに見えるか。
Ankeさんの息子も、やさしい動物たちが人間に牛乳を与えてくれたのに、幸せに年をとって、残りの寿命をまっとうできないでいるのは悲しいことだと言っている。
私たちは、人間の為に働いてくれた、この牛たちに感謝するべきなのに。





自閉症児を救った刑務所で訓練された犬

http://shindenforest.blog.jp/archives/65310791.html



Hospital Clown

https://www.youtube.com/results?search_query=hospital+clown+



関連記事:http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1136.html

おおまにさんの記事からです。

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2055010.html







自民の補完勢力であることを隠していた小池百合子は辞任か?

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/1c3f75276c812fc7e5a816db772d7336



最初の映像をよく見てほしい。手前の道路などは一切壊れていない~これは津波兵器によるもの

人災説の根拠

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/969.html

信じる者は救われない

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/309.html

北朝鮮メディアは正しい報道をした~横田夫婦まで出てきて吐き気を覚えたよ

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6261758

ナチス=シオニズム

http://walkermini.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

シオニズムの正体は破壊主義的共産主義
.
シオニズムはユダヤ教の廃墟の上に始まる。イルミナティという機会主義者のシオニスト集団

(ナチ)は何ら論理的根拠を持たない集団でもある。

本当のシオニズムは 民族がもはや尽きたところに始まるのだ。

はっきりとさせなければならない。

シオニズムとは、隷属でもなく、薬でもない。

シオニズムとは、根絶であり、破壊である

シオニズムはユダヤ民族に背き、ユダヤ民族と対立し、ユダヤ民族の意志と精神を攻撃する。

シオニズムは、特別な遠い目的を持ち、別の道を進むために、ユダヤ民族に対して陰謀を働く。

シオニズムとそれを導く一握りの人間は、ユダヤ人とは異なる民族の核である。

この点に気をつけねばならない。

新しい民族でも、更新された民族でもなく、ユダヤ人とは異なる民族の核なのだ』

NAZIとは《Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterparteiの略称ナチ(Nazi)の複数形》ですがNational Association of Zionist International(国際シオニスト連盟)のことです。かつてのホロコーストが今まさに繰り返されようとしているのです。

偽テロはPLAGIARISM(剽窃行為)と呼び神の名の正義のもとで殺戮が行われる。

(引用終わり)

八咫烏 日本の仕組み

https://twitter.com/takayukiway/status/868883663747928064

知っておきたい日本の仕組み

http://www.asyura2.com/14/senkyo176/msg/590.html

戦争責任者の問題 伊丹万作

 今度の戦争で 皆がみな 口を揃えてだまされていたという。 私の知っている範囲では おれがだましたのだ といった人間は まだ一人もいない。 いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。 だましていた人間の数は、一般に考えられているよりもはるかに多かったにちがいないのである。日本人全体が 夢中になつて互いに だましたりだまされたりしていたのだろうと思う。

 戦争中の 末端行政の現われ方や、新聞報道の愚劣さや、ラジオのばかばかしさや、さては、町会、隣組、警防団、婦人会といったような民間の組織が いかに熱心に かつ自発的にだます側に協力していたかを 思い出してみれば すぐにわかることである。 たとえば、最も手近な服装の問題にしても、 ゲートルを巻かなければ門から一歩も出られないようなこっけいなことにしてしまったのは、 政府でも官庁でもなく、むしろ国民自身だつたのである。

 私のような病人は、ついに一度もあの醜い戦闘帽というものを持たずにすんだが、たまに外出するとき、普通のあり合わせの帽子をかぶって出ると、たちまち国賊を見つけたような憎悪の眼を光らせたのは、だれでもない、親愛なる同胞諸君であつたことを私は忘れない。彼らは眉を逆立てて憤慨(ふんがい)するか、ないしは、眉を逆立てる演技をして見せることによつて、自分の立場の補強につとめていたのであろう。

 少なくとも戦争の期間を通じて、だれが一番直接に、そして連続的に我々を圧迫しつづけたか、苦しめつづけたかということを考えるとき、 だれの記憶にも すぐ蘇(よみがえ)ってくるのは、 …すぐ近所の小商人の顔であり、隣組長や町会長の顔であり、あるいは郊外の百姓の顔であり、あるいは区役所や郵便局や交通機関や配給機関などの 小役人や雇員や労働者であり、あるいは学校の先生であり… といったように、我々が日常的な生活を営むうえにおいて いやでも接触しなければならない、あらゆる身近な人々であつた。
 ……だますものだけでは戦争は起らない。だます者とだまされる者とがそろわなければ 戦争は起らない…… ということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても) 当然両方にあるものと考えるほかはないのである。

 だまされた者の罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど 批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に 自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた 国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。
 このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で 打破することができなかつた事実、 個人の基本的人権さえも自力で つかみ得なかつた事実と まったくその本質を等しくするものである。 そして、このことはまた、同時に あのような専横と圧制を支配者にゆるした 国民の奴隷根性とも密接につながるものである。それは少なくとも個人の尊厳の冒涜(ぼうとく)、すなわち自我の放棄であり人間性への裏切りである。また、悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚である。 ひいては国民大衆、すなわち被支配階級全体に対する不忠である。 我々は、はからずも、いま政治的には一応解放された。

 しかし今まで 奴隷状態を存続せしめた責任を軍や警察や官僚にのみ負担させて、 彼らの跳梁(ちょうりょう)を許した 自分たちの罪を真剣に反省しなかったならば、 日本の国民というものは永久に救われるときはないであろう。「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、 一切の責任から解放された気でいる多くの人々の 安易きわまる態度を見るとき、 私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。
 「だまされていた」と言って 平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。 いや、現在でもすでに 別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

<心の闇の正体>

 アメリカ政府は日本を占領するに当たり、ルース・ベネディクトという女性の文化人類学者に日本人の分析をさせました。その内容は『菊と刀』というタイトルで出版され、日本人分析の名著として知られています。彼女は日本人特有のこころの闇を解き明かしました。
 以下、要約して抜粋します。

 日本人兵は捕虜だけではなく、彼らの同胞に対しても虐待の罪を犯した。負傷兵については、捕虜であるアメリカ兵の方が日本兵よりもましな手当てを受けた。日本兵の名誉とは死にいたるまで戦う事。降伏せずに自決する事。万一、傷つき、気を失い捕虜になった場合でも、彼は「日本へ帰ったら顔をあげて歩けない」 あるものは殺してくれと頼んだ。「けれども、もしあなたがたの習慣がそれを許さないというのならば、私は模範的な捕虜になりましょう」と言うのであった。長い間、極端な国家主義者であった彼らは、弾薬集積所の位置を教え、日本軍の兵力配備を綿密に説明し、わが軍の宣伝文を書き、わが軍の爆撃機に同乗して軍事目的に誘導した。

 日本人にとって「各人が自分にふさわしい位置を占める」ということの意味は身分制度に従うのを意味する。それはまず、家庭の中で習得される。価値観が体験によって作り上げられ、その倫理体系と礼式の中に形式化されている。特権の境界を踏み越えるのはけしからぬこととされている。国政においては「国民の世論」のための位置は与えられていない。国家は、アメリカで感じられているような、やむをえない害悪ではなく、日本人から見れば、国家は至高善に近いものである。「すべてのものをあるべき場所に置く」というのが、日本のモットーである。日本人の「恩」は返済しきることのできない債務、「徳」は積極的に報恩行為に身を捧げること。アメリカ人の自尊心は自分の事は自分で処理するという態度によるが、日本では恩を受けたと考える人に恩返しをするということに依存している。

 世間体や立場に対する「義理」は日本では非常にきびしい。知らなくても知ったふりをせねばならない。知らないのを認めるわけにはゆかない。人間と仕事の極端な同一視が見られる。行為もしくは能力に対する批判は、自動的に人間そのものに対する批判となるので、日本人は自己防衛に汲々(きゅうきゅう)とする。本来の仕事に専念するかわりに、注意を相手との関係に向ける。日本人は、『人を汚辱(おじょく)するのは他人の言動ではなく、当人から出てくるものだけである』、というあたりまえの倫理を持っていない。
 日本人は猛烈な努力と、無気力の間を大きく気分が揺れ動く。何事によらずあなたまかせの態度を取る事が安全な道であると考える。日本人の目標は世間の評価である。そのため、その場の事情にあわせて態度を一変させる。態度変更を道徳問題とは考えない。日本人から見れば、自分の属している世界で尊敬されれば、それでもう十分な報いである。彼らは人間堕落の教えを説かない。「人情」は非難してはならない。強さは義理に服従する事で示されると考える。ただ定められた掟(おきて)を遂行することに矛盾葛藤を感じない。

 日本では名に対する「義理の掟」を徳行と考える。それが、いじめの習慣をはなはだしいものにしていると同時に、次の拷問者を作るのにつながっている。

 親は子どもの無作法は責めるが、子供が『自分に対する正しさ』のために立ち上がる勇気を欠いた事は責めない。罪の大きさよりも恥の重大さに重きを置いている。日本人特有の問題は、掟(おきて)を守って行動しさえすれば認められるという安心感をたよりとして生活するように育てられてきたということである。

 一度、アメリカに住んで、固苦しくない行動の規則を受け入れた日本人には、日本で送った窮屈な生活を再びくり返すなどということはとうてい考えられない。箱庭の盆栽仕立ての松は芸術品だったが、ひとたびじかに大地に移し植えられた松はけっしてかえすことはできない。あの庭園の装飾にはなれないと感じる。彼らは二度と日本社会の要求に応ずる事はできない。

<自分への正しさでつながる世界>

hinomaru わたし達は、国家のとてつもない卑怯と嘘、無能を確認しました。国家の不正を見ないようにしてきたのは国民です。自分の評判に対する恐怖心で目隠しをしてきました。この恐怖のタネは家庭や集団での、からかい、いじめによって植えつけられ、『恩』や、繊細すぎるこころ遣いの『義理』によって育てられます。常に他人の希望を感じるよう気遣いする。これを日本では、和、秩序、団結、ルール、マナー、美、徳、お行儀などと呼んでいます。そこにあるのは、周囲の気づかいに抱かれた人が、理性や正義感を停止させ、『死んだ気に』なって、とにかく頑張るのが良い事という、とんでもない常識です。

 『死んだ気』の人間がやる事はまったくの無責任です。そこを指摘しないのが『人情』ですから、政府のあらゆる組織には不正が蔓延しています。不正を拒否すれば『体面の破壊者』あるいは『裏切り者』『恥さらし』の烙印を押されてしまいます。こうして、ほとんどの日本人は、『自分に対する正しさ』のために立ち上がる勇気をくじかれています。

 なんとなさけない事でしょう。わたし達は、恩や義理でつながれた世間体におびえ、集団の不正を感じないように習慣づけられ、国家の嘘に加担しています。これでは破滅するしかありません。日本では若い世代の自殺がたいへん多いのですが、その原因も世間体です。悲惨を繰り返さないためにも、箱庭の恩や義理とは決別しなければいけません。

 すべての原因は単純に因習です。アメリカの固苦しくない行動の規則を受け入れだけで、すっかり意識が開かれてしまう例を見ればわかるように、これは心の病です。たいした痛みを感じることなく治療できます。まず、自分についての見方を変えましょう。持ち物や立場、職業はけっして本人そのものではありません。やがては、すべての財産、借金、名誉、地位など何も持たずにみんな死ぬ。そして忘れ去られる。それがわたし達です。

 世間体におびえるという心の病を治し、『自分に対する正しさ』のために立ち上がる勇気を持ちましょう。どのみち、人生はほんのひとときです。世界の人びとは、日本人が持ち物や世間体からの自立を遂げ、ほんとうの友人になってくれるのを待ち望んでいます。

バチカン内部の四つロッジ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1002.html





5花弁の薔薇~これが儀式で使われる

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=5%E8%8A%B1%E5%BC%81%E3%81%AE%E8%96%94%E8%96%87

OSSの極秘文書

http://megalodon.jp/2009-0127-1139-55/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/67.html



連続

サタンに使えるイルミナティ指導者

http://ameblo.jp/chanu01/entry-11888645648.html

「フリ-メ-ソンとイルミナティについて」 レジャンバルド神父の証言(要約)
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=50235より

1.サタンに仕えるイルミナティ最高権力者たち(0:02)

神父:イルミナティはサタンの世界支配を確立するために、このルシファーに身を捧げます。そのサタンの世界支配は、唯一の世界政府、唯一の世界経済、唯一の世界軍隊、そして唯一の世界宗教によって確立します。イルミナティにとっては、善の神がルシファーで悪の神がヤハウェです。イルミナティでないメーソンは沢山います。イルミナティは10階位以下のメーソンになど関心はありません。私達が公的に知っているメーソンは、大抵1~3階位の人々です。
青のロッジ(組織)には33段階のイニシエーション(秘儀伝授)が存在します。イニシエーションを受けるたびに新たな知識が伝えられます。グノーシスとはイニシエーションの儀式を受けた者だけが得られる知識のことです。イルミナティの特徴は、最高の権力の座を占めている人々がいるということです。
13人のドルイド司祭は、直接、具体的にメーソン会員をサタンに捧げ、世界中のイルミナティの儀式を司ります。

(1958年「ドルイド」と呼ばれるケルトの宗教指導者の姿をした人々によりストーンヘンジで行われた夏至祭。
(出典)始まりに向かってhttp://blog.goo.ne.jp/blue77341/e/e035dfe8de0eb0793927d41b47cdeba0

この13人のドルイド司祭が、アメリカではCFR(Council on Foreign Relations:外交問題評議会)として、ヨーロッパでは、シナルキとして支配力を及ぼしています。
それから、イタリアとアラブ地域でのイルミナティ改革の後、イギリス連邦(Commonwealth of Nations、コモンウェルス(the Commonwealth)ともいう)をコントロールする円卓会議が生まれることになりました。これがイルミナティ最高位でサタンに仕える人々です。

2.イルミナティを動かすトップの人々(13人のドルイド司祭)(2:10)

神父:スコットランドのグラスゴー付近にロスチャイルド家の城があり、主要なサタン神殿の一つがその中にあります。
毎年そこに世界の8人の権力者と13人のドルイド司祭が集まります。この13人のドルイド司祭は、サタン信仰に身を捧げ、フリーメーソン、イルミナティ内部でサタンとの契約を司る人々です。コヴェン(魔女・魔術師の集まり)を構成するこの13人のドルイド司祭の下に33人の有力なメーソンがいます。これは33階位の33人の権力者で、ここに名を記した8家族の一員でなければなりません。この33人が500人のビルダーバーグ会議出席者を支配します。

司会:ビルダーバーグの人々とはどのような人々ですか。

神父:ビルダーバーグの名は、1954年の最初の会合の場所、オランダのビルダーバーグ館からとられています。そしてビルダーバーグ会議の議長は常にベルンハルト公でした。
ベルンハルト公はヨーロッパの経済の主要部分を支配しており、ジュリアナ妃はロイヤル・ダッチ・シェルの利益を私有財産としています。ベルンハルト公の配下に10人の人々が存在します。よく知られた人々ですね。
オナシス、ケネディ、カナダではサイラス・イートン、ジョン・フォスター・ダレス、ロスチャイルド家、ジスカール・デスタン大統領はフランスのロッジの名誉会員です。
そして、円卓会議を率いるマーガレット・サッチャー、ヘンリー・キッシンジャー、ロバート・マクナマラ。オーストラリア、ハンガリー、チェコスロバキア、ドイツの経済を支配するウォーバーグ。
これらの人々が相互に関係を結び、秘密の決定を行うのです。彼らの決定は決して公表されないということに注目して下さい。しばらく経ってから私達が知らされることは、財務省、産業省、工業省、国防省あるいは国務長官が何らかの決定を行ったということだけです。私達は驚き、どこからそんなことが生じたのだろうと不思議に思います。

3.イルミナティ・ピラミッドの中間組織(CFR、円卓会議、シナルキ、イルミナティ)(5:03)

司会:イルミナティは組織されているとおっしゃいますね。

神父:イルミナティは組織を持ちます。ピラミッドの形でお見せします。
このピラミッドは、特に北アメリカの組織、三極委員会を表しています。これらすべてを支配している秘密組織は、CFRすなわち外交問題評議会という名を持っています。これが北アメリカにおける事実です。
更にオーストラリアからインドまでコモンウェルス全体におけるイルミナティの役割を統括する人々も存在します。それが円卓会議と呼ばれる第二のグループです。
更に円卓会議に続いて、シナルキというグループも存在します。シナルキはオスマン帝国時代のすべてのフランス語圏の国においてイルミナティの役割を支配しました。また、ボードワン1世からナポレオンに至るまでのフランスの領土を支配しました。
それから4番目のグループはイルミナティという公式の名を持っており、有力なイルミナティの活動を統括しています。活動場所は、主にイタリア、ババリア、チェコスロヴァキア、ユーゴスラビア、ドイツ、オーストリアです。

4.イルミナティが支配する4分野(経済・銀行、政治・軍事、社会・メディア、宗教)(6:37)

司会:イルミナティがその影響力をすべての分野で行使するための会議や機関はどのようなものですか。経済、政治、社会、宗教の分野においては、どのようでしょうか。

神父:問題のピラミッドを近くから見ると、今言われた4つのレベルにおいて同じ構造が見られます。これはCFRの管轄下にある組織の系統図です。経済面では、最も主要な大手銀行を支配しています。
デヴィッド・ロックフェラーがこの経済分野全体の責任者です。更に主要なトラストを管理する銀行があります。特に大手の航空会社。パンアメリカン航空、ノースウェスト航空、ロングアイランド・ライトニングなどの電気会社。それから、もちろんすべての石油会社です。
政治・軍事の面でもイルミナティの支配が存在します。政治・軍事面はネルソン・ロックフェラーによって統括されています。
ペンタゴンのような軍事機関もありますが、三極委員会、CIA、NATO、NASA、国連、ユネスコ。これらの機関はすべてロックフェラー家の系列であり、ロックフェラー家に管理されています。象徴的なのは、国連本部の場所はロックフェラー家によって与えられたものです。ロックフェラー家が世界政府から10分の場所に住むためです。更に、軍事活動へ自動車や石油などを供給する子会社があります。それらの会社は、政治軍事複合体がイルミナティの望む政治方針を拒否する国々を攻撃することを可能にします。
また政党もイルミナティの支配下にあります。二つの大政党があります。民主党と共和党は、どちらも CFRによって選ばれた人々によって管理され、誰が権力の座にいようと、常に両陣営にイルミナティの代表者が存在するように配慮されています。イルミナティが彼らを権力の座へ導くのです。
次に社会文化的な面を見てみましょう。社会文化的な面では、彼らはほぼ絶対的にマスメディアを支配しています。大手テレビ会社、例えば ABC 、 NBC 、 CBS 、 BBSは、イルミナティに直接支配されています。メディア、通信の面では、彼らは主要なプロダクションスタジオを支配下に置いています。ロイター、API(アメリカン・プレス・インターナショナル)、UPI (ユナイテッド・プレス・インターナショナル)。これらすべての機関はロックフェラー家が所有しています。
私達に伝えられるニュースは、彼らの全体的計画に都合が良いように、歪曲されているのです。
課税を避けるために彼らはいくつもの基金を持ち、基金のおかげで様々な機関の責任者を任命する権利があります。こうして、特に教育の分野を支配することができます。国立教育協会は、教育省に属してはいません。これは国とは完全に切り離された機関です。イルミナティの管轄下にあるのです。
彼らの真の神、仕えるべき神はルシファーなのです。ルシファーこそが権力の神、美の神であり、金の神、力の神、勝利の神なのです。これは徹底的な背徳化です。注目すべきことは、基金は社会文化面、また宗教面において、これらの教えを促進することです。しかし、宗教面に関しては、それ以上のものがあります。なぜなら、アメリカには7つのサタン教会が存在するからです。ウィッカ教会、ウィッカ・チャーチ・オブ・アメリカ、全世界教会、アクエリアスエイジの入口についてはよかったら後で言及しましょう。

アメリカサタン友愛教会。これはチャールズ・スペンサーが属している教会です。更に、サイエントロジーの教会があります。単位教会、エタンカー、最後の審判への歩み教会、そして世界中で知られている薔薇十字団です。薔薇十字団はフリーメ-ソンリーの宗教的一派です。イルミナティの内部で薔薇十字団は13人のドルイド司祭の教会を構成します。

5.イルミナティの運動「新世界秩序」とマイトレーヤの出現(12:33)

司会:なぜ神父は「アクエリアスエイジの入口」について説明して下さりたいのですか。

神父:それは、この団体に関して非常に重要な現象の解説書と言える本が存在します。「キリスト-マイトレーヤが現れた」という記事が一面全体に載りました。覚えておられるか分りませんが、世界中の新聞でマイトレーヤについて大きな記事が載りました。これは4月24日のモントリオールの新聞です。「いま、ここにキリストがいる」という見出しです。
一つの世界秩序、一つの世界教会へ向けた運動が存在するということです。イルミナティの標語「novus ordo seclorum」と同じ新世界秩序です。アメリカのドル札に書かれた言葉です。アクエリアスエイジの入口がこれらの思想を広めるのです。私達は水瓶座の時代にあると言うために様々なことが告知されました。これは、極めて秘密裏に、しかし世界的に活動するこの機関の表明行為です。そうやって、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の社会が神の概念を捨て、神をルシファーに替えるように条件を整えるのです。

6.イルミナティの陰謀を進める国際機関(世界銀行、IMF、BIS)(14:10)

神父:イルミナティの陰謀を、その世界的性格において理解するためには、その内部に、すべてを統合する構造が存在することを理解しなければなりません。例えば北アメリカと三極委員会の管轄下にある地域では、すべてがCFRを基盤として成り立っています。ロックフェラーの帝国に関しては、チェイズ・マンハッタン・バンク、ニューヨークのファースト・ナショナル・バンク、インターナショナル・ベイシック・エコノミック・コーポレーション、ケミカル・バンク、バンク・オブ・アメリカ、シティ・コアが支配下にあります。
人々が知らないことはアメリカ銀行、カナダ銀行、フランス銀行、ベルギー銀行と言うとき、これらの銀行が私有財産だということです。国に属してはいないのです。その国の大統領や王の管轄下にもありません。CFRは、アメリカ大陸と、これらの銀行が影響を及ぼす地域におけるイルミナティの活動を連携させます。CFRは、また、 連邦準備銀行(FRB) により、利率とマネーサプライに対し、その権力を最大限に行使します。そして、連邦準備銀行もまた、アメリカ大統領の監督下にはありません。連邦準備銀行は CFRの管轄下にあります。

司会:つまり、銀行家たちが法律を作る国を治めているというわけですね。

神父:彼らの権力は余りにも大きいので、彼ら自身が大統領を任命できるほどです。彼らが費用を負担する選挙キャンペーンのおかげです。そのあと、世界全体の支配を確立するため、彼らは 国際通貨基金(IMF) を設立しました。

司会:これらはすべてアメリカの機関ですね。その上に国際機関があるのですね。

神父:そのあと、 国際決済銀行(BIS) が設立されました。国家間の貸し付けを可能にするためです。すべてを 世界銀行(WB) で統合するためです。
この形式はイルミナティの役割に関し、フランスとフランス語圏の国でも見られます。そこでは、シナルキという別の名を持ちます。シナルキはフランスにおけるイルミナティの役割の具体的な表現で、ロスチャイルドの貨幣帝国に支えられています。彼らの権力行使に用いられる銀行は、ラザード銀行、パリバ、バンク・ナショナル・ド・パリ、リュクサンブール銀行、スイス銀行、オトマン銀行、ベルギー銀行です。基本経済を確実に支配しなければ世界政府は考えられません。国際的な手段との縦のつながりが必要で、これが世界政府の建設を可能にするのです。そのために世界銀行が必要だったのです。
シナルキはヨーロッパとフランスに相当します。すなわちフランス、リュクサンブールなどのフランス語圏の国々、オランダ、ベルギー、スイスです。シナルキはバンク・ド・フランス、国際通貨基金、国際決済銀行を介してその国際的表現を持ちます。
第3のグループは、コモンウェルスにおけるイルミナティの活動を統括します。円卓会議に注目しなくてはなりません。ここでも、やはり同じ仕組みです。ここでもロスチャイルド家が建築指揮官です。イギリス銀行を介しての支配ですが、常に、イギリス出身のロスチャイルド家の権力が、フランスではロスチルド男爵という地位を得ましたが、この一族がローズ・バンク、オーストラリア銀行、カナダ銀行と南アメリカ銀行を支配します。

司会:ロスチャイルド家がカナダ銀行へ影響力を持つとおっしゃるのですか。

神父:影響力どころではなく、銀行を所有しているのです。これが懸念すべき現実なのです。なぜなら、後で説明しますが、なぜなら利率、株価変動、融資条件を一方的に決定するのは彼らなのです。

司会:国から国へと資本を動かす決定をするのは彼らなのですね。

神父:現在37ヶ国が債務超過状態にあります。国際通貨基金により、返済期間を延ばすことはできますが、そのかわり、彼らがその国の財務大臣や国防副大臣などを任命する権利を得ます。どのイルミナティがどのレベルで権力を行使するかを彼らが決めます。そのようにして、その国を支配下に収めます。この国に、最終的に世界政府に参加することを同意させるためです。
更に、国際決済銀行により送金がなされ、通常数十億ドルの単位で行われます。世界銀行によって、すべてを結集させ円卓会議の活動を可能にします。円卓会議はイギリスにおいて権威と勢力を持つだけでなく、かつてイギリス帝国だったすべての地域、現在のコモンウェルスを支配します。
最後の図に移りましょう。これはイタリアで起こっていること。
また、オーストリア、チェコスロバキア、スウェーデンの状況の説明です。ここではイルミナティがイルミナティという名前を持っています。ロバード、クルップ、タイソンの庇護の下、スウェーデン銀行、チェコスロバキア銀行、ミュンヘン銀行、フランクフルト銀行、ディスクント・オギュスト・ゲシャフト、オーストリア銀行、ハンガリー銀行、イタリア銀行。これらすべてはイルミナティに支配されています。私が説明してきたこのピラミッドは、概要にすぎないことがわかります。イルミナティの構造の概要に過ぎないのです。

7.影で蠢くシオン修道会(21:16)

管理人注:悪魔に愛された女

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/483.html

神父:もう一つ強調しておくべき点があります。忘れてはいけないことはすでに申し上げた通り、イルミナティはマニ教由来のグノーシス派のセクトだということです。それに関して現在ベストセラーになっている本が2冊あります。

『イエス -テンプル騎士団の秘密の死すべき人間-』は聖書、イエスの生と秘蹟と使命の背徳化の見事な例です。フランス大東社のフリーメーソン、薔薇十字団の入団者、そしてイルミナティがイエスをどのように捉えているかが分ります。



詳しくは拙稿を検索ください

第二の本は英語とフランス語で出ているベストセラーです。『聖杯の中の聖なる血』という本です。3人のイギリス人ジャーナリストが聖杯探求の奇妙な状況に関して徹底した研究を行いました。少しずつ彼らは、近代のイルミナティの後ろに、シオン修道会の活動が存在したことを発見しました。シオン修道会という名を覚えてください。彼らは世界支配のために世界のユダヤ人たちによる陰謀を信じさせようとしたのです。
シオン修道会の人々が計画を考案し展開して、それをアダム・ワイスハウプトが信仰を破壊するだけでなく、キリスト教国家と信者が重要な役割を果たすすべての国を破壊するために、その計画を完成させたのです。

8.正義と平和の王国へ、我々の希望の在処(23:30)

司会:レジャンバルド神父、これほどの攻撃を前にして希望の場所はどこにあるでしょう。

神父:忘れてはいけないことは、闇の王が今日のように力強くふるまい、姿を現す時、その敗北の時は近いのです。私がこの問題について語るのは、パニックを生むためではありません。勇気をくじくためでもありません。

視聴者の皆さん、皆さんは、あまりにも巨大な力が私達の前に立ちはだかっているので、自分たちが無力になった気がするかもしれません。悪に無関心な善人が放っておくために、悪はその力を持つのです。私が皆さんにこの情報を与えるのは、あなた方が、今日の世界において分別と正確さを持って世界の福音に務めるために必要な光と知恵を持つためです。なぜなら私達は人間の地に、正義と平和の王国を作る責任を持つからです。

兵庫県連絡会~イラク

http://web.archive.org/web/20061007150238/http://
hyogo100man.sytes.net:80/index/iraqphoto.html


タミフルカプセルによる異常行動

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6262195

太陽の磁場の反転は徐々に始まっている

http://eien33.eshizuoka.jp/e1174800.html

地球の傾きが確認されている

http://eien33.eshizuoka.jp/e1626298.html



急変する地球

http://www5b.biglobe.ne.jp/~nshzwtc/sub-p2.htm



人類滅亡後の世界

https://www.youtube.com/watch?v=4PWeyt1MDus



地球の磁極はもうすぐ入れ替わる

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15165.html

注:地球磁場の変動はすでに起きていて世界の異常気象や災害などに見られる

惑星・衛星の内核回転推定一覧表

http://www5b.biglobe.ne.jp/~nshzwtc/ichirannhyou.htm

地球の自転の速度が減少している

https://indeep.jp/earth-rotation-mysteriously-slowing-down-and-earthquakes-must-increase/



もし人類がこの地球よりいなくなったら

http://karapaia.com/archives/52219918.html





















パパとママの秘密



寿司太郎CMの女の子が可愛い

http://www.nagatanien.co.jp/enjoy/cm/detail/178/









関連動画~https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%B5%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

日本で幸せを見つけたんだね

菅谷医師は訴える

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1030.html









 
 
》記事一覧表示

新着順:97/3702 《前のページ | 次のページ》
/3702