teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:92/3702 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

氷河期まであと13年?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年12月12日(火)16時03分0秒
  通報 編集済
  エデンの門が開くこの時期のことを,地質学者は最大間氷期とよんでいる。
原生人類は地球上に現れてから,そのようなパラダイスを二度しか見ていない。最近の最大間氷期はわずか8000年前のことで,その秋の日差しの名残に浴していられる私たちは幸運なのだ。
Stephen Oppenheimer:Out of Eden





リンク多し

https://cse.google.co.jp/cse?cx=partner-pub-6574430398090734%3A9971926903&ie=UTF-8&q=ミニ氷河期&sa=検索#gsc.tab=0&gsc.q=%E3%83%9F%E3%83%8B%E6%B0%B7%E6%B2%B3%E6%9C%9F&gsc.page=1



NASAからの警告

http://rakusen.exblog.jp/15325874/

ついに氷河期到来か

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1196.html

人類滅亡後の世界

https://www.youtube.com/watch?v=4PWeyt1MDus



夏はもう来ないかも

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/527.html



突然万物は消滅する その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/444.html

突然万物は消滅する その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/445.html

突然万物は消滅する その3

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/446.html

突然万物は消滅する その4

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/447.html

突然万物は消滅する その5~とくに重要

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/448.html

突然万物は消滅する その6

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/449.html

突然万物は消滅する 完

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/450.html

また・お星さまキラキラ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/5.html

またまた・お星さまキラキラ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/7.html

エドガー・ケーシーの予言~西暦を修正すれば2026年であるから整合性がある

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/8.html

おまけ













フランス語を話す三島由紀夫

https://www.youtube.com/results?search_query=%E4%B8%89%E5%B3%B6%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%AA%9E



ついでですから少し余計なことを書きましょう。若き三島由紀夫は20台前半に著した「仮面の告白」新潮文庫15ぺージには「私が幼児から人生に対して抱いていた観念は,アウグスティヌス風な『予定説』の線を外れることがたえてなかった。いくたびとなく無益な迷いが私を苦しめ,今もなお苦しめ続けているものの,この迷いを一種の堕罪の誘惑と考えれば,私の決定論にゆるぎはなかった。私の生涯の不安の総計のいわゆる献立表を,私はまだそれが 読めないうちから与えられていた。私はただナプキンをかけた食卓に向かっていればよかった。今こうした奇矯な書物を書いていることすらが,献立表にはちゃんと載せられており,最初から私はそれを見ていた筈であった。」仮面の告白は昭和25年6月には発刊されている。

それに対し森有正先生の「砂漠に向かって」にはこう表現している。「予定の観念は強く私を捉えている。カルヴァンが,私の世界に深く浸透してくるのは,そこを通してではない。十分に理解された予定とはー意思が正しく意欲することーを意味している。

それはまさに宿命論の正反対である。マラキ書は言っているではないか・エサウはヤコブの兄ではないか,永遠の神は言う,しかしながら,私はヤコブを愛し,エサウを憎んだ。

・・・・中略・・・・この予定の教えはアウグスティヌス,カルヴァン,ジャンセニウス,パスカルを通って近代までなまなまとと伝えられて来た。・・・・中略・・・・私の陽気さが,その最も確かな証拠だ」この本は昭和45年11月発刊ですから仮面の告白の20年後です。どちらかというと森先生はカルヴァンに影響を受け,心の奥深くにはキリストの終末論があったようです。フランス文学に進む場合この聖書の意味がわからないと一歩も前に進めません。しかしある程度理解したら聖書の予定説は早めに切り上げたほうがよい。なぜならその後に待っているのは三島由紀夫や芥川龍之介のような死しかないのですから。三島のように聖書の予定説で固定的先入観を植え付けられてしまうと自分は死の美学しかないとなってしまう。きっと育ちがいいのでしょうか。内面的な矛盾と闘ってきた人から見れば滑稽な生き方でしょう。

聖書の予定説とはで検索すると

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RADH73jTJa_ggA1iWJBtF7?p=%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E4%BA%88%E5%AE%9A%E8%AA%AC&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E4%BA%88%E5%AE%9A%E8%AA%AC&at=&aa=&ai=p3RRmCS1S4SST5DICLZ4DA&ts=5878

以下が分かりやすい

https://www.gotquestions.org/Japanese/Japanese-predestination.html

質問: 予定説とは何ですか?予定説は聖書的ですか?

答え:  ローマ書8章29-30節は、「なぜなら、神はあらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。」と言っています。エペソ1章5節と11節では、神はみむねとみこころのままに、私たちをイエスキリストによって、ご自分の子にしようと、愛を持ってあらかじめ定めておられました。、、、この方にあって私たちは御国を受け継ぐ者ともなりました。みこころによりご計画のままをみな行う方の目的に従って、私たちはあらかじめこのように定められていたのです。」と宣言しています。多くの人たちは、予定説に対して強い反感を持っています。しかしながら、予定説は聖書的な教理です。 鍵となるのは、予定と言うのは聖書的にはどういう意味かを理解することです。

以上の聖句で、「あらかじめ定められた」と訳されていることばは、ギリシャ語の‘プロオリ-ゾ“からきています。このことばは「前もって決められていた」とか「定める」「その時より先に決める」などの意味を持っています。ですから、予定というのは、神が、あることの起こる前からそうなるように決められると言うことです。神は何をその起こる前から決めておられたのでしょう? ローマ書8章29-30節によると、ある人たちが御子に似たものとなるように、彼らを召し、義とし、栄光を与えるように前もって決めておられたということです。要するに、ある人たちが救われるように と前もって決めておられたということなのです。多くの聖句は、キリストを信じる者を選ばれた者と呼んでいます。(マタイ24章22節;マルコ13章20、27節; ローマ8章33節;9章11節11章5-7、28節;エペソ1章11節;コロサイ3章12節;第1テサロニケ1章4節;第1テもて章21節;第2テモテ2章10節;テトス1章1節;第1ペテロ1章1-2節;2章9節;第2ペテロ1章10節)予定説というのは、神が主権を持って、ある人たちを救われるように選ばれるという聖書的な教理なのです。

予定説に対しての最もよくある反論は、それは不公平だという事です。神はなぜある人たちを救いに選び、他の人たちは選ばれないのでしょう? ここで覚えておくべきことは重要なことですが、誰一人として救いを受けるに価しないということです。私たち、みんなが罪を犯しました。(ローマ3章23節)それで、誰もが永遠の罰を受けて当たり前なのです。(ローマ6章23節)その結果、私達をすべて永遠の地獄に送っても、神は完全に正しいのです。 しかしながら、神は私たちの中の何人かを救うことにされました。 神は、選ばれなかった人に対して不公平でも何でもないのです。なぜなら、その人たちは当然の報いを受けるのですから。神がある人たちには恵みを示し、他の人には示さなかったからと言ってその人たちに対して不公平であるというのではないのです。誰ひとりとして神から何かを受けるに価するわけではないのですから。ですから、神から何かを受けなかったからと言って、神に反論することはできないのです。例えば、私が20人の人たちの中の5人にお金をあげたとします。お金をもらえなかった15人は腹を立てるしょうか?多分。しかし、彼らに腹を立てる権利があるでしょうか?いいえ、ありません。なぜでしょう?なぜなら、私は誰にもお金を借りていたわけではないからです。私はただ、何人かの人たちに気前よくしただけですから。

もし、神が誰が救われるか選ばれているのなら、私たちがキリストを選んで信じる自由意志はどうなるのでしょうか? 聖書は私たちは自由意志で選択できると言っています。私たちがしなくてはならないのは、ただイエスキリストを信じること、そうすれば救われると言っています。(ヨハネ3章16節;ローマ10章9-10節)聖書は、一度も、神が、神を信じる者を拒むとか、誰でも神を求める者を退けるとか言ってはいません。(申命記4章29節) どうしてか、神の神秘さのうちで、予定説は、神に引き寄せられた人と共に働いて(ヨハネ6章44節)、その人が信じて救われるのです。(ローマ1章16節) 神は救われる人をあらかじめ決めておられ、救われるためには、私たちはキリストを選ばなければならないのです。 この二つの事実は、同等に真理です。ローマ11章33節は、「ああ、神の知恵と知識との富は、何と底知れず深いことでしょう。そのさばきは、何と知り尽くしがたく、そのみちは、何と測り知りがたいことでしょう。」と宣言しています。

ローマ書=ローマの信徒への手紙

http://bible.salterrae.net/kougo/html/romans.html

聖書ものがたり・ローマの信徒への手紙

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/152.html



2/2

https://www.youtube.com/results?search_query=%E4%B8%89%E5%B3%B6%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB%E3%80%80%E3%80%8E%E3%82%B5%E3%83%89%E4%BE%AF%E7%88%B5%E5%A4%AB%E4%BA%BA%E3%80%8F+2%2F2+





必読~ビットコインは詐欺

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-30/P08F156JTSE901

所詮円天や軍票詐欺みたいなもの

以下二つは円天の記事

http://d.hatena.ne.jp/Paul3/20070525/p1

http://d.hatena.ne.jp/Paul3/20070621/p1









おまけ~八咫烏ってな~に

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/621.html

藤井厳喜~肝心なことは抜かしてあります.ヴェノナ文書なんてこの人は知っているの?

http://www.worldforecast.jp/lp/fukota/adw.html

ヴェノナ文書

https://matome.naver.jp/odai/2143793162904430601

ヴェノナ文書関連記事とビデオ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1189.html

あるいは~共産主義者の大東亜戦争責任」というのがある

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1901



ヴェノナ文書は4分23秒から.......

「ヴェノナ」とは、1943年にアメリカが始めたソ連の暗号傍受・解読作戦の名称である。本書は「ヴェノナ」解読文書の元となった通信文から、ソ連のスパ イ活動の全貌を暴く画期的な一冊。いち早くその重要性を指摘した中西輝政氏らが本邦初翻訳を試みたものである。東西冷戦後、原著者らの努力で「ヴェノナ作 戦」の成果が公表され、世界中の歴史家に衝撃を与えた。第二次世界大戦時の同盟国ソ連が百人単位の規模でアメリカにスパイを送り込み、外交、軍事、産業上 の機密情報をことごとく盗み出していたことが分かったからである。当時のルーズベルト政権は、完全にソ連の工作の影響を受けていた。そしてアメリカの軍事 機密がソ連に筒抜けだった事実は、日本にとって何を意味するか。ソ連はアメリカの原爆プロジェクト「マンハッタン計画」を事前に把握しつつ、1945年8 月6日の広島への原爆投下を見届け、同月8日に対日宣戦布告を行ったということである

管理人注:最後の記述に大きな間違いがあります。もう分かりますよね,いちいち説明しなくても 田母神論文はヴェノナ文書の存在を書いたわけでそれがばれると大変なことになるので建前上解雇されたことになっている。安倍総理は田母神氏を大応援しているのです。祖父から聞いたんでしょう。スターリンに踊らされたと。

岸信介かく語りぬ~スターリンがE・ロスチャイルドの庶子だったことは知らなかったでしょうね

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3416

第56-57代の内閣総理大臣を務めた岸信介は、三田村武夫氏の著書『大東亜戦争とスターリンの謀略』の序文でこう記している。

「近衛文麿、東条英機の両首相をはじめ、この私まで含めて、支那事変から大東亜戦争を指導した我々は、言うならば、スターリンと尾崎に踊らされた操り人形だったということになる。
私は東京裁判でA級戦犯として戦争責任を追及されたが、今、思うに、東京裁判の被告席に座るべき真の戦争犯罪人は、スターリンでなければならない。然るに、このスターリンの部下が、東京裁判の検事となり、判事をつとめたのだから、まことに茶番というほかない」と。

関連記事:しばやんの日々

http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-295.html

昭和29年(1954)に在日ソ連大使館の二等書記官という肩書を持つラストヴォロフKGB中佐が東京から米国に亡命した事件があった。(ラストヴォロフ事件)
彼はソ連の工作員で日本の共産化のための工作を行なっていたのだが、亡命先のアメリカで、36人の日本人エージェントを有していたと証言したことがマスコミに報じられ、エージェントのうち元関東軍第三方面軍情報参謀・志位正二少佐と元参謀本部作戦課参謀・朝枝繁春中佐が警視庁に自首したという。志位正二少佐という人物は現在の日本共産党委員長・志位和夫の叔父だという。

ラストヴォロフは米国で、モンゴルのウランバートルにあった「第七〇〇六俘虜収容所」という偽装看板の特殊学校で、11名の厳格にチェックされた共産主義者の日本軍人を、共産革命のための工作員として養成したという証言もしているようだ。
その11名のうち氏名が判明しているのは、志位、朝枝のほかには、帰国後総合商社伊藤忠商事の会長や中曽根康弘総理のブレーンを務めた瀬島龍三、先ほどの対ソ和平仲介工作で名前の出てきた種村佐孝がいる。種村は帰国後、日本共産党員となっている。

読売報知S200315

『一億玉砕』と本土決戦を国民に呼びかけたことも種村や松谷が作成した「終戦構想」にあるようなのだが、こういう史実を追っていくと、われわれには重要な真実が戦後の長きにわたって封印されてきたことを知らざるを得ない。真の戦争犯罪人はソ連のスターリンではなかったか。

ラストヴォロフ事件

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPenZMrDRa2C8A0iGJBtF7?p=%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AD%E3%83%95%E4%BA%8B%E4%BB%B6&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AD%E3%83%95%E4%BA%8B%E4%BB%B6&at=&aa=&ai=Q4Aie_LhS9CPUUuXP.9FZA&ts=1298

下記閲覧注意

悪魔の「パラビオーシス」:富裕層やエリートたちの究極の若返り術だった!?

http://quasimoto2.exblog.jp/238068855/

谷内正太郎

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhP0AcRjNa2C8ASHCJBtF7?p=%E8%B0%B7%E5%86%85%E6%AD%A3%E5%A4%AA%E9%83%8E%E5%AE%B6%E7%B3%BB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E8%B0%B7%E5%86%85%E6%AD%A3%E5%A4%AA%E9%83%8E%E5%AE%B6%E7%B3%BB&at=&aa=&ai=q7xteE_GQPKfYI1j8DP3OA&ts=18102

谷内正太郎はキッシンジャーと同じだった

https://ameblo.jp/kororin5556/entry-12277483148.html

関連記事:ソビエト代理人 H・キッシンジャー

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/222.html

ペレストロイカ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1001.html

"The Soviets are not striving for genuine, lasting accommodation with the Western democracies but for the
final world victory of Communism"
...Anatoliy Golitsyn, 1995

『ソビエトは西側民主主義との真正の永続的調停を目指して努力しているのではなくて、共産主義の最終的世界勝利を目指して努力しているのである」.........アナトリー・ゴリツィン、1995年』

原文~http://www.fatimacrusader.com/cr51/cr51pg10.asp

元KGB捜査官で元CIAのアナトリー・ゴリツインは故クリストファー・ストーリー氏の刎頸の友であり管理人の知り合いでもある。

Thesis資本主義+AntiThesis共産主義=A defactSynthesis世界統一政府=共産主義の最終的世界勝利

Perestroika Deception: Memoranda to the Central Intelligence Agency - The World's Slide Towards the Second October Revolution ('Weltoktober') (英語) ペーパーバック  ? 1997/3

Anatoliy Golitsyn   (著)



おまけ~元受付嬢の起業

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24643260U7A211C1XY0000/

米国企業減税21%へ~なぜ出来たかは先日のトランプ訪日と関係があります。多額のPromissory Noteをお土産にね

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24734550W7A211C1MM0000/

エルサレムを日本語に訳すと平安京になる

https://blogs.yahoo.co.jp/wantonblog/6648260.html?__ysp=aHR0cDovL2FuZ2VsLmFwLnRlYWN1cC5jb20vZ2FtZW5vdGF0c3VqaW4vMjk4Lmh0bWw%3D

亀井元金融担当相 増税に猛反対~当たり前のことです

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-119903/



 
 
》記事一覧表示

新着順:92/3702 《前のページ | 次のページ》
/3702