teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:87/3702 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

過去をくよくよするのは人間だけ

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2018年 1月 2日(火)12時00分38秒
  通報 編集済
  心の中の大掃除・辛い過去の記憶を断捨離するための7つのヒント

http://www.el-aura.com/wake-up-japan20171231/

作家のよしもとばななさんは「私から自信を奪ったのは他人ではなく自分である,という責任の重さを本当の意味で理解した.....という話は以下の通りです。

 『自分が清らかだったという自慢話では決してなく,私は小さい頃,本当にものや植物とお話していた。花瓶が割れてもかわいそうだと泣き,動物が死んだりしたらお祈りしたり嘆き悲しみ,もう大変だった。いらいらした人がいる部屋に入ると頭痛がしたし,病院に行くといろいろ感じてしまいそれだけで一日寝込んだ。悪意にも敏感でびくびくしていたし,旅行に行ったら帰るときには「ありがとう,お部屋よ」と言って出た。自分の中に小さな友達がいて,その友だちが喜ぶものを集めて袋に入れ,いつでも、持って歩いていた。

 実は今もほとんど内実は変わっていないのだが,小さい頃はいっそうむき出しだったと思う。そんな私がどんな目にあって生き抜いてきたか,想像がつくであろう。人々はみな私を狂っているとか神経質だとか,もう少ししっかりしなさいだとか丈夫になりなさいだとか,うっとうしいだとか,面倒くさいだとか,繊細すぎると言った。私はいったんそれを本気で真に受けてみた。現実社会の一員として,ものすごく現実的になってみたのだ。

 そうしたら,いいこともたくさんあった。たとえば,愛する動物が死のうとしているときに,しっかりと地に足をつけて体を使って看病できるようになった。いろいろな人に会ったり,いろいろなところに行ったりすることがこわくなくなった。あらゆる人の意見を理解し,合わせることもできるようになった。その段階で,私は自分の中の小さな人の叫びから少しだけ逃げた。その瞳は透明すぎるし,生きてゆくには必要がない,なんといってもその面を大事にすると,男の人からは追いかけられ,女からはねたまれ,苦しいことが多すぎて,ろくなことがない。図太い方が往きやすい,どんどん奥に押し込めておこう,自分の中にその人がいることを知っているんだから,大丈夫だとたかをくくった。

 でもその小さな人はどこまでも叫び続けた。小さい声で,でも決して消えないはっきりした調子で。その人はまだ植物や動物と話ができるし,部屋や石の声も聞けた。清められた空間とそうでない空間との違いを,掃除の有無だけでなくわかることができた。ただ人間だけがこわい,そう言っていた。人間をこわがっていたらきりがないよ,もういいよ,人のことなんてどうでも,そういうふうに私は切り捨てようとした。でも,小さな人はうなずかなかった。苦しむことも,とことんやったほうがいいというのだ。

 そしてあるときその人は突然,美しい反逆をはじめたのだった。私がごまかしたり楽になろうとしたり人に好かれようとしてついていた小さな嘘はみんな明るみに出て,おそろしい勢いで浄化が始まった。後は小さい人の声と共に生きるしかない,でも私にはまだ自信がなかった。あるところから,私は人に合わせることがどうしてもできなくなった。これまでは「わかるわかる,その考え方わかるところがある」と言えていたのに「私はあなたがとても好き,でもここは違う。私はこう感じる」としか言えなくなった。そうしたら,驚くほどたくさんの人が離れていって,お互いが傷ついた。そんなでは意味がないではないかとさえ思った。それでも私は,小さい人の声を消せなかった。

 そして次に起きたことは,ほんとうにわかってくれる人が,ひとりまたひとりと近づいてきてくれたのだった。それでも恐ろしい痛みをむきだしのままくぐって,私は弱っていた。その過程で投げつけられたさまざまなののしりで、体が痛いほどだった。そして少し自信を失っていた。わかってはいるけれど,失ってしまったのだ。そのリハビリの過程で,私はホ・オポノポノに出会った。あるとき,イハレアカラ・ヒューレン博士のインタビューを読んだのだ。その辛辣さが真実の愛であることが,似たものを持つ私にはすぐわかった。そして,彼のことを調べて,クラスに参加した。

 私が恥ずかしく思っていたこと,生きてゆくのに弱すぎると思っていた全てのこと。小さい人を大事にすること,その全てがそこでは光に包まれていた。私が小説を書く上で,本をつくる上でしようとしていたことは,全て正しかったのだ。ここには確かに同じ発想がある,そう感じた。これまで誰に言っても「大げさな」「空想だ」「それでは生きていけない」と言われたことの全てが,そこで肯定された。私の中の小さい人を(管理人注:小さい人=インナーチャイルド)育てていく技法も具体的にしっかりと教わった。

 それで私は猛然と変わりはじめた。変わりはじめたら,これまでに出会った数少ない理解者たちがどんなに私を思って,ほんとうの私に戻るためにどんなにはげましてくれていたか,はじめてわかった。自信が戻ってきた。自信とともに,私にはもう地に足のついた苦しい時期に学んだあらゆる経験もそなわっていた。そして私から自信を奪ったのは他人ではなく自分である,という責任の重さをほんとうの意味で理解した。おそろしい他人を想定して自分を正当化するのをきっぱりとやめた。そして,私は気づきはじめている。これはとても大変なことだが,実は私はずっとひとりぼっちでこれをやってきたのだ。

 永遠に続く孤独な徒労だと思ってやってきたことが,光の道,意図のある自信の道に変わったのは,ヒューレン博士の姿を見て,その黒く輝く瞳をのぞきこんで,自分と彼が,そして全ての人が属するほんとうに美しい「無限」を見たからだと確信している。』

マーフィーの黄金率の法則も潜在意識の引き寄せの法則ですが場合によってはその潜在意識を閉じ込めることも肝心かと。

管理人はかつて新聞の一面のブルガリの広告で彼女のかみそりのようなコピーを読んで感動したことがあった。それから本を全て買い,読みたい衝動を抑え続け何年も書庫においておいた。そしてその衝動がピークに達したとき読み始めた。

マーフィーの法則

http://kujira.bufsiz.jp/

落っこちちゃったリスの赤ちゃん

http://marandr.com/22741472



ラフールさんは「生きとし生けるものがみんなこんな風に、お互いに思いやりを持って接していれば、世界はきっとステキな場所になるはずなんだ。今回のことは、僕の人生の中でも得難い最高の経験だったよ」と答えている。

マーモットと少年の絆~動物たちは人の心を読む本能があるんだね

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1998406.html#more

盲目のスマイリー

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1998403.html

飼い主のジョアンさんは言います。
「スマイリーは、生まれた時はハンデがありました。
でも、犬たちは
過去をくよくよすることは無いし、自分たちをかわいそうに憐れむこともない。
常に今を生きているからです。」





神様がお迎えに来た特別な日

おまけ



月10万円の生活をして幸せになった大富豪

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1136.html

タイニーハウス その1

http://tabi-labo.com/161487/six-benefits-for-small-house-movement

タイニーハウス その2

http://top.tsite.jp/lifestyle/lifetrend/i/23950343/index

タイニーハウス その3

http://top.tsite.jp/news/i/23950337/



以下に注目~

https://youtu.be/NUfJXdMIRGw?list=RDN33BtgpscUE&t=2124

黒幕はフィリップ・エディンバラ公でしょうね、間違いなく!!

上のビデオの後半の関連記事です~http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1016.html

House of Windsor

https://www.youtube.com/results?search_query=house+of+windsor

The House of Windsor from Victoria to Kate

https://www.youtube.com/results?search_query=The+House+of+Windsor+from+Victoria+to+Kate



ウインザー家の実体は?

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=212805

その2

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=212804



キング・ジョージ六世

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPFm02AU9arQsAviKJBtF7?p=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%85%AD%E4%B8%96&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%85%AD%E4%B8%96&at=&aa=&ai=JKfo8uvgRz2QMay5tHBBUA&ts=17486

ジョージ六世の父ジョージ五世から歓迎を受ける昭和天皇(当時皇太子

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/225.html



関連記事

http://amaterasu07.blog110.fc2.com/blog-category-7.html

阿片戦争と麻薬貴族

http://amaterasu07.blog110.fc2.com/blog-entry-10.html

自由の国「アメリカという幻想」

http://amaterasu07.blog110.fc2.com/blog-entry-9.html

黒い貴族と偽りの金融システム

http://amaterasu07.blog110.fc2.com/blog-entry-8.html

諸悪の根源

http://amaterasu07.blog110.fc2.com/blog-entry-50.html

悪魔のアジェンダ その1

http://web.archive.org/
save/_embed/http://blog.goo.ne.jp/audelia1214/e/1469c3b483531bc73618b585f7e2574a


悪魔のアジェンダ その2

http://web.archive.org/
web/20180104140058/http://blog.goo.ne.jp/audelia1214/e/f7b
35e84ba53ee8580ec88e3df33067e


不可解な真実

http://amaterasu07.blog110.fc2.com/blog-entry-48.html

沈黙するメディア

http://amaterasu07.blog110.fc2.com/blog-entry-49.html

 「我々は、ワシントン・ポスト紙やニューヨーク・タイムズ紙、そしてタイム紙をはじめとする、立派な出版事業者に大変感謝している。こうした各社の経営幹部が我々の会合に40年にもわたって参加し、しかもその間、無用な口外はしないとの約束をたがえることなく、尊重し続けてくれた。

 その内容がもし公表されていたら、我々の世界計画を進めることは出来なかっただろう。
 しかし、世界中が洗練された今、世界政府の樹立に向けた準備は整ったと言える。

 過去何世紀にもわたってこだわり続けた民族自決の原則よりも、エリート知識人と国際銀行家による、超国家規模の統治のほうが、もちろん好ましいのだ」

 これは、デーヴィッド・ロックフェラーの1991年6月のビルダーバーグ会議での発言である。

イルミナティと外交問題評議会 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/371.html

イルミナティと外交問題評議会 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/371.html

欧州の2大支配勢力:古代ローマ以来の貴族系とフェニキア以来の金融系

http://web.joumon.jp.net/blog/2009/08/000888.html

裏の支配勢力史1 ヴェネチア~十字軍・騎士団~スイス都市国家

案内人 ( 闇 に 光を照らす )

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=211294

裏の支配勢力史2 ハプスブルグ帝国~タクシス家・サヴォイ家

案内人 ( 闇 に 光を照らす )

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=211295

管理人注:ウインザー家の実体はベネチアの黒い貴族の中でも最も古いゲルフ家でビクトリア女王の血統はゲルプ家に遡る。





米国歴代大統領は一人を除いてすべて親戚?

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/783.html

イギリス王室の乗っ取りの手助けになったのがドイツの有力な大諸侯、ヴェルフ家です。
ヴェルフ家はゲルフ派の筆頭としてヴァチカン ローマ教皇を支援してました。
そのゲルフ派に資金援助してたのがベニスの黒い貴族=プルート・オリガルキー(金権寡頭権力体制)です。

黒幕は、サンヘドリン(ユダヤ法院・金貸しと女衒の家系ヴェルフ家を中心とした欧州貴族(ヴェルフ派)とハザール人(ロスチャ)とスファラディ(ロック)の混血バンカー。つまりカナンの黒い貴族

中世・近世ヨーロッパがギベリン派(皇帝派)とゲルフ派(教皇派)
という2大陣営で争っている間、カナン人の末裔はゲルフ派と同化していったそうです。

現在のイギリス王室(ウィンザー家)は純粋なアングロ・サクソンではないそうです。ウィンザーという名称は1917年にイギリス王ジョージ5世によって採用されたものですが、「ウィンザー」とは実は、ベニスの「黒い貴族」の最古の王朝の一つであるゲルフ家のことだそうです。
更に、20世紀初頭まで在位したヴィクトリア女王の血筋は、直接にゲルフ家にさかのぼることが可能だそうです。

ゲルフ家は由緒ある女衒のでです。有名な女衒第13代ムァンクォ・ゲルフはヴィクトリア女王の母方の祖父に当たります。
サンヘドリンと欧州貴族の混血である、カナンの黒い貴族。

「スファラディー・ユダヤ人」の一部は、歐州の宮廷に入り込み、特權を享受してゐた。ホフ・ユーゲン(宮廷ユダヤ人)と呼ばれた彼等は、軈て歐州の貴族階級に同化していき、其の肌の色から「黒い貴族」とも呼ばれた。

一部の風説では、彼等「黒い貴族」が世界の支配權を握る爲に行つた事例の一つが、英國東印度會社に據る「阿片貿易」だつたともされる。當初は東印度會社に依り行はれてゐた阿片貿易事業に、後に「黒い貴族」達が直接經營に參劃し、莫大な利益を上げたのだと云ふ。

又、現在の英國王室(ウヰンザー家)は、ヴヱスの「黒い貴族」の最古の王朝の一つである「ゲルフ家」に溯る事が出來るとの説も、一部で流布される。

そして、迫害された清教徒が新大陸・アメリカに移住した際に、英國のゲルフ派達も移住したのだと云ふ。
デラノ家、カボティ家、ルーズヴヱルト家、パーキンス家、ベアリング家、リヴヰングストン家等、米國の有力な一族ーは皆、此のゲルフ派(黒い貴族)に起源を辿れるとされる。

そして又、デラノ家及びルーズヴヱルト家の家系から出た歴代米國大統領は、計十三人にも上るとされる(第2代ジヨン・アダムズ、第4代ジェームズ・マデイスン、第6代ジョン・Q・アダムズ、第8代マーテイン・V・ビユーレン、第9代ウヰリアム・H・ハリソン、第12代ザカリー・テイラー、第17代アンドリユー・ジヨンソン、第18代ユリシーズ・S・グラント、第23代ベンジヤミン・ハリソン、第26代セオドア(“テディ”)・ルーズヴヱト、第27代ウヰリアム・H・タフト、第33代フランクリン・D・ルーズヴヱト)。

元記事~http://www.atlanteanconspiracy.com/2008/06/presidential-bloodlines.html



パート1~パート7+まで連続

バミューダ・トライアングル

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/195.html

ビデオ~https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%90%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB

女盗賊プーラン

https://youtu.be/dEaXb6SVbrU?t=298

女盗賊プーランで検索すると5件ヒットします

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8F%97%93%90%91%AF%83v%81%5B%83%89%83%93&inside=1&x=0&y=0

おまけ~痴漢冤罪対処法

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2059385.html#more

AIイア―フォン

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO25291520T00C18A1TCP000/?n_cid=NMAIL007





ワンちゃんは一瞬にして相手の心を読むんですね

タイタニック号沈没の陰謀

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/722.html

連邦準備制度に反対する人々は多かったが、その中に、ベンジャミン・グッゲンハイム、アイサ・シュトラウス、ジョン・ジェイコブ・アスターがいた。彼らは、世界でもっとも裕福な人々であり、連邦準備制度に反対するイエズス会の敵であるだけではなく、第一次世界大戦に反対するために資金と影響力を行使する用意のある人々であった。

彼らは、騙されてこの船に乗り込まされた。

・・・1912年4月14日(アブラハム・リンカーンの暗殺と同じ日)に、タイタニックは沈んだ。1913年12月、連邦準備制度が合衆国に誕生した。8ヵ月後、イエズス会は、連邦準備制度を通じて十分な融資を受け第一次世界大戦を開始した。

連邦準備制度がタイタニックの沈没の直後に造られたことに着目してほしい。金持ちたちは、いつも不要な戦争を生み出し、貧困者たちは戦闘の中で死んでいく









以下の記事は分かりやすく解説している

https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/34882413.html



おまけ~池上彰という人は東京工業大学の教授もしているのですが役割は日本版デビッド・アイクなのです。昨年のテレビでも後藤健二氏はなぜ殺されたのかなんて報道していましたがね。本人はまだ元気ですよ

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2057810.html



シュメール=スメル その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/811.html

シュメール=スメル その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/812.html

失われた10支族と第四エズラ書

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3951

正社員である必要がなくなる

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00010003-houdouk-bus_all&p=1

メタップス株式会社

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPFi_o6lBaojIAWeSJBtF7?p=%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E3%83%A1%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%B7&at=s&aa=&ai=CF.yrp52TDuOmFgtqzVwuA&ts=15553

TimeBankとは

http://jp.techcrunch.com/2017/09/11/timebank-launch/

挑まなければ得られない

http://jp.techcrunch.com/2015/11/17/ex-goolgler-takuya-oikawa-joins-increments/

現実と乖離した虚構の信用~あなたの信用 いいね!が左右 就職や取引成功

https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGXMZO24197130S7A201C1EA1000&scode=6172&ba=1

管理人注:存在とは関係であり現象面から生じるすべてのことが真実である。しかし虚構から生まれるものは何もない

2018年ヒット商品予測

http://www.nikkei.com/video/5676819332001/

ブラームス小曲

http://www.nikkei.com/video/5701713609001/?playlist=4654649186001

 
 
》記事一覧表示

新着順:87/3702 《前のページ | 次のページ》
/3702