teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:89/3705 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

英国ロイヤルファミリーは英国人ではなかった

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2018年 1月 7日(日)20時26分5秒
  通報 編集済
 



以下に注目・35分26秒から~

https://youtu.be/NUfJXdMIRGw?list=RDN33BtgpscUE&t=2124

その下のビデオ

https://youtu.be/XBIKZNGHpOg?t=22

英国ロイヤルファミリーは英国人ではなく実際はSAX-COBURG-GOETHA というドイツ人の家系であった。ドイツと第一次世界大戦中1917年に名前を変えた。ウインザーという名そのものはファミリーとは一切関係がなく彼らの城の一つである。チャールズ公が民間のダイアナと結婚した時ダイアナは英国人の血筋であった、英国支配層は彼らがドイツから継承されたことを隠し続けた。多くのファミリーはヒトラー側につき第二次世界大戦はナチのメンバーであった。

巨悪は我々の心を養分として育つ

http://www.archivelago.com/Garden/Cloisters/2004/shuudan_aku.html

ニュートンとアインシュタイン

http://www.archivelago.com/Garden/Cloisters/2001-2003/preface.html



ザクセン=コーブルク=ゴータ家(ドイツ語: Haus Sachsen-Coburg und Gotha)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%EF%BC%9D%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%AE%B6

ドイツ革命以降のザクセン=コーブルク=ゴータ公家
1.カール・エドゥアルト(1918年 - 1954年)
2.フリードリヒ・ヨシアス(1954年 - 1998年)
3.アンドレアス(1998年 - )

イギリス王家(サクス=コバーグ=ゴータ家)
1.エドワード7世(1901年 - 1910年)
2.ジョージ5世(1910年 - 1917年)
第一次世界大戦の敵国ドイツ由来のサクス=コバーグ=ゴータの名称を嫌って、1917年にウィンザー家(Windsor)と改称した。

ウインザー朝

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%BC%E6%9C%9D

PINDARとはエディンバラ公フィリップのことです~重要

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/503.html

世界権力構造の秘密

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/484.html

黒幕はフィリップ・エディンバラ公でしょうね、間違いなく!!

一番上のビデオでバランサーのデビッド・アイクやアレックス・ジョーンズがレーニン話法を使って出てきますがダイアナ妃の恋人で殺されたドッティの父親に発言させています......殺したのはフィリップだと。

子供5万人大虐殺の罪でローマ法王とエリザベス女王に対し懲役25年の有罪判決 ~彼らが法律なのです

https://blogs.yahoo.co.jp/rocket_bus_company/66217145.html

子供たちの骨が見つかった

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/794.html



ベルギームノ村にある暗黒の母城。そこでは24時間世界で起こったことが子供の生血で書かれている。英国王室もここで血の儀式を行っていたそうだ。

バラビオーシス~なぜ何百万人もの子供が行方不明なのか

http://quasimoto2.exblog.jp/238068855/

上のビデオの後半の関連記事です~http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1016.html

House of Windsor

https://www.youtube.com/results?search_query=house+of+windsor



1~5連続



The House of Windsor from Victoria to Kate

https://www.youtube.com/results?search_query=The+House+of+Windsor+from+Victoria+to+Kate



Video includes:
House of Norman family tree
House of Plantagenet family tree
Wars of the Roses
House of Tudor family tree
House of Stuart family tree
House of Hanover family tree
Queen Victoria family tree
House of Windsor family tree
Queen Elizabeth family tree



海賊紳士ドレイク

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1179.html

ドレークのもっとも華々しい活躍は,1577年から1580年にかけてのゴールデン・ハインド号による遠征だった。それはマジェランに次ぐ二番目の世界周航であった。マジェラン海峡から太平洋に入って南太平洋岸の殖民都市を荒らした後,ペルー沖でスペイン最大の財宝船を拿捕して金銀エメラルドなどを奪い,その後北上して,今日のカリフォルニア海岸に上陸,さらにポルトガル領植民地で大量の香料を入手し,インド洋を横断して帰還した。その分捕り品総額は,イギリス王室の丸一年の収入より多かった。

女王(エリザべス一世)はデッドフォードの船着場に,ドレークの船を訪ねた。甲板にひざまずくドレークの肩に剣をあてた女王は「お立ちなさい,サー・フランシスよ」と呼びかけてナイト(勲爵士)に叙し,その功績にむくいたのであった。(管理人注:この場面は映画「無敵艦隊」でのハイライトシーンでもある)(平凡社刊:世界を創った人びと14:エリザベス一世・近代イギリスの夜明け46ページより).......

海賊紳士ドレイク その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/368.html

海賊紳士ドレイク その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/454.html

ウインザー家の実体は?

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=212805

その2

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=212804

米国歴代大統領は一人を除いてすべて親戚?

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/783.html

イギリス王室の乗っ取りの手助けになったのがドイツの有力な大諸侯、ヴェルフ家です。
ヴェルフ家はゲルフ派の筆頭としてヴァチカン ローマ教皇を支援してました。
そのゲルフ派に資金援助してたのがベニスの黒い貴族=プルート・オリガルキー(金権寡頭権力体制)です。

黒幕は、サンヘドリン(ユダヤ法院・金貸しと女衒の家系ヴェルフ家を中心とした欧州貴族(ヴェルフ派)とハザール人(ロスチャ)とスファラディ(ロック)の混血バンカー。つまりカナンの黒い貴族

中世・近世ヨーロッパがギベリン派(皇帝派)とゲルフ派(教皇派)
という2大陣営で争っている間、カナン人の末裔はゲルフ派と同化していったそうです。

現在のイギリス王室(ウィンザー家)は純粋なアングロ・サクソンではないそうです。ウィンザーという名称は1917年にイギリス王ジョージ5世によって採用されたものですが、「ウィンザー」とは実は、ベニスの「黒い貴族」の最古の王朝の一つであるゲルフ家のことだそうです。
更に、20世紀初頭まで在位したヴィクトリア女王の血筋は、直接にゲルフ家にさかのぼることが可能だそうです。

ゲルフ家は由緒ある女衒のでです。有名な女衒第13代ムァンクォ・ゲルフはヴィクトリア女王の母方の祖父に当たります。
サンヘドリンと欧州貴族の混血である、カナンの黒い貴族。

「スファラディー・ユダヤ人」の一部は、歐州の宮廷に入り込み、特權を享受してゐた。ホフ・ユーゲン(宮廷ユダヤ人)と呼ばれた彼等は、軈て歐州の貴族階級に同化していき、其の肌の色から「黒い貴族」とも呼ばれた。

一部の風説では、彼等「黒い貴族」が世界の支配權を握る爲に行つた事例の一つが、英國東印度會社に據る「阿片貿易」だつたともされる。當初は東印度會社に依り行はれてゐた阿片貿易事業に、後に「黒い貴族」達が直接經營に參劃し、莫大な利益を上げたのだと云ふ。

又、現在の英國王室(ウヰンザー家)は、ヴヱスの「黒い貴族」の最古の王朝の一つである「ゲルフ家」に溯る事が出來るとの説も、一部で流布される。

そして、迫害された清教徒が新大陸・アメリカに移住した際に、英國のゲルフ派達も移住したのだと云ふ。
デラノ家、カボティ家、ルーズヴヱルト家、パーキンス家、ベアリング家、リヴヰングストン家等、米國の有力な一族ーは皆、此のゲルフ派(黒い貴族)に起源を辿れるとされる。

そして又、デラノ家及びルーズヴヱルト家の家系から出た歴代米國大統領は、計十三人にも上るとされる(第2代ジヨン・アダムズ、第4代ジェームズ・マデイスン、第6代ジョン・Q・アダムズ、第8代マーテイン・V・ビユーレン、第9代ウヰリアム・H・ハリソン、第12代ザカリー・テイラー、第17代アンドリユー・ジヨンソン、第18代ユリシーズ・S・グラント、第23代ベンジヤミン・ハリソン、第26代セオドア(“テディ”)・ルーズヴヱト、第27代ウヰリアム・H・タフト、第33代フランクリン・D・ルーズヴヱト)。

バビロンの捕囚期(BC586~)に「パリサイ派」がユダヤ教の内部に巣食い、在来のユダヤ教を否定し、変質させる活動を始めた。
やがてユダヤ人の最高会議サンヘドリン(70人)の絶対多数を掌握し、ユダヤ教の聖典「タルムード(律法注解集)」を彼等の都合のいいように編纂し、現存するラビ(ヘブライ語で教師=律法学者)の言う事が、旧約聖書とエホバ神よりも上だという教義を確立した。

このタルムード派の中からルシファーを崇拝するカバラ学派が現れ、伝統的ユダヤ教をひっくり返した。
ヨハネの黙示録にもある「ユダヤ人と自称しているが、その実ユダヤ人でなくて、サタンのシナゴーグ(会堂)に属する者達」。

このカバラ学派がヴェネチア(北イタリア)からオランダ、そしてイギリスへ浸透し、貴族階級と婚姻関係を結び、貴族の称号を金で買い、さらには貴族の称号をでっち上げる事まで行った。

やがて彼等は「黒い貴族」としてヨーロッパ中に知られるようになった。
現存するヨーロッパの王室やイギリスのウインザー王家は、「黒い貴族」の末裔たちなのである。

1694年、イギリス国王オレンジ公ウイリアムは、大規模な常備軍を維持するため、ロンドンの商人達に金の相談をした。 商人達は金を貸す際に一つ条件を付けた。それは、その債務相当分の銀行券の発行を許可してもらいたいというものであった。この要望の意味をほとんど理解できずに、ウイリアム王は同意した。
これによって中央銀行(イングランド銀行)が誕生した。
そしてイギリス国民は、この銀行の発行する利子付銀行券によって奴隷状態に置かれることになった。

主権とは貨幣を鋳造する権威を意味するなら、これによって「大英帝国」の支配権を握った「黒い貴族」は、ロンドンを根拠地とし、やがて世界支配を広げていった。

ベネチアの黒い貴族の正体について

http://
www.marino.ne.jp/~rendaico/3_manabu_corner_philosopye_runessanse_benetiaco.htm


おまけ~英国人の英語は分かりやすいですね。米国ではナタリー・ウッドやトニー・カーチスは立派な英語を話していましたね。米語は英語ではありません。



ヤスの英語~http://www.yasunoeigo.com/



コックニー訛り

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83R%83b%83N%83j%81%5B%E6a%82%E8&inside=1&x=0&y=0

灰色の瞳

https://www.youtube.com/watch?v=IV-I6eb0qOE

聖書ものがたり・エズラ・ネヘミア記

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/136.html

失われた10支族と第四エズラ書

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3951

聖書外典第4エズラ書~https://youtu.be/FfZb-tBYrj8?t=747

第4エズラ書・第13章.....「彼らは異教徒の群れから離れ、人類がいまだかって住んだことのない土地へ行き、自国では守ることの出来なかった規則をせめて守るようにとの計画を、お互いに持ち合って、さらに遠い国へ進んだ」....日本が、人類の住んだことが無い土地ではないだろうが、オリエントや欧州から見れば、それに近い感覚の島だろう』

CIAの工作員とされる人々

http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4605

パラノイアの例

http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/247.html

金融市場の潜在的危機に注意

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52020543.html



シリア・アレッポの心優しいキャット・マン

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52020312.html















バブルの再来か~https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25334330U8A100C1000000/


 
 
》記事一覧表示

新着順:89/3705 《前のページ | 次のページ》
/3705