teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:54/3805 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本に渡来したイスラエル族

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2020年 2月15日(土)11時12分49秒
  通報 編集済
  管理人がいつも願っているのはユダとエフライムの合体です。以下の文章の中には管理人の希望的妄想も入っていますが諸賢のお許しを願いたい。

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/932.html

旧約聖書だけでイスラエルはもう存続は出来ないのです。イスラエルがイランに核攻撃?そんなことをすれば第三次世界大戦?今でもアルバートパイクなどを持ち出してくる回し者みたいなブロガー(失礼)がいますが第三次世界大戦は起こりません。

まず以下の記事をご覧ください。洪門(ほんめん)の記事を......日本の裏天皇は存在します。彼の使命はユダとエフライムの合体です。どんなに遅くなっても2039年前には実現します。早ければ西暦を修正した2026年に。そうすれば中東に平和が戻るのです。

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4147?

偽イスラエル政治神話 その1

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/772.html

偽イスラエル政治神話 その2

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/773.html

ですから全て誤魔化そうとするからダメなのです。正々堂々とネオ満州をつくり今の聖地でもないエルサレムから移動するべきです。

エルサレムの本当の地はどこですか?

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4074

シオニズムの変遷

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1076.html

イスラエル建国の父は反ユダヤ主義者だった?~必読ですよ~ん

ヘルツルの日記 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/937.html

ヘルツルの日記 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/938.html

『私がBen-Gurionを訪ねるように言われ始めて面会した。しょっぱなから彼は私にこう言った。『まずひとつだけあなたに申し上げよう。世界がイスラエルや我々についてとやかく何を言おうが構わない。重要なことはただ一つである。それは,我々がここ祖先の地に生存できることである。そして我々はアラブに対してユダヤ人を殺戮するならば高い代償を払わなければならないということを示さなければ我々は存続できない』, と。(Ariel Sharon)

このように『我々は存続できない』は中東から撤退すれば存続できるのです。カナンの地はあなたたち祖先の地ではないのですよ。ご本尊の心の内はネオ満州です。そのためにミニ第三次戦争をやる必要があります。そして周近平をラストエンペラーにすればいい。その後は日本の天皇家を宮内庁も含めすべて移せは日本での権力の象徴である『天皇制』はなくなるのです。そうすることによってエゼキエル書37章19節と整合性がとれる。



天皇家と失われた10支族

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3088

関連記事:

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2697

『「見よ、わたしはエフライムの手にあるヨセフと、その友であるイスラエルの部族の木を取り、これをユダの木に合わせて、一つの木となす。これらはわたしの手で一つとなる。」エゼキエル書37章19節

失われた十支族とユダをまた一つに戻すと予言している。現在「イスラエル共和国」を名乗っているのは、南ユダ王国のユダたち。失われた支族の帰還を願って、失われた支族=イスラエルを名乗るエフライムは、十支族の一つであるヨセフの子でマナセと兄弟である

エズラ第四書』第13章.....「彼らは異教徒の群れから離れ、人類がいまだかって住んだことのない土地へ行き、自国では守ることの出来なかった規則をせめて守るようにとの計画を、お互いに持ち合って、さらに遠い国へ進んだ」....日本が、人類の住んだことが無い土地ではないだろうが、オリエントや欧州から見れば、それに近い感覚の島だろう』

http://ameblo.jp/hex-6/entry-10734584745.html

天皇家はエフライム族?

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1654

日本の国名が旧約聖書に

http://ameblo.jp/junraelian/entry-11142839939.html

日本に渡来したイスラエル族 その1

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1035

日本に渡来したイスラエル族 その2

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1036

日本に渡来したイスラエル族 その3

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1037

日本に渡来したイスラエル族 その4

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1038

日本に渡来したイスラエル族 その5

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1040

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1727809.html

秦始皇帝は朧姓の秦王の子でなく、実父は秦王を支援した胡商の呂不韋であったという。前722年のイスラエル亡国後、シナには多くのイスラエル支族が流人したが、その1つが呂氏であった。始皇帝による秦帝国の樹立は、シナ世界のワンワールド化で、ワンワールドの特性は法治主義で、頭脳と財力が支配する世界をもたらすが、これこそイスラエル族が欣求した楽土であった。シナに流移したイスラエル支族と「シナのユダヤ人」と俗称される客家(ハッカ)との関連は、極めて考究に値するが、ここでは触れない。とにかく、呂氏がイスラエル支族であったことは間違いないのである。』

『秦帝国が劉氏(漢)によって滅びた後、秦帝国の建国に携わってきた呂氏一族は朝鮮半島に逃れ、以後は秦氏と改称したものと考えられる』


秦氏

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E6%B0%8F

赤い盾混血八咫烏

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1699

九州ホホデミ王朝と神武天皇

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/845.html

古代日本とヘブライ一掃政策

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/524

秦氏の謎を解く

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1042

日本に秘められた謎を解く その1

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1044

日本に秘められた謎を解く その2

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1045

日本に秘められた謎を解く その3

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1046

その4 その5は以下から

http://suisekiteishu.blog41.fc2.com/category23-1.html

瀋陽市~かつては奉天と呼ばれた

http://www.asahi.com/world/china/sinyo/01.html

瀋陽軍区

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%80%8B%E9%99%BD%E8%BB%8D%E5%8C%BA%E3%81%A8%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=15267&aq=2&oq=%E7%80%8B%E9%99%BD%E8%BB%8D%E5%8C%BA&at=s&ai=9IS8kR.1T7.C8.LPgm9jvA

中国には多くのユダヤ人コミュニティがある

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E5%B0%81%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E4%BA%BA

日本に救世主の女性がいる

二本のオリーブの木の窪田光治さんは「七つの封印」という本をだされた方です。ヨハネの黙示録に、なんと日本が登場します。本書「七つの封印」はそれが日本であるということを証明しています。読者はその暗示が示す内容と現実との一致の多さに、驚かれるでしょう。日本に救世主がいるということです。

[黙示録12章1節] また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。

A great and wondrous sign appeared in heaven:a woman clothed with the sun,with the moon under her feet and a crown of twelve stars on her head.(Revelation12:1)

「月」は中世イスラムの象徴、すなわち現在のアラブ産油国を暗示する。「十二の星の冠」とは当南アジア諸国、ASEAN諸国の独立と発展に大きく寄与した名誉を象徴した暗示の言葉。この[ひとりの女]とは日本という国を暗示した言葉である,と窪田氏はいう。管理人の誕生日は12月1日で12章1節に合致しますが男ですので.......。日本のどこかに住むある日本女性が救世主ということなのでしょうか。

おおまにさんより:いつもタイムリーに伝えてくれています。

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2134951.html



おまけ~政府が10億円をWHOに寄付? パンデミック宣言をしなかった人への賄賂だろうね。顔をよく見るといい。何かに怯えている表情がうかがえる。



2分34秒から未来のパンデミック

https://youtu.be/Yd21I_Twa3g?t=154

旧満州・奉天の旅

https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%97%A7%E6%BA%80%E5%B7%9E+%E5%A5%89%E5%A4%A9












シュメール説の参考~ヤフー検索では沢山でてきます

https://ameblo.jp/agnes99/entry-12118447355.html


http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:54/3805 《前のページ | 次のページ》
/3805