teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


勇気ある人々が立ち上がった

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月31日(土)18時15分33秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

忖度裁判官ばかりの中で命をかけた弁護士さんに敬意を表します

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2186038.html

新型コロナウイルスを考える会のみなさま
昨日行われた、武漢ウイルスワクチン特例承認取消等請求事件。訴状にはこれだけではなく、このプランデミックに対する事件請求を数多く提訴しています。

反コロ代表として、原告の皆様、そして、この道のプロの弁護士が、命をかけて訴えます。
我々にとっては、命と等しい大切な人を守るためのもの。。。
応援いや、全員が声を挙げ、一つになる時です。

動画は13時にアップされます。(Facebookではなく、ニコニコ動画でした。)
ご視聴ください。
ニコニコ動画
https://nico.ms/sm39105803
https://vimeo.com/581227039

2021年7月31日土曜日 11:05:49 UTC+9 新型コロナウイルス考える会:

    新型コロナウイルスを考える会のみなさま

    ついに、
    「コロナワクチン特例承認取消を求め、ついに国を提訴!!」
    いたしました。

    詳しくは以下からごらんください(Facebook)~ログインが必要です

    https://www.facebook.com/100004103210665/posts/2558299270983488/?d=n

関連記事:目覚めている庶民~陽性=感染じゃないですよ 裏の勢力は創価学会?ファイザーなどの大株主は誰ですか?ローマクラブの日本人名誉会員は誰でしょう。緒方某もそうでした。

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4412

ファイザーは創価学会の子会社だった

http://rapt-plusalpha.com/history/post-17185/

芸能人コロナ偽装のギャラはいくら貰ってんの

https://rapt-plusalpha.com/performing-arts/post-17944/

その代表が志村けんさんじゃないのですか

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%BF%97%E6%9D%91%E3%81%91%E3%82%93+%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%82%8B%E8%AA%AC&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=24672&aq=3&oq=%E5%BF%97%E6%9D%91%E3%81%91%E3%82%93&at=s&ai=76394408-110c-46c8-a551-bcb1ee6c051e







 
 

目覚めている庶民

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月30日(金)03時29分53秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1402540245917126657?s=20

目覚めている庶民

https://twitter.com/Awakend_Citizen

全ての医療者・専門家に聞いて欲しい

「PCRは95%が偽陽性
完璧に健康な人も(陽性)と出ている

メディアは陽性を「感染」と言い換えている
メディアはテレビで毎日嘘を流す

SNSは情報を抑圧する

卑怯にも声を上げない医師達は
道義的責任よりも収入を優先する」

創価学会USAの子会社~これで全体像が見えてくる。創価はローマクラブにも通じている。

http://rapt-plusalpha.com/history/post-17185/

ファイザーも創価USAの子会社であることが判明~これは知りませんでした

https://twitter.com/Lvpzy7WEaOrzDlN/status/1417021158092804099?s=20

管理人注:政教分離を軽く見ているからこうなるんですよ。公明党を与党に組み込んだ小沢一郎の責任は重い。当時の記事は沢山あります

大変な大作です~陽性=感染ではない

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2185852.html

元記事~https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12689241825.html

アメリカ版大橋先生

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2185864.html

動画の.......下に日本には知っているのに知らんぷりして平気な顔をしている医者がごろごろしています。というか理解できていない医者も大勢います。

おまけ~京大・藤井聡教授 尾身茂会長を批判「自粛・時短・禁酒の方略そのものが間違い」

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e4%ba%ac%e5%a4%a7%e3%83%bb%e8%97%a4%e4%ba%95%e8%81%a1%e6%95%99%e6%8e%88-%e5%b0%be%e8%ba%ab%e8%8c%82%e4%bc%9a%e9%95%b7%e3%82%92%e6%89%b9%e5%88%a4%e3%80%8c%e8%87%aa%e7%b2%9b%e3%83%bb%e6%99%82%e7%9f%ad%e3%83%bb%e7%a6%81%e9%85%92%e3%81%ae%e6%96%b9%e7%95%a5%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%8c%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%84%e3%80%8d/ar-AAMK1HV

京都大学大学院の藤井聡教授が30日、関西テレビ「報道ランナー」に生出演。政府の新型コロナ対策分科会・尾身茂会長に苦言を呈した。

政府はこの日、感染が急増している大阪、埼玉、千葉、神奈川の4府県への緊急事態宣言発令を決定。いずれも8月2日から31日までで、発令中の東京都と沖縄県の期限も31日に延長する。また、北海道、石川、京都、兵庫、福岡の5道府県にはまん延防止等重点措置を適用する。

これに藤井氏は「そもそも今回の(大阪の)発出のベースにあるのは、尾身さんのアドバイスだと思うんですが、ありていに申し上げると、医者っちゅうのはですね、何か聞いたら『酒一応飲むな』とか『一応休んどけ』とか『一応無理すんな』とか言うもんですよ」と指摘。「だけどそれは是々非々でやっていくというのが、政治的判断なんですが、今は医者のアドバイス通りに『酒飲むな』『飯食うな』『家いとけ』と。それではまっとうな生活ができなくなる」と首をひねった。

さらに「もう一個だけ申し上げたいのは、尾身さんのアドバイスは間違ってる」と続け「なぜか。7月12日に緊急事態宣言を出したんだから、その2週間後の26日にはなにがしかの効果があるはずなんですよ。だけど全然効果はなく、東京で感染拡大は加速してるんです」と言及。

その上で「『言うこと聞いてない人がいるからだ』と言いますが、データを見ますと9割のお店がきちんと要請に従っている。9割のお店が要請に従っているにもかかわらず感染が拡大しているということは『自粛、時短、禁酒』の方略そのものが間違っているんだということを、そろそろ医者も気づかなあかんと思いますね」と訴えた。



http://

 

DONさん経由大摩邇さんの記事を転載します

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月29日(木)18時28分37秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

ノーベル賞受賞者。COVIDの大量接種は「受け入れがたい過ち」である

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2185760.html

このノーベル賞受賞者であるリュック・モンタニエは、おそらく世界で最も多くの論文を発表しているウイルス学者であり、HIVを発見した人物ですが、画期的な症例は地獄の門を開くことになると警告しようとしたため、嘲笑され、検閲され、中傷されましたが、無視されました

ノーベル賞受賞者。COVIDの大量接種は「受け入れがたい過ち」である
どの国でも『ワクチン接種の曲線の後には死亡の曲線が続く』と、有名なウイルス学者は語っています。
Wed May 19, 2021 - 6:59 PM EST

2021年5月27日に追加された読者への注釈です。ライフサイトニュースではモンタニエ氏の発言のみを報じていますが、他の科学者たちは、ワクチンが危険なバリアントを引き起こしているというモンタニエ氏の論文を強い言葉で否定しています。ファイザー社の元副社長マイケル・イェードン博士は、「ワクチン接種が『危険な変異体』をもたらしている、あるいはもたらすであろうという証拠はまったくない」と述べ、そのような致命的な変異体の概念は「不条理でありえない......意見の相違のようなものでもなく」、不必要な「トップアップ」(ブースター)ワクチンを正当化するための「単なる嘘」であるとしています。また、これらの理論には「証拠がない」ことを強調し、「ナンセンス」と呼ぶ人もいます。同様に、これらの実験的な遺伝子治療COVID-19ワクチンの一般的な配布に激しく反対し、深刻な損害をもたらす結果になると警告しています。 このような警告は、抗体依存性の増強、ワクチン関連の病気、その他の条件を含む多くの要因に起因する可能性のある死亡者数の急増傾向から、依然として信頼できるものです。

第二に、モンタニエは実験的なCOVID-19ワクチンを接種した全員が2年以内に「全員死亡」するとは言っていません。この言葉は、広く流通しているフェイクニュースのミームの中で、誤って彼の言葉とされています。

2021年5月19日(ライフサイトニュース) - フランスのウイルス学者でノーベル賞受賞者のLuc Montagnier氏は、パンデミック時のコロナウイルスに対する大量のワクチン接種は「考えられない」ものであり、「変種を生み出している」歴史的な失策であり、この病気による死亡者を出していると言いました。

"巨大なミス "ではないでしょうか?科学的なミスであり、医学的なミスでもあります。受け入れがたい過ちです」とモンタニエ氏は、RAIR Foundation USAが昨日発表したインタビューを翻訳して語っています。「歴史書にはそのことが記されるでしょう。なぜならば、ワクチン接種が変種を生み出しているのですから」。

多くの疫学者はこのことを知っていながら、「抗体依存性増強」と呼ばれる問題について「沈黙」しているとモンタニエ氏は言います。

今月初め、Hold-Up Media社のPierre Barnérias氏とのインタビューで、モンタニエ氏は「感染症がより強くなることを可能にするのは、ウイルスによって作られる抗体である」と語っている。

ワクチン接種による亜種の発生

ウイルスの亜種は自然に発生するものですが、モンタニエは、ワクチン接種がそのプロセスを促進していると言います。"ウイルスはどうするのか?死にますか、それとも別の解決策を見つけますか?"

"ワクチン接種による抗体を介した選択によって、新しい亜種が生まれていることは明らかです。"

パンデミック時のワクチン接種は「考えられない」ことであり、死を招いていると、2008年のノーベル医学賞を受賞した発見者は述べています。
ワクチン接種の後に死亡者が出る」と

研究室で作られたコロナウイルス

フランスの著名なウイルス学者であるモンタニエ氏は、2020年4月にフランスのテレビ局で、新型パンデミックのコロナウイルスであるSARS-CoV2は実験室で作られたものだと信じていると語り、波紋を呼んだ。コロナウイルスのゲノムにHIVの要素やマラリアの病原菌が含まれていることは非常に疑わしく、ウイルスの特徴は自然に生じたものではないはずだ」と述べた。

モンタニエ氏は、フランスの専門家から「本当の科学とは関係のない陰謀論」と揶揄されましたが、2020年7月には、「新型コロナウイルスは実験室での人体実験から生まれたに違いない」という主張を裏付ける論文を発表しました。この説は最近再燃しており、現在ではウイルスの起源として最も可能性が高いと考えられています。

バイオテロのための細菌製造

http://s02.megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html

しかしその割には人口削減は進んでいない。毎年7千5百万人も人口は増えているそうだ。ホーキング博士によると2500年にはこの地球は足の踏み場もないくらいに人で身動きがとれなくなるらしい。クーラーから排出される熱で地球は灼熱地獄になるとも言っている。

 Blueprint of the PNC(New American Century)plan for U.S Global Hegemonyに関する1992年の文章はまさしく本物である。しかしそのカーテンの後ろにはまた別の男達がいる。米国はGlobal hegemonyとはなりえない。むしろ宗教神話を操ってきた結果その反対である。「キリストの千年王国」とは1000years of German ReichのことでありGermanとはナチを意味する。天文学と神話を融合したものが聖書であるが後に詳しくおさらいをしましょう。これらを巧みに操り利用してきた男達がいる。だが彼らにはユーモアがある。オズの魔法使いの最後の場面で「種明かし」するくらい余裕がある。いわゆる「カーテンの後ろにいる男」は人のいいおじさんであった。シオンのプロトコールを解読してもその洞察力には舌をまくくらい正確だ。昔からの彼らの陰謀をサタンの仕業と位置づけサタンに対抗できるのはイエスのみでありイエスの再臨(Second Coming)を待つしかないというのはまことに現実離れしていると断定せざるを得ない。多くの牧師にバチカンのDouay Bibleを知っているか質問したが知っている牧師は皆無であった。「キリスト教とは太陽崇拝でキリストという男を太陽に仕立て敬意を払うパロディである」とかつてThomas Pain(1737~1809)は言ったが?正義はあるが不秩序な社会より不正義はあっても秩序ある社会のためには必要であろう。ただそれだけのことである。いずれにしても次の最大間氷期の来るまでの短い秋の日差しの名残の中で人形達のステージ・ショーを見学するとしょうよう。

http://web.archive.org/web/20070518002941/http://www.pgs.ca/index.php/Iraq/252

 Rebuilding America's Defences:Strategy,Forces and Resources for a New Century (1992年発行)

 The U.S must remain in the forefront of all research relating to the "art of warfare"including"the world of microbes"(advanced forms of biological warfare that can "TARGET"specific genotypes may transform biological warfare from the realm of terror to a politically usefull tool。(要約:人種別に効果のある,生物兵器は便利な政治的な道具となる。戦争と言う芸術の名のもとに)。
 これが,西ナイル熱,炭ソ菌,鳥インフルエンザ,エイズ菌,そしてタミフルの策略。世界人口の三分の二皆殺し計画の実行案である。これはけっしておふざけでも,冗談でもない。


 Further,the process of transformation,even if it brings revolutionary changes,is likely to be a long one,absent some catastrophic and catalyzing event -like a new pearl Harbor。(要約:何よりも確たるものにするには,パール・ハーバーのような新たな悲劇的・壊滅的な仕掛けが求められる)。かつて記事にしたが現実に100発のサムソナイト爆弾(Micro Nuke)がロシアから消えている。

Rebuilding America's Defences

"REBUILDING AMERICA'S DEFENSES:

STRATEGY, FORCES AND RESOURCES FOR A NEW CENTURY"

A SUMMARY AND ANALYSIS

PREPARED FOR PHYSICIANS FOR GLOBAL SURVIVAL

Graeme MacQueen

Centre for Peace Studies

McMaster University
February 24, 2003

The purpose of this report is (a) to highlight the importance of the document, Rebuilding America's Defenses: Strategy, Forces and Resources for a New Century (RAD); (b) to set forth the main principles of the document; (c) to draw attention to elements of the document that are crucial for our understanding of the impending war with Iraq. Since I have written the report with the likely Iraq war in mind, I have made no attempt to cover other important topics, such as proliferation of military bases, the challenge of East Asia, and the role of anti-ballistic missile defense.

My own reading of this document was prompted by Jay Bookman's September 29, 2002 article, "The President's Real Goal in Iraq," in The Atlantic Journal-Constitution. Bookman's article can be found at: www.accessatlanta.com/ajc/opinion/0902/29bookman.html. This site also gives access to RAD itself.

Where quotation marks are used in this report they indicate direct quotation from RAD.

Importance of RAD

RAD was published about one year before the 2001 attack on New York and gives us access to pre-9/11 strategic thinking associated with an important faction in the Bush government.

The report (c. 40,000 words in 85 pp.) was produced in September, 2000 by the Project for the New American Century, a private U.S. organization established in 1997 to create strategy for "American global leadership." Crucial to such leadership, in the view of members of the Project, is "American military dominance." American military dominance, which the Project wishes to see extend over every major region of the globe, is the topic of RAD: the document considers how it can be achieved and how it can be maintained throughout the 21st century, which the Project sees as the "new American century."

There are 27 Project Participants listed at the end of RAD. Bookman points out that six currently serve in the Bush Administration, most of them with responsibilities for military and foreign policy. Four have doctorates and two have law degrees. Paul Wolfowitz is the most prominent of the six. Although arms-length distance is established between the report and the listed participants, RAD gives its own lineage in a way that makes such associations clear. It announces itself as built upon the Defense Policy Guidance drafted in 1992. Since the DPG was authored by Wolfowitz for the Cheney Defense Department, it is clear that Wolfowitz and Cheney are deeply associated with the ideas set forth in RAD. It is very likely, in fact, that Deputy Secretary of Defense Wolfowitz, Secretary of Defense Rumsfeld and Vice-President Cheney, as well as a host of less central figures, all subscribe to the basic ideas of RAD. Since this faction has enormous power in the military thinking of the Bush administration, the importance of the document is clear.

Bookman has given further reasons for accepting RAD's centrality to the Bush administration. He points to approximately five major initiatives of the Bush administration (such as the raising of defense spending to 3.8% of the GDP and the decision to opt out of the ABM treaty) that appear to have been taken directly from RAD. He also claims that the Bush administration's position on Iraq is easier to understand after a reading of RAD. I believe he is right.

Main Principles of RAD

Some of the following principles are stated explicitly in RAD, while others are assumed.

(i) The existing world order is a "benevolent order," characterized by relative peace and prosperity.

(ii) This world order was created, and is held in place, through preeminent American military power and can therefore be referred to as "Pax Americana" or "the American peace" (the Latin form is used 3 times in RAD and the English form 14 times).

    Pax Americana is good for America because it allows the fulfillment of American ideals ("freedom" and "democracy," though the meanings of these terms are not explored) and "interests" (neither defined nor explored)

    what is good for America is good for the world; hence Pax Americana gives its "blessings" to the world at large (there is no attempt to explore ways American interests might clash with American ideals and no attempt to explore ideals and interests among non-American peoples that might be legitimate and might not be served by Pax Americana)

(iii) The only alternative to Pax Americana is a bad world order characterized by the disorganized clash of states and the rise to power of states and imperial orders inimical to American interests and ideals.

    "United Nations" and "UN" occur altogether four times in the document: each mention is brief and three of the four references are negative and dismissive

    the term "Security Council" does not occur

    the expression "international law" does not occur

    the terms "treaty" and "treaties" occur altogether 9 times, referring to non-proliferation treaties, the Comprehensive Test Ban Treaty, and the Anti-ballistic Missile Treaty: every reference is negative, stressing the inconvenience of treaties for Pax Americana

    the possibility of using, strengthening or developing institutions of global cooperation, whether related to policing, law, culture or anything else, is otherwise entirely ignored

    the importance of friends and allies is acknowledged, but it is assumed that the U.S. will exert dominance in such relationships

(iv) Although the United States is already the world's preeminent military power (for example, "the U.S. Navy enjoys a level of global hegemony that surpasses that of the Royal Navy during its heyday"), this preeminence should be increased. With the defeat of the Soviet Union the U.S. faces an opportunity for global dominance that might not come again. Far from permitting a "peace dividend" or military "procurement holiday," the U.S. must maintain its military spending at high levels, extending its control over regions of the world where such control is now weak and preparing to face rising military powers that may wish to exert dominance in their own regions.

    U.S. dominance in space (which reinforces all other forms of dominance and is by no means restricted to matters of defense) is crucial to Pax Americana and must be drastically increased; otherwise new technology may erode current American preeminence

    the U.S. must also dominate cyberspace

    the U.S. must remain in the forefront of all research relating to the "art of warfare," including "the world of microbes" ("advanced forms of biological warfare that can 'target' specific genotypes may transform biological warfare from the realm of terror to a politically useful tool")

(v) Global dominance requires long-term planning, massive funding, the ability to take anticipatory action, the ability and willingness to intervene militarily anywhere in the world when it is needed, and constant innovation and research so that no other state power can extend its own control through technological developments that might "level the playing field."

Using RAD to Understand the Impending War with Iraq

(i) RAD affirms that U.S. military intervention in many regions of the world will be required for the foreseeable future. Defense of the homeland (i.e., what most people in the world probably understand by the word "defense") is listed by RAD as one of three major aims of the U.S. military, and my guess is that it is the cheapest aim to achieve. The other two major aims of the military are: to "fight and decisively win multiple, simultaneous major theatre wars" wherever required and to "perform the 'constabulary' duties associated with shaping the security environment of critical regions." In other words, global policing, in the interests of the United States and with accountability to no supra-national organization, as well as the fighting of wars on foreign soil for whatever motive, are central tasks for the U.S. military system. I suspect that these tasks can be expected to consume the lion's share of "defense" spending.

(ii) The Persian Gulf region is a "region of vital importance" to the United States. The U.S. has longstanding "interests" (not explained in the document) in "the Middle East and surrounding energy-producing region." Because of these interests, a long-term U.S. presence in the area will be needed, probably extending beyond the passing of Saddam Hussein (Iran, for example, is a concern). More military bases should be acquired to service the region.

(viii) Although RAD asserts that there are crucial American ideals, it makes no serious effort to explain what these are or to show concretely how American military policy aims, has aimed, or will aim to assure the fulfillment of these ideals.

The expression "human rights," so important to the current discourse on Iraq, does not occur in the document.

(ix) RAD shows awareness of resistance to American military bases by people in several parts of the world, but it does not recommend closing the bases. There is no acknowledgment of levels of hostility to American military presence and intervention (among Muslims and others) so extreme that they may doom RAD's entire strategy. This is probably both because of willful blindness and because such hostility (as evidenced in the Pew Global Attitudes Survey of 2002) has increased significantly since the document was written.

Concluding Remarks

"Pax Americana" is not a new term. It was at one time commonly used for the post WWII global dominance (economic, political and military) of the U.S. It is modeled on "Pax Romana" or "Roman Peace," which refers to the condition of relative stability in the Roman empire from Augustus, the first Roman emperor, to Marcus Aurelius. The authors of RAD find "Pax Americana" useful because it indicates beneficent dominance (in effect: our domination of you will be good for us and good for you too). This is, of course, the usual claim of imperial intellectuals.

RAD says little about economic matters, being focused on military affairs, so we are not given access to the ideas of these thinkers on the precise relations between the economic and military spheres. American economic dominance of the world has eroded significantly since the post-WWII period. I assume (reading a certain amount into the frequent references to American "interests") that these thinkers regard military dominance as the key to winning back lost economic dominance.

What are the implications of RAD for our understanding of the invasion of Iraq? Currently, an atmosphere of fear is being induced in the American populace (duct tape, plastic sheeting, and the rest of it) through the claim that the government of Iraq--an evil human rights violator and proponent of terror--possesses weapons of mass destruction with which it may carry out aggressive actions against the United States. Substantial numbers of Americans (and non-Americans in the English-speaking West) have become convinced that defense of the American homeland is required, and that, under the extreme threat posed by WMDs, this defense may reasonably take the form of preventive military action.

RAD supports an entirely different interpretation of events. It suggests that Iraq is a case where routine "constabulary action" must now be permitted to escalate briefly to the level of minor "theatre war" in order to bring about "regime change," followed by "post-combat stability operations." All this is necessary because Iraq, a key player in a region of geo-political and economic importance to the U.S., is not sufficiently compliant, not prepared to take its place within Pax Americana. Human rights, terrorism, and possible aggression against the U.S. are largely irrelevant.

It would be difficult to argue that the Wolfowitz faction of the Bush administration is unaware of the difference between what it is telling its population and how it understands the situation.

RAD is sufficiently rich to provide the Western peace movement with a good part of its agenda for the 21st century. I will not pursue this idea here except to say that it is essential that the movement work to demonstrate the possibility of a world order that is neither the mindless and chaotic clashing of states nor the imposed, imperial order envisaged by U.S. planners.

アメリカ新世紀プロジェクト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

注:10にある アメリカ防衛再建計画(PDF文書はカット。生物兵器についての記述がバレたら大変ですからね。アメリカは中国がばら撒いたなんて言っていますが?

サジ・ハミード会津大学教授の2021/7/25京都、7/27彦根講演会における講演内容です。

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2185828.html#more

河野太郎大臣が最近言いました、コロナワクチンが不妊の原因になるという科学的証拠は全く無いとです。

大臣は、コロナワクチンで不妊症にならないことを確認するための科学的な実験が計画され、実施されたと断言しているのでしょうか?

そうであれば、誰がその実験を行い、どこで結果が発表されたのか教えてください。大臣殿、確認してください、知りたいのです。

どうかお願いします

英国保健省の発表

https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-23522.html#more

上級国民の考えていること

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4407

創価学会USAの子会社~これで全体像が見えてくる。創価はローマクラブにも通じている。

http://rapt-plusalpha.com/history/post-17185/

ファイザーも創価USAの子会社であることが判明~これは知りませんでした

https://twitter.com/Lvpzy7WEaOrzDlN/status/1417021158092804099?s=20

おまけ




http://

 

三峡ダム・非常に悪いニュース

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月29日(木)03時16分34秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

https://www.youtube.com/watch?v=D6HUC32qQDc









三峡ダムが決壊したらのシュミレーション

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%87%E4%B8%80%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%8C%E6%B1%BA%E5%A3%8A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=37986&aq=-1&oq=&at=&ai=ae12051b-8d1c-48ed-8a31-f05ccbec99e5

気象兵器なんてのもあるみたいですよ

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/253.html

気象兵器で検索すると

https://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8BC%8F%DB%95%BA%8A%ED&x=0&y=0&inside=1

NASAの未来計画書

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/557.html

おどろおどろしい闇の世界

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3939

昔の賢明な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏な人とは少ししかものを持っていない人ではなく無限の欲があり,いくらあっても満足しない人のことだ」と。

管理人注:不足もなければ,余剰もない。必要なだけがそこにあり,必要なだけ使う。~~そんな感じになれば自己形成が完了したということだろう 皆さん肝に銘じてください




 

製薬会社とのワクチン忖度医者を告発せよ

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月25日(日)03時43分6秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

以下のビデオをご覧ください。精神医学の分野では給料以上の金を製薬会社からもらっていない医者は100%いないと断言しています。

https://www.youtube.com/watch?v=2Ykd93O1pbQ&t=231s

ビデオは以下の記事にもあります

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4408

時間のある方はDONのブログや大摩邇さんの記事からある程度分かりますのでまとめていただきたい。とんでもない人たちも賄賂を貰っているかもしれません。ある程度まとまったら刑事告発するべきでしょう。

http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/829.html

ここやここで紹介したファイザー社の元副社長であるマイケル・イードン博士は、あまりに多くの科学者や医師たちが金銭的・政治的な圧力を受けて真実を語っていないことを糾弾しており、人々はそのことに目覚める必要があると訴える「人類への最終警告メッセージ」(以下)を発信している。

イベルメクチンが世紀の犯罪扱いに

http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/111.html

イベルメクチン動画~なぜ犯罪扱いに? 答え:癌と同様治っては困るからです。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm38902846

Youtube投稿3時間後に削除された動画!数千人のCovid患者を完治させてきた医師がワクチンに強い警告を発する

https://www.nicovideo.jp/watch/sm38888443

イベルメクチンは日本の技術

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39012478

関連記事:利権に群がるガンマフィア

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1159.html

製薬会社と医学部の癒着

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1792.html

製薬会社の献金はハンパじゃあない

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1114.html

『製薬業界の献金額は?

管理人注:関連ニュースはすべて消去

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140406-00000012-mai-soci

<製薬会社>72社 医師や医療機関に年間4827億円提供

毎日新聞 4月6日(日)12時21分配信

 ◇国の医療分野研究開発関連予算の2.5倍

 2013年度に業界団体「日本製薬工業協会」に加盟していた70社と加盟社の子会社2社が、12年度に医師や医療機関に提供した資金の総額が4827億円に上ったことが分かった。国の医療分野の研究開発関連予算1955億円の2.5倍にも上る。降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)の臨床試験疑惑で問題になった奨学寄付金は346億円だった。各社が製薬協の新ルールに従って順次公開した金額を毎日新聞が集計した。製薬業界から医師に流れた資金の全体像が明らかになったのは初めて。

 4827億円の内訳は、新薬開発のための臨床試験費用など研究・開発費2471億円▽研究室への奨学寄付金や学会への寄付金など学術研究助成費540億円▽医師個人への講師謝礼や原稿執筆料など270億円▽医師を集めての講演会や説明会の開催費など情報提供関連費1428億円▽接遇費など115億円。

 医師が企業から受け取った資金については、国や学会が情報開示を促してきた。製薬業界でも透明化の必要性を認める声が強まり、昨年度から公開が始まった。【河内敏康、八田浩輔】
【関連記事】

【一覧表】資金提供の内訳

http://mainichi.jp/graph/2014/04/06/20140406ddm002040055000c/001.html

奨学寄付金、実態は「ひも付き」「薬使用の見返り」

http://mainichi.jp/select/news/20140406k0000e040157000c.html

患者よ!薬を捨てなさい

http://insidejobjp.blogspot.jp/2014/04/blog-post_7.html

金額が多かった上位10社

http://mainichi.jp/graph/2014/04/06/20140406ddm002040055000c/002.html

何を撒いているんですか?

http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=915#sequel

PCR訴訟とワクチン訴訟を起こせ~忖度裁判官がほとんどですが

http://mdcjbu.blog88.fc2.com/blog-entry-5877.html

大橋悠金メダルビデオ

https://2020.yahoo.co.jp/video/highlight/6265105336001



中国の豪雨がいつ三峡ダム決壊に繋がるのかと思うと心配です。株の下げも心配



これは1年前



三峡ダム最新情報

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0+%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=8033&aq=0&oq=%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0&at=s&ai=756b2bbe-0621-4a67-aed9-61f214895272

中国千年に一度の大洪水

https://www.youtube.com/hashtag/%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0

アリババやSBGの下げは規制強化が原因

https://www.nikkei.com/article/DGXZASFL26HY1_W1A720C2000000/

おまけ~2型糖尿病なんて病気じゃない

https://www.pinterest.jp/ideas/diabetic-recipes/909039994510/?utm_campaign=interestrecommendations&e_t=8d0c9fa6797947bbb8f7f65671cad0e8&utm_source=31&utm_medium=2024&utm_content=909039994510&utm_term=2

桜井ジャーナル~ラムズフェルドの記事もあり

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202107020000/

シリコンバレーで働いてみて分かった違い

https://news.goo.ne.jp/article/phpbiz/bizskills/phpbiz-20210721165815121.html







三峡ダムが決壊したらのシュミレーション

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%87%E4%B8%80%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%8C%E6%B1%BA%E5%A3%8A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=37986&aq=-1&oq=&at=&ai=ae12051b-8d1c-48ed-8a31-f05ccbec99e5




 

支配層と血縁

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月23日(金)03時38分12秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

支配層と血縁

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1203.html



創価学会が泣いて悔しがる証拠~真実の大石寺の所在地を示す土地登記簿

http://syohnan.jp/syoumetu.html

真実の「大石寺」の跡地であるこの「富士市依田原字大石寺」の地は現在、ほとんどが日産自動車関係の土地となっています。 創価学会のおかげで有名になった「富士宮大石寺」は江戸時代初期の後半に幕府の権力で建てられた「偽大石寺」です。日目聖人建立の正統大石寺焼き討ちに関しては「正統天皇と日蓮」P112を参照

フランス国営放送~21世紀のカルト 創価

http://interceptor.blog13.fc2.com/blog-entry-1726.html

SGI~https://www.sokanet.jp/sgi/index/

天皇メッセージ

https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-14890.html#more

関連記事:岸信介と戸田城聖 あり得ない構図 安倍晋三と池田大作

https://franettese.blogspot.com/2016/05/blog-post_12.html

上級国民の考えていること

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4407

創価学会USAの子会社~これで全体像が見えてくる。創価はローマクラブにも通じている。

http://rapt-plusalpha.com/history/post-17185/

ファイザーも創価USAの子会社であることが判明~これは知りませんでした

https://twitter.com/Lvpzy7WEaOrzDlN/status/1417021158092804099?s=20

http://undergroundmessenger.blogspot.com/2013/06/blog-post_5614.html



巨利をむさぼる 第2章:向精神薬 ― その物語
02 http://www.youtube.com/watch?v=u6NNhx0I7lg
巨利をむさぼる 第3章:賛成なら挙手を 精神医学の診断マニュアル
03 http://www.youtube.com/watch?v=GgMH7rVSKrs
巨利をむさぼる 第4章:病気の売り込み 健康な人に自分を病気と信じさせる仕組み
04 http://www.youtube.com/watch?v=gk6oJ7Y8wMo
巨利をむさぼる 第5章:処方者への売り込み
05 http://www.youtube.com/watch?v=OSdWe--uEtY
巨利をむさぼる 第6章:一般大衆への宣伝
06 http://www.youtube.com/watch?v=Rk7eju5lNfA
07 http://www.youtube.com/watch?v=o_B27SpDELI
巨利をむさぼる 第7章:「副」作用
08 http://www.youtube.com/watch?v=hIPbi3nrYXM
巨利をむさぼる 第8章:事実を知ろう
09 http://www.youtube.com/watch?v=j6W69ukSc-U
心の病を売り込む 第1章:はじめに-私たちはみな精神病なのか?



心の病を売り込む 第2章:向精神薬 ― その物語
11 http://www.youtube.com/watch?v=KIXIxVj0apw
12 http://www.youtube.com/watch?v=P79lFJhYCFQ
心の病を売り込む 第3章:賛成なら挙手を ― DSM(精神医学の診断マニュアル)
13 http://www.youtube.com/watch?v=lEyB9irAUbU
14 http://www.youtube.com/watch?v=mfk3HKrmEmw
心の病を売り込む 第4章:病気の売り込み
15 http://www.youtube.com/watch?v=xnTMqBEDg5k
心の病を売り込む 第5章:向精神薬の臨床試験
16 http://www.youtube.com/watch?v=w6zIK7U1bKo
心の病を売り込む 第6章:監視機関 ― そのお粗末な実態
17 http://www.youtube.com/watch?v=QfBclU4EReY
18 http://www.youtube.com/watch?v=BRgDWpy3mv8
心の病を売り込む 第7章:医師への売り込み ― 楽な商売
19 http://www.youtube.com/watch?v=9NJ5J4B-y_k
20 http://www.youtube.com/watch?v=duC4ziepk5A
心の病を売り込む 第8章:向精神薬とマスメディア ウォール街の結婚
21 http://www.youtube.com/watch?v=8seo4WQUCeQ
心の病を売り込む 第8章 誰も気付かない大規模マーケティング
22 http://www.youtube.com/watch?v=uzOidlStks8
心の病を売り込む 第9章「健康診断」という名の大規模マーケティング
23 http://www.youtube.com/watch?v=BanJCWzldik



心の病を売り込む 第10章 医師は教えてくれない ― 向精神薬の実際の影響
24 http://www.youtube.com/watch?v=lHjSO4s72aA
25 http://www.youtube.com/watch?v=T90a7LX9TZc
心の病を売り込む 第11章 中毒と依存症
26 http://www.youtube.com/watch?v=icZsyOGPFzg
心の病を売り込む 第12章 不正に立ち向かうために何ができるか ― 取るべき行動
27 http://www.youtube.com/watch?v=byjos7qXFhQ
精神医学:死を生み出している産業
28 http://www.youtube.com/watch?v=cnu6MPhRVaU
精神医学:精神医学の起源
29 http://www.youtube.com/watch?v=glOJzkxVQ1k
精神医学:人間の再定義
30 http://www.youtube.com/watch?v=XNmMyIV3Cig
精神医学:精神医学:ホロコーストの背後にあるもの
31 http://www.youtube.com/watch?v=tE3FTRZjdCc
精神医学:精神医学:差別主義を生み出す
32 http://www.youtube.com/watch?v=to2NU47ZWP8
精神医学:ソビエトの精神医学
33 http://www.youtube.com/watch?v=po3QdcyPAt4
精神医学:脳に損傷を与える:精神医学の奇跡の治療
34 http://www.youtube.com/watch?v=G66d_XJ5jQo
精神医学:利益のために薬漬けにする
35 http://www.youtube.com/watch?v=2Ykd93O1pbQ
精神医学:精神医学による強制収容と拘束
36 http://www.youtube.com/watch?v=Ocr8f3LpHeE
精神医学:精神医学における犯罪
37 http://www.youtube.com/watch?v=zgq5y_oU0pA
精神医学:精神病をつくり出す
38 http://www.youtube.com/watch?v=RCQtXcuzqAw
精神医学:精神医学の標的となる子供たち
39 http://www.youtube.com/watch?v=jhcBiogFYMI
精神医学:精神医学:隠された影響力
40 http://www.youtube.com/watch?v=Wvb9A70N4Cc
精神医学:CCHR 精神保健に人権と尊厳を取り戻す
41 http://www.youtube.com/watch?v=VmHj830HuIo

なおイタリアでは精神病院は廃止されたそうです。ワクチンを半強制接種させるところなどそっくりですね。

製薬会社からの金の流れ

https://youtu.be/2Ykd93O1pbQ?t=231

日本の精神病院での身体拘束

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%97%85%E9%99%A2%E3%81%A7%EF%BC%95%E5%B9%B4%E9%96%93%E6%8B%98%E6%9D%9F&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=16605&aq=-1&oq=&at=&ai=32e951c7-04d7-42c1-a64f-3b4625e0a6c9

松沢病院一度はおいで

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4225

病気の売り込み

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4226

https://twitter.com/nakamuraclinic8/status/1259477941169184768
ナカムラクリニック@nakamuraclinic8

ナカムラクリニック
@nakamuraclinic8
"この写真の医師らは皆殺害された。ワクチンにナガラーゼ(N-acetylgalactosaminidase)という酵素が添加されていることに気づいたためである。ナガラーゼは体内でのビタミンD産生を阻害し癌の原因となる"
mRNA型ワクチンはDNAに作用してナガラーゼ産生を促進する。つまりビタミンDが作れず、癌で死....

管理人注:その医者の多くは代替医療の医師たちです

https://www.g-ms.co.jp/blog/alternative-medicine/

ハゲタカ外資の虚像と実像

https://twitter.com/asemanedanshi/status/1259423109666402304

もうひとりの天皇 南朝111代主が語る歴史の真実
by 小野寺 直(なおし)
Link: http://www.amazon.co.jp/dp/4880863246

内容紹介
恐ろしすぎる歴史書!
南朝・後醍醐天皇の正裔、東武皇帝=大政天皇の曾孫が封印された史実をついに公開

あなたの歴史常識が覆る・・・・
驚愕の皇統史!

[目次]
●近代歴史教育の誤謬を糺す[まえがき]として
●第1章:歴史の中で南朝天皇と小野寺氏はどう動いたか
●第2章:南朝天皇の真実はこうして隠蔽された
●第3章:小野寺氏蔵の「三種の神器」が本物だと言える理由
●第4章:明治天皇すり替えせつとM資金と熊沢天皇の真実

日本では元首として国を代表する地位にある者は「国体」と呼ばれた。国体とは権威であり、それは「三種の神器」を有する一人の皇統である。これに対して、政治を行う体制は「政体」であり、現在の皇室がこれに当たる。近代国家としての日本国の不幸の原因―それはすべて、国体と政体を正しく判別せず、偽りをもって政体を国体のごとくなしたことによる。
内容(「BOOK」データベースより)
あなたの歴史常識が覆る…驚愕の皇統史!南朝・後醍醐天皇の正裔、東武皇帝=大政天皇の曾孫が、封印された史実をついに公開。

カスタマーレビュー

貴重な裏面(半面)史ではある。 投稿者 39tok 投稿日 2015/6/28

著者小野寺氏は南朝のみが本筋・正統な天皇だとの立場をとる。現天皇家を北朝方と見ており、長州の連中が隠し玉にしていた「大室天皇」については「明治天皇のすり替わり」ではなく、睦仁親王自身の都落ちと帰還とみなす。「熊沢天皇」についても北朝閏統との指摘をしているが「三浦天皇」に関するコメントはない。南朝小野寺氏は「正統な『「三種の神器」を持つ者としての矜持』を訴えているのだ。私の判断ではもともと南北朝問題は兄弟喧嘩なわけで、父親が一緒なのだから、何も殊更と考えてしまうのだが…。要は血筋にこだわるのは名目だけで、本当の争いは傍にはべる権力亡者たちの力関係なのだろう。「勝てば官軍」の連中に負けてしまった伊達家の庇護下に在った小野寺氏には同情を禁じ得ない。しかし残念ながら歴史的にはこれは完全にスピンオフ(サイドストーリー)なのだと思う。別段書かれている事に反証する材料を持っている訳ではないし、また氏が血脈南朝である事を疑いもしないが、体制の大転換は非常に難しいと察する。
 教科書的歴史観では、常に「薩長土肥」側に偏った感のある幕末から御一新にかけてのストーリー展開であるが、この本に書かれている「小野寺天皇」が本拠としてきた東北地方を主に捉えた話はその裏面に隠された確かな現実だったのだろうと判断する。

政治的にも被害の多かった奥羽列藩同盟諸藩、素朴なまでの武士魂と旧態依然とした考え方では、最新の武器を擁する薩長側には到底敵わなかったのもまた当然の事であったろう。同じ東北人として極めて残念である。

関連記事:隠された天皇ニギハヤヒ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1202.html

九州高千穂のホホデミ王朝と神武東征

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/845.html

管理人注:(百済)長州~(秦氏)薩摩を前提にすると.....スサノオ(後の出雲族)は朝鮮半島経由で....スメラミコト(後の大和族)は海路経由で九州高千穂に上陸で整合性がとれる。



 

上級国民の考えていること

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月22日(木)10時29分5秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

https://www.youtube.com/watch?v=aGhbsZfD7BU



関連記事:”人口に関する上級国民達の恐ろしい発言まとめ”【コロナワクチン接種者のノルマ6000万人】

https://ameblo.jp/miyukiniaitaiyo328/entry-12687645448.html

大摩邇さんの記事から重要なお知らせについたコメント~閲覧注意

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2185098.html#comments

1. RAPT理論を広げましょう
2021年07月22日 05:59
猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

https://rapt-plusalpha.com/health/post-10468/

一方で、海外では次々と副反応の被害が報告され、その凄惨な状況が次々と明らかになっています。

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

今回は、コロナワクチンの危険性を、身をもって伝えてくださっている方たちの写真をご紹介します。

余りの凄惨さに目を疑い、声を失ってしまうことでしょう。

これを見れば、誰一人としてワクチンを打ちたいとは思わなくなるに違いありません。(画像は以下のサイトより転載しています。)

https://prettyworld.muragon.com/entry/23.html
4

どうりでホリエモンのゴムの方がワクチンを推奨しているわけだ

https://ameblo.jp/haru-202104/entry-12673841064.html

創価学会USAの子会社~これで全体像が見えてくる。創価はローマクラブにも通じている。

http://rapt-plusalpha.com/history/post-17185/

おまけ~強迫性障害は治るのか

https://medicalnote.jp/contents/151105-000088-HNZUFA?utm_campaign=%E5%BC%B7%E8%BF%AB%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3_article1&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo&utm_term=%E6%A6%82%E8%A6%81&tab_name=%E6%A6%82%E8%A6%81

強迫性障害とパニック症候群

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%BC%B7%E8%BF%AB%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=20803&aq=-1&oq=&at=&ai=9245b668-8691-4c88-95ae-8ff2be830d33

ともに直す方法は医師にかからないということ。

こういうのは一種の精神医学の分野ですから医者にかかるとこういうことになります

http://undergroundmessenger.blogspot.com/2013/06/blog-post_5614.html



巨利をむさぼる 第2章:向精神薬 ― その物語
02 http://www.youtube.com/watch?v=u6NNhx0I7lg
巨利をむさぼる 第3章:賛成なら挙手を 精神医学の診断マニュアル
03 http://www.youtube.com/watch?v=GgMH7rVSKrs
巨利をむさぼる 第4章:病気の売り込み 健康な人に自分を病気と信じさせる仕組み
04 http://www.youtube.com/watch?v=gk6oJ7Y8wMo
巨利をむさぼる 第5章:処方者への売り込み
05 http://www.youtube.com/watch?v=OSdWe--uEtY
巨利をむさぼる 第6章:一般大衆への宣伝
06 http://www.youtube.com/watch?v=Rk7eju5lNfA
07 http://www.youtube.com/watch?v=o_B27SpDELI
巨利をむさぼる 第7章:「副」作用
08 http://www.youtube.com/watch?v=hIPbi3nrYXM
巨利をむさぼる 第8章:事実を知ろう
09 http://www.youtube.com/watch?v=j6W69ukSc-U
心の病を売り込む 第1章:はじめに-私たちはみな精神病なのか?



心の病を売り込む 第2章:向精神薬 ― その物語
11 http://www.youtube.com/watch?v=KIXIxVj0apw
12 http://www.youtube.com/watch?v=P79lFJhYCFQ
心の病を売り込む 第3章:賛成なら挙手を ― DSM(精神医学の診断マニュアル)
13 http://www.youtube.com/watch?v=lEyB9irAUbU
14 http://www.youtube.com/watch?v=mfk3HKrmEmw
心の病を売り込む 第4章:病気の売り込み
15 http://www.youtube.com/watch?v=xnTMqBEDg5k
心の病を売り込む 第5章:向精神薬の臨床試験
16 http://www.youtube.com/watch?v=w6zIK7U1bKo
心の病を売り込む 第6章:監視機関 ― そのお粗末な実態
17 http://www.youtube.com/watch?v=QfBclU4EReY
18 http://www.youtube.com/watch?v=BRgDWpy3mv8
心の病を売り込む 第7章:医師への売り込み ― 楽な商売
19 http://www.youtube.com/watch?v=9NJ5J4B-y_k
20 http://www.youtube.com/watch?v=duC4ziepk5A
心の病を売り込む 第8章:向精神薬とマスメディア ウォール街の結婚
21 http://www.youtube.com/watch?v=8seo4WQUCeQ
心の病を売り込む 第8章 誰も気付かない大規模マーケティング
22 http://www.youtube.com/watch?v=uzOidlStks8
心の病を売り込む 第9章「健康診断」という名の大規模マーケティング
23 http://www.youtube.com/watch?v=BanJCWzldik
心の病を売り込む 第10章 医師は教えてくれない ― 向精神薬の実際の影響
24 http://www.youtube.com/watch?v=lHjSO4s72aA
25 http://www.youtube.com/watch?v=T90a7LX9TZc
心の病を売り込む 第11章 中毒と依存症
26 http://www.youtube.com/watch?v=icZsyOGPFzg
心の病を売り込む 第12章 不正に立ち向かうために何ができるか ― 取るべき行動
27 http://www.youtube.com/watch?v=byjos7qXFhQ
精神医学:死を生み出している産業
28 http://www.youtube.com/watch?v=cnu6MPhRVaU
精神医学:精神医学の起源
29 http://www.youtube.com/watch?v=glOJzkxVQ1k
精神医学:人間の再定義
30 http://www.youtube.com/watch?v=XNmMyIV3Cig
精神医学:精神医学:ホロコーストの背後にあるもの
31 http://www.youtube.com/watch?v=tE3FTRZjdCc
精神医学:精神医学:差別主義を生み出す
32 http://www.youtube.com/watch?v=to2NU47ZWP8
精神医学:ソビエトの精神医学
33 http://www.youtube.com/watch?v=po3QdcyPAt4
精神医学:脳に損傷を与える:精神医学の奇跡の治療
34 http://www.youtube.com/watch?v=G66d_XJ5jQo
精神医学:利益のために薬漬けにする
35 http://www.youtube.com/watch?v=2Ykd93O1pbQ
精神医学:精神医学による強制収容と拘束
36 http://www.youtube.com/watch?v=Ocr8f3LpHeE
精神医学:精神医学における犯罪
37 http://www.youtube.com/watch?v=zgq5y_oU0pA
精神医学:精神病をつくり出す
38 http://www.youtube.com/watch?v=RCQtXcuzqAw
精神医学:精神医学の標的となる子供たち
39 http://www.youtube.com/watch?v=jhcBiogFYMI
精神医学:精神医学:隠された影響力
40 http://www.youtube.com/watch?v=Wvb9A70N4Cc
精神医学:CCHR 精神保健に人権と尊厳を取り戻す
41 http://www.youtube.com/watch?v=VmHj830HuIo

なおイタリアでは精神病院は廃止されたそうです。ワクチンを半強制接種させるところなどそっくりですね。

精神病院で拙稿を検索すると44件ヒットします

https://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%90%B8%90_%95a%89%40&x=0&y=0&inside=1

FXニュース:2021年07月24日(土)02時08分
[NEW!]イエレン米財務長官、債務は8月1日に上限に達する



 

秋の税務調査リスク

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月21日(水)05時43分57秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

税務調査リスクが「この秋」最高に高まる理由、企業だけでなく個人も要警戒!

https://diamond.jp/articles/-/267929

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中断もあった昨年の税務調査。実地調査の件数も所得税や法人税で急減していたため、今年はこれまで以上に“効率的”に“巨額”な事案を手掛けることも予想される。特集『最強の節税』(全22回)の#2では国税局・税務署が狙いを定めているターゲットを解説。企業だけでなく、個人も目を付けられそうだ。(ダイヤモンド編集部 山出暁子)
「コロナで税務調査は来ないだろう」
と思うのは大間違い

「コロナ禍で、納税者の所に無理やり行けない。脱税の刑事事件の摘発もだいぶ進行が遅れている。任意調査も強制調査も積極的にやれていなかっただろう」

 ある元国税調査官の税理士は、去年から今年にかけての税務当局の動きをそう分析する。実際、国税庁が昨年11月に公表した「令和元年事務年度(2019年7月~20年6月)」の税務調査の実地調査件数は、緊急事態宣言発令の影響もあり、法人税、所得税、消費税(個人事業主)で約20~30%も減った(下図参照)。昨年の後半は宣言解除になっていたものの、元国税調査官で今は調査を受ける側にいる冒頭の税理士は「それでも、かなり減っているのが実感」だという。

税務調査件数拡大画像表示~本文参照のこと

 だからといって「コロナ禍のため税務調査は来ないだろう」と思ったら大間違いだ。昨年、思うような調査ができなかったからこそ、今年はこれまで以上に、より大きな金額で、効率的に徴収できるものをターゲットにして狙ってくるとみられている。

 そして今年の秋、9月から11月にかけて、特に気合を入れた税務調査が行われる可能性が高いと、多くの税務調査を経験してきたあるベテラン税理士は予想する。それはなぜか。

 官庁の年度は通常4月スタートだが、例年3月の半ばに確定申告の締め切りがある税務当局に関しては3カ月遅れの7月スタートとなっている。税務当局の1年は7月から翌年6月までだ。

 さらに税務調査官は、調査件数について一般企業の営業職等と同様のいわゆる「ノルマ」があり、人事評価では税務調査で、申告された額よりどれだけ多く税金を徴収できたか、その「増差」額によって判断されるという。

 7~8月は年度初めの引き継ぎ作業や調査先の選定などでまだ本格的な活動が行われず、12月は年末年始を控えて活動をいったん締め、1~3月は確定申告で繁忙期になる。人事異動が7月にあるが、4~6月の成果は人事に反映されるわけではないため、あまり活発に新たな活動が行われない。つまり、9~11月が、調査官たちが自らの成果を上げるべく、最も本腰を入れて調査を行う時期だといわれている。

 例年のそうした傾向に加え、今年は昨年のコロナ禍で着手できなかった事案が“たまっている”可能性があり、それが今秋、調査の「嵐」が吹き荒れるかもしれないとされるゆえんだ。

今秋、調査官はどこをターゲットにしてくるのか?

税務調査官は
個人のSNSも見ている

 税務署がターゲットにするのは、基本的にはやはり“金持ち”だ。国税庁が19年3月に作成した「税務行政の現状と課題」では、「重点的に取り組んでいる事項」として「経済社会の国際化、富裕層への対応」「消費税の不正還付防止」「無申告の把握」の3点を挙げている。先のベテラン税理士は「富裕層は金額が大きいのでおのずと調査対象になりやすく、さらに、増差が調査官の評価に結び付くことを考えると、無申告者からの徴収は増差額が大きくなるためマークされやすい」と話す(富裕層の税務調査や節税対策については本特集の#1、#4、#7【富裕層専門税理士・地下座談会(上)(中)(下)】参照)。

 昨今のトピックスとして、個人がメルカリ等でネットビジネスを行い、SNSに「もうかった!」などと無邪気に投稿しているケースは調査官の目に付きやすいという。申告書類はもちろん、調査官はSNSまでもチェックしているのだ。

 さらに、税務当局は世間の目を気にする。金余りが続き、投資に成功した人とそうでない人の格差が広がる中、仮想通貨も要注意といえるだろう。現状では#1で詳細に触れたように、仮想通貨が国税の網の目を擦り抜けているケースもある。その動きが拡大すれば、今後、税務当局が黙ってはいないだろう。

金持ち包囲網は
贈与税でも

 個人の所得税や譲渡所得、企業の法人税に加え、税務調査の対象となりやすいのが相続税。中でも富裕層がターゲットにされている動きの一つが「相続税と贈与税の一体化」だ。

 ごくごく簡単に言うと、財産を引き継ぐには、財産を持っている人が亡くなったときに相続するか、生きているうちに生前贈与してもらうかのどちらかになる。生前に贈与された方が、何かとお金が必要になる若いうちに譲り受けることができ、節税効果も見込めるが、現状の贈与税の税制は使い勝手が悪く、いわゆる“金持ち”しか節税対策として有効に使えない。

 この不公平感を是正するために、財産をいつ引き継いでも同じ税率にしようというのが「一体化」の大義名分だ(景気刺激が財務省の真の目的という見方が強いが、その点についてはここでは割愛する)。

 昨年12月に出された令和3年度の税制改正大綱でも一本化は明言されており、相続税に詳しいある税理士は「一体化されることは確実。3~5年後くらいになるのではないかとみている」という。

 富裕層にとって節税対策になっていた贈与の仕組み(暦年贈与)がここでまた封じられることになるため、今のうちに「駆け込み贈与」しておくのが得策だ(相続税の税務調査については#19『税務署は「孫の通帳を10年分」見る!相続税調査の落とし穴&すぐできる対策徹底解説』で詳しく解説)。

 コロナ禍でも税務調査の手が緩められることはなく、富裕層、コロナ禍でも“もうかっている”企業、そして多様な稼ぎ方で新たな利益を手にしている個人に対しては、特に調査官は目を光らせている。もちろん、まっとうに納税していれば何も恐れることはないが、この秋は特に、調査官の“手の内”を知り、正当な節税対策の知識を身に付け、備えを万全にしておきたい。

管理人注:日本は永久に豊かになれない理由は簡単です。つまり富裕層包囲もそうですが相続税なんかない国にしないとダメです。

相続税のない国で拙稿を検索すると5件ヒットします

https://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%91%8A%91%B1%90%C5%82%CC%82%C8%82%A2%8D%91&x=0&y=0&inside=1

おまけ~日本国籍離脱

https://diamond.jp/articles/-/276934

アルケゴスショック

https://diamond.jp/articles/-/276933

おまけ~発毛剤と育毛剤  注意すべきは毛根がなくなった禿には無意味です

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%82%B2%E6%AF%9B%E5%89%A4%E3%81%A8%E7%99%BA%E6%AF%9B%E5%89%A4&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=9139&aq=0&oq=%E8%82%B2%E6%AF%9B%E5%89%A4%E3%81%A8&at=s&ai=22a5659f-3ebf-4f7f-89ef-4ee7f79d7fb8





おまけ~ミンスキーモーメント

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4393

ユダヤ5000年の秘密

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/319.html



タマホーム~タマホーム社長の「ワクチン接種したら出勤不可」

https://www.nikkei.com/nkd/company/?scode=1419

文春では~https://bunshun.jp/articles/-/47270?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=quoteLink

重要なお知らせについたコメント

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2185098.html#comments

1. RAPT理論を広げましょう
2021年07月22日 05:59
猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

https://rapt-plusalpha.com/health/post-10468/

一方で、海外では次々と副反応の被害が報告され、その凄惨な状況が次々と明らかになっています。

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

今回は、コロナワクチンの危険性を、身をもって伝えてくださっている方たちの写真をご紹介します。

余りの凄惨さに目を疑い、声を失ってしまうことでしょう。

これを見れば、誰一人としてワクチンを打ちたいとは思わなくなるに違いありません。(画像は以下のサイトより転載しています。)

https://prettyworld.muragon.com/entry/23.html
4

浅瀬でマグロが釣れた

https://news.yahoo.co.jp/articles/bff5d3da2970dbbe21ee1ff9fcc47e689316031b




 

もう一度ロンドンオリンピック

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月20日(火)00時49分27秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

https://www.youtube.com/watch?v=4As0e4de-rI



2012年ロンドンオリンピック開会式に2020年コロナ騒動が予告されていました!

44:00ぐらいから例のシーンは始まる。
47:35ぐらいから看護婦や医師が人差し指を口に当てる“ないしょ”のポーズがされる。
47:58ぐらいから上空から映した会場がコロナウイルスのような形態になる。
49:50ぐらいからベッドに寝たジョンソン人形が登場する。

是非、この「事実」を周囲の人に教えてあげてほしい。
「すべてが芝居である」ことを。
「ジョンソンはコロナに感染する役割を8年前から与えられていた」という事実を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「2012年ロンドンオリンピック開会式に病人姿のジョンソン人形が登場していた」という「事実」から、コロナ詐欺が少なくとも2012年以前から計画されていたということが証明されているわけだが、もう一つの「事実」が証明されています。
それは何でしょう?

はい、少なくとも2012年以前から「2020年のイギリス首相はジョンソンにさせる」という計画が存在していたという「事実」です。

もし公正な選挙によってイギリス首相が選ばれるのであれば、「彼ら」は2012年ロンドンオリンピック開会式に病人姿のジョンソン人形を登場させることはできなかったはずなのです。

2012年ロンドンオリンピック開会式に病人姿のジョンソン人形が登場させるという演出を有効活用させるためには、「選挙ではなく自分たちがイギリス首相を選出する」というシステムにしておかなければならなかったはずなのです。

分かりましたよね。アメリカもイギリスも公正な選挙など存在していないのです。

すべてがシナリオなのです。

イギリス首相も、米大統領も、選挙で決まるものではないのです。

トランプもバイデンも人形であり、こんなことは「常識」として知っているのです。

システムの存在を知っていながら米大統領選挙で不正が起きたことにしておき、
トランプは“ずっと前から知っていた不正選挙に怒る芝居”をしているのです。

そんなことをする理由は何かって?

アメリカ国民をはじめとした世界の大衆に「アメリカには民主主義が存在しており、不正さえなければ国民の意思で大統領を選ぶ権利が保障されているのだ」という嘘八百を信じ込ませるためです。

不正選挙以前に選挙システム自体が昔から不正なのです!

「民主党も共和党も根は同じ。右も左も根は同じ」なのですから。
選挙もクソもないのです!

民主主義自体が元から存在なんかしていないのです!

日本も同じシステムであることは言うまでもありません。

アメリカ人に限らず民主主義国家と呼ばれる国のほとんどの国民は、
踊らされているだけなのです。

「民主主義」という名の「しあわせ芝居」の中で。

もっと分かりやすく言えば、国民は映画館で映画を観ているようなものなのです。
映画の中で「結末はこうあってほしい」といくら願ったって、
ストーリーが変わらないことは分かりますよね。
怒ったって、叫んだって、祈ったって、
すでに決まっているストーリーは変わらないのです。

トランプ信者の皆さんは映画「米大統領選挙」を観ながら「トランプを応援して不正選挙が裁かれたならば、バイデンや民主党や中国や共産主義者共のディープ・ステートは倒されて明るい未来が訪れるのだ!」と本気で思い込んでいる映画館の観客のようなものなのです。
自分が映画館の観客であることにさえ気づいていないのです。

「悪魔のシナリオ」を正しく理解し正しく対処しない限り、
明るい未来はやってこないでしょう。

トランプは昔のヒトラーと同じ台詞が与えられているだけの役者なのです。
「共産主義者の陰謀に負けるな!」という台詞を・・・

観客には「民主主義も共産主義も根は同じ」というシナリオは教えられていません。

またもや、人形が芝居をしています。
「ワクチンは安全である」という“真っ黒な台本”を抱えて・・・

解説は以下から

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2163211.html#more

今日から規制撤廃~もともと詐欺なんだから

https://www.msn.com/ja-jp/lifestyle/lifestylegeneral/%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%81%a8%e5%85%b1%e7%94%9f%ef%bc%9f%e3%82%a4%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%81%8c%e8%a6%8f%e5%88%b6%e5%85%a8%e5%bb%83%e2%80%a6%e6%84%9f%e6%9f%93%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e3%81%a7%e8%b3%9b%e5%90%a6/ar-AAMjZPR

新規感染者が5万人を超えるイギリスですが、7月19日を「自由の日」として、コロナ禍で行ってきた様々な規制をほぼすべて解除しました。コロナと共生する選択をしたイギリスから日本は何を学べるのでしょうか。

 カウントダウンとともに上がった大きな歓声。ここはイギリス・ロンドンのナイトクラブ。

 19日午前0時にほぼすべての規制が解除されたことで多くの人が押し寄せ、マスクもせずに大盛り上がり。

 別の店でも多くの客が詰め掛け、16カ月ぶりのナイトクラブに喜びの声が上がりました。

 来場者:「まさしく『自由の日』。最高です」

 このほか、パブやレストランの屋内営業でも制限がなくなり、大規模イベントの開催も可能に。

 イギリス、ジョンソン首相:「今、(経済活動を)再開しなければいつになるのか。今がその時期ですが、慎重に進めなければならない」

 とはいえイギリスでは現在、デルタ株の感染も拡大し、一日で5万人以上の新規感染者が確認されている状況。

 解除して本当に大丈夫なのか。政府の判断に市民からは…。

 ロンドン市民:「規制を解除するのは時期尚早だと思います。感染者が増えているので、規制解除を先送りすべきだったと思います」

 慎重な声も上がっています。

 さらに解除直前になり、ジャビド保健相が感染したことでジョンソン首相とスナク財務相が濃厚接触者として自主隔離になりました。

「コロナワクチンで3日以内に4万5千人が死亡」、連邦政府への訴訟に発展

https://ameblo.jp/don1110/entry-12687409537.html

ゲーリングの言葉の意味を考える

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1916568.html#more

今だからこそ改めて意味を考えなければいけないと痛感するのが、ヘルマン・ゲーリングの言葉です。

 ヘルマン・ゲーリングは、ヒトラーの下で、ドイツ軍の空軍総司令官や国家元帥等を務めた人物です。戦後は戦犯として捕えられ、ニュルンベルク裁判で絞首刑の判決を受けましたが、刑の執行前に自殺しました。

 刑務所に収容されている際、ゲーリングは、訪ねてきた米国人の心理学者グスタフ・ギルバートとの対話の中で次のように語ったそうです。

    ゲーリングは、肩をすくめて答えた。「もちろん、一般市民は戦争を望んでいない。貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足で戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。当然、普通の市民は戦争が嫌いだ。ロシア人だろうと、イギリス人だろうと、アメリカ人だろうと、その点についてはドイツ人だろうと同じだ。それはわかっている。しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。」

    「しかし一つだけ違いがある。」と私(※ギルバート)は指摘した。「民主主義の下では、国民は選挙で選んだ代表を通して意見を言うことができるし、アメリカでは議会だけが宣戦布告できる。」

    (ゲーリングは答えた。)
    「それはそれで結構だが、意見を言おうと言うまいと、国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」(翻訳:鈴木)

追記:ダウ一時900ドル安

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN19C190Z10C21A7000000/




 

コロナ後に来る日銀破綻

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2021年 7月15日(木)01時48分42秒
編集済
  掲示板の目次は以下をクリックし右側です

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

円の紙屑化

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/022600181/

異次元の金融緩和、膨れ上がる国債発行──。新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の問題が起こる前から、日本は深刻な財政問題を抱えてきた。だがコロナ禍の発生により、世界は財政出動を余儀なくされ、日本も国債の追加発行、株式の大量買い入れを実施した。ワクチン接種が始まり、コロナ禍に収束の希望が見える一方で、米国の長期金利は上昇。日本が抱えた財政危機は、今後、より深刻な問題となって国民に降り掛かる可能性が高い。

 かつてモルガン銀行勤務時代に「伝説のディーラー」として名をはせ、国会議員も務めた藤巻健史氏は最新刊『藤巻健史の資産運用大全』でも、財政破綻への備えを訴える。一方、通信社記者として金融業界を取材してきた作家の相場英雄氏も、最新刊『Exit イグジット』で金融政策の異常さを指摘し、財政破綻への危機意識を持つことが重要だと指摘する。

 金融業界を知り、同じ憂慮を抱く二人が、未曽有の危機、中央銀行としてのタブーに踏み込んだ日本銀行と金融政策、今日の財政危機が生まれた要因、今後考えられる日本のクラッシュ、さらに日本の金融が目指すべき形などについて語り合った。

 対談企画の第1回は、日本の財政が直面する状況、そしてこれほど深刻な問題を抱えながら、メディアや政治が国民と危機意識を共有できていない実態について、二人の見方を紹介する。
藤巻健史(ふじまき・たけし)氏
一橋大学商学部を卒業後、三井信託銀行に入社。1980年、社費留学で米国ノースウエスタン大学大学院ケロッグ・スクールでMBAを取得。帰国後、三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、85年に米銀のモルガン銀行に転職。同行で資金為替部長、東京支店長などを歴任し、東京市場屈指のディーラーとして世界に名をとどろかせ、 JPモルガンの会長から「伝説のディーラー」と称された。2000年、モルガン銀行を退社後、世界的投資家ジョージ・ソロス氏のアドバイザーを務めたほか、一橋大学経済学部、早稲田大学大学院商学研究科で講座を受け持った。日本金融学会所属。現在はフジマキ・ジャパン代表取締役。東洋学園大学理事。2013年から19年までは参院議員を務めた。(写真=北山宏一)
相場英雄(あいば・ひでお)氏
1967年新潟県生まれ。89年に時事通信社に入社。95年から日銀記者クラブで為替、金利、デリバティブなどを担当。その後兜記者クラブ(東京証券取引所)で市況や外資系金融機関を取材。2005年『デフォルト債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、翌年から執筆活動に。2012年BSE問題をテーマにした『震える牛』が大ヒット。『不発弾』『トップリーグ』『トップリーグ2』などドラマ化された作品も多数ある。(写真=北山宏一)

藤巻健史氏(以下、藤巻氏):『Exit イグジット』を読みました。私は毎晩、時代小説を読むのですが、現代を舞台にした小説は普段は読みません。どうしても現実ではあり得ない場面が目につくからです。でも、この作品は非常にすんなりと入ってきました。多くの人に読んでもらい、日本の異常な金融政策、財政に対する危機感を共有してほしいと思いました。

相場英雄氏(以下、相場氏):ありがとうございます。この本を書くうえで、藤巻さんの著書『日銀破綻』を参考にしました。実は時事通信の記者時代、1995年から97年にかけて日本銀行の記者クラブに所属しており、そこで藤巻さんから毎日送られてくる手書きファクス通信「プロパガンダ」を読んでいました。また藤巻さんが参院議員を務めておられたときは、質問は常にチェックしていました。

 金融政策のあり方、財政危機について、より多くの人に関心を持ってほしいと思っていますが、そもそもこの情報を伝えるべきメディアが役割を果たせているか、記事を書いている記者自身が金融政策やマーケットを理解しているのか、疑問に感じています。
異次元緩和導入で、カネが回って緊張が緩んだ

藤巻氏:日銀が異次元の量的緩和を始める前、2013年ごろは、メディアにも、もう少し緊迫感がありました。朝日新聞は財政赤字問題の深刻化に関して、1面トップに「Xデー」という見出しを付けて載せたのです。でも、それがピークでした。緩和実施後は緊張感がなくなった印象があります。お金が回るから、財政赤字に対する危機感が緩んだのでしょうね。

相場氏:黒田バズーカと称された金融緩和策が始まった瞬間に株価が上昇しました。それ以降、メディアにも株取引を推奨する企画が増えました。当時、これでいいのかと違和感を覚えた記憶があります。

 メディアだけでなく政治家も同様に金融やマーケットに対する理解が低いと感じていたのですが、藤巻さんは特別でした。当時の安倍晋三総理や黒田東彦日銀総裁に鋭い質問をされていましたね。

藤巻氏:私が落選して一番喜んでいるのは黒田さんだろうとおっしゃった方もおられました(笑)。

相場氏:藤巻さんは国債について質問されて「(日銀は)国債を簿価で保有している」という回答を引き出したこともありますね。満期まで簿価。驚くべき回答でした。これはすごい質問だと思いました。

藤巻氏:1998年に日銀法が施行されましたが、そのとき、民間金融機関と同じような会計基準が採用されました。民間の会計基準というのは満期まで持てば簿価会計、途中で売るならば時価会計です。当時、日銀が保有していたのはほぼすべてが短期の債券でした。短期債なら、まず満期まで保有しますから日銀が簿価会計を採用するのは、民間と同じで合理的でした。

 しかし今(2021年1月末)、日銀が保有する国債536兆円のうち、499兆円、つまりほとんどが長期国債です。金融政策を機動的に運用するという意味からしても保有国債を満期まで保有するという前提の会計手法はおかしいのです。監督官庁である会計検査院は、そこを突かねばなりません。

 時価会計が適用されていれば長期国債をこんなに爆買いしなかったでしょう。ディーラーとしての感覚で言えば、時価会計で価格が非常にボラタイル(不安定)なのは怖くてやっていられません。日銀総裁だって不安ではないでしょうか。そもそも中央銀行は価格がボラタイルなものは、通貨の安定を害しますから保有してはいけないのです。時価会計は、黒田総裁の恐怖感を通じて保有を防止してくれたはずなのです。

相場氏:そうですよね。

国債やETFの買い入れは、日銀の政府に対する忖度(そんたく)

藤巻氏:日銀のバランスシートは債務超過になってはいけないわけです。小説にも書いておられるように、通貨の価値が暴落しますから。ボラタイルな資産は持ってはいけないのです。だから株も長期国債同様、持ってはいけない。それは大原則です。世界の中央銀行の中で金融政策目的で株を購入しているのは日銀だけです。スイスのように通貨政策目的の場合は別として。

相場氏:しかし日銀はETF(上場投資信託)を大量に買い入れています。おっしゃるように中央銀行の施策として大きな問題があると思いますが、そのことについて、メディアは十分報道していません。

 日銀が国債や株を購入して国の財政を支える。私はそこに総理官邸への忖度があると思います。本来、日銀総裁は総理大臣、政府に対して独立を保つべきですが。今の状況は、たちの悪い大店(おおだな)の若旦那が遊びほうけて、番頭さんがいくらでもお金を都合してあげる形になっています。

藤巻氏:まさに『Exit イグジット』に登場する赤間総裁がそうですね(笑)。財政運営の担当者の人選は重要です。もし総理が経済を理解しているなら、ブレーンもきちんと選んでいると思うのですが、ここで選び間違いが起きていないでしょうか。

 政府のブレーンの大学教授が、私の出席している参議院の調査会で「日本国債がいずれ暴落すると言う人がいるが、実務を知らない人ほどそういうことを言う」と発言しました。「国債が暴落すると言う人」は、明らかに私を指していますが、私のキャリアを見てから言ってほしいものです(笑)。しかも彼は「科学的にそんなことはあり得ないことを証明した」と言うのです。どう科学的かというと、金融資産のポートフォリオを握っている人たちに「あなたは国債を売るか売らないか」と聞いたら誰も「売る」と言わないと。「自分で自分の首を絞めることになるから売らないと言った」というのです。誰も国債を売らないから暴落もない、これは大きな間違いです。タテホ・ショック(87年、タテホ化学工業の国債先物取引による巨額損失が発覚したことで起きた、日本の債券相場の暴落)でも、資金運用部ショック(98年11月から99年2月、当時の大蔵省の資金運用部の対応等によって起きた、日本の債券相場の暴落)でも、国債村の住人が先を争って売りました。

 今、国は大変な財政出動をしています。毎年、30兆円から40兆円の規模で国債を新規に発行しているわけです。満期の分を買い戻しても、一方で、新しく発行された国債がどんどん市場に供給されます。となると誰も売らなくても、新規発行分を誰かが買ってくれないと需給が崩れる、そんなことも分からずに「誰も売らないから暴落するはずがない」などと言う。基本も知らない政府のブレーンが財政を決めていたのです。財政出動を進めれば、マーケットが大反乱を起こします。
コロナ後にやって来る危機を誰も心配していない

相場氏:今の状況ですと、怖くて誰も国債を売りに出せないでしょう。でも需給は確実に崩れつつあります。ちょうど97、98年に、日本で金融危機が起きたときに記者だった私は、ある信託銀行で起きた取り付け騒ぎの様子を取材したことがあります。預金者がどんどん集まり、警備員が冷静になるように呼び掛けていました。もし国債が暴落したり、財政が破綻したりすれば、あれが国の規模で起こるわけですね。

藤巻氏:今回の小説のストーリーに重なりますね。現実の話をすると、私は最終的にはマーケットが「マーケットの反乱」という形で最終的に決着をつけるのはないかと思っています。

相場氏:91年のバブル崩壊のときは、株価が上昇を続けた後にいきなり暴発しました。あのときは財政で支える余裕がありましたが、今回は、その財政が危ない状況です。

藤巻氏:新型コロナでは大勢の方が命を落とされ、苦しい思いをされたと思います。ただ、確率論で言えば、財政破綻が起きると、その比ではない数の人が財産を失って大変な思いをすることになります。それなのに、今のところ財政破綻について心配している人は少ないように見えます。

 しかしコロナの問題が落ち着けば、コロナ対策として実施した無担保・無利子融資が問題発生の契機となる可能性があります。企業財務の悪化により、無担保・無利子以外の既存融資の回収が始まる可能性があるからです。無担保・無利子以外、借りていない企業などないでしょうから。

 今回の小説でも地方銀行が抱える中小企業金融円滑化法の問題が書かれていました。この法律により退場すべき企業にも融資が続けられ、ゾンビ企業が生きながらえてきた。コロナ禍では、こうした企業をさらに支えてきた面があります。しかし銀行としても不良債権が増えれば、自分たちの信用度に関わってきます。

相場氏:銀行も苦しい状況でしょうね。

金利上昇で日銀が国債の巨額評価損を抱えれば、円は紙クズに

藤巻氏:小説にもあったように、地銀はゼロ金利で長短金利差もなくなり、本業の利益が激減しています。貸倒引当金を大きく計上せねばならない事態になれば、深刻です。

 異次元の量的緩和で懸念される一番の副作用は、日銀の破綻だと私は考えています。買いまくった長期国債の利回りが令和元年度で平均0.257%です。今、10年物の長期金利で0.15%ぐらいです。これが0.2%ぐらいまで上がると日銀が抱える国債に評価損が出始めるわけですよ。

相場氏:大変なことになりますね。

藤巻氏:この評価損をどう考えるか。黒田さんは簿価会計だから全然関係ないと言ったけれども、簿価会計で大丈夫だったらリーマン・ブラザーズだって山一証券だってつぶれていません。

 私がモルガン銀行に勤務していた経験からすると、やっぱり簿価会計というものは前世紀の遺物で、世界では取引相手の評価はすべて時価会計です。そりゃ、そうです。不健全相手に取引を継続して、自分が巻き添えを食ってはたまらないからです。では、もし日銀が赤字になったときに外国の金融機関がどういう評価をするのか。評価損がどんどん大きくなり、巨額になってきたら、彼らは日銀との取引を中止すると思います。きっと日銀に代わる新しい中央銀行ができて、財政が回復するまでは取引をしないでしょう。

 これは何を意味するか。日本は海外の株式を買えない、海外の投資家も日本の株式を買えないということも起こりますが、最大の影響は為替取引ができなくなることです。約束手形では手形というブツの交換は手形交換所で行いますが、それに伴う資金の決済は、すべて日銀当座預金を通じて行われます。為替もそれと同じです。

 海外の金融機関が日銀に持つアカウントが使えないことから、外資系金融機関は円を受け取る手段がなくなります。対価をもらう手段がなければドルを売ってくれるわけがありません。日本の円は完璧に鎖国状況で価値がない。円が海外から信用を失い、ほかの通貨に替えられないということになったら、円は紙クズです。

相場氏:大パニックですよね。

藤巻氏:日本が危機的状況に陥る可能性も高い。多くの日本人の生活が相当なダメージを受ける可能性がある。だからこそできる人は資産を守るなどの備えをする必要があると思っているのです。

日銀が国債を買い続けることが出来なくなる日

2015.06.14

http://hbol.jp/45207

6月1日にかけて日経平均はバブル期以来、27年ぶりの12連騰を達成しました。

「今の株式市場はバブルか?」と聞かれれば「間違いなくバブル」ですが、株式市場に限らず一度バブルになると少しくらいの悪材料には反応せず、相当長期間にわたり膨らみ続けるものです。したがって私は「目先の悪材料が出ても当面は強気」で臨むべきと考えます。’07年夏には住宅ローン危機の兆候がはっきり出ていたにも関わらず、住宅バブルを含む世界のバブルはそこから1年以上も膨らみ続け、NYダウや日経平均も当時の高値を更新し続けました。それでも一連のバブルが弾けると、その理由は誰でも知っていたサブプライムローンを含む住宅ローン市場の過熱だったわけで、あとから「私は世界金融危機を予想していた」と自慢する評論家が山ほど出てきました。

 今の日経平均に置き換えてみましょう。現在はようやくバブルが意識され始めた状況です。連日の高値更新で「そろそろ天井か」と警戒感が高まっている程度なので、今はバブルに乗るほうが賢い選択といえるでしょう。ただし、悪材料がすでに見えてきていることを忘れてはなりません。それは、日銀の金融政策です。

民間銀行の余資をすべて吸い上げる勢いの日銀

日本銀行 黒田東彦日銀総裁は異次元量的緩和の結果、名目金利が下がり、物価が上昇して実質金利が大幅に低下したことで日本経済によい影響をもたらしたと自画自賛していますが、大間違いです。名目金利の低下は、投資全般の収益予想の低下を通じて投資意欲を減退させるからです。2%のインフレ目標も的外れです。日本の潜在成長率はゼロ%台前半なのですから、むしろ目標を達成すればそのギャップを埋められず、国民の生活は苦しくなるだけ。

 最大の問題は、日銀が無尽蔵に資金を供給できると考えている点です。直近の日銀は資産として288兆円の国債と35兆円の貸し付け、12兆円のETF・社債を保有し、それを負債である90兆円の日銀券と213兆円の当座預金でファイナンスしています。つまり、民間銀行の余資を当座預金の形で吸い上げて、国債や資産を買い付けているのです。しかし、民間銀行全体の預金残高は652兆円で貸出残高は453兆円(ともに4月末時点)ですから、もはや余資は199兆円しかありません。昨年の「もっと異次元な緩和」で日銀は年間の国債買い入れ枠を年間80兆円(’17年までで計160兆円)増やしましたが、これを実現するには民間銀行の余資をすべて吸い上げるほかないのです。もちろん銀行だけでなく、信用金庫や農協、日本郵政などにも余資はありますが、これがどれだけ異常なことか……。

 日銀が資金的な限度から国債を買い続けられなくなれば、日本経済が低迷したまま国債利回りが上昇をはじめ、さらにインフレ率が上昇して株価バブルは崩壊すると考えています。すぐにそうなるとも思いませんが、消費増税のために’17年4月までこの国債買い入れを続けると可能性が高まると考えています。

リーマン越え 大惨事に

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/627.html

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0HU38D20131004
米証券業金融市場協会、米国債デフォルトに備え用意進める
2013年 10月 5日 08:29 JST

[ワシントン 4日 ロイター] - 米証券業金融市場協会(SIFMA)のマネジング・ディレクター、ロブ・トゥーミー氏は4日、米国がデフォルト(債務不履行)に陥る公算は小さいとの見方が依然優勢であるものの、米金融機関がデフォルト発生に備えた用意を進めていることを明らかにした。
トゥーミー氏は、米国債がデフォルトに陥った場合でも、取引プラットフォームが取引を処理することができるような方策を策定したと語った。
SIFMAが想定する手順では、米財務省がデフォルトに陥る前日の夜に支払いが1日遅れる旨を発表し、金融機関はそれに基づきシステムの調整を行う。
財務省がデフォルトの発表を怠ると、世界の取引システムは米国債がデフォルトしていないものとみなし処理を続ける。そうなった場合、デフォルトした債券はシステムから消失し、売買、もしくは担保として使用できなくなる。
同氏は記者団との電話会議で「一連の手順が整いつつある」と語った。

日銀で変な動きが~四日間の空白は何が目的か

https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-23484.html#more

管理人注:新しい金融システムQFS(Quantum Financial System )

関連記事:量子コンピューターとブロックチェインとQFS

https://mommapapa.hatenablog.com/entry/210519_QC%26QFS

おまけ~お尻に注意

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6398777

事業継承はネットで

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC023LW0S1A700C2000000/?unlock=1



神が隠した世界のこと

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4351

自分探しなんて無駄な事~関連記事?

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2958

本当に怖い人たちの正体

https://www.youtube.com/watch?v=b305C3taID0&list=PL7pNVaHZ-lLYSVNOg2LZ5kzml_DD-81XD

馬鹿をつくる学校=隷従

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1146.html

フランス人は目覚めたか?

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2184447.html#more

政教分離とは何か

https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/903.html

創価学会の危機

https://daily2.sakura.ne.jp/102.html

マクロンはロスチャイルド家のコマ使い

https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-23486.html#more

マクロンという糞野郎

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2184458.html#more







三峡ダムは耐えられるか?







人工ウイルスはこうして撒かれる

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2175310.html



この人に関しては井口博士と同様に怪しいとみています



禅の修行

https://www.youtube.com/watch?v=unteNZibuIQ

比叡山の修行

https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%AF%94%E5%8F%A1%E5%B1%B1%E3%81%AE%E4%BF%AE%E8%A1%8C





追記:馬鹿をつくる学校

http://kusagakubow.livedoor.blog/archives/9389499.html




 

レンタル掲示板
/402